南仏マルセイユでマタニティライフ・・・と、その後。

2012年12月初旬、ワーホリにて渡仏。
2013年、すぐに妊娠発覚で男の子を出産。
2016年、出会って12年目にして南仏男と結婚。
国際結婚、第2章がスタートです!!


テーマ:

もう2月ですね。

2月といえばバレンタイン。

でも、フランスは男性からチョコをプレゼントするので日本に住んでいた時、強制的に会社の人たちへ義理チョコをあげないといけない環境が本当にウザくて嫌でした。

そんな日々から解放された今では、バレンタインの時期を忘れてしまう事もしばしば・・・。

 

そんな、恋人にはウキウキな今の時期。

 

結婚してしまうとあまりウキウキしませんが、4歳の息子が只今、初恋中なのでワクワク、ウキウキ感染中です。

 

そんな息子についてはこちらから

《関連記事》

息子、初めてのお誕生日プレゼント探し


 

そこで、

初恋って、幼稚園で恋心を抱くものなのか・・・?

私は小学校3年生だった記憶しかないので、あまりにも早くてなんだか変な気持ちです。

単なるお友達の中の一人でしょ?

っと、初めは思っていましたが、なぜか違う模様。

そんな初恋中の息子の父親でもあるフレンチ旦那はすでに幼稚園で特別に想う女の子がいたのだとか。(←完全にうちの息子はフランス人恋愛体質らしい。)

でも、そのおかげでイヤイヤ期脱出です!!

 

《関連記事》

初恋とイヤイヤ期終了!?

 

そんな訳で、暴れない息子が最近可愛くて仕方がない、親バカっぷり発動中です。

きっと短い今だけのひと時。

そんな日常を噛みしめる日々です。

 

絵本などは読めないけれど、

文字を見て書くなら結構かける様になってきた息子。

でも、「あ」「ね」「ぬ」は少しだけ手伝わないとまだ自分だけでは書けません。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

新年

明けましておめでとうございます!!

っと、言ってももうだいぶ経ちましたが・・・。

 

昨年末は珍しく家族だけの年越しで、パリの凱旋門の中継をテレビで見ながら年明けをしました。

 

早いもので来仏してから、海外生活5年目に突入しました。

 

その間、長期で帰国しているので実質フランスへ来て4年目くらいですが、

息子を出産し明らかに日本の情報に疎くなり、フランス生活のスキルだけは上がっていますが、

未だに語学力だけは上達せずで、日本が恋しくて、恋しくて、

次、日本へ帰国したらもうフランスには戻ってこない!!

そう、日本での働きを妄想してしまいますが、日本に帰るタイミングを神様は与えてくれません。

 

その理由は帰りたい時期に限って大きなイベント事があるから。

 

独身なら我が道を行けますが、結婚してしまったので年間計画が家族全体の予定で左右されるので結構つらいです。

っと、新年早々単なる愚痴で始まりましたが、

 

昨年もいろいろあった年でしたが今年もいろいろな事が起きる予感・・・。

 

今年の目標は、

「自分らしい生き方」を有言実行できる1年にしたい!!です。

 

やりたい事、学びたい事、行きたい場所・・・たくさんあるのですが、

なかなか子供がいると制限されるので、

その制約の中でも発言した事には責任を持ち、

有限実行できる年にしたいと思います!!

 

★★★最近のうちの息子★★★

昨年も大量のXmasプレゼントをもらい、

毎日ウキウキしながら遊んでいる息子が微笑ましいです。

そんなXmasの様子を今更ですがぁ・・・。

 

Xmasのプレゼント探しに翻弄した12月。

 

その際の関連記事はこちらから

●フランスのノエル事情① 〜プレゼント〜

 

●フランスのノエル事情② 〜プレゼント子供編〜

 

自分が欲しい!っとずっとパパノエルにお願いしていたプレゼントがあるかを物色する息子。

 

大好きなキャラのプレゼントでテンションMAX!!

 

おもちゃ三昧のフレンチXmasは子供にとって毎年楽しい反面・・・親は出費が痛い。

 

毎年恒例、旦那兄弟が遊びたいだけやないか〜!のプレゼント。

 

相変わらずフランス人のセンスの良さに驚かされます。

 

そして、実家のオカンからもXmas前に国際小包で荷物が届きました!

でも・・・ちょっといろいろあった年末。

それに関してはこちらから

【序章】フランスの国際郵便 〜問題勃発!やってくれたよ、クロノポストよ。

 

そんな、バタバタした2017年。

今年はどんな年になるのか?

本当に楽しみです。

皆様もよいお年を・・・

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちわ。

お久しぶりです。

もう、すっかり朝・晩は秋らしく寒くなってきましたね。

 

お引越しをしてから、すでに3ヶ月も経ってしまいましたが・・・

訳あって、未だに・・・

未だに、キッチンが完成せず(#`皿´)<怒怒怒!!

引越し祝いをしたくても人を呼べ無い状態に陥っています。

 

これが、フランスですよ。

 

もぉ、呆れて、呆れて・・・。

 

っと、いう事で、新築アパルトマンのお話は気長に情報発信していこうかと思います。

 

そんな、こんなで、引越しをして、息子の幼稚園が変わって、

秋のヴァカンスに入る先週、

 

絶対にしない!出来ない!!

 

っと、思っていた事に挑戦してみました。

 

それは、ちょうど日本語補習校でアトリエの担当になって、

テーマ「ハロウィン」だった先週。

もしかしたら・・・

これ、できるかも!?

っと、いう事で「デコ弁」を初めて作ってみました!!

