南仏マルセイユでマタニティライフ・・・と、その後。

2012年12月初旬、ワーホリにて渡仏。
2013年、すぐに妊娠発覚で男の子を出産。
2016年、出会って12年目にして南仏男と結婚。
国際結婚、第2章がスタートです!!


テーマ:

突然ですが、この携帯アプリを知っていますか?

↓↓↓

 

 


お子さんがいる方なら聞いた事があるのかなぁ?

子供用の赤鬼が叱りつけてくれる携帯アプリ。

今回は、このリアル赤鬼が現れました・・・。滝汗あせる



それは、
前回の「M社」のマネージャー・シリルのお店を後にした際、
「C社」ムッシュー・マツコのお店に行く事が決まっていて、
ここでも、前日の問題は解決しないだろう?
もう、それなら、上手い事言って終わりにしようか?

私たちの要望が上手く出来ないんだったら、
なんだかんだでピンチをチャンスに変えて頑張った
「M社」のマネージャー・シリルのお店にしようか・・・?

っと、話を聞くだけ聞いてみよう。っという感じで来店。

そうしたら・・・。

ムッシュー・マツコ、代替え案を提示してくれて、
簡単に断る事が出来ない雰囲気に陥った私たち。ガーンマジか。

実は、ヨーロッパではあるあるな事ですが、
キッチンの中に洗濯機を置く事をアパルトマンを購入した際に、
アパルトマンの販売店に申し出ていた旦那。
(配線の関係で事前申し込みしなければいけ無い。)

当初の設計では日本と同じ、お風呂場の洗面所の隣が洗濯機の場所だったのを、
洗面台の蛇口を2台設置する事を希望した旦那。

 


※イメージ。↑こんな風に二つ蛇口があって、将来、子供達が朝支度するのに喧嘩し無いように・・・だと。(まだ、一人っ子ですが?息子・・・。)

旦那、フレンチ男。身だしなみにうるさい。旦那の幼少期からの生活習慣から来る思考らしい。

日本だったら”譲り合い”っていう名の時間配分考えるから一つでもよく無い?って思いますが・・・。

ここが、本当フランス人らしい考え方。

 

だから、必然的に水回りの配管の都合でキッチンの中に洗濯機を置く事になる。

↓↓↓

今、こんな状態。

これが、大っ嫌いな私!!

キッチンの中に洗濯機があるのは狭い部屋の構造、仕方がない。

でも、見えるのが嫌!!!

って、事でフランスではどこのキッチン専門店も上手い事、
洗濯機がどこにあるのか分からない様に隠すデザインが多い。

でも、それには規定サイズの洗濯機になる。

そう!
洗濯機の容量が小さくなるので私たちが望む大きさの洗濯機にすると
必然的に洗濯機だけキッチンの中で見える。

 

妥協する場合は洗濯機がむき出し状態になる。

キッチンの色が白だったら洗濯機の白色も妥協できるけど、色も違うのでアンバランス。

 

それも、私たちのキッチンは今の時代には合わないちょっとひと昔前の
キッチンの構造をわざわざあえて選んだから、
スペース上、

サロン(居間)の中で洗濯機が見える状態になる。

居間に洗濯機・・・

それが、絶対に嫌だった!!

 

旦那の意向でお風呂場に置けなくて、
水回りの配線の関係でキッチンと居間の間の場所に洗濯機を置く事はかなり妥協した。
だからこそ、ここは絶対に譲れない。

だって、すっごいお金をかけて(貧乏性)作り上げる
オーダーキッチンなのに最後の最後で・・・

 

(´ε`;)ウーン…汗ダサい!!

 

エェ━(´Д`υ)━・・・汗汗ダサすぎる!!

だから、洗濯機が見えない様にカーテンを引く?

(旦那:いや、いや、さらに気持ち悪い!!)

そこだけ、自分たちで作る?

いろいろ妥協点を探したけど、旦那も私もめんどくさがり。

だから、いろいろな雑誌を引っ張り出して、リサーチ。

こんな、感じのだったらできるんじゃない?

っていう案を提示。

それを上手い事やってのけた「M社」マネージャー・シリル。

でも、ムッシュー・マツコのお店では絶対無理だろう?っと踏んでいた。

でも、ピンチをチャンスにするのが上手いのか?

上手い事考えてくれるんですよね〜。滝汗あせるあせるあせる

でも、旦那は「M社」マネージャー・シリルの案の方が物の多い
私たちには収納スペースが多くていい感じ。

ムッシュー・マツコ案は壁を作って冷蔵庫や洗濯機を埋め込むデザイン。

 

※イメージ。見た目はすっきりして素敵だけど、

壁にされたスペースを有効利用でき無い。

ってか、ここにドア付きにして洗濯機が入るって・・・。

なんだかなぁ〜って感じ。

 

最大の問題は残念ながら荷物を入れるための棚を作るスペースはない。
それに、多分これにはかなり予算がかかるのであろう?
壁は自分たちで塗って欲しい事を言われ、尚且つ、
最初の見積もりには冷蔵庫も洗濯機の料金も省かれ、
自分たちで購入する事が条件だった。

それは、箱型の壁を作るといろいろ配線の問題が出てくるから、
専門の業者の方が安く済むであろう。っという見解。

って、事で全体の見積額は「M社」とほぼ同じくらいだけど、
あれこれ後からの買い足し必需品が多く、
再度自分たちでいろいろと買い揃えなければいけない。

初めは家電製品は値段が高いからソルドで最新式を
自分たちで買ってきてはめ込めばいいよ!
っという意見だったけど、
前回の「M社」マネージャー・シリルはなんと!

家電製品すべての定価を65%OFF
にしてくれるという、
ミラクルが起きていたので、

旦那・・・悩む。ショボーンう〜ん。

それも、こちら指定の家電製品だったりして、
在庫処分のお安い型落ち&中古製品ではなかったのもポイントが高かった。
そして、家電製品の保証期間7年もつけてくれた。

結局、値段交渉でムッシュー・マツコ、
冷蔵庫も洗濯機も付けて、端数も切ってくれたけど、

真顔う〜ん・・・。

そして、最後の一押しでさらに、ミラクルが起きて
「M社」マネージャー・シリルのお店よりも破格の値段に・・・。

真顔それでも、う〜ん・・・。

結局、ムッシュー・マツコが席を外した際に旦那と話あって、
質はいい!!
いろいろな問題点も解決してくれる。

それも、かなりの権力を持っている、ムッシュー・マツコ。

信頼できる。

でも・・・この場で決めなければいけない。
って、事で結局、
今日は即決出来ない。

そして、最終的には今後の事を考えたら収納スペースが多い方がいい。
これから、居間やお風呂場等も作らなければいけない。
もし、長く付き合えるのなら、トータルに値段交渉ができる
「M社」マネージャー・シリルのお店の方がいいのではないのか?
と、いう事で本当に本当に申し訳ないけれど、

 

苦肉の決断で断る事に。

Y(>_<、)Yあせる

少しでも安い方がいい。

と、願う当たり前の思考ではなく、
長くこれから付き合える会社なのか?

もう、この時点で

お金の問題ではなくなっていた私たち。

いや、旦那が!!ニヒヒ

だから、お金の問題ではない。
安ければいいってもんじゃ無い。

を強く主張し、引き下がらない旦那。

 

結局、私が悪者になり、旦那・・・断る。

 

ごめんなさい・・・マツコあせるあせるあせる


そして・・・冒頭の
ムッシュー・マツコ、赤鬼
になる。

ド━━Σ(ll゚艸゚(ll゚艸゚ll)゚艸゚ll)━━ン!!!

フランス人って自分の感情を素直に出すから本当に人間味がある。

建前なんてクッソくらい!

本当の事言って何が悪い!!

販売員だろうとそんなもん、遠慮なんかするか!!!

っと言うのがパンチ!爆弾爆弾爆弾ガッツんっと伝わって来て、
お店を後にしても申し訳なさいっぱいだった私たち。ガーン汗

 

ムシュー・マツコに何度も競合店の値段を聞かれたけど、

 

値段交渉では無い。

 

安いだけのキッチン店でも無い。

 

ただ、これから長く付き合える専門店なのか?

 

本当にただ、ただ、それだけ。

 

友達と一緒でコロコロ人間関係が変わったり、相手を思いやる気持ちが変わるタイプでは無い私たちの性格には人と一緒で

「長く付き合えるか?」が大切なの。

 

だから・・・頑張ってくれた手前、

 

しばらくは、もう、ムッシュー・マツコが忘れられない。ダウンダウン

・・・って、事で後日、
旦那イチオシだった、
イケメン「M社」にも行ったけど、面白い値段にはならなかったので、
ピンチをチャンスに変えた、
「M社」のマネージャー・シリルのお店で契約する事に!

それも、見積もりの中にシンク周りの水はね防止プレート&レンジガードが無い事に気づいてしまった私。ガーン

最終契約日が決まっていたので、旦那、仕事帰りに来店。
わざわざ携帯のテレビ電話で私にいろいろ説明&確認をしてくる始末。
(まぁ、私がいちいちうるさいから・・・。)

それを見たマネージャー・シリル、滝汗あせる

これ以上値段を吊り上げられない客だと思ったのか?

なんと!90%OFFに!!

私:「びっくりえっ!?ちゃんと確認した!?」

旦那:「90%OFFなんて普通しないよ!!」

私:「それ・・・(タダ同然の)

         安いの付けられるんじゃないの?
   まんまと、いい様にコストダウンされたんじゃ無いの?」

旦那:「・・・チーンダウンダウンダウン

「じゃがっ娘には、もう、誰も敵わない。」っと言われて、

 

自分の肝っ玉の小ささを痛感いたしました。叫び

ひどい女でしょうか?

でも、後から文句言ってトラブルになるよりはマシではないでしょうか?

