京都大阪担当 セラピスト専門 独立・転職者の為の整体師養成講座

リラクゼーションセラピスト・エステシャン・ネイリストなどの各種セラピストさんの整体技術習得・独立支援の為の整体師養成講座


テーマ:

N・K様   24歳  女性  バレエインストラクター
 

Nさんは、右足首の痛みを訴えてホームページから当院へ来院されました。痛めた原因はバレエの練習ではなく、車から降りようとした時に滑って転んでしまい右足首を捻って倒れたらしいのです。

現在もバレエを子供さん達に教えているということですが、捻挫から一ヶ月たった後も痛みが消えず、バレエの基本姿勢5番(両足を揃えて180度外旋した立ちかた)をした時と、ジャンプして着地時に右足首に痛みがあるのです。

病院にも初めに行ったらしいのですが、骨には異常は無かったらしく、でも安静にしていても全然改善されないという事で、今回、当院にて整体施術を行う事になりました。



まず、整体ベットに上向きに寝てもらい左右の足首の歪みの比較検証をして見ました。(痛みの無い左足首と比較してみる事で右足首の歪みの状態がわかるのです。)

右足首の歪み自体はそれほど大きくは無かったのですが、足首の正常な動きに制限(固さ)がありました。
施術では、上向きの状態で足首の動きが柔らかくなる様に、整体施術を行っていきました。

そして、施術後の足首の変化を確認する為に立ってもらいバレエの基本姿勢5番をしてもらい足首の痛みの確認をしてもらいました。



「最初よりもだいぶん楽になりました。」
「でもまだ足首に痛みが残っています。」

彼女。


そこで、もう一度上向きになってもらい足首の整体を行っていきました。

「足首くるぶしの外側に可動制限(固さ)がありますが、これは長年のバレエのつま先立ちの姿勢の影響もあるかもしれませんね。」
と彼女に説明を致しました。

Nさんは学生の頃からバレエをしていたらしく、当時から足首は痛めやすかったそうです。
足首矯正をもう一度行い、痛みの確認の為、バレエの基本姿勢5番を行ってもらうと、だいぶ楽になりましたが、次は、かかとの後ろに痛みがあるとの事。



そこで、うつぶせになってもらい、ふくらはぎ・アキレス腱・足裏の筋肉・靭帯の緊張を確認しながら柔らかくしていきました。
特にアキレス腱とかかとの骨の付着部に強い圧痛(押さえて痛い点)がありましたので、この痛みを取っていきました。

アキレス腱や靭帯にコリや固さがありますと、足首の正常な動きを邪魔してしまうのです。
彼女の足首の痛みは特に、アキレス腱のコリがポイントでした。
再び足首の動きと痛みを確認してもらうと随分と楽になっているとの事。


「靭帯・アキレス腱の緊張を取って楽になったという事は、この緊張・コリが痛みの原因になっていたのですね」
という説明をいたしました。

(靭帯に残ったコリは日数がたっても改善しない場合もありますから、この様な場合は整体施術が有効なのです。)
楽になった事を確認の上、施術は終了となりました。



それから1週間後にNさんから電話がありました。

「バレエをしている時も、だいぶん足首が楽になりましたから、もう一度、施術をお願いします。」とのこと。

そこで、その日の内に来院してもらいました。
今回は、バレエの基本姿勢5番は痛みが無くなりましたが、ジャンプする時に、足首の前後方向が痛いという事でしたので、ふくらはぎの緊張を取っていきました。



前回よりも足を触っても痛みは少なくなっていました。
施術後、もう一度ジャンプしてもらいましたが、楽になっているという事でしたので、施術はこれで完了となりました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

H・Mさん  男性  大学生  24歳  大阪箕面市


Hさんは7年前(17歳の頃)、家庭用のストレッチマシンで身体を伸ばした際、足首を引っ掛けた時、足首部分に強い牽引力がかかり、右足首を傷めたとのこと。

それ以来、7年間、右足首の違和感に悩んでいたのです。 
以前はカイロプラクティックにも通院されていたのですが、改善にはいたらず、インターネットで当院を見つけ、来院されました。