 

 

実は、9月から入園した新しい幼稚園は毎週どこかで給食がストライキになり、迎えに行く羽目になります。

でも、今月は2回続けてお弁当持参だったため、

作ってみました。

 

※1回目のお弁当日についてはこちらから

お弁当デビューと嫉妬

 

意外に難しくは無いですが、面倒くさがりな私は・・・

これを、毎日・・・

日本に住んでいたら作ら無いといけないのか?っと思ったら、

世の日本人ママに頭が上がりません。

 

1年に一回くらいで大満足な「デコ弁」。

でも、これをきっかけに毎日食べたい!っという、うちの息子!!

 

エェ━(´Д`υ)━・・・無理っす!!

 

日本人だけど、日本人みたいに器用でもなければ、

辛抱強くもない。

なんてったて、ズボラな私に、それは求め無いで!!

っと、言いつつヴァカンスに入ったのでテキトーだけど、

ランチ作りに励んでいます。

 

そして、今週は「ハロウィン」!!

ある事をきっかけに、今年、息子は「ハロウィン」たるものを理解しました。

 

その内容についてはこちらを

子供の喜ぶ顔が見たい!! 〜10月と言ったら「ハロウィン」〜

 

「ハロウィン」でチャレンジして欲しい「かぼちゃのお菓子バック」の作り方

 

「ハロウィン」でチャレンジして欲しい「カボチャのピニャータ」と棒

 

今週は、そんな「ハロウィン」本番・・・

どうしようかな〜!?っと模索中です。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

もう、7月も終わりですね。

先週、完全に新しいアパルトマンへ引っ越しが完了しました!!

 

長かった・・・

「広い部屋に引っ越そう!」っと言いだして早3年。

 

動き出して新居を 見つけて仮契約して2年以上!!

 

ようやく本当に引っ越せました。

そして、これから始まるお部屋のカスタマイズ。

 

でも、色々とハプニング続きで濃い毎日でした。

 

ご興味のある方はこちら。

南仏の日差しと心地良い風吹くアパルトマンへ引っ越しました!!

 

ヒーローになったおっちゃん。〜南仏版アホの坂田現る〜

 

イタリアンシャワーと近隣被害

 

いろいろな事が起こり過ぎて、そして新しいアパルトマンの住人たちの個性があまりにも強くて?

いや、フランス人はこう言う人たちなのかも??

っと、驚きの連続でしばらくは毎日飽きない日々を送れそうです。

まずは、新居でインターネットが開通したのでご報告でした。

 

思っていた以上にパノラマな景色が広がっていました。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちわ。

お久ぶりです!

アパレポを開始した今年の初めからすでに4ヶ月も経過してしまいました💦

 

あっという間にマルセイユは毎日、真夏日です。

あれから、引っ越し先のアパルトマンの内覧視察が終わり、

一悶着あり、Promoteur(販売店)から請け負っている建設会社の現場監督に旦那がキレてなんとか私たちの要望を最低限押し通して、

(交渉マジで大切。相手側の都合にイイ様に丸め込まれるから。)

キッチンは一部変更をして本契約して、

いよいよ来月からキッチン業者が入って作業が始まります。

 

明日には住居者全員と(管理会社)との説明会が行われてやっと来週には各部屋や駐車場の鍵を渡される段階にきました。

長かった・・・仮契約から約2年‼︎

やっと、引っ越しです!

「アパルトマン買ったよ〜」

「やっと、広い部屋に引っ越し出来るよ〜」っと、

小出しにしつつ、

もぅ2年‼︎

 

お友達に会う度に「あれ?もぅ引っ越したと思ってたよ。」っと、言われる度に、

(;´Д`)ノあっ・・・。

全然、引っ越せないから、いつの間にかオレオレ詐欺バリの

「引っ越す、引っ越す、詐欺」みたいになっていましたが、

 

マジで来月から引っ越しです‼︎♪( ´θ`)ノ

 

そして・・・

こちらで記事を書かなくなったのは、

息子が4月から毎週末、日本語補習校に通い出したり、いろいろ予定があったり・・・。

でも、一番の理由は、

実は私ことですが、

自サイト運営を始めました。

将来的にやりたい事がたくさんあるので、その下準備のためにまずは第一歩を歩み出しました。

アメブロはアメブロで元々子育てブログだったので子育て中心にこれからも書いて行こうかと思っています。

 

自サイトはまだ、始めたばかりで内容が薄いのですが、

これから本格的に引っ越しをして、日本とあまりにも違うアパルトマン事情のため、これから時間をかけて部屋の壁を塗ったり、いろいろとDIY(日曜大工)をしていくので、少しづつ今のフランスのアパルトマン事情ネタをお送りする予定です‼︎

 

ちなみに、自サイトは

SUKINARE.com」と言います。

「好きこそ物の上手なれ」略して「すきなれ」です!

 

不器用で筆不精で面倒臭さがりなのにこだわり出したら後には引けない性格なので、
もしかしたら、こちらのアメブロにはあまり顔を出さなくなるかもしれませんが、アメブロを通じて繋がるがあるのでちょこちょこ立ち寄る様にしたいと思

います‼︎

 

それでは、

南仏生活第2章はこちらSUKINARE.comから〜!!

 

これから塀をぶち抜いて道が出来る予定・・・。

時間かかりすぎや〜〜〜!!

 

 

 

★★★引越し後のブログ内容はこちら★★★

新!!南仏アパルトマン事情のレポート始めます!!

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

突然ですが、この携帯アプリを知っていますか?

↓↓↓

 

 


お子さんがいる方なら聞いた事があるのかなぁ?

子供用の赤鬼が叱りつけてくれる携帯アプリ。

今回は、このリアル赤鬼が現れました・・・。滝汗あせる



それは、
前回の「M社」のマネージャー・シリルのお店を後にした際、
「C社」ムッシュー・マツコのお店に行く事が決まっていて、
ここでも、前日の問題は解決しないだろう?
もう、それなら、上手い事言って終わりにしようか?

