207号室のヘビとトカゲとヤモリたち

ヒョウモントカゲモドキ、フトアゴヒゲトカゲ、メラウケアオジタトカゲ、ノギハラバシリスク、コーンスネーク、ニホンヤモリと暮らしています


テーマ:

 アオジタのスノークは、今日はご飯を食べませんでした。

 

 

 ミズゴケに潜っている時間が普段より長く、

 

 

 たまに顔を見せても、な~んかかったるそうでした。

 どうやら脱皮が近いようです。これまでの観察の経験からいって、間違いないと思います。

 

 まあ、脱皮は成長の証なので喜ばしいことですが、

 

 

 

 

 

 せっかく用意したご飯、スノークのためだけに頭を潰されたイエコたちの立場は……

 

 

 

 

 

 一方で、オタマたちは今日もモリモリ食べていました。

 

 

 見ていて気づいたことは、全ての種類のオタマがそうなのかはわかりませんが、とりあえずヒキガエルのオタマは、魚でいえばエイのように口が下向きになっていることです。

 例えば、去年観察したシルクワームは、桑の葉を食べるときは葉っぱの端からきれいに食べていきますが、ヒキガエルのオタマは、下向きになっている口で、葉っぱの端だろうがど真ん中だろうがとにかく表面を削り取るように食べていきます。

 この口は、自然界で木や岩に付いた藻などを食べるのに適した形になっているんですね。

 

 

 今日は暖かい日で、このような日はやはり活性が上がるらしく、6匹のオタマたちはみな、ほうれん草やメダカのエサをモリモリと食べていました。

 

 

 

 

 

 

 

 モリモリ食べてはひと休み、また食べてはひと休みという感じで、元気に過ごしていました。

 食べるときは全身を使って一生懸命に食べ、休むときはダラ~ンと全身の力を抜いているようです。

 

 

 オタマの観察、とても面白いです。

 

 

 

 

 

↓応援していただけると嬉しいです↓


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ヒキガエル(たぶん)」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 4月23日に、思いがけず発見した“オタマの楽園”から連れて帰ってきた6匹のオタマたち、元気に暮らしています(写真は、6匹がプラケの隅に集まっていたので「チャンス!」とばかりにシャッターを切ったのですが、その瞬間に1匹だけフレームアウトしてしまったものです)。

 

 

 去年の暮頃からだったか、なおさんがヒキガエルに興味を持ち始め、日が経つごとにその想いは強まるばかりの様子でした。そしてそれはいよいよ末期状態にまで達したようで、先日お会いしたときも「ヤフオクでヒキガエルのオタマが出品されてて――」「でもそれが何十匹とか何百匹単位でとかで――」「そういえばポッキーあるけど食べる?」などと熱く語っておられました。完全に“急性ヒキガエル欲しい症候群”です。その末期症状です。

 

 一方で、ぼくも、『高木さんち』のダイアナちゃん(なんと先日オスと判明!)や、歩歩さんのお宅のおやびんちゃんたちをブログで拝見していて「ヒキガエルってすごくかわいいなあ」と思っていたところなので、あの“オタマの楽園”を発見したときは大興奮してしまいました。

 

 一応、見た瞬間、オタマの色(真っ黒)やオタマたちがいた環境などから、「おそらくヒキガエルのオタマだろう」と思いましたが、確信にまでは至っていませんでした。けれども、記事を読んでくださった歩歩さんから、「おおおおおおおおおおおお!? ヒキガエルぢゃーーーーーーーん(゚Д゚)ノ」とコメントを頂いたので、これはもう「ヒキガエルである」と太鼓判を捺されたものと、今は思っています。

 

 

 さて、そのオタマたちですが、オタマになってからすでにしばらく経っていたようで、連れて帰ってきた日にはもう、

 

 

「これが伸びて足になるんだな」というものが出ていました。

 そして、我が家での暮らしも4日目となる今日、

 

 

 

 

 

 おおおーっ! やったぜ!! 完全に足になりました!