って、事で最終的には長年お世話になっている&全体の値段を把握している義理母もビックリな程お手頃価格にしてもらって、

 

旦那、「これ以上は(お店側の)マージンも引けないよ!!むかっ」っと。

困った嫁で申し訳ないです・・・。

それでも、懲りずに他のお店も見たい。
見積もり欲しい!っと思いましたが、
もう、ムッシュー・マツコの様な犠牲者は出せない。
そこまで、悪にはなれない。
何より、リアル赤鬼が怖い!!
って、事で、ようやくキッチン業者が決定!!

来月は待ちに待った完成間際のアパルトマンの内観視察。

これから、どうなることやら・・・。

 

 

ここまで読んで頂いてありがとうございました!!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の続きですが・・・。

 

1日に3軒も回って結局、
買い物も出来ず、私の最大の要望も叶えられなくなりそうな事態に陥って、
家に着いても、お互いに討論し合って、
2軒目の「M社」にはもう、行きたくない。
パンチ!マダム・サブリナには会いたくない。

っと、駄々をこねる私。

でも、全体的には商品の品質、保証年数、
マネージャー・シリルの対応の早さはいい感じだった。

でも、
これから長く付き合える
会社を選びたい。


その「M社」は元々キッチンしか取り扱いがなかったのが、
長い年月で家の内装のトータルコーディネートをしてくれるまでに
成長したフランスでも信頼できるフレンチキッチン専門店の会社。

そして、旦那の実家のママンが35年以上前に選んだ
&お世話になっている会社でもある。

でも・・・

えーんっと踏ん切れない私たち。

とりあえず、明日行ってから決めよう。

・・・。

そして、次の日、ひらめき電球ラッキーな事にマダム・サブリナ不在。

マダム・サブリナに変わってマネージャー・シリル登場。

初めに、昨日の事を素直に謝るマネージャー・シリル。

びっくり!?!?!?

あれ!?意外にいい人?

自分の非を認めない事で有名なフランス人。

(←失礼。人によりますけど・・・。)
マネージャー・シリルの口からそんな言葉が出てくるとは・・・。

パンチ!キレてみるのも意外にいい方法だったのか????

そして、マネージャー・シリル、
「私たちの扱っているキッチンは他店に比べると安いものではないから、
 時間をかけていろいろ見たい。っというマダムの気持ちも分かるし、
 プランをあげない。って言うこともよくない事だった」と・・・。

びっくり!?!?!?


・・・いろいろ見直したよう。

ニヤニヤしめしめ。

でも、マネージャー・シリル・・・その後、

叫び凍りつくような事が起こる・・・。



真顔旦那、真顔で・・・

早速前日、気づいちゃったのよ。っていうプランの指摘から始まる。

再度、前日まで出来上がったプランを見て、旦那・・・

 

真顔「やっぱり・・・。むかっむかっむかっ

・・・。

ガーンなんと!
一番初めのキッチンの大きさ、
枠取りからマダム・サブリナのプランが
間違っている事が判明!!

マダム・サブリナ、「目見えないわぁ〜」っと、
言って旦那にキッチンの寸法を計算させる始末。

数字に強い旦那でも、キッチンの設計をするプロではないから、
パソコンでの正式なプラン作成は分からない。

それなのに旦那にやらせる時点で初っ端から私は嫌でしょうがなかった。
むっむかっ

結構、第六感が働く私、
それが大当たりのマダム・サブリナ。

コレを機にマダム・サブリナを担当から外すように懇願。

だって、このインチキ設計のプランで無理やり契約を取ろうとしたのよ!!

Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

ありえないっしょ。

で、結局、
マダム・サブリナが作ってくれた案を元に
再度正式な寸法を測って一から全てを確認しながら、
変更を加えて正式な見積もりへ近づけていく。

※寸法が間違っている。っていう事は希望の入る形の引き出しや棚も変わってしまう。っというあり得ない事態。

そう!
マネージャー・シリル、
チーン簡単に終わるかと思ったのにまさかの出直しで内心面倒くさかったのだろうなぁ〜っ。

でも、ここはマネージャー。

もう、パンチ!この店はあり得ない!」っと、
見切りをつけていたのに、旦那の太っ腹な心意気に、

再度チャンスを与えた結果、
私たちが前日の3軒目(「C社」ムッシュー・マツコのお店)で
起きた問題もサクサックっと解決。

さすがに、長く生き残って事業を拡大してきただけの
経験と知識があるようで私たちの要望にもすぐに対応!!

ひらめき電球デレデレこれ、これ、この営業マンよ!!
この営業マンなら信頼出来るし、お金を支払ってもいい!って思える。

って、事で、どうせ私たちの要望なんて叶わない。
っと思っていた事をやってのけたマネージャー・シリル。

まさに、ピンチをチャンスに変えた
マネージャー・シリル。

デレデレ合格すごいぞ!!

って、事で旦那も私も段々自分たちの求めるキッチンが
出来上がってきてテンションアップ!!

来店するまではきっと、無理だからこれで終わりだろう。
でも、参考に妥協したところだけまでの見積書をもらえるだけでいいや。
っと思っていたのに・・・。

何が起きるか分からない。

ニヒヒ恋の矢まさにミラクル!!

それも、予算があるから、これ以上高くなるのは、

真顔・・・嫌。

ここからはどこを安いものに替えていくか?

でも、意外にマネージャー・シリル、

契約してもらえるように丁寧に
説明してくれて頑張る。

って、事で一歩前進。
ポイントアップ!!

さてさて、どうしようか・・・?

前日3軒目に行った、
「C社」のムッシュー・マツコのお店の出方次第。
(この時点ではマツコのお店が一歩リード。)

でも、きっと私たちの要望は・・・
難しいだろうなぁ〜っと。

次回「ムッシュー・マツコ、赤鬼になる。」

 

 

 

 

日本でも今、人気の対面式のアイランドキッチンがフランスでも一番人気です。

っと、言うより、最近の新築アパルトマンの間取りデザイン自体が開放感があって、

人を招待する事が多いフランス人の思考にぴったりのこの形が多い。

義理兄の彼女も壁で仕切りがあったキッチンをぶっ壊してこの形に変えたくらい。

 

日本だと子供が目の前で遊んでいる姿とかの様子が分かる様に。

っていう理由でアイランドキッチンを選ぶお友達が増えたな〜っと新築祝いに行くと思うのですが、フランスは子供のためよりもただただ、

音譜素敵だから!っていう理由が多いなぁ〜っと感じました。

 

でも、デメリットは居間が狭くなる・・・。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回の前途多難な旦那の無茶振りに呆れながら、予算を確認。

・・・何度も確認。

・・・そして、念のために再度確認。

・・・もう、旦那の頭の中の計算に任せることにした。

って、事で、予約しちゃったキッチンの専門店へ行く事に。

それも、家を出てから知った、1日の予定。

旦那:「S社に10時、M社に2時、C社に5時!!」

「ガンバって回ろうね。」

っと、ポーンあせる言われて・・・

チーン私、固まる。

はぁ?

1日に3軒!?
そんなに回れないよ!!

キッチンのプランをコーディネーターと一緒に考えるのに
どれだけの時間がかかると思っているの?

ってか、今日は買い物をする日やねん。
パンチ!ムキー絶対に回れない!!

もう、この時点でイライラ。

そんなこんなで始まったキッチンプランのランデヴー(予約)。

まずは、フランスではなかなかのお値段の
キッチン専門店「S社」へ。

確かに旦那が言うように、IKEAよりもはるかに質がいい。

でも、お値段もかなりいい。汗

見た目だったら正直、IKEAと張り合える。
でも、中身の作りがやっぱり違う!!

※ちなみにIKEAベースなのは私がIKEAが大好きだから。
って、いうのとIKEAのキッチンの相場は日本でも大体わかるから。

ある程度、話を進めてタイムアップ。

開店から来店して気づいたらお昼過ぎ。
イケメン販売員、何度も時計を見て終わりたそう。
(フランスあるある。)

私たちも次に行く時間があるのでプランが完成せず、
だいたいの料金も出ぬままマタ来週。

私:「チーンやっぱりなぁ・・・!!」っとガッカリ。

それも、お昼を食べる時間もなく次のお店へIN。

前回下見に来て、あんまりフィーリングの合わない
マダム・サブリナ登場。

でも、なかなかいい仕事振りでサクサク私たちの希望のプランを形にしていくマダム。

でも、ここでも次に行く時間を1時間もオーバー。

でも、このマダム、ちょうどソルド中だからか?
売らせよう、売らせよう!っという感じがして益々嫌々な私。

えーそれなりのお値段ですよ。

プンプン一生もののキッチンに
 なるかもしれないんですよ。


ムキーそんな、簡単には決められない。DASH!

とりあえず、プランがある程度出来て、
ざっとトータルの値段を出してもらって
次に行こう!
っと、言っても一向に話を切り上げられない旦那。ショック汗

旦那の中でもソルド中だからそれなりに割引してくれるのか?
と様子を探り、探り。

でも、全然進まない感じで、イライラ。イラッ

すでに、朝からパン2切れしか食べていない。

もう、お腹も空きすぎて限界だし、この後もう一軒回ってから、
買い物に行かなければいけない。

でも、時間は夕方5時過ぎ。笑い泣きあせる

旦那に、
「次があるからもう、おしまい。また今度でいいよ。」
「とりあえず、ここまでのプランのコピーか見積書をもらって終わりにしよう。」っと、言ってもらったらマダム・サブリナ・・・。

「プランと見積もりはあげられない。」

「コレを持って他のお店に行ってしまうから、
 料金が合わないのなら、
 今、ここで、 テレビ画面を見ながら
 安いプランに変更出来る。」

「私はここまで頑張ってプランを作ったから、
 契約して欲しい。」

っと、言われ、( ̄□ ̄;)!!