私たちの要望が上手く出来ないんだったら、
なんだかんだでピンチをチャンスに変えて頑張った
「M社」のマネージャー・シリルのお店にしようか・・・?

っと、話を聞くだけ聞いてみよう。っという感じで来店。

そうしたら・・・。

ムッシュー・マツコ、代替え案を提示してくれて、
簡単に断る事が出来ない雰囲気に陥った私たち。ガーンマジか。

実は、ヨーロッパではあるあるな事ですが、
キッチンの中に洗濯機を置く事をアパルトマンを購入した際に、
アパルトマンの販売店に申し出ていた旦那。
(配線の関係で事前申し込みしなければいけ無い。)

当初の設計では日本と同じ、お風呂場の洗面所の隣が洗濯機の場所だったのを、
洗面台の蛇口を2台設置する事を希望した旦那。

 


※イメージ。↑こんな風に二つ蛇口があって、将来、子供達が朝支度するのに喧嘩し無いように・・・だと。(まだ、一人っ子ですが?息子・・・。)

旦那、フレンチ男。身だしなみにうるさい。旦那の幼少期からの生活習慣から来る思考らしい。

日本だったら”譲り合い”っていう名の時間配分考えるから一つでもよく無い?って思いますが・・・。

ここが、本当フランス人らしい考え方。

 

だから、必然的に水回りの配管の都合でキッチンの中に洗濯機を置く事になる。

↓↓↓

今、こんな状態。

これが、大っ嫌いな私!!

キッチンの中に洗濯機があるのは狭い部屋の構造、仕方がない。

でも、見えるのが嫌!!!

って、事でフランスではどこのキッチン専門店も上手い事、
洗濯機がどこにあるのか分からない様に隠すデザインが多い。

でも、それには規定サイズの洗濯機になる。

そう!
洗濯機の容量が小さくなるので私たちが望む大きさの洗濯機にすると
必然的に洗濯機だけキッチンの中で見える。

 

妥協する場合は洗濯機がむき出し状態になる。

キッチンの色が白だったら洗濯機の白色も妥協できるけど、色も違うのでアンバランス。

 

それも、私たちのキッチンは今の時代には合わないちょっとひと昔前の
キッチンの構造をわざわざあえて選んだから、
スペース上、

サロン(居間)の中で洗濯機が見える状態になる。

居間に洗濯機・・・

それが、絶対に嫌だった!!

 

旦那の意向でお風呂場に置けなくて、
水回りの配線の関係でキッチンと居間の間の場所に洗濯機を置く事はかなり妥協した。
だからこそ、ここは絶対に譲れない。

だって、すっごいお金をかけて(貧乏性)作り上げる
オーダーキッチンなのに最後の最後で・・・

 

(´ε`;)ウーン…汗ダサい!!

 

エェ━(´Д`υ)━・・・汗汗ダサすぎる!!

だから、洗濯機が見えない様にカーテンを引く?

(旦那:いや、いや、さらに気持ち悪い!!)

そこだけ、自分たちで作る?

いろいろ妥協点を探したけど、旦那も私もめんどくさがり。

だから、いろいろな雑誌を引っ張り出して、リサーチ。

こんな、感じのだったらできるんじゃない?

っていう案を提示。

それを上手い事やってのけた「M社」マネージャー・シリル。

でも、ムッシュー・マツコのお店では絶対無理だろう?っと踏んでいた。

でも、ピンチをチャンスにするのが上手いのか?

上手い事考えてくれるんですよね〜。滝汗あせるあせるあせる

でも、旦那は「M社」マネージャー・シリルの案の方が物の多い
私たちには収納スペースが多くていい感じ。

ムッシュー・マツコ案は壁を作って冷蔵庫や洗濯機を埋め込むデザイン。

 

※イメージ。見た目はすっきりして素敵だけど、

壁にされたスペースを有効利用でき無い。

ってか、ここにドア付きにして洗濯機が入るって・・・。

なんだかなぁ〜って感じ。

 

最大の問題は残念ながら荷物を入れるための棚を作るスペースはない。
それに、多分これにはかなり予算がかかるのであろう?
壁は自分たちで塗って欲しい事を言われ、尚且つ、
最初の見積もりには冷蔵庫も洗濯機の料金も省かれ、
自分たちで購入する事が条件だった。

それは、箱型の壁を作るといろいろ配線の問題が出てくるから、
専門の業者の方が安く済むであろう。っという見解。

って、事で全体の見積額は「M社」とほぼ同じくらいだけど、
あれこれ後からの買い足し必需品が多く、
再度自分たちでいろいろと買い揃えなければいけない。

初めは家電製品は値段が高いからソルドで最新式を
自分たちで買ってきてはめ込めばいいよ!
っという意見だったけど、
前回の「M社」マネージャー・シリルはなんと!

家電製品すべての定価を65%OFF
にしてくれるという、
ミラクルが起きていたので、

旦那・・・悩む。ショボーンう〜ん。

それも、こちら指定の家電製品だったりして、
在庫処分のお安い型落ち&中古製品ではなかったのもポイントが高かった。
そして、家電製品の保証期間7年もつけてくれた。

結局、値段交渉でムッシュー・マツコ、
冷蔵庫も洗濯機も付けて、端数も切ってくれたけど、

真顔う〜ん・・・。

そして、最後の一押しでさらに、ミラクルが起きて
「M社」マネージャー・シリルのお店よりも破格の値段に・・・。

真顔それでも、う〜ん・・・。

結局、ムッシュー・マツコが席を外した際に旦那と話あって、
質はいい!!
いろいろな問題点も解決してくれる。

それも、かなりの権力を持っている、ムッシュー・マツコ。

信頼できる。

でも・・・この場で決めなければいけない。
って、事で結局、
今日は即決出来ない。

そして、最終的には今後の事を考えたら収納スペースが多い方がいい。
これから、居間やお風呂場等も作らなければいけない。
もし、長く付き合えるのなら、トータルに値段交渉ができる
「M社」マネージャー・シリルのお店の方がいいのではないのか?
と、いう事で本当に本当に申し訳ないけれど、

 

苦肉の決断で断る事に。

Y(>_<、)Yあせる

少しでも安い方がいい。

と、願う当たり前の思考ではなく、
長くこれから付き合える会社なのか?

