南仏マルセイユでマタニティライフ・・・と、その後。

2012年12月初旬、ワーホリにて渡仏。
2013年、すぐに妊娠発覚で男の子を出産。
2016年、出会って12年目にして南仏男と結婚。
国際結婚、第2章がスタートです!!


テーマ:

年の初めの年賀状。

今はもう、LINEやfacebookであけおめのメッセージを送り合う時代。

私はず〜と年賀状自体をもらうばかりでたまに、
Xmasの時期に送るグリーティングカードを送るくらい。
だから、毎年友達の年賀状で今年の干支を知る始末。あせる
でも、
私の周りは今でも毎年、フランスまで年賀状を送ってくれる友達もいる。

その中で、
今年初旬・・・
旦那がポストから
「Cちゃんからだね。」っと手渡してくれた
年賀状のメッセージを読んで旦那の手を取り踊りだす私。デレデレクラッカー

旦那・・・滝汗汗汗汗
「きもっあせる」っと一言。

私:「なんでやねん。ムキーアップ

差出人は昨年の春に結婚した学生時代の旧友Cちゃん。

そのCちゃんから、

「Yちゃんも(赤ちゃん)
 授かったからじゃがっ娘も
 もうすぐ授かるよ!」


っというメッセージ!!

Cちゃんからの授かり報告は昨年の12月に受けていた。
だから、その際に「ラブラブおめでと〜」っと、
喜んだのだけど、Yちゃんの話はまだ知らなかった。

そして、
Cちゃんが私と同じ時期に、
「Yちゃんに来週会うから、妊娠報告する予定なの。」
っていうのを聞いて、

びっくりえぇ!?」

ガーンそれは・・・。(やばくない!?)」

っと報告を止めた方がいいのか?
でも、15年以上の旧友同士。
たまに突拍子もない事を言うCちゃん。(笑)
でも、デリカシーのない子では決してない。
それにYちゃんは報告を受けてもきっとクラッカーとっても喜ぶだろう。

滝汗でも・・・

滝汗でも・・・っと

ハッキリCちゃんに自分の気持ちを言えないでいた。

それは・・・。






Yちゃんが、

不妊治療を受けていたから。

今まで、
苦しい事も悲しい事もすべて知っていたし、前回の不妊治療中に

ショボーンやっぱり今回もダメだったから、
 じゃがっ娘の結婚式に行くね。」

っと言ってくれてわざわざフランスまで来てくれた友達。

私なんかよりもずっとママらしくて、子供が大好き。
私が妊娠した時もいろいろな妊娠グッズや日本食を毎回送ってくれた友達。

今、離れて暮らしていてもお互いの幸せを願っているのは
昔も今も変わらない。

だから、Yちゃんが辛い治療を受けながら
べべ待ちなのを知っているはずなのに、
サックっと子供を授かった事を言ってしまうの?
っと、ショック汗何とも言えない悶々とした気持ちでいた。

Cちゃんの今までの過去を知っているからこそべべちゃんが
結婚してからサックっと出来て嬉しいのは分かるし私もすっごく嬉しい。

私たちの間で一番初めに結婚しているはずだったCちゃん。
彼女にも紆余曲折ある人生だったから、
ドキドキ幸せな姿に心からおめでとう!っと、
嬉しい気持ちになる。

だから、新婚気分のCちゃんの気持ちも
長い間べべ待ちのYちゃんの気持ちも
分かるからこそ、
すっごい複雑な気持ち。むっあせる

その悶々とした気持ちを振り払うCちゃんからの年賀状。

だから、すっごく嬉しかった。デレデレ音譜

そして、急遽2人に小包を送った。

(私が妊娠してお世話になったヴェレダの妊娠線予防オイル。
 私はいろいろなクリームやオイルを使ってこれが一番効果が
 あったと思う商品。
 詳しくは→こちら※使用した報告も兼ねています。)

Yちゃんの事だから安定期に入るまで報告は
控えているのだろうなぁ〜。
だから、報告があるまで待とうか・・・。
っと、思ったけれど、
あまりにもちゅー恋の矢嬉しくって送ってしまった。

