テーマ:


「百年の花嫁」第1話の動画とあらすじで~す!





動画お借りしましたm(__)m




~第1話 あらすじ~

ー過去ー
チェ家の長男に来る嫁は初夜を迎える前に
家の守護神によって供物になるという噂があった。


ー現代ー
ドゥリムは早朝から海に潜り、海の幸を一杯獲って陸に上がる。
ふと見上げると遠くに若い女性が靴をそろえて海に身を投げる姿を目撃する。
慌てて海に落ちた女性を探し陸に上げ命を助ける。
助けた女性は奇妙なブレスレットをドゥリムに渡し、姿を消す。
ドゥリムはあっけにとられながらも忙しい1日を始める。

工事現場に出前を届けに行くと 偶然、建物の上から落ちて来る煉瓦を見かけて
すぐ下にいた人(イヒョン)の為に自分の身を飛ばして助ける。
妹のイギョンと電話に夢中で落ちて来るレンガに気づかなかったイヒョン。
助けてくれたドゥリムを見て更に驚くイヒョン。
妹のイギョンにそっくりだった。
頭の怪我を心配しながらも自分の名刺をドゥリムに渡す。
イヒョンは妹に似た人を見たとイギョンに伝えるが
「私の出生の秘密か何かとか?」とまるで信じず笑い流した。

イギョンは1年前 婚約者である太陽グループ後継者 チェ・ガンジュが帰国する日
空港に迎えに行って親しい恋人のように花束を渡すが‘形だけのフィアンセ’である彼女に
チェ・ガンジュは関心をがない、業務にだけ集中する。
政略結婚に対する負担感と婚約者の冷たい態度に苦しがったイギョンは
ガンジュが太陽デパートの代表に就任する就任式日に姿を消す。

夜明けには海女、昼には食堂の運営、夜には露天商をして熱心に生きていくドゥリム。
一生懸命 お金を貯めて調子の悪い祖母の健康を願い、細やかに幸せに暮らしていた。
ある日、お金を持ち逃げされ、家に戻ればショックで祖母が倒れていた。
入院を余儀なくされた祖母。
すぐに手術をしなければならない事態、しかし入院費すらドゥリムには残っていなかった。

就任式以来、姿を消したイギョンを必死で探す イヒョン。
両家の顔合わせまでに見つけなければ破談になってしまう。
そんな時、ふとイギョンにそっくりなドゥリムの事を思い出すイヒョンは
時間稼ぎができるかも知れないとドゥリムに会いに行く。









んふふ…面白いですね。
第一話はいろいろな伏線がたくさん引いてあって…^^
でもやっぱりホンギのドSっぷりが゚+。゚(・∀・)゚。+゚イイ!!
こんなホンギは中々見れないですよねーwww
さて、ここからは気になるシーンをキャプで解説でーすw





 

まずは海岸で助けた謎の女性。
男に振られて身を投げた割にあっけらかんとしてるw
助けてくれたお礼にとくれたブレスレット。。。

女「これしかあげるものがないわ。
これは愛を呼ぶ幸運の石よ。効果は絶大だからバカにしない方がいいわ
これをつけてると厄除けにもなって良いこともたくさん起こるわ」


良いこともたくさん起こるなら何で身を投げるんだよって
思わずツッコミたくなるが…ww
このブレスレットは何かキーになるのかしら^^



 

留学先から帰国したガンジュの出迎えに現れたイギョン。
ガンジュの冷たい態度が堪りませんwww

イギョン「お帰りなさい ガンジュさん」
ガンジュ「ありがとう」



 

フン…てwwwww( ´艸`)
いいわぁーw ガンジュ~~~~www


ここからどんどんガンジュの冷たさがわかります…



 

車中でルミに準備させていたネックレスをイギョンに渡す。
イギョンはすぐに身に着けて満足気。
でも行先を聴いてもスルーされるイギョン…(=_=)

その後、二人はレストランへ食事へ…



 

婚約してから離れ離れだった二人。
やっといろいろお互いを知れると嬉しそうなイギョン。

イギョン「私 友達に何て言われているか知ってます?
形だけの結婚て言われるの…でもやっと実感が湧いて来たわ
二人で食事もして…プレゼントも貰って…
私達これからお互いについて少しづつ知れたらと思います」



 

ガンジュ「リストはもらってないのか?」



 

イギョン「え?」

ガンジュ「母がリストを渡すはずだ。
お互いについて知り合うのに時間を浪費する必要はないから
それを見れば役に立つはずだ」

イギョン「えぇ…」



 

