自分おこしで人おこし(アドラー心理学)

アドラー心理学を実践して、これからの人生をよりよく生きていくために、「自分おこし」をしています。
「自分おこし」は、やがて周りの人たちをも「おこし」ていきます! 
これが「人おこし」 です!


テーマ:

 

 

 

こんにちは!
人おこしカウンセラー&セミナー講師の
「わだっち」こと、和田 博正です!



先日、怒りについて
私の体験を基に記事に
しました。

 

 

 

 

 

怒りの原因になるものには
まだあるのをご存知ですか?



それは、

「不安」

「心配」

です。

 

 

 

 

 

 

なぜ、「不安」や「心配」が
怒りの原因なのか?



私の体験から考えてみましょう





私は、IT関連企業で働いていますが、
ソリューションという分野の仕事は
お客様ありきの仕事がほとんどです。



お客様のネットワークインフラを
新規に開通したり、
既存のネットワークを更新したり、
新しいネットワークに変更したり、
しています。



現在の企業にとって
ネットワークはとても重要な
インフラとなっており、
失敗があると
通信が止まったり、
業務に支障が出る場合があります。



すると、お客様は大変困るわけです。



お客様が困るよう状況は
ネットワークに携わる
私たちの会社にとっては
避けなければなりません。



そうならないように、
担当者は様々なチェックを
行うわけですが、
人間がやることに「完璧」が
ないわけで、必ずと言っていいほど
大小はあるにしてもミスが出て、
お客様に影響を与える結果があるのです。



たくさんの経験をすればするほど、
どうしても「不安」材料は多くなり、
常に「失敗するのでは」と考えてしまいがちです。



その「不安」や「心配」が
過剰になりすぎると、
自分自身にも自信が持てず、
他人に対しても信頼することが
出来なくなる、と思います。



特に、上司は経験が多い分
部下の一挙手一投足を
常に監視し、失敗を防ぐよう
あれこれと指示してしまいがちですが、
それは上司の回避方法でしかなく、
部下の鍛錬にはなっていないのです。



あれこれ、上司が部下に
細かく指示をしている案件の方が
部下を信頼して任せている案件より
結果的に失敗やミスが多くなっている、
なんてことありませんか?



どんな人でも、
ミスをしてやろう、
と思って仕事に取り組んでいる人は
1人もいないはずです。



部下を信頼して
大まかな指示はあっても、
その途中のやり方にまで
とやかく言うのはやめてみませんか?



すると、
「そんなことしたら失敗するでしょ?」
なんて声も聞こえてきそうですね。

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、
その「不安」や「心配」は
部下の失敗ではなく、
他のなにかではないでしょうか?



次回のブログでは、
さらにその先の
「不安」や「心配」について
考えてみたいと思います。





最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

 

 

 

 

■募集中セミナーのご案内■


◆個人相談・ライフスタイル診断
詳細はこちらへ!

◆自分おこしセミナー(ELM)
詳細はこちらへ!

◆人おこしセミナー(SMILE)
詳細はこちらへ!
 
 

 



 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

こんにちは!
人おこしカウンセラー&セミナー講師の
わだっちこと、和田 博正です!



先日、Facebookではお知らせいたしましたが、
「アドラー心理学」を身近に感じて頂きたいという思いで、
「体験セミナー」を開催することにいたしました。



「嫌われる勇気」に代表される、
アドラー心理学に関する書籍がたくさん発刊されています。

また、「嫌われる勇気」は130万部以上も売れる
ベストセラーになっていますね。



今年は、この「嫌われる勇気」を基に
脚本化されたドラマがフジテレビで
放送されました。



たくさんの方々に読まれ、テレビでも放送され
アドラー心理学の知名度は段々高くなってきましたが、
一方で、ちょっとした誤解のまま
理解されているケースもあるようです。

 

【アドラー心理学】やってみたら○○になった?

 

 

 

あなたの知っているアドラー心理学は、
間違って理解されていませんか?



また、「嫌われる勇気」を読んだことがない、
という方もまだいらっしゃるかもしれません。



そんな方の中でも、NHKの
「100分de名著 アドラー 人生の意味の心理学」を
ご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんね。



あなたは、テレビを見てアドラー心理学を
理解することができましたか?



アドラー心理学を知っている方、まだ知らない方、
どんな方でもご興味があれば、
どなたでも参加頂けますよ。



アドラー心理学について
語る場になっても大丈夫です、
一緒に体験してみませんか?

 

 

 

島根県松江市、近隣で、アドラー心理学に興味のある方、
いらっしゃいませんか~?