・・・。

・・・むかっむかっむかっ

・・・ブッちっとキレた。ムキーむかっむかっ


( ̄へ  ̄ 凸はぁ!?むかっ
 

「他のお店で(他社のプランなんか)見せたりなんてしない。
 プランも見積書ももらえないなら、
 もう終わり。パンチ!
 今日は(買い物に行きたいし)時間がないから難しい。
 だから今、出来上がってるまでの見積もりが欲しい。」

ムキーブッちっ、ブッちっ。むかっむかっむかっ

「てか、いったい、どうやって検討するんだ!!
 そんなに簡単には決められない!!
 安い買い物じゃない!!マジであり得ない。」

「もう帰る。」

っと、コートを着て立ち去ろうとする私。

旦那:「滝汗あせるあせるあせる・・・。」
いや、いや、落ち着いて!!

っと、なだめられるキレた女、3●歳。

そして、結局お店のエリアマネージャーが、

真顔ドーンと登場!!

私:「心の叫び:
  (えーおせーよ!話ができる人が出てくるの!!)」

そして、サクサクっと、旦那に見積書を作成。

でも、この値段で出来るのは今月のみ。
って、事で月末のため、
フランスでは珍しく日曜日も営業していたので次の日の午前中にも再度行く羽目にえーんあせる

とりあえず、私の中でもう、この店はない。

っと、旦那にパンチ!キレる。

でも、次のお店の待合室で我に返って、
ゲローごめん・・・やっちゃった。」っと超〜反省。

旦那や家族にキレても他人にキレるのは今まで生きて来て、
相当理不尽な扱いを受けたり、あり得ないくらい性格が悪い人以外はほどんどない。(たぶん。)
平和主義者の私。
結構自分を保ってる事が多い。でも、今回はさすがに・・・

パンチ!ムカついちゃったの。

でも、でも・・・。

マダムが悪いというよりもお店の方針なんだろう。

そのお店がある場所自体がかなりの強豪揃いのキッチン専門店が歩いて回れる程の密集地帯。

だから、我先に!と、営業をかけてくる。

引き下がらないし、
ゴリ押しだし、
安くしてくれない。


きっと、他店で作った見積書を持参してこれより安くできる?
って言う事をするお客さんがいるのだろう。
(※後日、義理兄にさらっと1つのプランから交渉するのは常識でしょ!的な事を言われ、益々フランス人のデリカシーの無さに呆れた。)

だから、そういう販売スタイルなんだと。

でも、100キンじゃないんだから、パパッっとなんて決められない。

こんな機会はないからいろいろ見て、
吟味して、
納得して、

上を見たらきりがないから値段と照らしわせて
妥協点を探して購入したい。

そうしないと、絶対に後から後悔するのが目に見えている。

だからこそ、怒ってしまった自分への反省と(見積もりが出た)1軒目ですぐには決められない。っていうこだわりを旦那に説明。

特に電気の配線や水回りの
配線はかなり重要。


私の兄がレストランを開店する際に一番問題が出てきたのは設計プラン通りには行かないそういう、やってみないと分からない細かい配線部分。

何を置くか?どんな機械(カフェマシンやオーブントースターなど。特にフランスではどこの家にもあるオーブンは電気を食う。)配線プラグの位置の確認とか。
プランを見なければ発見出来ない事がある。
それをさせないで契約だけとろうとするマダムの営業スタイルが嫌で嫌でしょうがなかった。

・・・私は神経質過ぎるのか?

でも、相手はフランス人。
問題が起きた時、言い訳ばかりを並べてその先の案を提示しない場面なんていっぱい見てきた。
最悪、契約したでしょ?っと、
割回し料金を取られる事も懸念した。

・・・やっぱり、私は神経質過ぎる??

でも、そんな私の思惑とは別に旦那・・・

ウインク音譜いや!すごいよ!!じゃがっ娘が怒ったから、
 マネージャーが出てきて、
 25%OFFになったよ。」

「私には(10%OFFしか交渉が)できなかったよ。
 すごいよ!!」

っと、ひらめき電球ミラクルな事が起こった模様。

どんだけ前向きなんだか・・・うちの旦那。

超〜反省したのに、
デレデレラブラブ「私たちいいコンビね。」っとさらに
サッラッと前向き発言。

すでにネタにする旦那。

滝汗恐るべし。

そして、何よりも、買えないでしょ〜!?
っという私の予想を大きく裏切り、
予算に近い値段までいろいろ安くしてくれた模様。

なかなか、やるじゃないか!
マネージャー・シリル!!


でも、本日3軒目の「C社」で、
びっくり旦那気づく・・・。

あれ?
どうして??
これは・・・???

旦那、3軒目の「C社」ムッシュー・マツコ
(仮名/フランス人には珍しい巨漢。
 それもマツコデラックスに似てるの。ニヒヒ
が作り上げるプランを見て気づく・・・

滝汗汗あることに・・・。

3軒目も無残にタイムオーバーで気付けば夜の10時!!
残業しない事で有名な!?フランス社会において、
営業時間オーバーで頑張ってくれたムッシュー・マツコに感謝しつつ、
最後の最後で問題が出てきて進まなくなったので本日はこれにて終了。



次回、「サブリナよ、あなた担当替え決定!!」



ミニ情報:
フランスのキッチン専門店では大抵、子供同伴で
来店するのを想定されているので、
子供が遊べる部屋が完備されている事が多い。↓↓↓


子供にとったら退屈でしょうがない、親との同行。
うちの息子も毎週末付き合わされて本当申し訳ないけど・・・。
なんとか退屈しのぎしてくれます。


そして、グズグズする子供に優しいレストランもあります。
このレストランはピザ専門店。

子供専用のメニューがあって、自分で手作りしたピザが食べられる・・・。
コンセプトは「シェフ」らしい。


最後にはデザートや車のおもちゃのプレゼントをもらってご満悦。


何この顔・・・。滝汗
来店した時は「いや〜」、「いかない〜」を連発して
店員さんになだめられた息子。
でも、最後にはこのアホヅラ。
本当、外出する際の子供のご機嫌取りが一番難しい・・・。

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まず初めに・・・。

昨年の結婚式後に目を疑う税金の支払いで、
もう、キッチンなんて買う余裕なんてないっしょ。
えーシレッ。

せっかくの新築なのにダンボールを積み上げて整理棚にするしかないっしょ。
えーシレッ。

(ダンボールを)テーブルにするしかないっしょ。
えーシレッ。

っと、旦那の懐事情を探る私。
ニヒヒニヤっ。

私たちは婚前契約を交わしているので基本、
財布の紐は旦那主導。
そして、お金の流れはお互いに探れない。

滝汗汗なんだそれ!っと夫婦なのに意味不明だけど嘘のような本当の話。
まぁ、書類上の建前的なものだけどね。

日本みたいに銀行の通帳なんて存在しないから旦那の貯金額なんて見た事がない。
旦那も私の貯金額を知らない。

そんな、不安だらけの旦那と結婚して大丈夫か?
っといつも自問自答。むっ

・・・前置きが長くなりましたが、
1番初めにするのは、

キッチン購入の予算額の算定。

(フランスでは台所をCUISINE:キュイジーヌと言います。
 以後、キッチン。)


当たり前だけどサラリーマンが支払える額でしか購入できない。

そんなに期待していなかったけど、

探せばいいお店はたくさんある。

「IKEAでよくない?」

「castorama(カストラマ)でよくない?」
※フランス人なら知っているであろうホームセンター。

っと、ある程度そこそこのお値段で良い感じのキッチンが出来上がるであろうお店に足を運んでカタログをもらって吟味。

でも、うちの旦那・・・。得意げ汗

「IKEAは安いから嫌だ。
 すぐに壊れる。
 ずっと使えるキッチンが良い。」っと、
私の(旦那の懐具合への)気遣いを一蹴り。ガーンあせる

っと、いう事で旦那があらかじめリサーチしていたキッチン専門のお店へ・・・。

まぁ、今、ちょうどソルドだしね。ウシシ
もしかすると安くて良いのが買えるよね。

ってか、いくらぐらいが相場かまずは知りたい。
どんな感じのキッチンがフランスでは人気で、
私たちはどんなキッチンが出来るのかを知りたい。

っと軽い気持ちで同行したキッチン専門店・・・。

カタログを見て、

値段を見て、

旦那を見て・・・

ドンッ( ゚∀゚; )タラー汗汗汗

いや、いや、いやぁ〜あせるあせるあせる

ゲッソリ(IKEAの値段より)
 ゼロ1個多い〜〜〜〜!!!」


その後、
いろいろなお店を周り帰宅後、


緊急会議!!

旦那に、アホなんか?
どんだけ高いキッチン買う気やねん。


Σ(゚∀´(┗┐ヽ(・∀・ )ノDASH!DASH!DASH!

私、無職だっちゅーの!!

ってか、まだお風呂場も自分たちの部屋もメインのサロン(居間)も
子供の部屋も全部作らないといけない&家具類を購入しないといけないのに、

キッチンにどんだけお金かけんねん!?ムキーむかっむかっむかっ

キッチンだけでしか生活できないやん!!


アホかぁ!!!

自分の身の程を知れ!!!!


っと、旦那に、

喝ーーーーーー!!!

㌦ァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァ!!


旦那:「でも・・・でも、台所はずっと残るんだよ。」

「少しずつ買っていけばいいよ。」

私:(# ゜Д゜)∂ あ?

「ないっしょ!それ!!」

「どんだけかかんねん!普通に住めるまで!!???」



・・・。




旦那:「うぅ〜ん・・・ひらめき電球15年!?」


私:ポーン「・・・ガーン爆弾15年!?」


( ̄□ ̄;)!!ダウンあ、ありえない!!

いや、いやぁ〜・・・
今の予算で、
ある程度(すべて)揃うお店で購入するのが普通ではないのか?

