Love Guide Blog

石田陽子のブログ

本を読んだり、映画を観たり。Loveをテーマにしたブログです。恋愛に役立つ楽しい情報もどんどんお伝えしていきます。


テーマ:

2016年後半は『逃げるは恥だが役に立つ』や『真田丸』、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』など、視聴率の高さ、内容の面白さで大きな話題になるドラマが登場しました。今日から2017年大河ドラマ『おんな城主 直虎』が始まります。あと、今夜は9時から新春ドラマ特別企画『しあわせの記憶』(MBS/TBS系全国ネット)が放送になります。

 

 

 

 

 

 

この作品、王道のファミリードラマって、どうなのかな? と、少し冷めた目でこの作品を見始めたのですが、思いがけずホロリとする場面があったりして引き込まれました。同じ家に住む家族だからってそれぞれに事情があるし、何を選びとっていくかは本人次第というのが前提。でも、人生の分岐点で迷っていたら思い切って踏み込んで、家族だからこそ背中を押すことができることもある。

 

この物語の主人公・太郎(渡辺謙)は事業の失敗から離婚し、家を出て5年。家賃滞納で金策に苦しみ、ネット販売ビジネスが好調の長女・夏波(北川景子)の会社にフラリとやってきます。そう、あの「寅さん」のような風来坊ぶり。当然、父の代わりに一家を支えてきた夏波は父親のダメ親父ぶりに激怒します。冷たく突き放すものの、新しい恋をしているらしい母(麻生祐未)のことが気になり、恋の相手のことを調べる代わりに家に戻ることを許可します。

 

一方、次女の冬花(二階堂ふみ)は就活がうまくいかず、やりたいことが見つけられないまま、コンビニバイトの毎日。責任感が強く、しっかり者の夏波も共同経営者の友人・吉岡(三浦貴大)との関係がギクシャクしていて、イライラが止まらない……。

 

家族を捨てるように家を出たのに、妻の恋愛や娘の悩みに首をつっこんでくる太郎。ただ、その根底にあるのが家族に対する深い愛情で、簡単に口にできない本心を理解しようと相手のことを真剣に考えたうえでの言動なので、彼に関わると思わず心を動かされてしまうのです。

 

 

お金も居場所もなく、誰よりも人生をやり直したいのは太郎自身のはずなのに、自分の得になることではなく、家族がしあわせになる方向に自然に動いてしまう とことんダメな男。その笑顔は、福の神といっていいかもしれません。

 

また、夏波と吉岡は、太郎という自由で風変わりな存在が現れたことによって、新しい視点で自分たちの関係を見つめ直すことができました。自分のやり方、価値観を貫くことにこだわっていた夏波は、父親との楽しかった記憶がよみがえったことで、自分が本来やりたかったこと、望む方向を思い出します。

 

恋愛は自分と相手の二人だけの問題になってきますが、その恋愛関係に進むまでのきっかけとしては、新鮮な視点や新しい考え方、誰かの協力が必要だったりします。登場人物それぞれに人生の葛藤があって、どう乗り越えていくか……。悩んでいると自分ひとりだけが……という気持ちになってしまいがちですが、家族でも友達でも、近くにいる人と深く関わることで心が軽くなったりすることがあります。

 

今年は照れずに、自分から大切な人にもっとぶつかっていって心温かく。観終わった後、素直にそう思える作品でした。

 

■作品情報『しあわせの記憶』
TBS-MBS系全国ネット 1月8日(日)午後9時~2時間SP
出演:渡辺謙 北川景子 二階堂ふみ 麻生祐未/千葉雄大 三浦貴大 山崎樹範 菅原大吉
脚本:大石静
制作:The icon 製作著作:MBS

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1月7日公開の映画『僕らのごはんは明日で待ってる』の市井昌秀監督にインタビューした記事をアップしました。

 

↓うるキュン! 強がり女子が自分の殻を破る方法【All About 恋愛】

https://allabout.co.jp/gm/gc/466912/

 

 

瀬尾まいこさんのロングセラー恋愛小説を映画化、惹かれ合いながらも時にすれ違い、さまざまな障害を乗り越えて寄り添う7年越しの恋を描いた『僕らのごはんは明日で待ってる』。無口でネガティブな亮太(中島裕翔)と超ポジティブな小春(新木優子)は高校生のときに出会い、付き合い始めます。一見、正反対に見える二人はともに、大切な家族を亡くすという経験があり、内側に喪失感を抱えています。