もう、この時点で

お金の問題ではなくなっていた私たち。

いや、旦那が!!ニヒヒ

だから、お金の問題ではない。
安ければいいってもんじゃ無い。

を強く主張し、引き下がらない旦那。

 

結局、私が悪者になり、旦那・・・断る。

 

ごめんなさい・・・マツコあせるあせるあせる


そして・・・冒頭の
ムッシュー・マツコ、赤鬼
になる。

ド━━Σ(ll゚艸゚(ll゚艸゚ll)゚艸゚ll)━━ン!!!

フランス人って自分の感情を素直に出すから本当に人間味がある。

建前なんてクッソくらい!

本当の事言って何が悪い!!

販売員だろうとそんなもん、遠慮なんかするか!!!

っと言うのがパンチ!爆弾爆弾爆弾ガッツんっと伝わって来て、
お店を後にしても申し訳なさいっぱいだった私たち。ガーン汗

 

ムシュー・マツコに何度も競合店の値段を聞かれたけど、

 

値段交渉では無い。

 

安いだけのキッチン店でも無い。

 

ただ、これから長く付き合える専門店なのか?

 

本当にただ、ただ、それだけ。

 

友達と一緒でコロコロ人間関係が変わったり、相手を思いやる気持ちが変わるタイプでは無い私たちの性格には人と一緒で

「長く付き合えるか?」が大切なの。

 

だから・・・頑張ってくれた手前、

 

しばらくは、もう、ムッシュー・マツコが忘れられない。ダウンダウン

・・・って、事で後日、
旦那イチオシだった、
イケメン「S社」にも行ったけど、面白い値段にはならなかったので、
ピンチをチャンスに変えた、
「M社」のマネージャー・シリルのお店で契約する事に!

それも、見積もりの中にシンク周りの水はね防止プレート&レンジガードが無い事に気づいてしまった私。ガーン

最終契約日が決まっていたので、旦那、仕事帰りに来店。
わざわざ携帯のテレビ電話で私にいろいろ説明&確認をしてくる始末。
(まぁ、私がいちいちうるさいから・・・。)

それを見たマネージャー・シリル、滝汗あせる

これ以上値段を吊り上げられない客だと思ったのか?

なんと!90%OFFに!!

私:「びっくりえっ!?ちゃんと確認した!?」

旦那:「90%OFFなんて普通しないよ!!」

私:「それ・・・(タダ同然の)

         安いの付けられるんじゃないの?
   まんまと、いい様にコストダウンされたんじゃ無いの?」

旦那:「・・・チーンダウンダウンダウン

「じゃがっ娘には、もう、誰も敵わない。」っと言われて、

 

自分の肝っ玉の小ささを痛感いたしました。叫び

ひどい女でしょうか?

でも、後から文句言ってトラブルになるよりはマシではないでしょうか?

って、事で最終的には長年お世話になっている&全体の値段を把握している義理母もビックリな程お手頃価格にしてもらって、

 

旦那、「これ以上は(お店側の)マージンも引けないよ!!むかっ」っと。

困った嫁で申し訳ないです・・・。

それでも、懲りずに他のお店も見たい。
見積もり欲しい!っと思いましたが、
もう、ムッシュー・マツコの様な犠牲者は出せない。
そこまで、悪にはなれない。
何より、リアル赤鬼が怖い!!
って、事で、ようやくキッチン業者が決定!!

来月は待ちに待った完成間際のアパルトマンの内観視察。

これから、どうなることやら・・・。

 

 

ここまで読んで頂いてありがとうございました!!

 

 

★★★引越し後のブログ内容はこちら★★★

新!!南仏アパルトマン事情のレポート始めます!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の続きですが・・・。

 

1日に3軒も回って結局、
買い物も出来ず、私の最大の要望も叶えられなくなりそうな事態に陥って、
家に着いても、お互いに討論し合って、
2軒目の「M社」にはもう、行きたくない。
パンチ!マダム・サブリナには会いたくない。

っと、駄々をこねる私。

でも、全体的には商品の品質、保証年数、
マネージャー・シリルの対応の早さはいい感じだった。

でも、
これから長く付き合える
会社を選びたい。


その「M社」は元々キッチンしか取り扱いがなかったのが、
長い年月で家の内装のトータルコーディネートをしてくれるまでに
成長したフランスでも信頼できるフレンチキッチン専門店の会社。

そして、旦那の実家のママンが35年以上前に選んだ
&お世話になっている会社でもある。

でも・・・

えーんっと踏ん切れない私たち。

とりあえず、明日行ってから決めよう。

・・・。

そして、次の日、ひらめき電球ラッキーな事にマダム・サブリナ不在。

マダム・サブリナに変わってマネージャー・シリル登場。

初めに、昨日の事を素直に謝るマネージャー・シリル。

びっくり!?!?!?

あれ!?意外にいい人?

自分の非を認めない事で有名なフランス人。

(←失礼。人によりますけど・・・。)
マネージャー・シリルの口からそんな言葉が出てくるとは・・・。

パンチ!キレてみるのも意外にいい方法だったのか????

そして、マネージャー・シリル、
「私たちの扱っているキッチンは他店に比べると安いものではないから、
 時間をかけていろいろ見たい。っというマダムの気持ちも分かるし、
 プランをあげない。って言うこともよくない事だった」と・・・。

びっくり!?!?!?