(IKEAとか!?→こりずにIKEA押し。アップ

キッチン以外は予算削減で、
洗面台もない、食事用のテーブルもない・・・。ガーンダウン

毎週末、あなたがタイル貼るんかい?

毎週末、あなたが壁塗るんかい??

いやいや、無理やろ!!

これ見て!!ダウンダウンダウン



あなた、テクニックゼロやねん。

そう!うちの旦那、
組み立て式のベットやタンスを買っては組み立て下手で問題ありあり。

最近もこのコモド(引き出しタンス)が壊れて
4回目の修理でこのありさま。



し、閉まらない・・・

パンチ!ムキーあんた、センスないねん!!

結局、あなたがやるんやなくて、私がやる事になる。

叫び爆弾爆弾爆弾嫌や!!!

初めはこんなに素敵だった・・・。↓


使っていくうちに問題が出てくるのは仕方がないけど、早すぎる!!
このコモド(引き出しタンス)、結構なお値段。
初めにしっかりとネジ締めしない。
補強しない。
だから、壊れるのが早い!!
危険予測をいつもしなくて形だけ何とかなれば後はいつも適当だから、

速攻、壊れる!!


形が保たれていたのは約半年くらいだった・・・。↑↑↑

旦那:「でも・・・もう、今日行ったお店、予約しちゃったし。」

「早く(キッチンの)プランを考えないといけないから。
 ニヤニヤドキドキドキドキドキドキ

「それに、パパは毎週末とバカンスはいつも棚とか自分で作ってたよ!!」

私:「・・・いや、いやぁ!!パパ、センスあんねん!!
   あなた・・・無理でしょ!!!!チーン

っと、私の怒りも全然聞かない強者。

っと、すでに前途多難です。ダウンダウンダウン

あぁ〜本当にこの旦那で良かったんか???

大丈夫か私&息子。

笑い泣きあせるこれから毎日、パスタにバターの節約生活やなぁ。

(´□`。)ちーん。


追記*
ちなみに昨日はバレンタインでしたね。

旦那帰宅後、「今日・・・バレンタインだね。」っと、
言われ
びっくりハッと気づく私。

全然、すっかり忘れていた!!

ってか、フランスは男性からでしょ?
えーシレッ。

なぜ、バレンタインの晩餐が少し豪華?
っを期待してるん???

で、逆に
むっ「何もないん?」

旦那:「・・・。
汗汗汗

完全に墓穴を掘った顔。

旦那:「キュイジーヌ買っちゃったからね。
あせる

プンプンでた!でた!!
言い訳するなら余計なこと言わないで!!!

っと、今年は寂しいバレンタインでした。



次回、「
ミラクル 〜人はマジ切れしたらどうなる?〜」です。



 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよ、2017年に突入して、
私たちの引越しが近くなって来ました。
新築アパルトマンを購入した2015年末は
叫び汗(アパルトマンが)出来上がるのに
 どれだけ時間がかかるんだ!!」っと、
思っていましたが、結婚式が終わってホッとするのもつかの間、
次はアパルトマン。
少しの間、のんびり構えていた日々から
焦りまくりの毎日。
オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロあせるあせるあせる

動き出したきっかけは・・・
年に2回、冬と夏に大きなセール(以後solde)があるのですが、
今年の1月に入って、もうそろそろ新居アパルトマン用の
キッチンの業者を探さねば・・・と、
動き出して知った汗
フランスの
少しでも高く売りたい側の販売員

安く買いたい消費者の駆け引き。

そして、
契約してから納品されるまでの
期間約2ヶ月!!


だから、早く買えよ!!コールのあらし!!ガーンあせるあせるあせる

まずは、ほったらかしにしっぱなしだったブログを再開した際に
「フランスでアパルトマンを買う!」
というネタを書いたのですが、うちの旦那一人の給料では、
素敵な(すでに)キッチン付き+広い部屋+テラス付き・・・。
っという最低限の希望だったアパルトマンが購入できない事が分かって、
結局・・・滝汗あせる
新築でしか良い物件が購入できなかった。
っというびっくり

普通逆やろ?っというミラクル
な事が起こって、びっくりひらめき電球
(これは、いろいろ条件付きですが、購入時期がタイミングよく
 不動産市場の活性化に伴い、減税措置政策のいわゆる
「ゼロ金利ローン」で新築買って、買って!!の好条件に乗っかったため。)

ようやく今年の春に完成予定のアパルトマン。

何が面倒って、アパルトマンの販売と内装の業者は別。

ある程度住める状態で引っ越せるのは前の住人が居た場合のみ。

箱のまま渡され、あとはお好きなように。

得意げうぅうん?
注文住宅かい!?バリのカスタマイズ可能すぎる柔軟性と
そぉ〜いうの面倒くがりの私たちには未知過ぎて、
もう、それを楽しもう!っと前向きに未知なる世界へのワクワク感。

でも、私も旦那も結構ずぼら。

面倒くさいの嫌いやねん。

あれこれ考えるの嫌いやねん。

そんな夫婦が果たして上手くいくのか?

ちゃんと住めるようになるのか?

って、事で絶対、初めに作らなくてはいけないキッチン事情から始めたいと思います。

次回、「初めに考えること。〜旦那の懐事情〜」




南仏アパルトマンレポートSTARTです!!
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



・・・実は前回の内容をブログで書いてしまってもいいべきか
とても悩んだ私。えー?

デリケートな話&大切な友達の話だけに、
決して面白ネタには出来ない。

でも、読み手側の中に、
もし近くに不妊治療で悩んでいる人がいたら・・・。
でも、自分は子供がいる。
妊娠した。
っという人がいた場合、周りの人への報告はどうするのか?

私がまさかの妊娠をフランスで受けた時、
友達に不妊治療をしている人や子供が欲しいと望んでもなかなか出来ない人が実際に多かったからこそ、その人たちに対して


「授かり報告」のタイミングは、

いつがいいのか?
報告してしまっても失礼にならないか?


得意げ悩んだ事がある。

私が実際に

「赤ちゃんは産めないかもしれない。」っと
宣告された時の絶望感。

そのタイミングで結婚&出産をした友達。
その友達の授かり報告を受けた時、正直複雑な気持ちになった。
でも、大切な友達。
人を妬む嫌な気持ちよりも素直に「おめでとう!」っという気持ちになれたのは
Yちゃんの様に前向きに考えたい。
負のスパイラルには陥りたくない。
っと常に気丈に振舞っていたから。

私の場合、
可能性がゼロではなかったかったし、なる様にしかならないなら、
今、
落ち込むよりも楽しい事をしよう。っと、
海外旅行や習い事やなかなか会えない人に会いに行ったり・・・。
常に前向きに行動する様にした事が良かったのだと
今、振り返ると思う。

それを支えてくれた友達。
そう思わせてくれた友達たちにとても感謝している。


そして、何より、

「将来、子供は出来ないかもしれない。」と、
分かっていて、一緒にいる事を選んでくれた今の旦那。

心もお金の準備もないままに妊娠が分かって

「産んで欲しい。」っと強く願ってくれた旦那。

あの時の辛い気持ちがあって、喜びがあって今の自分がいる。
同じ立場になった人の気持ちが分かる。

だからこそ、
もし、不妊治療中で友達の出産報告を聞きたくない。っと思う人・・・。
かといって、第三者からの報告や出産後しばらくしてから聞いた時の
ショック汗なんだかなぁ〜。」っという友達なのに気を使われたのかなぁ?
とか、もうあまり今後は付き合いたくないのかなぁ?
っと相手の心理を探ら無いといけない状態に陥るくらいなら、
早く報告を聞いていた方がいい。
(っと、私は思う。)

逆に出産前か?出産後か?出産報告をいつするか悩む人・・・。
いろいろな考え方があるけれど、


「人の幸せを願える人は
 自分も幸せになれる。」


子供を授かって、出産しても子供が独り立ちするまではずっと悩みは尽きない。
それでも親として、


子供を大切に守れるか?

育てられるか?


が、重要だと思う。

Yちゃんの様に人の幸せを願える優しいママの元へ赤ちゃんはやってくるのだと思う。

心をリラックスさせて、
前向きな考えが幸せを運んでくれるのだと私は思う。



だから、人それぞれ考え方はあるけれど、

「人の幸せを願える人は
 自分も幸せになれる。」


そう、思い続けられる人で今後もありたいと思う。ニヤニヤ

あなたは、どうですか?







祖母が亡くなった年、
奇跡的に生まれた息子、3歳児。
この息子が生まれたおかげで私はフランスで生活が出来る。
フランス人の母親として。
何度もあった旦那との危機をこの子がいつも止めてくれる。

人には出会うタイミングがあるのだと思う。
フランスへ来て出会った人たち、これから出会う人たち。
それぞれ自分の人生のターニングポイントに影響する人たち。

私はまさに、この子が生まれたおかげで新しい人生を迎える事になった。

過去も未来も人との出会いを大切にしていきたいと思う今日この頃です。



 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

年の初めの年賀状。

今はもう、LINEやfacebookであけおめのメッセージを送り合う時代。

私はず〜と年賀状自体をもらうばかりでたまに、
Xmasの時期に送るグリーティングカードを送るくらい。
だから、毎年友達の年賀状で今年の干支を知る始末。あせる
でも、
私の周りは今でも毎年、フランスまで年賀状を送ってくれる友達もいる。

その中で、
今年初旬・・・
旦那がポストから
「Cちゃんからだね。」っと手渡してくれた
年賀状のメッセージを読んで旦那の手を取り踊りだす私。デレデレクラッカー

旦那・・・滝汗汗汗汗
「きもっあせる」っと一言。

私:「なんでやねん。ムキーアップ

差出人は昨年の春に結婚した学生時代の旧友Cちゃん。

そのCちゃんから、

「Yちゃんも(赤ちゃん)
 授かったからじゃがっ娘も
 もうすぐ授かるよ!」


っというメッセージ!!