当院にて足首の歪みを確認させてもらうと、かかとの部分に歪みと、内くるぶしに強い圧痛(あっつう)がありました。

骨盤の歪みも確認していきました。



Hさんは歩いている時に右足首を無意識にかばって歩いているのでしょう。

左右の骨盤も上下方向に歪みがハッキリと表れていました。

右の骨盤は上がり、左の骨盤は下がっている状態でした。


Hさんが言うには
「両足をそろえて立つと右足のかかとの骨が内側に歪んでいる様な違和感がいつもあります」
とのこと。

「かかとの関節部分は歪み固くなっていますし、骨盤にも歪みがあります」

「今の状態ですと左右の足に均等に体重がかからず、体重のかかっていない右足の筋肉・関節も機能が低下していきますから、足首矯正と併用して骨盤矯正も行っていきますね」


という説明をして施術を行っていきました。

Hさんの足首の違和感や不安定感は、かかとの歪みが原因であると考えました。

関節の動きは、7年という長い期間が経っている事もあり、部分部分で動きに制限があり、一回のみでの矯正では100%改善するものではありません。

根気よく矯正していき関節の動きを改善していくしかありません。



Hさんの右足首の筋力は、左足首と比べて非常に弱く、この筋力の低下も不安定感の原因にもなっているようでした。


施術中、足首矯正の施術変化を確認するためにベットから立ってもらい足首の安定感を確かめながら施術を繰り返していきました。

少しずつですが、足首の固さも動きが出てきて、不安定感にも変化が現れてきたようです。

その後、数回の施術を行っていきましたが、Hさんの話では、


「足裏の重心がまだ少し気になります」
「でも以前のような足首の神経を圧迫する感覚は無くなりました」



という事でしたので、骨盤矯正と合わせて足首矯正を行い、足首の安定性を高めるために足首の筋力訓練をアドバイスして今回は終了しました。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

N・Rさん 67歳 男性 清掃アルバイト  下京区
主訴 両膝の痛み

Nさんは、以前、私がお世話になっていた仕事場からの紹介で来院されました。
少し無口な、おとなしい感じのおじいさんでした。

お話を聞いてみると、旅館の雑務・清掃を一人でまかされて慌ただしく働いているとの事。
食事の準備時はてんてこまいの忙しさで、立ったり座ったりを繰り返す作業で、しだいに両膝が痛み出し、しゃがむ動作がつらくて出来ないとの事。


「しゃがむ動作を見せて下さい」
と言うと、
Nさんは、黙ってつらそうな顔でゆっくり不安そうにしゃがみます。

「わかりました、では、ベットに上向きになって寝て下さい」
と説明し、Nさんの両膝を確認しました。

Nさんの両膝は、ひどいO脚となっており、骨盤や膝の動きも固く、筋肉もとても固くなっていました。
私は腰から下の下半身を中心に施術を行っていきました。
特に両膝の関節の動きを改善する事を目的に上向きの状態で施術を行っていきました。


40分ほど施術を行ったあと、
「変化を確認しますので、立ってもう一度屈伸を見せて下さい」
と説明し、しゃがむ動作を再現してもらいました。

まだ両膝の動きはつらそうです。
その動きを見て、私は、「ひ骨」の歪みに注目しました。
(ひこつというのは、脛の骨の外側についている細長い骨の事です)
この「ひ骨」に歪みがありますと、膝関節の動きを阻害してしまうのです。
私は固くなって開いてしまった「ひ骨」の歪みを入念に矯正していきました。


「もう一度、屈伸動作を確認してください」
と、確認をしてもらいました。

すると、先ほどはしっかりしゃがめなかった両膝の動きが、スムーズに曲げられるように変化していたのです。
Nさんは、何も言わずだまっていましたが、とても驚いているようでした。


「だいぶ膝の動きが楽になりましたね、では今日はこれで終わります」
と終了しました。
帰り際、出口の扉まで見送りしました。
すると、Nさんがいきなり

「うぅーーーーーーーーー」
と、なんとも言葉にならない声を出して両手で握手を求めてきました。
(よっぽどうれしかったのでしょうね)
私も両手を出して

「楽になって良かったですね」
と両手を出して握手をしまして、今回は終了となりました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

K・Mさん 46歳 女性 会社員 京都市下京区
主訴 左足首の骨折後の痛み

当院は、阪急西院駅から徒歩1分の場所にて営業しているのですが、入り口がわかりずらい、という事もあり、今日は西院駅まで新規予約のK・Mさんという女性をお迎えにまいりました。
(私はKさんの顔はわかりませんが、いつも作務衣を着ていますから目印になり、相手からお声をかけてもらうので、問題ありません)

Kさんと西院の駅で会い、当院まで一緒に歩いていくのですが、歩き方がどうもおかしいのです。
あきらかに片方の足をかばってヨタヨタと歩いているのです。


「足はどうかしましたか?」
と聞きますと、
「歩いていて小さい溝にはまってしまい、足首を骨折してしまったのです。」
と言う返事。

「骨折はもう治っているのですか?」
と聞きますと、
「足首を骨折してから2ヶ月半たってますから骨折自体は治っているのですが、
足首の痛みとふくらはぎまでの腫れが全然引かなくて、少しでも楽になればと思って来ました」
との事。

腫れが引かないという足首を、実際に見せてもらう事にしました。
施術ベットに寝てもらい、左足首を見せてもらうと確かに、左膝から下がパンパンに腫れてふくらんでいました。


「病院の先生は2ヵ月半も腫れが引かない原因は何と言ってますか?」
とたずねると、
「原因は、血液の中の、腫れを取る成分が不足しているから」
という説明でした。(説明での詳しい血液成分は忘れてしまいました)

「足首の骨は細かな骨がいくつもあり、捻挫をしますと、足首の細かな構造バランスが崩れてしまい、症状が長引くことがあるのですよ。」
「足首の骨格バランスを整えていけば、治りも早くなりますよ」

とお伝えしました。

(骨折や脱臼などの矯正は、基本的に整体施術の対象外ですが、この場合は骨折治癒後の不快症状の改善なので、十分施術の対象内であり、改善すると判断しました。)