・・・いろいろ見直したよう。

ニヤニヤしめしめ。

でも、マネージャー・シリル・・・その後、

叫び凍りつくような事が起こる・・・。



真顔旦那、真顔で・・・

早速前日、気づいちゃったのよ。っていうプランの指摘から始まる。

再度、前日まで出来上がったプランを見て、旦那・・・

 

真顔「やっぱり・・・。むかっむかっむかっ

・・・。

ガーンなんと!
一番初めのキッチンの大きさ、
枠取りからマダム・サブリナのプランが
間違っている事が判明!!

マダム・サブリナ、「目見えないわぁ〜」っと、
言って旦那にキッチンの寸法を計算させる始末。

数字に強い旦那でも、キッチンの設計をするプロではないから、
パソコンでの正式なプラン作成は分からない。

それなのに旦那にやらせる時点で初っ端から私は嫌でしょうがなかった。
むっむかっ

結構、第六感が働く私、
それが大当たりのマダム・サブリナ。

コレを機にマダム・サブリナを担当から外すように懇願。

だって、このインチキ設計のプランで無理やり契約を取ろうとしたのよ!!

Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

ありえないっしょ。

で、結局、
マダム・サブリナが作ってくれた案を元に
再度正式な寸法を測って一から全てを確認しながら、
変更を加えて正式な見積もりへ近づけていく。

※寸法が間違っている。っていう事は希望の入る形の引き出しや棚も変わってしまう。っというあり得ない事態。

そう!
マネージャー・シリル、
チーン簡単に終わるかと思ったのにまさかの出直しで内心面倒くさかったのだろうなぁ〜っ。

でも、ここはマネージャー。

もう、パンチ!この店はあり得ない!」っと、
見切りをつけていたのに、旦那の太っ腹な心意気に、

再度チャンスを与えた結果、
私たちが前日の3軒目(「C社」ムッシュー・マツコのお店)で
起きた問題もサクサックっと解決。

さすがに、長く生き残って事業を拡大してきただけの
経験と知識があるようで私たちの要望にもすぐに対応!!

ひらめき電球デレデレこれ、これ、この営業マンよ!!
この営業マンなら信頼出来るし、お金を支払ってもいい!って思える。

って、事で、どうせ私たちの要望なんて叶わない。
っと思っていた事をやってのけたマネージャー・シリル。

まさに、ピンチをチャンスに変えた
マネージャー・シリル。

デレデレ合格すごいぞ!!

って、事で旦那も私も段々自分たちの求めるキッチンが
出来上がってきてテンションアップ!!

来店するまではきっと、無理だからこれで終わりだろう。
でも、参考に妥協したところだけまでの見積書をもらえるだけでいいや。
っと思っていたのに・・・。

何が起きるか分からない。

ニヒヒ恋の矢まさにミラクル!!

それも、予算があるから、これ以上高くなるのは、

真顔・・・嫌。

ここからはどこを安いものに替えていくか?

でも、意外にマネージャー・シリル、

契約してもらえるように丁寧に
説明してくれて頑張る。

って、事で一歩前進。
ポイントアップ!!

さてさて、どうしようか・・・?

前日3軒目に行った、
「C社」のムッシュー・マツコのお店の出方次第。
(この時点ではマツコのお店が一歩リード。)

でも、きっと私たちの要望は・・・
難しいだろうなぁ〜っと。

次回「ムッシュー・マツコ、赤鬼になる。」

 

 

 

 

日本でも今、人気の対面式のアイランドキッチンがフランスでも一番人気です。

っと、言うより、最近の新築アパルトマンの間取りデザイン自体が開放感があって、

人を招待する事が多いフランス人の思考にぴったりのこの形が多い。

義理兄の彼女も壁で仕切りがあったキッチンをぶっ壊してこの形に変えたくらい。

 

日本だと子供が目の前で遊んでいる姿とかの様子が分かる様に。

っていう理由でアイランドキッチンを選ぶお友達が増えたな〜っと新築祝いに行くと思うのですが、フランスは子供のためよりもただただ、

音譜素敵だから!っていう理由が多いなぁ〜っと感じました。

 

でも、デメリットは居間が狭くなる・・・。

 

 

★★★引越し後のブログ内容はこちら★★★

新!!南仏アパルトマン事情のレポート始めます!!

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の前途多難な旦那の無茶振りに呆れながら、予算を確認。

・・・何度も確認。

・・・そして、念のために再度確認。

・・・もう、旦那の頭の中の計算に任せることにした。

って、事で、予約しちゃったキッチンの専門店へ行く事に。

それも、家を出てから知った、1日の予定。

旦那:「S社に10時、M社に2時、C社に5時!!」

「ガンバって回ろうね。」

っと、ポーンあせる言われて・・・

チーン私、固まる。

はぁ?

1日に3軒!?
そんなに回れないよ!!

キッチンのプランをコーディネーターと一緒に考えるのに
どれだけの時間がかかると思っているの?

ってか、今日は買い物をする日やねん。
パンチ!ムキー絶対に回れない!!

もう、この時点でイライラ。

そんなこんなで始まったキッチンプランのランデヴー(予約)。

まずは、フランスではなかなかのお値段の
キッチン専門店「S社」へ。

確かに旦那が言うように、IKEAよりもはるかに質がいい。

でも、お値段もかなりいい。汗

見た目だったら正直、IKEAと張り合える。
でも、中身の作りがやっぱり違う!!