 

 

 

2月10日(土)13:00~15:30で
「アドラー心理学体験セミナー in 松江」を
開催いたします。



松江は私が育った街です。



松江はこんなところです。

 

およそ35年くらい前から変わらない景色 ~海水浴~

 

 

 

小波海水浴場-2015-2

 

 

 

詳細は、以下のとおりです。

 

【募集中講座】
 アドラー心理学 お試し体験会

アドラー心理学を知っている方、まだ知らない方、
どんな方でもご興味があれば、
どなたでも参加頂けますよ!

・「アドラー心理学」ってどんなんだろう?
・「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」などを
 読んでみたけど難しい・・・。
・「勇気づけ」って何だろう・・・?
・セミナーや講座、勉強会をやっているみたいだけど
 どんなことをやるんだろう?
・和田ってどんな人だろう?
・和田って人に会ってみたい! (笑)
などなど

1日約2時間、「アドラー心理学」に触れてみては
いかがでしょうか。


●開催日時
 2月 10日(土)
 13:00~15:30

●開催場所
 サンライフ松江
 松江市大庭町1751-14

●受講料金
 受講料:3,000円(消費税込)

※詳しくは、お問い合わせ   お申し込み、まで!
 
 
まずは、気になった方お問合せ下さい。
 
 
 
 
 
 
最後までお読みいただき
ありがとうございました!
 
 
 
 
 
■募集中セミナーのご案内■

◆個人相談・ライフスタイル診断
詳細はこちらへ!

◆自分おこしセミナー(ELM)
詳細はこちらへ!

◆人おこしセミナー(SMILE)
詳細はこちらへ!
 
 
 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

こんにちは!
人おこしカウンセラー&セミナー講師の
「わだっち」こと、和田 博正です!



「怒り」ってどうやって現れるか
ご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

私が体験した「怒り」を基に
解説してみようと思います。



以前の「イライラ」についての
ブログはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 



年末に、郵便局に行った時のことです。



郵便局には、
年賀状を出しに来た人、
お正月に向けてお金をおろす人、
などが途切れることなく
やってきていました。



私も、ATMを利用するために
近くの郵便局に行きましたが、
案の定、駐車場に入れない車が
道路に並んでいました。



私の前には1台止まって待っていました。



しかし、その横を通り過ぎた
1台の車が、駐車場に入るのを待っていた
私たちの車の前を横切り、
郵便局の駐車場に入っていったのです。



おいおい、こっちは並んで待ってんだぞ!



そう、車の中でつぶやいていました。



ここで、「怒り」は沸々と
湧き上がっています。



その後、前の車が駐車場に入り、
次は私の番です。



駐車場から車が出てくるのを
待っていると、
私の横を1台の車が通り過ぎたかと思った瞬間、
私の前を横切り、駐車場に入っていくではありませんか!

 

 

 

 

 

 

これには、私の怒りモードがMAXになり、
クラクションを鳴らして、


何やっとんじゃ~!
こっちは、ずっと待っとんやぞ~!


と車の中で怒鳴りました!



私の存在に気付いたその運転手は
申し訳なさそうに、駐車場を出て
どこかに行ってしまいました。





さて、この時私の中では
どんな気持から、
「怒り」が爆発したのでしょうか?



それは、
順番に並んで駐車場に入るのが当たり前、
と思っているところに、
順番を守らずに先に入ろうとしたことに、
「それは間違いだ~!」
という思いがあったからだと思いました。



そうです、
私が以前から持っていた
「ライフスタイル」の中の
「正しさ」や「正義」などが
「怒り」の感情になって
現れたのです。



私は、この出来事で
改めて自分の中の
「正しさ」や「正義」と
反対のことが起こると、
「怒り」が出ることを
経験しました。



みなさんは、同じような出来事が起こったら
どのように感じますか?
考えてみてくださいね!



また、この時にもう1つ感じたことは、
「正しさ」や「正義」以前に
時間に追われて「焦って」いたことにも
改めて気づかされました。



次にやらなければいけないことがあり、
時間に追われているときには、
特に「怒り」のスイッチが入りやすいですね!



そんなご自身の感情の入り方の傾向など知る方法が、
ライフスタイル診断です。



ご興味がある方は、ぜひ受けてみてくださいね。





最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

 

 

 

 

■募集中セミナーのご案内■


◆個人相談・ライフスタイル診断
詳細はこちらへ!

◆自分おこしセミナー(ELM)
詳細はこちらへ!

◆人おこしセミナー(SMILE)
詳細はこちらへ!
 