肩や首もこるという事でしたが、今日は一番の症状である足首の改善に重点を置いて施術に入りました。
(まともに歩けていないわけですから、まずはしっかり歩いて帰ってもらいます)


指先に気(意識)を入れて足首を触っていきます。
するとKさんは、

「いたたたたた、先生いたいです」
と驚いて起き上がろうとします。
私は冷静に

「そんなに強く触ってませんよ、指先で軽くさわっているだけですよ」
と返事をしました。

そして、足首に気を入れ、ふくらはぎ全体に気を流していきました。
そして、捻挫のクセを整えるように足首の骨格の歪みを優しく施術しました。
40分~50分ぐらい施術を行いました。
すると、あんなにパンパンに膨らんでいた、ふくらはぎから、足首のむくみが引いていったのです。


思っていたよりも予想外の引きの早さです。
変化の確認のために、

「起きて立って見て足首の動きを見てください」
と伝えました。
すると、

「すっごく軽いです」
「ふくらはぎのむくみも取れて、自分で触っただけで痛かった、ふくらはぎの痛みが、今は、そんなに痛くないです、触れます」

と驚かれています。


「腫れも引いていますし、足首も動いていますから、良かったですね」
と言い、次回予約は無しで終了となりました。
その後、連絡はありませんので、一回の施術で自身の自然治癒力が働いて改善されたのだと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Tさん 男性
主訴  左肩・腕が痛くて真横へ挙がらない


「左腕が挙がらなくなってしまったので一度見て下さい」
当院の電話が鳴り、電話を取った所、開口一番にこうおっしゃいました。
とても切羽詰った口調でしたので、さっそく予約を取り、その日の内に来院してもらいました。

お話を聞きますと、突然、左肩が朝起きると挙がらなくなっていたそうです。

肩の痛みで腕が挙がらなくなってから、まず、Tさんは整骨院に行ったそうです。
そして、電気を当ててもらい、マッサージをしてもらったそうです。
でも、一向に良くならないので、数回通院して行かなくなったそうです。

そして、次は、近所のカイロプラクティックに飛び込んだそうです。

「そこでは、どのような施術を受けましたか?」
と聞きますと、
「なんか背骨の両側を両手の親指でチョコチョコ触るだけで、全く効果を感じず、ここも通院を中止しました。」
という事でした。
(当院は、これで3件目でしたので、電話での口調が切羽詰っていたのですね。)

そこで、まず、左肩の動きを見せてもらうと、Tさんの言われるとおり、前方と後方にはスムーズに挙がるのですが、真横に左肩を挙げるとカチカチに固まっていて、とてもつらそうな顔をされていました。


右肩は、問題なくスムーズに動きますが、左肩は、私が腕を持ってゆっくり動かしていくと、やはり、真横の動きで痛みがあるようでした。

次は、ベットにうつ伏せになってもらい骨盤の歪みと可動を確認していきました。
すると、
左の骨盤の関節(仙腸関節)と比べて、右の骨盤の動きが異常に固くなっている事に気づきました。

そこでTさんにこの様に説明しました。
「身体の歪みを確認した所、右の骨盤の動きがかなり固くなっていますよ。」

「Tさんの左肩が突然、動かなくなって、挙がらなくなったのは、普段の姿勢や仕事上のクセで骨盤が歪み、その影響で左肩にも緊張が生まれて腕が挙がらなくなってきたのですよ。」

「ですから、肩の整体施術とセットで骨盤矯正も行っていきますね。」
というような説明をして施術へと入っていきました。


初回は、左肩だけでなく、背中・腰・骨盤・肋骨と全身的に緊張がありましたので、筋肉や関節の緊張をしっかり取っていく施術を行いました。

Tさんは、自分は、自分の身体が悪かったのは、左肩・腕だけだったと思っていたのでしょうが、実際は、どこを触っても痛みや緊張を感じたらしく、「うーん、うーん」と初回はビックリされているようでした。

施術をおこなっていくと、固く緊張したTさんの身体は、次第にほぐれていきました。

Tさんは、固くなった身体を私が施術していったことで、久しぶりに運動をした様な、お風呂上りの様な、紅潮した顔をされていました。

「整体は、疲れますねー」とTさんの感想。

「そんなに疲れる施術では無いと思うのですが、Tさんは、左肩だけでなく全身カチカチに固まっていて、骨盤にも歪みがありますし、今回はしっかりと施術しておきました。」

「次回からは、次第に疲れなくなりますよ。」
というお話をしまして今回(初回)は、1週間後の予約を取ってもらい終了となりました。

2回目のお話
今回は、1週間が経過し、2回目の施術のお話です。
「肩の調子は、その後はどうですか?」
と聞いたところ、
「もう大丈夫です」と前回、痛くて挙がらなかった左肩をクルクルと回しています。
(初回に、しっかり整体施術を行った事が良かったようです。)

「左肩・腕は楽になったみたいですから、今日は、骨盤の歪みと固さを施術していきましょう。」
という事で、前回と同じように整体をしていきました。

2回目は、初回よりもTさんも楽に受けられたようです。
Tさんの左肩・腕の痛みは、もう問題ない事でしょう。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。