Cちゃんからの授かり報告は昨年の12月に受けていた。
だから、その際に「ラブラブおめでと〜」っと、
喜んだのだけど、Yちゃんの話はまだ知らなかった。

そして、
Cちゃんが私と同じ時期に、
「Yちゃんに来週会うから、妊娠報告する予定なの。」
っていうのを聞いて、

びっくりえぇ!?」

ガーンそれは・・・。(やばくない!?)」

っと報告を止めた方がいいのか?
でも、15年以上の旧友同士。
たまに突拍子もない事を言うCちゃん。(笑)
でも、デリカシーのない子では決してない。
それにYちゃんは報告を受けてもきっとクラッカーとっても喜ぶだろう。

滝汗でも・・・

滝汗でも・・・っと

ハッキリCちゃんに自分の気持ちを言えないでいた。

それは・・・。






Yちゃんが、

不妊治療を受けていたから。

今まで、
苦しい事も悲しい事もすべて知っていたし、前回の不妊治療中に

ショボーンやっぱり今回もダメだったから、
 じゃがっ娘の結婚式に行くね。」

っと言ってくれてわざわざフランスまで来てくれた友達。

私なんかよりもずっとママらしくて、子供が大好き。
私が妊娠した時もいろいろな妊娠グッズや日本食を毎回送ってくれた友達。

今、離れて暮らしていてもお互いの幸せを願っているのは
昔も今も変わらない。

だから、Yちゃんが辛い治療を受けながら
べべ待ちなのを知っているはずなのに、
サックっと子供を授かった事を言ってしまうの?
っと、ショック汗何とも言えない悶々とした気持ちでいた。

Cちゃんの今までの過去を知っているからこそべべちゃんが
結婚してからサックっと出来て嬉しいのは分かるし私もすっごく嬉しい。

私たちの間で一番初めに結婚しているはずだったCちゃん。
彼女にも紆余曲折ある人生だったから、
ドキドキ幸せな姿に心からおめでとう!っと、
嬉しい気持ちになる。

だから、新婚気分のCちゃんの気持ちも
長い間べべ待ちのYちゃんの気持ちも
分かるからこそ、
すっごい複雑な気持ち。むっあせる

その悶々とした気持ちを振り払うCちゃんからの年賀状。

だから、すっごく嬉しかった。デレデレ音譜

そして、急遽2人に小包を送った。

(私が妊娠してお世話になったヴェレダの妊娠線予防オイル。
 私はいろいろなクリームやオイルを使ってこれが一番効果が
 あったと思う商品。
 詳しくは→こちら※使用した報告も兼ねています。)

Yちゃんの事だから安定期に入るまで報告は
控えているのだろうなぁ〜。
だから、報告があるまで待とうか・・・。
っと、思ったけれど、
あまりにもちゅー恋の矢嬉しくって送ってしまった。

それに、CちゃんにプレゼントしてYちゃんに
プレゼントしないなんて私には出来なかった。

その後、Yちゃんの手元へ届き、小包がきっかけで、
すぐに連絡が来て、
やっぱり悪阻とかで調子が悪い事が分かって
正式に報告を受けて、
やっぱり、私たちの結婚式後に授かった事を聞いて、

ラブドキドキ嬉しくって息子と踊りだす私。

ゲラゲラ旦那と違ってノリがいい息子。笑

Yちゃんが私の結婚式のためにフランスへ来てくれた際に、

「今回もダメだったの。ダウンダウンダウン」っと

しょぼん落ち込んでいるのを見た時、
すっごく残念な気持ちと今後の心配をしたけど、
Yちゃんの気持ちはまだ辛い治療を諦めていなかったし、
日本へ戻ったら
ワンステップ前に進む決意を聞いて、励ました。

フランスに来れた事、私の結婚式に参列できた事を
とっても喜んでくれていた。

だから、そんなYちゃんを見て、
「絶対に大丈夫だよ。」っと声をかけた。

ありきたりの気持ちではなく・・・

なぜか、本当に・・・
なぜか、勝手に・・・ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

昔から第六感だけやたら働く私。

Yちゃんのこの旅が終わったらいい事が起きる。
っと、(*´艸`*)ひらめき電球
Yちゃんに対して漠然に感じていたから。

そして、
すっご〜〜い、持論ですが・・・私、

「人の幸せを願える人は
 自分も幸せになれる。」


っと昔から思っていて、
Yちゃんの行動力と人に対する優しさ。

幸せになれないなんってあり得ない。
神様は何を見ているんだ!
ムキーむかっ仕事しろよ!!って。苦笑


「子供を授かる。」って、
結婚したら普通の事だと思っている世の人々。
でも、普通ではない事なんていくらでも起きる。

私の周りも子宮頸がん、子宮内膜症、高齢出産・・・
いろいろな理由があってなかなか授からなくて悩んで、
悩んで不妊治療を受けて授かっている友達が実際に多い。

爆  笑やっと授かった!っと喜ぶのも束の間、
えーん流産してしまったり、
出産するまでいろいろなトラブルに苛まれて早期出産、
帝王切開で出産する友達も本当に周りに多い。

そんな悩める子羊は意外に
近くにいたりする。


でもみんな、周りの人にその経緯を言わない事が多いから
その人の苦労を知らないだけ。

「いつかは一生のうちに子供を産みたい。」
っと思っていても叶わない人もいる。

私もその中の一人だった。

「将来、子供はこのままだと
 難しいかもしれない。」


っと言われた20代後半。
毎年の子宮がん検査を余儀なくされた私。

いろいろな事を諦めて、
心機一転、新しい生活を始めた際に
奇跡的に授かった息子。

「1年フランスに行って、これからずっとフランス人
(うちの旦那)と一緒に生きていくのなら近い将来、
 不妊治療を始める事になると思うの。」
っと言うのを打診していたからこそ、
Yちゃんは私の妊娠報告を受けた時、すっごく喜んでくれた。

ガーンどうして、私には赤ちゃんが出来ないの。」

ガーンガーンどうして、どうして・・・」っと、悲観的になったり、

憎らしく思ったりするのではなく、

「私も頑張るね。」っと常に前向きだった。

きっと、優しい彼女の気遣いだったのかもしれないのだけど。

そんなYちゃんだからこそ、
Yちゃんが望む幸せが絶対に来ると。

言葉に出来ない感情が湧いてきて
胸が熱くなった。

「人の幸せを願える人は
 自分も幸せになれる。」


今年の私はみんなからの幸せパワーをもらって幸せな日々を過ごせそうな予感。
っと、勝手に解釈。

今、旧友2人のべべ待ちを見守りつつ、すでに出産祝いを物色。
ニヒヒ

まだ性別が分からないのに自分の出産よりも
友達の出産の方がなぜか毎日ウキウキな気分になる。

ちゅーえへっ。

不思議だ・・・。



ちょうどおめでた報告のラッシュだった先月の早朝、
地平線に沈む月がとっても綺麗だった。
この景色とも今年でお別れ。
でも、きっと新しい出会いもある。
そう、信じたい今日この頃。

長くなりましたが、
最後まで読んで頂きありがとうございました!!

次回、「
妊娠報告のタイミング」


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
2月4日の今日は、
日本では2020年までに国内から風疹をなくそう!
っというプロジェクトを目指し、
本日を「ふうしんの日」としているようです。

これ、多分・・・
2012年以降に妊娠を経験した人、
妊娠中の人、
これから出産を考えている人にしかピンとこない内容だと思います。

実は、あるニュースから思い出したのですが、
うちの息子、2013年生まれです。

日本で2012年頃に流行した風疹のニュースは目にしていました。
その際、風疹に感染してしまった妊婦さんの事例記事を見て
ぶーへぇ〜そうなんだ〜。」
くらいしか思っていなかった私。
(なんて、無神経!!)

でも、2013年初旬にフランスで妊娠が分かって、
いろいろな検査を受けさせられた際に発覚した、

「風疹の抗体がない。」

「トキソプラズマの抗体がない。」

※フランス人は生肉や生ハムなどを食べる習慣があるし、
そこら中に猫や犬の糞があるからか?
ほとんどの人が抗体を持っているのだと。
逆に抗体を持ってない私はドクターから驚かれる始末。
汗汗汗

っと言われ妊娠中は安定期に入るまでは食事から生活までいくつか注意点を言われ、祖母が亡くなったのに帰国できない状態に陥った私。
(つわりがひどくてどっちにしても飛行機には乗れなかったのだけど。)

ぶーへぇ〜そうなんだ〜。」

っと思っていたのとは一変、実家の母に
「風疹の予防接種してなかったの???私!?
あせる」っと聞いたら、
「あんたの生まれた頃はそんなの打たなくて良かったのよ!」
っと、言われてショック
ダウンダウンダウン

調べたら1990年代前に生まれた人は予防接種がなかった事が判明!!