 

 まだ小さな足で、足自体に力を入れて動かしたりする様子は見られず、「ただ生えているだけ」といった感じですが、きっとこれから日に日に大きくなっていくのでしょうね。

 

 

 

 

 

 エサは、茹でたほうれん草や茹でた小松菜、それから沈むタイプのメダカのエサを与えています。

 

 

 この写真は、沈んだメダカのエサを、まるで掃除機のように吸い取って食べているところです。

 

 

 

 

 

 いつ頃、手が生えてくるのかなあ。

 そしていつ頃、上陸となるのかなあ。

 

 

 

 

 

 ちゃんと孵化したてのチビコオロギもいるのでこちらの準備は万全です。

 もしオタマたちの上陸よりコオロギの成長のほうが早かったとしても、

 

 

 まだ孵化待ちの卵がこんなにあるので大丈夫です。

 

 

 

 

 ああ、上陸してくるのが楽しみでなりません。

 

 

 

 

 

↓応援していただけると嬉しいです↓


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

 とうとう、よし子にとっての“Xデー”が来てしまいました。

 

 

 昨年10月末、

 

 

 待ちに待ったこたつが出され、

 

 

 毎日のように(というかマジでほぼ毎日)、こたつの中でのさんぽ、「こたつんぽ」に勤しんできたよし子。

 目を覚ますとすぐに「ケージからでる」と催促をし、そしてぬくぬくのあの場所、こたつの中へ。冬はよし子にとって本当にルンルン♪の季節でした。

 

 しかし、時の流れとは残酷なもので……

 

 春になり、よし子のケージの暖突が作動する回数が減ってくると、飼い主がこたつのスイッチを入れない日が増えてきて、そして……

 

 

 

 

 

 

 

 

 とうとう、こたつがこたつではなくなる日が来てしまったのです。

 

 

 

 

 

 日が暮れ、目を覚ましたよし子。まだ何も知らないよし子を、ぼくは申し訳ない気持ちいっぱいで部屋まで連れていきました。

 

 

 

 

 

「ぬくぬくのところがない……なくなりました……」

 ただのテーブルとなってしまったこたつを見て、愕然とするよし子。

 

 

 

 

 

「ぬくぬくしません! ぜんぜんぬくぬくしません!」

 ああ、ぼくはなんということをしてしまったのでしょうか。よし子が心の底から大好きな場所、こたつを、片付けてしまうなんて!(だって暑いんだもん!)

 

 

 こたつがなくなったことに戸惑いを隠せない様子のよし子……

 

 

 オロオロと歩き回ります。おそらく、こたつを探し求めて。

 

 

 

 

 

 こたつ布団は去年と同じように、仕舞わずに、たたんで置いてあります。

 それを見つけたよし子、

 

 

 フリース素材のこたつ布団は、紛れもなく、よし子が大好きだった場所のそれです。

 しかし――

 もう、ぬくぬくしていません。また次の冬が来るまで、決してぬくぬくすることはないのです。

 

 

 

 

 

 でも、よし子、待ってろよ。来月、5月になれば……

 

 5月8日はよし子の誕生日です。よし子、3歳になります。

 

 待ってろよ、よし子。誕生日には素晴らしいプレゼントをあげるからな。よし子が絶対に喜ぶ物だ。

 来月だ。よし子、来月なんてすぐだ。

 それまで、少しだけ辛抱していておくれ。

 

 

 

 

 

↓応援していただけると嬉しいです↓


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日連れて帰ってきた、ヒキガエルと思われる、いや、ヒキガエルにちがいない6匹のオタマジャクシ、とても元気です。

 茹でた小松菜を与えたところ、

 

 

 モリモリモリモリ食べています。

 

 

 水の中を元気に泳ぐ姿はとても可愛らしく、いつまで見ていても飽きません。

 で、その姿を写真に収めようとしたところ……

 うーむ、常に動き回っているオタマジャクシの姿を、バッチリ満足のいくように写真に撮るのって、すごく難しいんですね。

 

 一応、真上からであれば、何枚かに一枚は、

 

 

 このようにきれいに写ってくれるのですが――

 

 ぼくは横からや真正面からの姿を撮りたいんです。このオタマたちの顔を写真に収めたいんです。

 だってこの子たち、とてもオモシロかわいい顔をしているのです。なんというか、丸くて、口には唇があるように見えて、しかもそれがタラコ唇っぽくて……その顔を写真に撮りたいのです。

 でもプラケ越しに真横から撮ろうとしても、

 

 

 

 

 

 何度挑戦しても思うような写真が撮れません。やっぱりじっとしていてくれないし、プラケ越しだとピントがプラケそのものに合ってしまったり、光の反射などもあって、どうしてもはっきりとその顔を撮れないのです。

 

 