※ちなみにIKEAベースなのは私がIKEAが大好きだから。
って、いうのとIKEAのキッチンの相場は日本でも大体わかるから。

ある程度、話を進めてタイムアップ。

開店から来店して気づいたらお昼過ぎ。
イケメン販売員、何度も時計を見て終わりたそう。
(フランスあるある。)

私たちも次に行く時間があるのでプランが完成せず、
だいたいの料金も出ぬままマタ来週。

私:「チーンやっぱりなぁ・・・!!」っとガッカリ。

それも、お昼を食べる時間もなく次のお店へIN。

前回下見に来て、あんまりフィーリングの合わない
マダム・サブリナ登場。

でも、なかなかいい仕事振りでサクサク私たちの希望のプランを形にしていくマダム。

でも、ここでも次に行く時間を1時間もオーバー。

でも、このマダム、ちょうどソルド中だからか?
売らせよう、売らせよう!っという感じがして益々嫌々な私。

えーそれなりのお値段ですよ。

プンプン一生もののキッチンに
 なるかもしれないんですよ。


ムキーそんな、簡単には決められない。DASH!

とりあえず、プランがある程度出来て、
ざっとトータルの値段を出してもらって
次に行こう!
っと、言っても一向に話を切り上げられない旦那。ショック汗

旦那の中でもソルド中だからそれなりに割引してくれるのか?
と様子を探り、探り。

でも、全然進まない感じで、イライラ。イラッ

すでに、朝からパン2切れしか食べていない。

もう、お腹も空きすぎて限界だし、この後もう一軒回ってから、
買い物に行かなければいけない。

でも、時間は夕方5時過ぎ。笑い泣きあせる

旦那に、
「次があるからもう、おしまい。また今度でいいよ。」
「とりあえず、ここまでのプランのコピーか見積書をもらって終わりにしよう。」っと、言ってもらったらマダム・サブリナ・・・。

「プランと見積もりはあげられない。」

「コレを持って他のお店に行ってしまうから、
 料金が合わないのなら、
 今、ここで、 テレビ画面を見ながら
 安いプランに変更出来る。」

「私はここまで頑張ってプランを作ったから、
 契約して欲しい。」

っと、言われ、( ̄□ ̄;)!!

・・・。

・・・むかっむかっむかっ

・・・ブッちっとキレた。ムキーむかっむかっ


( ̄へ  ̄ 凸はぁ!?むかっ
 

「他のお店で(他社のプランなんか)見せたりなんてしない。
 プランも見積書ももらえないなら、
 もう終わり。パンチ!
 今日は(買い物に行きたいし)時間がないから難しい。
 だから今、出来上がってるまでの見積もりが欲しい。」

ムキーブッちっ、ブッちっ。むかっむかっむかっ

「てか、いったい、どうやって検討するんだ!!
 そんなに簡単には決められない!!
 安い買い物じゃない!!マジであり得ない。」

「もう帰る。」

っと、コートを着て立ち去ろうとする私。

旦那:「滝汗あせるあせるあせる・・・。」
いや、いや、落ち着いて!!

っと、なだめられるキレた女、3●歳。

そして、結局お店のエリアマネージャーが、

真顔ドーンと登場!!

私:「心の叫び:
  (えーおせーよ!話ができる人が出てくるの!!)」

そして、サクサクっと、旦那に見積書を作成。

でも、この値段で出来るのは今月のみ。
って、事で月末のため、
フランスでは珍しく日曜日も営業していたので次の日の午前中にも再度行く羽目にえーんあせる

とりあえず、私の中でもう、この店はない。

っと、旦那にパンチ!キレる。

でも、次のお店の待合室で我に返って、
ゲローごめん・・・やっちゃった。」っと超〜反省。

旦那や家族にキレても他人にキレるのは今まで生きて来て、
相当理不尽な扱いを受けたり、あり得ないくらい性格が悪い人以外はほどんどない。(たぶん。)
平和主義者の私。
結構自分を保ってる事が多い。でも、今回はさすがに・・・

パンチ!ムカついちゃったの。

でも、でも・・・。

マダムが悪いというよりもお店の方針なんだろう。

そのお店がある場所自体がかなりの強豪揃いのキッチン専門店が歩いて回れる程の密集地帯。

だから、我先に!と、営業をかけてくる。

引き下がらないし、
ゴリ押しだし、
安くしてくれない。


きっと、他店で作った見積書を持参してこれより安くできる?
って言う事をするお客さんがいるのだろう。
(※後日、義理兄にさらっと1つのプランから交渉するのは常識でしょ!的な事を言われ、益々フランス人のデリカシーの無さに呆れた。)

だから、そういう販売スタイルなんだと。

でも、100キンじゃないんだから、パパッっとなんて決められない。

こんな機会はないからいろいろ見て、
吟味して、
納得して、

上を見たらきりがないから値段と照らしわせて
妥協点を探して購入したい。

そうしないと、絶対に後から後悔するのが目に見えている。

だからこそ、怒ってしまった自分への反省と(見積もりが出た)1軒目ですぐには決められない。っていうこだわりを旦那に説明。

特に電気の配線や水回りの
配線はかなり重要。


私の兄がレストランを開店する際に一番問題が出てきたのは設計プラン通りには行かないそういう、やってみないと分からない細かい配線部分。

何を置くか?どんな機械(カフェマシンやオーブントースターなど。特にフランスではどこの家にもあるオーブンは電気を食う。)配線プラグの位置の確認とか。
プランを見なければ発見出来ない事がある。
それをさせないで契約だけとろうとするマダムの営業スタイルが嫌で嫌でしょうがなかった。

・・・私は神経質過ぎるのか?

でも、相手はフランス人。
問題が起きた時、言い訳ばかりを並べてその先の案を提示しない場面なんていっぱい見てきた。
最悪、契約したでしょ?っと、
割回し料金を取られる事も懸念した。

・・・やっぱり、私は神経質過ぎる??