だから、医師からの生活習慣を守るしかなかった。

そして、旦那に「出生前診断」をして、
結果が陽性だったら、


堕して欲しい。

障害者(ダウン症)は育てられない。


っと、ハッキリ言われてすっごく
えーんショックで悲しい思いをした事があります。

※フランスでは「出生前診断」(羊水検査)を受けるのは普通。
(保険で検査代も支払ってくれる仕組み。)
だから、全世界の比率から見ると乳児の障害者が少ない。
そう、みんなこの検査で産むか?産まないか?
をしっかり判断して陽性の場合は堕してしまう事が多いのだとか。

だから、医療の発達しているフランスにおいて産まれてくる子が障害者(ダウン症)だと分かっていて出産をするので障害者(ダウン症)を育てる両親は意外に肩身がせまい思いをする事になるんだ。と、
医療機関で働く義理母に言われた事があります。

だから、もし障害者(ダウン症)が産まれる確率が高いのであれば旦那同様
「堕した方がいい。」っと・・・。

この時が、

ウワァァ━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━ン!!
日本に帰りたいMAXだった事を思い出しました。

そして、風疹が分かった時点では

妊婦は予防接種は受けられない。

だから、出産後に日本へ長期帰国した際に風疹の予防接種を受けました。

私がちょうど受けたいと思った時、
管轄の保険センター(市役所)で助成金の還付が受けられる事を知り、
(助成金額が所得で変わるようですが。)
1回の予防接種をするのに1万円以上もしたので、
還付はかなりありがたかったです。




※当時の請求書や還付書とかもどこかにあるんですけど・・・。
なんせ、ズボラなんで・・・。
あまり参考にならなくて恐縮です。


只今も継続中みたいなので、
今後、出産を望んでいる人は是非、是非!!受けて欲しいと思います。

そして、

女性だけではなく、パートナーの方も同じです。

引用して恐縮ですが、
放送作家の鈴木おさむ氏がブログで妻のために予防接種をした記事を見て、
本当に、女性だけではない事を理解してもらいたいと思いました。






この事があって、当時、日本に住む友達に力説した覚えがあります。
「助成金が還付される今のうちに
 出産を望むのなら受けた方がいい。」


そう、言った私の言葉を信じて、
風疹の予防接種を受けに行ってくれたお友達から先週、
第一子出産報告を受けました!!

☆-(ノ●´∀)八(∀`●)ノイエーイ クラッカークラッカークラッカー

本当は今週が出産予定日だったお友達。
12月末に緊急入院した事を知った年越しは

ガーンあせるすっごく心配しましたが、
帝王切開で無事に生まれたのだと。

デレデレほっ。

出産は病気じゃないけどいろいろな物語がある。



次回、
「友達の幸せ、自分の幸せ。」です。






カーズ大好きな息子。


変顔ばっかりしてお友達を楽しませるみたいで、
将来、芸人の道へ進むかもしれない?!

今は問題児から笑いを作る子に成長中らしい。ニヒヒほっ。

 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週は旦那のパパが亡くなって10年を迎え、

そして週末は義理兄のお誕生日会でした。

 

月日は本当に早くて、義理父が生きていたらきっと息子を

可愛がってくれたんだろうなぁ〜っと

思うと本当に残念でならない。ショボーン

 

頭の回転が早くて仕事柄、数カ国語も操れた義理父。

趣味の域を超えてびっくり

料理もお家のリフォームも何でも一人で率なくこなす義理父。

 

毎年、義理兄のお誕生日と共に義理父が亡くなった事をしみじみ懐かしむ日でもあります。

 

そんな中、

今回集まった際に義理兄シリルの携帯に

「お誕生日おめでと〜!!」っと、

同時にシリルとシリルの新しい彼女ジェシー(仮名)が

口論になる出来事が勃発。

 

o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

 

その原因になったのは・・・。

うちの旦那の友達でもあり、義理兄の親友ノッポ(仮名)

 

実は、以前も結婚式のゲストについて触れたのですが、

このノッポがかなりの・・・汗汗汗

 

パンチ!か・な・りのダメ男!!!

 

いろいろなダメ男もイイ男も見てきた私も

「こ、こいつは・・・叫びって、

思える程ひどい。

 

ジェシーがムキーDASH!怒るのも当然の男友達。

 

ちょうど、食事も一旦、終盤になった際に、

義理兄、

「ちょっと、行ってくる。」っと

その悪友ノッポに会いに行ってしまった。

 

その間にジェシー爆発!!

 

キーーーッヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

 

うちの旦那も義理母もそのお友達も大反対の中、

シリルは出かけてしまった。あせる

 

実はその悪友ノッポ、決して嫌な男ではない。

でも、男としてどうなの?

家族がいるのにどうなの?

っと、ツッコミどころ満載のフレンチ男。

 

旦那やシリル達の周りの中でもかなりのお調子者。

確かに面白くて一緒にいて飽きない。

笑いの渦を作る人気者でもある。

若い頃はスポーツ万能で明るい性格のノッポはかなりモテモテだったらしい。

 

でも、家族を養うはずの男としてはマジであり得ない男。

 

私たちの結婚式間際に、

奥さんと離婚した事を告げられたのだけど、このノッポ汗

なかなか定職に就かなくてほぼ主夫をしていた人。

上は7歳と2歳の子供がいる。

 

フランスは共働きが普通。

だから、

なかなか定職に就かない旦那に彼の奥さんはご立腹だった。ムキーむかっ

ちょうど、私がフランスへ来て初の年越し後、

私の妊娠を当てられたシリルのお誕生日会の際に散々愚痴を聞いたのが4年前。

 

それから、うちの息子とちょうど1歳下(今2歳)の息子が生まれて、

なんだかんだ上手くいっているのだと過信していたけど・・・あせる

 

私たちの結婚式の間際にとうとう離婚した事を聞いて、

(*´Д`)=зやっぱり。って感んじ。

 

奥さんは超美形で背が高くてモデルみたいで結構目立つ人。

裕福な家庭のお嬢さんで結婚式の費用も奥さんのパパがほとんど出した事を聞いていたから、逆玉の輿の典型だなぁ〜っと思っていた。

(フランスは日本と違って親が何百万円も結婚資金を調達してくれるのはかなり稀。)

 

定職につかない旦那に変わって看護婦としてバリバリ働いていた元奥さん。

 

付き合いが長いだけに私はかなり複雑な心境。

 

そんな悪友ノッポ、義理兄シリルに

 

「1500ユーロ貸してくれ。」と、

 

シリルの誕生日当日にうちの実家まで来たのだ。

 

(日本円で約18万!!ゲッソリ

 

だから、この事に大激怒のジェシーとその周辺。ムキーむかっむかっ

 

離婚して、定職がなく、お金がないのは分かる。

 

これが、子供のため〜とか、

職探しのため〜とか、

正当な理由があって、困っているのなら分かる。

 

でも、このノッポ・・・。

 

「タイに遊びに行くお金がないから金貸してくれ。」

 

( ̄▽+ ̄*)ドーン。

 

だそ〜だ。

 

ポーンポーンポーンDASH!DASH!DASH!

 

ないっしょ。

 

あり得ないっしょ。

 

バカなのか!?

 

どこまでバカなんだ!!!

 

そりゃ、シリルの彼女怒るよ!!!

 

いや、うちの義理母も呆れまくっていた。

 

実は、うちの旦那の実家のアパルトマンの元住人で小さい頃からの幼馴染。

 

旦那の友達のほとんどが元同じアパルトマンの住人。

(私たちの結婚式に来てくれた旦那の友達、

なんと4人が!!ポーン

元、同じアパルトマンの住人だったの。)

 

でも、両親が離婚して引っ越してしまい、

旦那家族だけ離婚せずに同じアパルトマンに住んでいる。

(いや〜離婚率高いって言っても、4家族ともですよ!!何!?その確率!!?)

 

だから、悪友の幼少期から今の姿を知っている義理母も呆れまくり。

 

このノッポが今年、タイに遊びに行くのは昨年末に

たまたま市役所で会った旦那の友達から聞いていた。

 

それも、市役所で働く友達を使ってパスポートの申請用紙を

持って来てもらう様に頼んでいたから、

無職なら自分で行けよ!!っと、思っていた。

(人のこと言えない私だけど。ぶーえへへ。)

 

それも、タイ滞在期間2ヶ月!!

 

それも、それも、無職、無金、無家族・・・。

 

国から生活保護金が出る事が分かって、

「その給付金でタイに遊びに行く。」

っと、言っていたから私も呆れまくり。滝汗

 

でも、思ったよりも給付金が出ない事が分かって、

でも、パスポート作っちゃったし、

(飛行機の)チケット買っちゃたし。

 

・・・で、

 

シリルに「金貸してくれ。」

 

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

 

ショボーンショボーンショボーンない〜〜〜!!

 

そんな男のためにお金を貸すのなんて

私も反対だ!!DASH!DASH!DASH!

 

正当な理由があって、困っているのなら分かる。

なんで、

遊びに行くお金を無職の男に貸すのか!?

 

シリルは何度も、「貸すだけ。」っと言うけど、

無職の男に!?

将来見えない男に!!?

貸してもそれは返って来ないっしょ!!!

 

っと、うちの旦那も賛成ではないけれど、

「貸すだけ。だから・・・」っとその場をまとめる。ショック

 

ダメな友達だと自覚はあるものの

悪友の性格も分かっているから、

貸して戻ってこないなら

その時点で友達は終わりだ。っと。

 

じゃぁ〜、じゃぁ〜〜、

「あなたも同じ立場で親友が”お金を貸して欲しい。”って言ってきたら貸すの???」って旦那に聞いたら、

 

・・・

・・・

・・・1500ユーロだからね。

 

私:( ̄□ ̄;)!!汗か、

貸すのね〜〜〜!!!ダウンダウンダウン

 

旦那:「でも、1万ユーロ(約120万円)だったら

貸せないけど・・・。」

 

私:「いや、ないっしょ!!爆弾爆弾爆弾

 

旦那:「でも、大丈夫!返してもらえなかったら

次は貸さないよ。」

 

 

私:「いや、いや、ないっしょ!!爆弾爆弾爆弾

 

 

私:Σ\( ̄ー ̄;)ど、どないやねん!!?