イギョン「疲れてませんか?今日は早く帰って休んだ方が良かったですね
ご両親もお待ちでしょうし…」


…って言ってるのに 時計を気にするガンジュ…ww




 

そこへ金子会長登場www

ビジネスの話はできないと断られるが イギョンのネックレスに気づく会長。
それは会長の思い出の品でもあった。


 

ガンジュのしてやったりの顔w



 

イチーム長「たった今、金子会長と交渉成立したそうです」
会社へ報告するルミ。

ガンジュ「お疲れ様」
イチーム長「私は代表の支持通りに NYのオークションに出展されてる
ネックレスを落札しただけですから…
すぐに出発しましょう。30分後に役員会議をセッティングしておきました」

ガンジュ「行こう」

イギョン「待ってください!」



 

イギョン「話があります」

ガンジュ「1分間だけやる 話しなさい」

イギョン「私は操り人形ですか?
ネックレスにしろ レストランにしろ…よくもこんな真似ができますね
私はそうとも知らずに…」




 

ガンジュ「その通り 操り人形だ 知らなかったのか?
まさか一般人みたいに 幼稚な恋愛でも俺に期待してたのか?」



。。゛(ノ><)ノ ヒィ 血も涙もないガンジュ!! 
はい!私は一般人です!(笑)





ガンジュ「我々のデパートのイメージにアイドルが相応しいと思いますか?
契約期間はどれくらい残ってますか?」

イチーム長「今、再契約の協議をしているところです」





 

ガンジュ「今すぐ 取り消してください」


。。゛(ノ><)ノ ヒィ バッサリwww
「モンスター」というアイドルグループの一人が
ガンジュの弟、カンイン。知っててわざと取り消したのね…。
でもこれは後々意味のある行動のようで…w




 

そして受付嬢に至っても…(;^ω^)
勤めて3年の子にいきなり「クビ」を言い渡す。

ガンジュ「安物の香水を振ったところで タバコの匂いは消えないんだよ
明日の朝、ここにこの女がいたら お前(キム秘書)もアウトだ」


。。゛(ノ><)ノ ヒィ 即刻クビですー!




 

操り人形とイ・ルミの前で言われて腹を立て帰宅したイギョンに
母親のジェランは平手打ち!。。゛(ノ><)ノ ヒィ


 

太陽グループの支援がないと 倒産寸前の状態のオソン建設。

ジェラン「この結婚が破談になったら あなたも私も会社も終わりよ!」

怖いです~オンマ~(><)





そして女の闘いも見ものです!



 

検察総監の娘のイ・ルミ。
以前 太陽グループの会計粉飾決算事件で両家の関係が悪化していた。

太陽グループはオソン建設を狙っていたから
自分ではなくイギョンになっただけ…。
でも所詮、プライドまで捨てたイギョンはただの操り人形に過ぎないわ…


ガンジュとは幼い頃から兄妹のように育ってきたルミ。

ガンジュ兄さんのいる場所が私の居場所。
私に隙を見せないことね。





 

友人の忠告だろうと 私は死んでもこの結婚をするから!
いえ…しなきゃいけないから。
今、私の家が崖っぷちなのを知っているでしょう?
わらにもすがる思いなのに 太陽グループの資金をみすみす逃す訳にはいかないわ。



とても友達同士とは思えぬ会話…(><)
最後に明日の就任式には 金子会長も出席するので
あのネックレスをしてくるように…と言われるイギョン。





そしてオンマ同士の闘いも…((゚д゚;))


 

ジェランを呼び出し、就任式を欠席したイギョンの写真を見せる。
急性胃腸炎に掛かった子がどうしてこんな写真を撮られているのか…。

ゴシップ記者が撮った写真を太陽グループがメディアへの流出を防いだのだ。
理由は何であれ、両家の顔合わせにイギョンが出席しなければ破談にもなりうると忠告する。




 

すみません…私の責任です。


何とかしてどんな手を使ってでもイギョンを探さなければ…。









ふぅ~~~怖いですねぇ~wwww

占い師とジェランも気になるし、
チェ家の離れも何か秘密があるのでしょうね…ㅋㅋㅋ
少し参考になりましたでしょうか?

2話は いよいよイギョンの代わりにドゥリムが絡んで来ますねw

次回の解説記事はぁ~首を長くしてお待ちください…(゚∀゚ ;)タラー







いいね!した人  |  コメント(18)
PR

[PR]気になるキーワード