 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

こんにちは!
人おこしカウンセラー&セミナー講師の
「わだっち」こと、和田 博正です!



毎年、お正月休みで楽しみにしているのが、
元旦の天皇杯サッカーと
2・3日の箱根駅伝です。

 

 

 

 

 

 

その中でも、箱根駅伝は
欠かさず観ています。



大学駅伝は、箱根だけではなく
私の地元島根県で開催される
「出雲駅伝」や
私が住む愛知県(三重県)で開催される
「全日本駅伝」がありますが、
やっぱり箱根駅伝は色々なドラマがあります。



今年も、往路優勝した東洋大学が
4年ぶりの総合優勝を狙っていましたが、
往路で逆転した青山学院大学が
総合4連覇を果たしました。



たくさんのドラマやエピソードがあった
今年の箱根駅伝でしたが、
私が印象的だった2つのことを書きます。



1つは、仲間を信頼するということ。



各学校には「エース」と呼ばれる
頼れる存在の選手が必ず存在しています。



「エース」は、ここぞというときに
必ず力を発揮してくれる存在ですが、
そんな選手たちだけでは勝利はありませんね。



時には、「エース」が十分な力を発揮できないことも。



チームを牽引するエースの存在は
大変貴重ですが、その人だけでは
やはりチームとして勝てないことも。



そんな時、必要なのは
自分を信じることともに、
仲間を信じること。



それは、「記録」という条件がなくても
一緒に練習し、ともに戦っている
ただそれだけで仲間を信頼して
自分の役割を全うすれば、
結果はついてくる、と信じることが出来れば
そんなことを箱根駅伝は教えてくれた
と感じました。





2つは、最後まで諦めないということ。



駅伝というスポーツは、
タイムをいかに縮めて
最後まで走り切るか、
その総合結果に順位がつけられる、
とてもシンプルな競技ですね。



私は、走るだけの長距離走は
あまり好きではありませんでした。



それでも、途中で走ることを
やめたことはありませんでした。



走り切った先にしか、
結果はないのですから、
どんなタイム、どんな順位でも
走り切るしかないのが、
マラソンなどの長距離走なんですよね。



やめたくなっても、
1歩ずつ歩を進めるしかない。



何事も、継続することが
大切なんですね。



各大学にとって優勝が最大の目標ではありますが、
学校によっては「シード権」を目標に
走っているところもあると思います。



そんな、様々な目標を1つに
チームの仲間と結果を求めて走る
「箱根駅伝」には、毎年惹きつけられますね!

 

 

 

 

 

 

仲間がいるって、本当に素晴らしい!





最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

 

 

 

 

■募集中セミナーのご案内■


◆個人相談・ライフスタイル診断
詳細はこちらへ!

◆自分おこしセミナー(ELM)
詳細はこちらへ!

◆人おこしセミナー(SMILE)
詳細はこちらへ!
 
 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

こんにちは!
人おこしカウンセラー&セミナー講師の
「わだっち」こと、和田 博正です!



今日はちょっとショックだった
ニュースがあったので
そのことに触れたいと思います。



野球好きな方はご存知の方も多いと思いますが、
星野仙一さんがお亡くなりになられました。

 

 

 

 

 

 

星野さんは、プロ野球選手としては
中日ドラゴンズ一筋に活躍され、
その後、中日、阪神、楽天と
監督を歴任されました。



各球団で、リーグ優勝を4回、
楽天監督時代の2013年に
日本一になっている「名将」と呼ばれる
プロ野球界でも素晴らしい監督でした。



北京オリンピックの代表監督を
務められたこともご存知の方も
多いかと思います。



その星野元監督が、
すい臓がんのため
70歳でお亡くなりになられたという
ニュースは、2018年年始早々
悲しいニュースでした。



感情を露にされる
「闘将」とも呼ばれた
星野監督。



その姿は、必ずしも
絶賛されなかったことも
ありましたが、
野球に対する思いは
誰よりも強かったんだと
感じるところもあります。



あれほどに自信の気持ちを
前面に出される監督が
少なくなる今、
とても懐かしく感じるのは
私だけでしょうか?

 

 

 

 

 

 

長年にわたり
プロ野球界を牽引された
星野元監督のご逝去に
心からご冥福をお祈りいたします。





最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

 

 

 

 

■募集中セミナーのご案内■


◆個人相談・ライフスタイル診断
詳細はこちらへ!

◆自分おこしセミナー(ELM)
詳細はこちらへ!

◆人おこしセミナー(SMILE)
詳細はこちらへ!
 
 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)