 だから絵に描くことにしました。

 我が家のオタマたち、こんな顔をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 あちこちがぷっくりしている太っちょフェイスです。

 少なくともぼくにはこう見えています。

 

 

 すごくかわいいですよ。

 

 

 

 

 

↓応援していただけると嬉しいです↓


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ぼくは今年、満足いくまで桜の花を見ていません。なぜか毎年そうなのですが、「今がピーク」というときに限って雨が降り続き、やっと晴れた頃には葉桜となってしまうのです。

 今では桜の木は完全に緑の葉をつけた、ただの木となりました。

 しかし、季節を象徴する花は桜だけではありません。今はツツジが見ごろですし、来週あたりには藤が満開になっているはずです。

 今日は素晴らしい天気だったので、そんな花々を見に、また自然と触れ合おうと、あちこち散策に出掛けてきました。

 

 

 

 

 

 まず赴いたのは久留米市にある『久留米百年公園』。

 この公園は、平成元年に久留米市の市制100周年を記念して作られた公園だそうで、毎年この時期になると「久留米つつじまつり」が催されます。「まつり」といっても出店などがあるわけでもなく、ただ「大量に植えられたツツジをみんなで愛でようぜ!」というだけなのですが、

 

 

 

 

 

 見応えは充分でした。

 きれいなツツジにはもちろんですが、その蜜を求めて飛んできているミツバチやクマバチたちがなんとも可愛らしく、癒されました。

 そしてこのハチたちをきっかけに、「もっと生き物を見たいなあ。よし、探しにいこう!」と思い立ちました。

 

 

 特に見たいと思ったのはカメでした。今日は暖かいので、池などに行けば甲羅干しをしているカメがいるはずと思いました。そこで、この百年公園からそれほど離れていない場所にある、『久留米城跡』に行くことにしました。ここにはかつてのお堀の名残と思われる池があるので、きっとカメがいると思ったのです。

 

 

 車を10分ほど走らせ、久留米城跡地に到着し、目的の池をのぞいてみると……

 おおおーっ! いた! いました!! やや小柄なクサガメが、池から上がってのんびり甲羅干しをしています! さっそく写真を――

 と思ったその瞬間!

 

 ポチャン。

 

 気配を察知され、池に飛び込まれてしまいました……。

 

 写真を撮れなかったことも残念でしたが、せっかくの甲羅干しの邪魔をしただけの結果になってしまい、カメに対して申し訳なく思ってしまいました。

 

 

 

 

 

 気持ちを切り替え、再び、カメやその他の水辺の生き物に出会うため、今度は1時間半以上も車を走らせ、八女市星野村にある『池の山キャンプ場』という所へ行きました。

 ここは、周囲が700mもある池のまわりにたくさんのロッジが建っているキャンプ場で、その池は人工池ではなく、なんと自然の池なのだそうです。ここなら、必ず何かしらの生き物がいるはずです。

 

 

 

 

 

 なんと素晴らしい景色でしょうか。やっぱり自然というのは美しいものですね。

 

 

 さて、池に近づき、のぞいてみると――

 

 

 ゲエエエーーーーーッ!!!!????

 

 

 な、なにこれ!?

 す、すげえ!

 マジ!?

 

 

 

 

 

 

 

 オタマが……

 すげえ数のオタマが……

 

 

 

 

 

 オタマジャクシが何千何万と群れています!!

 

 

 しかも、このオタマって、もしかして……

 

 

 

 

 

 この、まわりを雑木林に囲まれた池……、オタマのこの真っ黒い色……、この大量発生ぶり……

 

 ヒキガエルな気がしてなりません。

 ぼくはカエルには詳しくないですが、これらの条件を満たしているオタマはヒキガエル以外にないのではないでしょうか?

 なおさんが迎えたくて迎えたくて仕方がないヒキガエル、ここはそのヒキガエルたちの楽園なのではないでしょうか? ああ! もしもここになおさんを連れてきたら、何かに取り憑かれたかのように、オタマを網ですくい捕りまくるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 家に帰ってから、パソコンを起動し、さっそくヒキガエルのオタマや他の種類のオタマの画像を見てみましたが、やはりあれはヒキガエルのオタマだったような気がしてなりません。

 

 

 ということは――

 

 

 

 

 

 

 

 この、持って帰ってきた6匹のオタマ――

 

 

 ヒキガエルですよね?

 

 

 

 

 

↓応援していただけると嬉しいです↓


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。