でも、そんな私の思惑とは別に旦那・・・

ウインク音譜いや!すごいよ!!じゃがっ娘が怒ったから、
 マネージャーが出てきて、
 25%OFFになったよ。」

「私には(10%OFFしか交渉が)できなかったよ。
 すごいよ!!」

っと、ひらめき電球ミラクルな事が起こった模様。

どんだけ前向きなんだか・・・うちの旦那。

超〜反省したのに、
デレデレラブラブ「私たちいいコンビね。」っとさらに
サッラッと前向き発言。

すでにネタにする旦那。

滝汗恐るべし。

そして、何よりも、買えないでしょ〜!?
っという私の予想を大きく裏切り、
予算に近い値段までいろいろ安くしてくれた模様。

なかなか、やるじゃないか!
マネージャー・シリル!!


でも、本日3軒目の「C社」で、
びっくり旦那気づく・・・。

あれ?
どうして??
これは・・・???

旦那、3軒目の「C社」ムッシュー・マツコ
(仮名/フランス人には珍しい巨漢。
 それもマツコデラックスに似てるの。ニヒヒ
が作り上げるプランを見て気づく・・・

滝汗汗あることに・・・。

3軒目も無残にタイムオーバーで気付けば夜の10時!!
残業しない事で有名な!?フランス社会において、
営業時間オーバーで頑張ってくれたムッシュー・マツコに感謝しつつ、
最後の最後で問題が出てきて進まなくなったので本日はこれにて終了。



次回、「サブリナよ、あなた担当替え決定!!」



ミニ情報:
フランスのキッチン専門店では大抵、子供同伴で
来店するのを想定されているので、
子供が遊べる部屋が完備されている事が多い。↓↓↓


子供にとったら退屈でしょうがない、親との同行。
うちの息子も毎週末付き合わされて本当申し訳ないけど・・・。
なんとか退屈しのぎしてくれます。


そして、グズグズする子供に優しいレストランもあります。
このレストランはピザ専門店。

子供専用のメニューがあって、自分で手作りしたピザが食べられる・・・。
コンセプトは「シェフ」らしい。


最後にはデザートや車のおもちゃのプレゼントをもらってご満悦。


何この顔・・・。滝汗
来店した時は「いや〜」、「いかない〜」を連発して
店員さんになだめられた息子。
でも、最後にはこのアホヅラ。
本当、外出する際の子供のご機嫌取りが一番難しい・・・。

 

 

★★★引越し後のブログ内容はこちら★★★

新!!南仏アパルトマン事情のレポート始めます!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まず初めに・・・。

昨年の結婚式後に目を疑う税金の支払いで、
もう、キッチンなんて買う余裕なんてないっしょ。
えーシレッ。

せっかくの新築なのにダンボールを積み上げて整理棚にするしかないっしょ。
えーシレッ。

(ダンボールを)テーブルにするしかないっしょ。
えーシレッ。

っと、旦那の懐事情を探る私。
ニヒヒニヤっ。

私たちは婚前契約を交わしているので基本、
財布の紐は旦那主導。
そして、お金の流れはお互いに探れない。

滝汗汗なんだそれ!っと夫婦なのに意味不明だけど嘘のような本当の話。
まぁ、書類上の建前的なものだけどね。

日本みたいに銀行の通帳なんて存在しないから旦那の貯金額なんて見た事がない。
旦那も私の貯金額を知らない。

そんな、不安だらけの旦那と結婚して大丈夫か?
っといつも自問自答。むっ

・・・前置きが長くなりましたが、
1番初めにするのは、

キッチン購入の予算額の算定。

(フランスでは台所をCUISINE:キュイジーヌと言います。
 以後、キッチン。)


当たり前だけどサラリーマンが支払える額でしか購入できない。

そんなに期待していなかったけど、

探せばいいお店はたくさんある。

「IKEAでよくない?」

「castorama(カストラマ)でよくない?」
※フランス人なら知っているであろうホームセンター。

っと、ある程度そこそこのお値段で良い感じのキッチンが出来上がるであろうお店に足を運んでカタログをもらって吟味。

でも、うちの旦那・・・。得意げ汗

「IKEAは安いから嫌だ。
 すぐに壊れる。
 ずっと使えるキッチンが良い。」っと、
私の(旦那の懐具合への)気遣いを一蹴り。ガーンあせる

っと、いう事で旦那があらかじめリサーチしていたキッチン専門のお店へ・・・。

まぁ、今、ちょうどソルドだしね。ウシシ
もしかすると安くて良いのが買えるよね。

ってか、いくらぐらいが相場かまずは知りたい。
どんな感じのキッチンがフランスでは人気で、
私たちはどんなキッチンが出来るのかを知りたい。

っと軽い気持ちで同行したキッチン専門店・・・。

カタログを見て、

値段を見て、

旦那を見て・・・

ドンッ( ゚∀゚; )タラー汗汗汗

いや、いや、いやぁ〜あせるあせるあせる

ゲッソリ(IKEAの値段より)
 ゼロ1個多い〜〜〜〜!!!」


その後、
いろいろなお店を周り帰宅後、


緊急会議!!

旦那に、アホなんか?
どんだけ高いキッチン買う気やねん。


Σ(゚∀´(┗┐ヽ(・∀・ )ノDASH!DASH!DASH!

私、無職だっちゅーの!!

ってか、まだお風呂場も自分たちの部屋もメインのサロン(居間)も
子供の部屋も全部作らないといけない&家具類を購入しないといけないのに、

キッチンにどんだけお金かけんねん!?ムキーむかっむかっむかっ

キッチンだけでしか生活できないやん!!


アホかぁ!!!

自分の身の程を知れ!!!!


っと、旦那に、

喝ーーーーーー!!!

㌦ァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァ!!


旦那:「でも・・・でも、台所はずっと残るんだよ。」

「少しずつ買っていけばいいよ。」

私:(# ゜Д゜)∂ あ?

「ないっしょ!それ!!」

「どんだけかかんねん!普通に住めるまで!!???」



・・・。




旦那:「うぅ〜ん・・・ひらめき電球15年!?」


私:ポーン「・・・ガーン爆弾15年!?」


( ̄□ ̄;)!!ダウンあ、ありえない!!

