MRTとOTの関係

テーマ:



「環境」の✕問題をやり終えました。。。


なんと まあ 曖昧な知識の多いこと( ̄Д ̄;;




その都度 書いて 計算して

内容をどこまで覚えているか確かめていますが



試験勉強は本当に

手直しと その確認の繰り返し、ですねーヽ(;´Д`)ノ




環境の語句は 実生活の中で

「実際何に使うか」=何を測って何に活かすのか



を頭に入れつつ 覚えこむと良いですね!



たとえば


MRT(平均放射温度)とOT(作用温度)の関係。




これ 忘れてしまっていて

説明出来なかったのですが^^;



このHPに書いてある内容が

とてもわかり易くて 助かりました


木族の家

 http://kizokunoie.com/house-heat-reservoir/mean-radiation-temperature/




℃ MRTとは(Mean Radiation Temperature)


~ 人間の体は空気だけではなく、
自分の周囲にあるもの全ての温度を感じます。

この温度をMRTと言います ~


。。。MRTって 簡単に言うと

ヒトが周囲のモノから感じる温度のこと、ですね^^;




~ 冬の朝、床は5℃、壁は8℃、窓ガラスは3度のとき、
面積を考慮して平均が6℃とすると、
MRTが6℃であると表現されます ~



なるほど、MRTの式



MRT = tg + 2.37√v(tg-ta)


tg:グローブ温度

ta:気温

v:風速



というものはありますが



端的に 


MRT は人が感じる周壁面温度の面積平均 である、と

述べています



 



そして OT とは。





℃ OTとは 体感温度



=室温+MRT/2




。。。そうか( ̄□ ̄;)



OTって 体感温度なんですね!


そう言ってもらえると スッと頭に入ります!




で その「体感温度=OT」を求めるために

「人が周囲のモノから感じる温度=MRT」を使う、



ということですね(°∀°)b



おお 分かりやすい(^O^)



~放射暖房を行う指標のひとつ

体感温度(=作用温度OT)の求め方を簡単な式で表すと、

『体感温度=(室温+MRT)÷2』、となります。


エアコンで空気の温度が26℃になったとしても、
MRTが8℃だと(26℃+8℃)÷2 となり、
体感温度は17℃ということになります ~




なるほど、エアコン温度で考えて


26度の温かい室温にしていても

周壁面の温度が低いと その平均値になるので


体感温度=OTは 室温よりも低くなるんですね!




もう 今まで



MRT とOT の相互関係は 

式でしか見ていなかったけど



体感温度を求めるために

周壁面平均温度が必要になってくる、ということで


理解が繋がりました(^O^)



だから


OT(作用温度=体感温度)は

放射暖房を行うときの指標として使われるんですねー




コード04011


無風の場合の作用温度は,
気温と平均放射温度の平均値で示される.


こういう問題、

もう 迷わずに答えが出せますね(^O^)!


作用温度(体感温度)は

気温と平均放射温度(人が感じる周壁面温度)の

平均値、ですね!答えはマル。


→答え マル







AD

コメント(4)