 

分からない。

 

男の友情って。

 

私の周りはかなり経済観念がしっかりしている

しっかり者の友達が多い。

お金の貸し借りなんて長年付き合っている友達には考えられない。

 

でも、もし友達が困っていたら・・・。

 

・・・困っていたら・・・

 

何度も自問自答したけど、1500ユーロなら・・・

私もあり得るかも。ひらめき電球

っと、考えてしまった。

 

私も日本の友達は出会って10年以上も続く友達が多い。

日本へ帰国する度に必ず連絡してみんなに集合をかけてくれる親分肌の友達がいる。

 

前回の近隣トラブルがあった際もLINEのグループで愚痴ったらすぐに相談に乗ってくれる友達たち。心配してくれる友達たち。

 

以前、その中の友達のお母さんが末期のガンを延命治療するために治療費が200万円必要だから。っと妹がキャバクラで働く決意をした事を聞いた際に見舞金として包もうか?っとみんなでお金を出し合う相談をした事がある。

でも、その間際、

ガーンその友達のお母さんは亡くなってしまったのだけど・・・。

 

そういう、切羽詰まったお金なら、

もう、戻ってこなくてもいい。

「貸す。」っというのは建前でもう、

返ってこなくてもいいから。

っと手渡す事だったら私もあり得る。

 

でも・・・

でも・・・

このダメ男みたいに遊ぶための資金なら絶対に貸したくない。

 

そこは、やっぱり女子の方がしっかりとした

考えを持っていると思う。

 

現に、この事に大激怒のジェシーはかなりの堅実派。

20代前半でアパルトマンを買って、

将来の夢は(彼女の)実家みたいな

プール付き一軒家を購入する事。

だから、必要経費以外は結構シビア。

 

そんな、奥さんにするならもってこいの今の彼女。

でも、シリルはまだ一生一緒に居たい存在ではないらしい。

 

それを聞いて、

私、悶々。パンチ!

そんな気持ちなのにどうして同棲しているんだ!?

早く結婚したい。っと、願うジェシーが可哀想やろ?

ひどい男・・・。チーン

本当、この兄弟デリカシーがない。

そこが、いつも問題。

 

 

さて、さて、いろいろな男がいるけど、このノッポ、

以前、

私たちの結婚式後に盛大なお誕生日会へ招待してくれた主役の親戚の子を口説き落として持ち帰れるか?(●●●●やれるか。実際には事前予約してあったホテルに便乗できるか?)っを賭けていた。(その際の誕生日会はこちら)

 

オープン過ぎるフランスの下ネタ事情。

翌日、親族全員にバレバレ。

 

えーん男ってばよ〜〜〜。

 

もう、その時から呆れていたけど、今はドーンと独身。

 

浮気でも不倫でもない。

 

でも、でも・・・汗汗汗

 

残された子供はどうなるん?

 

また、結婚に夢のない子供が育つよ。

 

ダメ(元)父よ。

 

いつかは一生の伴侶のために

とりあえず働け!!

 

っと、(悪友ノッポに)喝を入れたくなる日でした汗。(´д`lll)

 

そして、うちの旦那も義理兄も本当にバカ。

理由はいろいろありますが、

困っている人を放っておけない。

 

それは、亡くなったパパそっくりなんだと。

 

困った兄弟だ・・・。

 

ケチな人間と太っ腹な人間。

 

いったいどっちがいいのだろうか?

 

どこまでが友達の境界線なのだろうか?

 

私は二十歳前後、当時付き合っていた彼氏のある保証人になって、

痛い目をみた。

そして学んだ。

お金にだらしのない男とは金輪際、

付き合わない事をドーンと友達に宣言した事がある。

 

だから私はどちらかというと「ケチな人間」。

 

そんな矢先に出会ったのがうちの旦那、

汗フランス人だったから、

「外人?大丈夫??今度はどんな悪徳商法に引っかかったのか?えー?」っと、

今だから笑い話になるけど、

当時はかなり心配&遠い目で見られていた。苦笑

 

旦那の場合、今は仕事柄見た事もない桁のお金を動かす仕事をしているので

数字にはかなり強い。

そして、意外にシビアな金銭感覚をいちよう〜隠し持っている。らしい。

でも、昨年のノエルの様に使う時はガツガツ使う「太っ腹な人間」。

 

数字ではきっちり答えが導き出せない、

人としての感情が強い「太っ腹な人間」な兄弟。

 

ケチな人間と太っ腹な人間。

 

いったいどっちが正解?

 

ケチな私には、

一生かけても答えは導き出せないかもしれない・・・。

 


 

フランスで日本のホイップクリームのケーキはあまり見かけない・・・。

 

 

 

モエシャン来た〜。

義理母にあまり見かけない。って言ったら、

私たちが良く行く大きなスーパーは鍵付きのショーケースに置いてあるから店員さんに開けてもらわないと入手できないんだと。

だから、真顔見かけないのか〜っと。

フランスでもモエシャンは50ユーロ前後くらいが定番だから丁重に扱われるらしい。

 

 

年末から1ヶ月くらい、どこでも見かける定番の

「Galette des rois(ガレット・デ・ロワ)」

今年、5つ目のガレット。

でも、ママンが用意してくれたこのパティスリーの

ガレット・デ・ロワが激ウマだった!!

さすが、ママン!!

 

 

もう、お腹いっぱいで無理!!っと、思ったけど、

主役の義理兄が急に「牡蠣が食べたい。」っと、いう事で夜は牡蠣で晩餐。

主役の本人が買い出しに行って戻ってきてびっくり

2段の牡蠣づくしを見てびっくりママン呆れてた・・・。

まぁ、エゴイスト・シリルのお誕生日会ですから。

あり、ありでしょう。

 

 

私、生牡蠣より焼き牡蠣が食べたい。

っていつも思ってしまう・・・。

ちょいっと醤油垂らして・・・。ニヒヒ二ヤッ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年Noël(ノエル)当日の夕方・・・。

 

旦那の携帯に1本のメールが来た。

 

その差出人は私たちが賃貸している

アパルトマンのオーナー。

 

「連絡して欲しい。」のメッセージが一言。

 

旦那はせっかくのNoël(ノエル)を台無しにしたくなかったようで、連絡しなかった。

そして、

次の日にメールがあった事を私は聞かされる。

 

(旦那は)多分毎年末に支払う水道代の事だろう?

っと言っていた。

その数日後、

直々にオーナーから電話があった。あせる

 

その前日、Noël(ノエル)の時にメールがあったのに返さない旦那にむっむかっ

「早く電話した方がいい。」っと言って、以前送られてきた請求書を探し回っても見つからず汗チーンオイオイ・・・。

 

放置していたから直々に電話かかってきちゃったよ!

って感じだった。

 

でも、電話に出た旦那の顔が段々曇る・・・。

 

滝汗あせるな、何事!!???

 

水道代とか、そんな話ではなく・・・汗汗汗

 

電話内容は、

 

「子供を虐待しているのか!?

 

マダム●●●が警察に通報した方がいい。」っと、

 

連絡が来たぞ。

 

「本当か?!」

 

っと、言う事実確認のための内容。

 

 

旦那:「ポーン汗汗汗はぁ!?

 

(どういうこと?)」

 

実は、年末年始、息子も2週間の休みに入り、旦那も1週間の休みに入って毎日パパがいる事に朝からテンションの高い息子。

 

年末は2ヶ月半も放置していた、

結婚式のお礼状をやっと作成したり、今まで溜めに溜めた、いろいろな書類の整理や次年度の引っ越しのための下調べetc・・・。

やらなきゃいけない作業がたくさんあって、今年は遠出しないで、

来年のためにお家でゆっくり過ごそう。いろいろ片付けよう。

っという年末を過ごした私たち。

 

それが、下の住人からの

 

「うるさい!」のクレームでマダム、

 

怒鳴りに来た。ムキーDASH!DASH!DASH!

 

この下のマダムとは1年半前くらいに、

「お風呂の天井が黒くなって水漏れしてくるから修理して欲しい。」

っというのから始まり、

(旦那、直接見に行ったけど水漏れはなく、シミがあるだけで大げさだ!っと言っていた。汗

残念ながら私たちはアパルトマンの購入者ではないから保険を使うにも賃貸しているオーナーの確認と承諾が必要だし、

そもそも、私たちにはどうにもできない。って事で、

私たちが借りているオーナーの連絡先を教え、連絡が入り、業者が来てから、度々、「私たちがうるさい!」っとクレームがオーナーに入る模様。滝汗

 

その頃から、神経質過ぎる、マダムだなぁ。汗

っていうのは感じていたけど・・・。

 

まぁ、

そこに、至るには旦那が会うたびに愚痴を言ってくるマダムに対して引き下がらないのが原因で、

完全に旦那が悪い。チーン

 

平和主義者の私。

争いごと嫌い。

だから、穏便に引っ越すまで静かに暮らしたい。

 

でも、とうとう、

年末にバトル開始。

 

オーナーから電話があった数時間後・・・。

 

下のマダムが男を連れて怒鳴りに来た。

 

前の日の夜、なかなか寝ない息子を叱りつけた旦那。

あまりにもいう事を聞かないからフレンチ式、

水浴びで叱りつけた。

(決して、ずっとではないし、子供の怒りを鎮めるためのフランスではよくやるしつけ。)

その際、誰かが部屋のドアをガンガン叩いて、

ガーンビビったので、覗き穴から覗いて、

お風呂場にいる旦那に「誰か来たよ!?」って、言って、

出ようと思った時には誰もいなくなっていた。

 

それが、下のマダムだったのだ。

 

あまりにも泣き叫ぶ息子。

 

そもそも、「うるさい!」、「うるさい!!」っと、

言ってくるマダムにまた怒られないように叱っているのに・・・。むっ

 

次は「虐待!?」あせるあせるあせる

 

そもそものきっかけはバカンスに入ったのに携帯の

アラームが朝から鳴るのが、

「うるさい!」からマダムの怒りスイッチが入った模様。

それは私たち大人が悪い。

 

それは素直に謝る。

 

でも、

「この3年前からずっとバタバタうるさい!」

っていうのを聞いた旦那はむかっむかっむかっ

 

(# ゜Д゜)∂ あ?