いや、いやぁ〜・・・
今の予算で、
ある程度(すべて)揃うお店で購入するのが普通ではないのか?

(IKEAとか!?→こりずにIKEA押し。アップ

キッチン以外は予算削減で、
洗面台もない、食事用のテーブルもない・・・。ガーンダウン

毎週末、あなたがタイル貼るんかい?

毎週末、あなたが壁塗るんかい??

いやいや、無理やろ!!

これ見て!!ダウンダウンダウン



あなた、テクニックゼロやねん。

そう!うちの旦那、
組み立て式のベットやタンスを買っては組み立て下手で問題ありあり。

最近もこのコモド(引き出しタンス)が壊れて
4回目の修理でこのありさま。



し、閉まらない・・・

パンチ!ムキーあんた、センスないねん!!

結局、あなたがやるんやなくて、私がやる事になる。

叫び爆弾爆弾爆弾嫌や!!!

初めはこんなに素敵だった・・・。↓


使っていくうちに問題が出てくるのは仕方がないけど、早すぎる!!
このコモド(引き出しタンス)、結構なお値段。
初めにしっかりとネジ締めしない。
補強しない。
だから、壊れるのが早い!!
危険予測をいつもしなくて形だけ何とかなれば後はいつも適当だから、

速攻、壊れる!!


形が保たれていたのは約半年くらいだった・・・。↑↑↑

旦那:「でも・・・もう、今日行ったお店、予約しちゃったし。」

「早く(キッチンの)プランを考えないといけないから。
 ニヤニヤドキドキドキドキドキドキ

「それに、パパは毎週末とバカンスはいつも棚とか自分で作ってたよ!!」

私:「・・・いや、いやぁ!!パパ、センスあんねん!!
   あなた・・・無理でしょ!!!!チーン

っと、私の怒りも全然聞かない強者。

っと、すでに前途多難です。ダウンダウンダウン

あぁ〜本当にこの旦那で良かったんか???

大丈夫か私&息子。

笑い泣きあせるこれから毎日、パスタにバターの節約生活やなぁ。

(´□`。)ちーん。


追記*
ちなみに昨日はバレンタインでしたね。

旦那帰宅後、「今日・・・バレンタインだね。」っと、
言われ
びっくりハッと気づく私。

全然、すっかり忘れていた!!

ってか、フランスは男性からでしょ?
えーシレッ。

なぜ、バレンタインの晩餐が少し豪華?
っを期待してるん???

で、逆に
むっ「何もないん?」

旦那:「・・・。
汗汗汗

完全に墓穴を掘った顔。

旦那:「キュイジーヌ買っちゃったからね。
あせる

プンプンでた!でた!!
言い訳するなら余計なこと言わないで!!!

っと、今年は寂しいバレンタインでした。



次回、「
ミラクル 〜人はマジ切れしたらどうなる?〜」です。

 

 

★★★引越し後のブログ内容はこちら★★★

新!!南仏アパルトマン事情のレポート始めます!!


 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ、2017年に突入して、
私たちの引越しが近くなって来ました。
新築アパルトマンを購入した2015年末は
叫び汗(アパルトマンが)出来上がるのに
 どれだけ時間がかかるんだ!!」っと、
思っていましたが、結婚式が終わってホッとするのもつかの間、
次はアパルトマン。
少しの間、のんびり構えていた日々から
焦りまくりの毎日。
オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロあせるあせるあせる

動き出したきっかけは・・・
年に2回、冬と夏に大きなセール(以後solde)があるのですが、
今年の1月に入って、もうそろそろ新居アパルトマン用の
キッチンの業者を探さねば・・・と、
動き出して知った汗
フランスの
少しでも高く売りたい側の販売員

安く買いたい消費者の駆け引き。

そして、
契約してから納品されるまでの
期間約2ヶ月!!


だから、早く買えよ!!コールのあらし!!ガーンあせるあせるあせる

まずは、ほったらかしにしっぱなしだったブログを再開した際に
「フランスでアパルトマンを買う!」
というネタを書いたのですが、うちの旦那一人の給料では、
素敵な(すでに)キッチン付き+広い部屋+テラス付き・・・。
っという最低限の希望だったアパルトマンが購入できない事が分かって、
結局・・・滝汗あせる
新築でしか良い物件が購入できなかった。
っというびっくり

普通逆やろ?っというミラクル
な事が起こって、びっくりひらめき電球
(これは、いろいろ条件付きですが、購入時期がタイミングよく
 不動産市場の活性化に伴い、減税措置政策のいわゆる
「ゼロ金利ローン」で新築買って、買って!!の好条件に乗っかったため。)

ようやく今年の春に完成予定のアパルトマン。

何が面倒って、アパルトマンの販売と内装の業者は別。

ある程度住める状態で引っ越せるのは前の住人が居た場合のみ。

箱のまま渡され、あとはお好きなように。

得意げうぅうん?
注文住宅かい!?バリのカスタマイズ可能すぎる柔軟性と
そぉ〜いうの面倒くがりの私たちには未知過ぎて、
もう、それを楽しもう!っと前向きに未知なる世界へのワクワク感。

でも、私も旦那も結構ずぼら。

面倒くさいの嫌いやねん。

あれこれ考えるの嫌いやねん。

そんな夫婦が果たして上手くいくのか?

ちゃんと住めるようになるのか?

って、事で絶対、初めに作らなくてはいけないキッチン事情から始めたいと思います。

次回、「初めに考えること。〜旦那の懐事情〜」




南仏アパルトマンレポートSTARTです!!

 

 

★★★引越し後のブログ内容はこちら★★★

新!!南仏アパルトマン事情のレポート始めます!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。