 

どこか似ている、なぜか惹かれてしまう……。同じ方向を向いている二人は少しずつ距離を縮めていくけれど、時にすれ違ってしまったり、好きだからこそ言えない秘密があったり。恋をしたことで気づく、かけがえのない日常の大切な瞬間。切ないけれど、優しく前向きな気持ちになれるラブストーリーを描き出した市井監督に、今回お話を聞くことができました。

 

自分の殻を破って、変化を受け入れて強く生きていけるように。自分だけでなく、誰かと一緒に未来をつくっていくことの意味。新しい年に改めて考えてみるのもいいかなと思います。

 

■作品情報『僕らのごはんは明日で待ってる』

出演:中島裕翔 新木優子 
美山加恋 岡山天音 片桐はいり 松原智恵子
監督・脚本:市井昌秀
原作:瀬尾まいこ「僕らのごはんは明日で待ってる」(幻冬舎文庫)
配給:アスミック・エース
2017年1日(土)ロードショー

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「スター・ウォーズ」最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を公開初日に観てきました。シリーズ第1作目にあたる『エピソード4/新たなる希望』の直前までが描かれる“アナザー・ストーリー”なので、壮大な物語の入口として予備知識がなくても、すんなりと世界に入っていけます。このクリスマス三連休にも、多くの人が劇場に足を運んでいるようです。

 

 

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

 

物語の舞台は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の少し前。レイア姫がR2-D2に託した帝国軍の最終兵器「デス・スター」の設計図は、いかにして反乱軍の手にもたらされたのかが明らかになるストーリーです。無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かうのですが……。

 

そもそも『スター・ウォーズ』は『七人の侍』など黒澤監督作品の影響を受けていたり、伊達政宗の兜がダース・ベイダーのマスク(?)というかコスチュームのベースになっていたりして、混沌としたなかに日本的なものを感じられるというのも不思議な魅力。

 

本作も<ローグ・ワン>の一員として活躍する盲目の強い僧侶チアルート・イムウェが闘う姿は「座頭市」のようでした。そして、究極兵器デス・スターの設計図を奪うという97.6%生還不可能なミッションに挑む反乱軍の寄せ集めチームの戦いっぷりは今年話題になった大河ドラマ『真田丸』を思わせるものもありました。(チアルートの相棒、ベイズ・マルバスの赤い甲冑とかもあって)

 

 

↑これこれ。存在感あるダース・ベイダー。(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

 

スター・ウォーズというと親と子と葛藤と愛がテーマにあって、今回 揺さぶられたのは希望を繋ぐため、自己犠牲もいとわず戦った“侍”のような<ローグ・ワン>メンバーの戦いのドラマです。寄せ集めの、はみだし者の集まりだとしても、それぞれに信念があるから味方を信じることができるということ。宇宙全体を脅かす戦闘の中でも描かれるのは犠牲を払ってでも手に入れたい「希望」だったり「自由を求める気持ち」なのです。

 

また改めて強く感じたのは、正義の味方の側に、つねにあるのは葛藤だということ。自分の思い通りにならない、自分と違う考え方をしたからといって迷いなく相手を消せるヒーローは、その時点でヒーローでなくなります。本当の意味で正義の味方というのは、「自分と違う考え」=迷いなく「敵」にしない人。

 

戦いになると善も悪もなく、どちらの側だって綺麗事など言えなくなるけど、正義の味方に対しての「悪」の側、たとえばスター・ウォーズだと帝国軍において裏切り者、都合が悪い存在はあっさり処分されてしまいます。暗黙のルール(掟)を作って、そこからはみ出す存在は絶対に許さないというのが悪の法則。

 

仲間を信じない「悪」に対して、ヒーローは、信念があるからこそ悩んだり、葛藤に苦しむのです。自分を信じるというのは、うぬぼれることでもないし、自分の考えを正当化して他人に押し付けることでもありません。他者を仲間と見なして、自分を他者を信じることができれば自分の居場所がここにあると実感できるし、自分のことも他者のことも勇気づけることができる。

 

自分のことも、目の前にいる人のことも信じて、勇気づけていけたら希望を失うことなく生きていけるはず……そう思うのでした。

 

 

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 

 

 

 

作品情報:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

12月16日(金) 全国ロードショー

公式サイト:http://starwars.disney.co.jp/home.html

 

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。