自分のニーズ

安売りするな価値を売れ!

キフィーの商品の価格は安いと思いますが「安売り」はしていません。
もちろん安物も売っていません。
私はこの業界での経験は30年以上です。
商品を見る目はそれなりについていると自負しています。

ただ、お客様は値段でその商品の価値を決めます。
今日もあるお客様にインナーをお勧めしていたときのこと。
私が「これはいい!」と自信を持って仕入れた日本製綿100%のハイネックインナー2,000円!

2人組のうちお一人は、私の勧めに何も言わずに購入してくれました。
もう1人のお客様は
「試着したほうがいい!」とお友達に言うもお友達は「面倒くさいからいい」「2000円だし」とレジを済ませました。
一方の方は試着室に・・・・
しばらくして
「やっぱり嫌だ.もっと良いのも無いの?」とおっしゃります。
この2000円のインナーは3倍の5900円で売られていても全くおかしくない商品です。
しかしながらお客様は2000円だろうが5900円だろうが関係ないのです。

全く品質の違う10,000円のインナーが欲しいのです。

2000円でこの品質ならすごく良いと思いますが
お客様は10000円の物を希望されています。

10000円のインナー!
そりゃあ良いに決まっています。

こういうお客様が見えると
「商品は特別良いものを置きたい」
と思います。

こんなお客様が毎日数人来て下さればお店は何の問題もなくやっていけます。

こんなお客様がいつも集まる場所にすることを考えなさいと講演会で言われることを思い出します。



私自身もできればユナイテッドアローズでいつも買い物がしたいです。

20,000円のシャツを着たいです!
着心地も形も良いに決まっています。

しかしながら大学生の子供2人と高校生を抱える身では買えるわけはありません。

欲しいけど買えないのです。



もちろん何の支障もなく買える人はユナイテッドアローズでもグッチでもヴィトンでも行ってください。
良いに決まってます。

でも私は残念ながら買えません。

私の今のニーズは

ユナイテッドアローズ並みの商品で価格は半分から1/3のお店なのです。

そんな私にユナイテッドアローズの店員がいくら勧めてくれても

買えないものは買えない。

すごく良い20,000円のシャツ1枚より
5900円のシャツ3枚を選びます。

私の今のニーズは5900円でいかに良いものを見つけるか!なのです。

少しの予算でユナイテッドアローズ並みの商品を売る店・・・・

それが今の私のニーズなのです。




10000円のインナーを求めるお客様をターゲットに色々な手段でお店を盛り上げる。

理想ですが

諦めました。

多分自分自身、何のためらいもなく2万円のシャツを買っている景気のいい時が持続していれば何の問題もなく良いものだけを扱うお店にして行こうと試行錯誤したはずですが私のニーズが「安くて良いものを」と変わってしまった以上お客様にも同じ思いをさせたいと安くて良いものを探す努力を惜しみなく使うつもりです。



新店舗で私は2,000円3,000円の商品の価値をしっかり伝えてることを選びました。

安売りするな価値を売れ!

私はこの言葉の意味を少し間違えて解釈していたかもしれません。

今、目の前にある商品の価値は溢れるくらいあります!


{D11519F9-6019-42A5-90FF-274E67853789}



AD

お客様のニーズ

3月1日に店舗を1Fエントランスの好立地に移転して、おかげさまで大変好調に客数売上げを伸ばしています。

オープン3月の客数は前年比500%
2月は20日迄の営業でしたがそれなりの数字がとれました。
{391B9A8B-A087-4B33-A243-EAFF66065742}
売上げは前年比270%
{5DDC5215-2F4F-411C-9EFD-A04F6E149731}

シビコに移転して5年で40%も売上げを落としてしまいました。
松坂屋という核テナントが入っていたクレオではそれなりの高級品を求められましたしお客様もそれを期待して来店されていました。
しかしながらシビコに移転してからはお客様のニーズは確実に変化していました。
お店はお店毎にニーズが違うのは当たり前、お客様はこの店では「少し良いものを」「あの店ではお値打ち品を」と区別して買い物されます。
うちのお店ではお客様は何に期待しているのだろう?と考えてきました。
高額品が売れなくなりその分お値打ち品の売上げは伸びている。
うちで高額品は買わない。
商品の価値を訴えてもなかなか届かない。
決断は結構早かったです
ただ家賃交渉は数ヶ月粘りました。
母は猛反対
改装費もままならない状態でももう移転することしか頭にありませんでした。


4月もおかげさまで半月で昨年の売上げをクリアできました。
お客様は求めるお店をしっかり選別しています。
キフィーはもう高級品はありませんが
私が選んだ品質の商品を納得していただける価格で提供しています。


AD
3月1日にシビコ1Fお母さんの店キフィーと2Fレイクアルスター&キフィーを統合して新たにシビコ1Fに新店舗としてオープンしました。
おかげさまで盛況のうちに2週間が経ちましたのでブログを再開しました。
店舗は入り口から2店舗分の広さがあり、かなりインパクトはつよいです。
低価格高感度の商品に特化していますので客単価は半分になりましたが客数は半月で昨年比の240%と好調なスタートとなりました。
今後はこの客数を減少させることなくいかに増やしていくかにかかっているとかんがえます。
これからもイベントなど積極的に取り入れお客様が飽きないお店づくりをしていこうとかんがえています。
{283BA642-BB20-4D99-927E-0AC8F250F2CC}

{B5566A47-0AAC-42D8-B71C-566A3C9CAE98}

{2827CA40-1BE0-4D76-886E-ED86F19ECE04}

{AD04547C-958C-4FBA-A108-FFB417E0E2A8}

{9C23A830-3BE9-465B-968E-2D8858411CB9}

{7240F224-F6BA-491B-A933-5F111CD462F7}

{B0BD6403-244D-4727-90D2-0E6F7B016CEB}

{D0A693FD-5057-421A-9027-53901939A5B8}

{E7F348BF-5128-4D7A-A5CF-693FB657D768}

{E901CEBF-441B-489E-AB10-C928DA5732AE}

{A2E8EBEB-50C2-43A2-892E-5F2D224C1D2F}

{71D7B33A-2025-4035-9F21-53E96005D467}