置いてけぼりになったもう1人のわたしは

小さくうずくまって泣いてた。


大人になって、うまくいかない現実を責めては
殺して、今を生きることだけでいっぱいだった。

{C6203202-DB5B-44BA-A27A-3DBE18317D94}




おはようございます♡

わたし探求専門カウンセラー
ぷんちゃん♪です(*^o^*)




冒頭は、
過去の自分です。


数年前までは、何故うまくいかないのかが
全く分からなかった。


仕事のシフトに追われ、早朝から夜遅くまで。

仕事できる人が正しいんだと思って
そうならなきゃ!ってさ、
必死に頑張ってきたよね。


それが違ってただなんて、
1ミリも疑いもしなかったよね。


そして、強制終了。
それでもわたしは自分の身体を責め、
心を責め、子どもを責め、親を責め
過去を責め、周囲を責めてきたよね。


それは違ってるなんて、
どこの教科書にも載ってなかったし、
知ってる大人にも出会えなかった。


そんな風にさ
過去に一人ぼっちにしちゃった私を
やっと大人になって、
心屋っていう優しい愛のムチに
頰を引っ叩かれてようやく
わたし自身を迎えに行ったのね。



そしたら、泣いてたわけよ。



ワンワン泣いてるわけ。



その時のわたしは冷めた目で
泣いてる自分を見てたんだ。



『何泣いてんの?』
『訳わからん!』って



怒ったように見せかけて
ほんとは泣きそうな自分を殺してた。



何もしてやれないし、
どうしていいのか全く分からなかったから。



そして、カウンセラーになっても
その自分を優しい目で見ることはできなかった。



たくさんの方がカウンセリングに来てくれて、
ようやくわたしが救われていったのだと思います。



人に言いたい事は自分に言いたいこと。

その言葉の深さを改めて感じる事になるなんて。



何度もクライアントさんに伝えたのは
『小さな自分を信じること』


それはまさしく
自分に言いたいことだったのだ。



あれからどれだけ時間が経ったのだろう。



心屋のマスターを卒業して2年経った。

それから、やっと貴女に向き合う決心がついたんだよね。

怖くなっても、何があっても目を背けない!!

私を支えてくれた心友は
ずっとその場で見守っててくれた。



やっと、、、



やっとの思いで貴女を許す事ができたんだ。





そこからは波に乗ったかのように
一気に変化していった。




あの頃の自分に言いたい。
『独りにしてゴメンね



やっと迎えに来ることができたよ。




大好きだよ♡って(*^^*)




だから、どんなに拗ねたあなたでも
大丈夫♡



わたしもねたくさん心友に助けられたの♡




だから、一緒に迎えに行こう!!!









✉ お問い合わせ ✉


AD