それに、CちゃんにプレゼントしてYちゃんに
プレゼントしないなんて私には出来なかった。

その後、Yちゃんの手元へ届き、小包がきっかけで、
すぐに連絡が来て、
やっぱり悪阻とかで調子が悪い事が分かって
正式に報告を受けて、
やっぱり、私たちの結婚式後に授かった事を聞いて、

ラブドキドキ嬉しくって息子と踊りだす私。

ゲラゲラ旦那と違ってノリがいい息子。笑

Yちゃんが私の結婚式のためにフランスへ来てくれた際に、

「今回もダメだったの。ダウンダウンダウン」っと

しょぼん落ち込んでいるのを見た時、
すっごく残念な気持ちと今後の心配をしたけど、
Yちゃんの気持ちはまだ辛い治療を諦めていなかったし、
日本へ戻ったら
ワンステップ前に進む決意を聞いて、励ました。

フランスに来れた事、私の結婚式に参列できた事を
とっても喜んでくれていた。

だから、そんなYちゃんを見て、
「絶対に大丈夫だよ。」っと声をかけた。

ありきたりの気持ちではなく・・・

なぜか、本当に・・・
なぜか、勝手に・・・ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

昔から第六感だけやたら働く私。

Yちゃんのこの旅が終わったらいい事が起きる。
っと、(*´艸`*)ひらめき電球
Yちゃんに対して漠然に感じていたから。

そして、
すっご〜〜い、持論ですが・・・私、

「人の幸せを願える人は
 自分も幸せになれる。」


っと昔から思っていて、
Yちゃんの行動力と人に対する優しさ。

幸せになれないなんってあり得ない。
神様は何を見ているんだ!
ムキーむかっ仕事しろよ!!って。苦笑


「子供を授かる。」って、
結婚したら普通の事だと思っている世の人々。
でも、普通ではない事なんていくらでも起きる。

私の周りも子宮頸がん、子宮内膜症、高齢出産・・・
いろいろな理由があってなかなか授からなくて悩んで、
悩んで不妊治療を受けて授かっている友達が実際に多い。

爆  笑やっと授かった!っと喜ぶのも束の間、
えーん流産してしまったり、
出産するまでいろいろなトラブルに苛まれて早期出産、
帝王切開で出産する友達も本当に周りに多い。

そんな悩める子羊は意外に
近くにいたりする。


でもみんな、周りの人にその経緯を言わない事が多いから
その人の苦労を知らないだけ。

「いつかは一生のうちに子供を産みたい。」
っと思っていても叶わない人もいる。

私もその中の一人だった。

「将来、子供はこのままだと
 難しいかもしれない。」


っと言われた20代後半。
毎年の子宮がん検査を余儀なくされた私。

いろいろな事を諦めて、
心機一転、新しい生活を始めた際に
奇跡的に授かった息子。

「1年フランスに行って、これからずっとフランス人
(うちの旦那)と一緒に生きていくのなら近い将来、
 不妊治療を始める事になると思うの。」
っと言うのを打診していたからこそ、
Yちゃんは私の妊娠報告を受けた時、すっごく喜んでくれた。

ガーンどうして、私には赤ちゃんが出来ないの。」

ガーンガーンどうして、どうして・・・」っと、悲観的になったり、

憎らしく思ったりするのではなく、

「私も頑張るね。」っと常に前向きだった。

きっと、優しい彼女の気遣いだったのかもしれないのだけど。

そんなYちゃんだからこそ、
Yちゃんが望む幸せが絶対に来ると。

言葉に出来ない感情が湧いてきて
胸が熱くなった。

「人の幸せを願える人は
 自分も幸せになれる。」


今年の私はみんなからの幸せパワーをもらって幸せな日々を過ごせそうな予感。
っと、勝手に解釈。

今、旧友2人のべべ待ちを見守りつつ、すでに出産祝いを物色。
ニヒヒ

まだ性別が分からないのに自分の出産よりも
友達の出産の方がなぜか毎日ウキウキな気分になる。

ちゅーえへっ。

不思議だ・・・。



ちょうどおめでた報告のラッシュだった先月の早朝、
地平線に沈む月がとっても綺麗だった。
この景色とも今年でお別れ。
でも、きっと新しい出会いもある。
そう、信じたい今日この頃。

長くなりましたが、
最後まで読んで頂きありがとうございました!!

次回、「
妊娠報告のタイミング」


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

じゃがっ娘さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。