ともに拓くLGBTIQの会くまもと

LGBTIQなどの性的少数者の人々が安心安全に交流できる場づくりの提供と共に社会のLGBTへの偏見や差別をなくし、全ての人が自分らしい自己表現や生き方ができる社会になることを願って活動しているグループです。《連絡/相談》tomonihirakukai@gmail.com 


テーマ:

ともに拓く会の今坂です。

友人から今日付けのニュースの紹介がありました。

これだけの企業だと世界中にメッセージが届きますね。

この問題がニュースにならないくらい当たりになってほしいと思います。

しかも、オリジナルよりかわいい気がします。

 

  1. 「バーバリー」のチェック柄がレインボーに ベイリー最後のコレクションはLGBTQに捧げる

LGBTコレクション動向

 

2018/2/13 (TUE) 14:00

「バーバリー」のレインボーチェック (c) Fairchild Fashion Media 

 「バーバリー(BURBERRY)」は、2月17日にロンドン・ファッション・ウイークで開催する2018-19年秋冬コレクションのショーで、レインボーチェックのアイテムを披露する。これはLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)の若者を支援するためで、「バーバリー」の代名詞ともいえるチェックにLGBTQの象徴であるレインボーカラーを施したアイテムはショー終了後、すぐに発売する。なお、2018-19年秋冬コレクションはクリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)=プレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)が「バーバリー」で手掛ける最後のコレクションになる。

 「バーバリー」はすでに、アルバート・ケネディ・トラスト(Albert Kennedy Trust)、トレバー・プロジェクト(the Trevor Project)、ILGA(International Lesbian, Gay, Bisexual, Trans and Intersex Association、国際レズビアン・ゲイ協会)などLGBTQの支援団体に寄付を行った。

 「私の最後のコレクションは、世界中のLGBTQの若者をサポートする最も優秀な団体に捧げる。ダイバーシティーはわれわれの強みであり、創造力だとアピールするのに今回は1番のタイミングだ」とベイリー=プレジデント兼CCOは語る。

 アルバート・ケネディ・トラストのティム・シグズワース(Tim Sigsworth)=チーフ・エグゼクティブは「イギリスの15万人のホームレスの若者うち、24%はLGBTQであることが判明している。勇気を出して家族にカミングアウトしたのに虐待や拒絶を受け、ホームレスになった若者たちだ。『バーバリー』の寄付金の金額は公開し、彼らが安全な家に住むことを目指すわれわれの活動のサポートに使われる」と話す。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。