 

ムキーむかっアップアップアップ超〜反論。

 

一緒に来たパートナーが

(旦那ではなく休みの日だけ現れる新しい男。)

うちの旦那に

喧嘩するなら喧嘩してもいいぞ!

っ的な感じだったから、

 

滝汗あせる子供がいる。

ゲッソリあせる子供がいる。

チーンあせる子供がいる!!!

 

旦那にキレるな!!っを、連呼する私。

 

真顔旦那もそういう時、意外に冷静。

暴力では何も解決しないし、

手を出した方が負けだ。

っと、分かっている。

 

だから、言葉でじりじり反論する旦那。

 

そもそも、息子は昨年の9月で3歳になったとこ。

歩き出してうるさくなってもその間に私たちは長期で日本へ何度も帰国している。

 

だから、旦那、冷静にキレる。

 

「そんなはずはない。」っと

 

2対1で反論って・・・。

 

ゲッソリかなりの修羅場を見た。

 

息子、パパがどこかへ連れて行かれる?っと思ったのか??

 

ドアを閉めても泣き叫び「パパ〜パパ〜〜!!」

 

ずっと、3人を見守る息子。

 

そんな、息子になぜ、虐待をしようか?

 

確かに、「虐待か!?」って程、息子は暴れる、泣き叫ぶ、物を投げるは、壊すわぁ・・・。

 

物音を聞いただけだと虐待かもしれない。ダウン

いつも、私が公共の場で息子の声のデカさに「虐待!?」っと近寄ってくるフレンチマダムにヒヤヒヤする事が現実に起きてしまった!?

 

でも、どんなにいう事を聞かなくても、しつけの一環としてお尻が真っ赤になる程叩いたとしても、

その後のハグは絶対にするし、

 

「どうして、殴ってしまったか分かる?」

 

「どうして、叩いてしまったか分かる?」っと、

 

必ず目を見て確かめる。

 

叱られている事には意味があるのだという事をしっかり言葉にする。

 

手を挙げる事は、

旦那も顔や頭には絶対にしてはいけない。

しつけではない。

それは虐待。

 

しつけと怒るの違いは理解している。

 

だから、私と喧嘩しても物が壊れる事があっても、私に手を挙げた事がない旦那。

 

でも、さすがに、力の加減なんて分からない3歳の息子が暴れて、

グー私が顔面殴られて、

次の日に青あざが出来た時は旦那は私にもキレた事のない剣幕で息子を叱った。

 

「(女に)手を挙げるな!!」

 

3歳児だろうと、女の顔に手を挙げるのはダメな事(反則)なんだと。

 

ちょうど、義理母もいて、昔の義理兄と亡くなったパパと同じだから。っと、

私たちは何もしてはいけない。

っと、離れて息子がおとなしくなるまで旦那と息子は2人きりで話し込んだ。

 

確かに、学校でも「問題児」だと言われた息子。

「将来が心配」だと言われた息子。

 

でも、確実に息子は成長している。

ただ、普通の3歳児よりも成長が遅いだけ。

できる事が普通よりも遅いだけ。

 

旦那も息子は息子。だと。

 

怒鳴りに来たマダム達に細かく説明をしても、マダムの娘や一般的な子供と比べられるうちの息子。

 

子供が大人のいう事を聞かない。なんて、おかしい。

大人が怒ったら子供は怖くて静かになるのが普通だと。

etc・・・

 

そんな事、分かっている。

でも、そんな一般的な理論はうちの息子には通じない。

 

マダム達に言われた子供をおとなしくさせる方法なんて、

旦那も私も全て試している。

それでも、上手く気持ちをコントロール出来ない息子みたいな子供もいる。

 

それでも、旦那は息子が可愛い。

そんな息子に、

「(親のいう事を聞けないなんて)病気だから病院に行って検査するべきだ。」っと言われて、

 

ムキーむかっ旦那益々、大反論。

 

自分たちは何を言われてもいいけど、息子はまだ3歳。

親のいう事はなかなか聞かないけど、

少しずつ、少しずつ成長している息子。

 

それを証拠に今は、

私に歯向かって手を出しても、泣きじゃくっているのにすぐに、

「ごめん、いたい?いたい??」っと言うようになった。

 

根は優しい子。

 

そんな、息子に虐待なんて・・・

 

するかぁ〜!!って、DASH!

 

反論しまくりでした。

 

「私たちは来年、引っ越しします。」

それは、再三に渡ってマダムに言っている。

旦那も「そんなにうるさいなら(あなたたちが先に)引っ越しすればいい。」っと

子供の成長過程で子供の過ごしやすい環境を作るのは親の仕事。

 

マダムには前の旦那の娘がいる。(14歳)

その娘のために部屋をリフォームしている。

「あなたたちもすべき。」っと言われ、

うちの旦那、

 

「14歳と3歳を一緒にしないでくれ!むかっ

 

とまたしても大反論。

 

子育てをしていても男の子と女の子はやっぱり違う。

 

マダムに何度も

「うちの娘はそんな事なかった〜。おかしいのよ、あなたの息子!」

っと言われ、1時間くらい説教と大反論の繰り返し。

 

もう、ゲローヒヤヒヤで生きた心地のしない時間でした。

 

結局、平和主義者の私・・・。

 

あれこれ、旦那に解決策を提案しても「むかっほっとけばいい。」

 

そういうのが大っ嫌いな私。

 

旦那、大反対でしたが、私たちの寝室に息子のベットを移動。

 

フランスは生まれた時から「自立を促す。」っとか

いろいろな理由があるのですが、一人一つのベットを買い与えられ、

親とは別のベット&部屋で寝るのが普通。

出産間際から、ベットを一緒に出来ない事に寂しさいっぱいだった私。

 

私たちの部屋は1LDKだから、息子だけの部屋はない。

生活の中心の場が息子の部屋。

 

旦那に、

「テレビの部屋にある息子のベットを移動した方がいい。

 

夜、(息子が)なかなか寝付けないのは、

(息子のベットの横にある)

 

ソファでテレビを付けたままあなたが寝るから!!」

 

でも、旦那はかたくなに「いや!」

 

「約束なんてしたくない。出来ない。」

 

っと言ったのをきっかけにムキーッ

 

私:「子供のためにテレビを付けっ放しにするなぁ!

っと言っても聞かないのなら、

私にもアイデア(策)があるから!むかっ

っと言ったのがきっかけ。

 

今まで、散々「しっぱなしはやめろ!」っと言っても聞かない

息子よりもガキな頑固者。

 

知ってる?

それ、離婚の原因第一理由にノミネートするよ。えーシレッ。

 

キーーーッヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

 

だから、今年に入って、ベットを移動して、

要らない物も処分してやった。

 

ニヒヒしめしめ。

 

怒鳴ってきたマダムは確かに神経質だとは思う。

 

現に、年末にお友達のお家で年越しをした際に、

2歳の女の子を見て、

ガンガン歩き回るは、飛ぶは、跳ねるは・・・。

うちの息子よりも激しくて、ポーン

お友達に、

「大丈夫?下の人???」っと、聞いたら、

「2歳児なんて普通!!」

「そんな事でいちいち怒らない。まだ、2歳なのよ!!

そんなの理解できない人の方がおかしい!このぐらい全然普通!!」っと言われて、

 

私:「やっぱり、普通だよね。

2〜3歳児に1日中じっとしなさい。

ってかなり難しい(ハードル高い)よね〜。」

 

そして、お友達たちに、

「生きているんだよ。下のマダムの娘は人形じゃないのか?

息してるのか?!」

っと、フレンチジョークを言われ、慰められた私たち。

 

でも、働く母子家庭を支えるマダムの気持ちは分かる。

(新しい男がいるけど。汗

 

それでも、慰謝料を請求しかねないような口ぶりの下のマダム。笑い泣き

 

穏便に済ませたい。

 

そして、早く引っ越したい。

 

下のマダムに

「あなたたちが引っ越す時はシャンパン開けてお祝いするわぁ!赤ワイン」って言われて、

 

「(その時は)いいシャンパンをプレゼントしますから!」っと言い放った旦那。

 

相変わらず、引き下がる。っていう言葉を知っているのか?ガーン

 出る杭は打たれる。っていう事がないうちの旦那。

打たれても打たれてもまた、踏ん張る旦那。

 

本当、すごいわぁ。( ;゚─゚)ゴクリ

 

でもね、ムッシュー、

本当に強い人間は相手の意見にも耳を傾け問題を解決しますよ。

そんなに、頑固だとそのうち刺されるよ。

 

ニヤへっへっへ。

 

本当、向上心がないのはダメ。

人が困っていたらどうしたらいいかを考える事が必要。

そう考えるのはやっぱり日本人・・・アジアの人だけだと。

旦那にはいつも反論される。汗汗汗

 

さすが、個人主義者の思想で生きている旦那。

 

自分の考えを絶対曲げない。

 

その隣にいるのも結構大変だと知ってる?

 

まぁ、そんな考えの旦那の気持ちと裏腹にベットはお引っ越ししちゃったけどね。

 

ニヤへっへっへ。

 

「嫌だったら自分でバラして、組み立ててごらん。」

 

って、事で私は毎日息子の寝かしつけがしやすくなって、

息子に本の読み聞かせが出来たり、朝、ゴロゴロ息子とスキンシップが出来て幸せ。ドキドキドキドキドキドキ

 

完全引っ越しまでの後・・・半年!?(長!!(´ε`;)ウーン…)

 

息子とのスキンシップの時間を大切にしようかと思います。

 

あぁ〜〜DASH!

早く引っ越ししたい。

そして、神経質マダムともおさらば〜〜〜〜!!

 

 

 

そして、そして、

バトルの元になったうちの問題児・・・。

 

さてさて、こんなおバカな一面も見せる息子になぜ、

 

「虐待」!?

 

ないわぁ〜。

 

最後までおつきあい頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。