加害行為と各加害者の関係性

テーマ:
現状憶測を除いた現状のみでの加害と各加害者の関係性です。

上階加害者のこちらの監視によりタイミングがとられ、その加害者により選ばれた特徴的なタイミングでネット加害が行われます。

起きたタイミングや風呂を上がったタイミング。
到着したタイミングや人が出入りしたタイミング等。

上階加害者の盗聴によりその時を現す代表的なキーワードが採取されネット加害に繋がるキーワードとして散りばめられます。

その他には携帯の回線をオンにした時には「ブーン」といった低音が上階に響き知らせます。


上階加害者とネット加害の関係性は非常に近いです。


上階加害者の思考盗聴や気分の起伏が把握され、それに合わせ空の加害者がヘリや飛行機を飛ばします。 
AD

起こされたのか考えすぎか

テーマ:
考えすぎかもしれません。新たな問題起こされた可能性があります。
だとするなら特徴として
加害者発信の視覚的目立つ文体特徴付けと、自分が対応する際に良く使う敬語が関連性付けとして故意に盛り込まれています。



こういった物を複数積み重ねられ最後に社会的処理させる。
集団ストーカー依頼したHプロは被害の声あげる人間は問題ある人間に同じようにやられているとし無傷でハッピーエンド。


消すシナリオは決まった様子です。
守る人も居なければ嫌悪感を抱かせるよう離間工作で人と関われない処か敵視されるよう細工されている現状何されてもやられ放題でお仕舞いです。



工作により社会的処理された時にそれは背負える烙印をとうに越えます。加害者のシナリオが決まるまで止まるとは考えにくいです。
色々なお仕舞いを受け入れなければいけない現実です。
AD

この記事は1月の前半に書いたもので書きたい内容のテキストが消えたり思考盗聴もしょっちゅうなので書かれている内容が既にネット加害に利用されている可能性があります。


こちらが加害への反応がやや悪くなったため先日は加害者が効果的な加害を見出だすためか思考盗聴が激しい1日がありました。

よく訪れる地域の久々に訪れる商業施設にいました。そこからかなり強い照射がありました。
次に飲食店でも意識が遠退く程の強い照射でした。
行動を把握するものか思考盗聴です。
恐らくより強い思考盗聴だった可能性が強いです。



飲食店にて楽しく会話をしている集団が居ました。
盛り上がり何の変鉄もない光景の中
暫くすると気になる会話がありました。

「自殺しちゃったらちょっと」 
「警察介入してるから大丈夫じゃない」


まったく検討外れの気のせいかもしれません。

これを聞いた時にふと集団ストーカーの加害者がしていても当てはまる会話内容だと思いました。

そして自分の事を指してるとは思いませんが加害に精通している人間の可能性があると思い、その件についてとある事を何度も強く頭で反芻しました。

意識が朦朧とする照射の中ですが居続けました。

するとかなり時間がたった後、その集団の中の一人が自分が何度も思った事に対する対応にも当てはまる内容を仲間内にしゃべり始めました。
トーンも低く密な印象を受けました。


何の変鉄もない会話の中のひとこまにあった内容なので気のせいである可能性は多大にあります。

ただよく訪れる地域のため機器や工作員は事前に配備されていおり、飲食店にも稀に寄る事による予測と事前に思考盗聴で把握されていたかもしれません。

もしこれが気のせいではなく集団ストーカーの話題と思考盗聴に対する反応だった場合だと仮にします。

流れを現実寄りに考えると思考盗聴波を照射する元加害者から居合わせた又は配備されたその集団にリアルタイムで思考盗聴の情報が携帯に送られた。
結果被害者が頭で何度も思った事に対して反応があった。
このような形ではないでしょうか。

今回この集団は積極的な仄めかしや悪意は見受けられませんでした。
気のせいでないとするならば加害に精通する特別な情報を得たり命令を飛んできたりする人間が混じる集団と言うことになります。

集団ストーカーに精通した人間となりますがネット加害により攻撃対象とされていたらどうでしょうか。
これが元加害者のネット加害工作により問題を起こす現況であるようネット加害が行われ、照準を合わせたのちにネット加害の強弱により攻撃をさせる駒としての遭遇だったはずです。
攻撃させる枠組みを作りをネット加害では行います。


次必ずその作戦がやられる時は被害を土返しし普通に生きれそうな兆しがあった時です。早急に全て潰されます。
命がある事を境界線にその線をぎりぎりに保ち様々な人工的災難や問題が作られます。


世間へのうまく問題ある人間のイメージを定着させるためなら大事を起こす事も辞さない姿勢なのも大袈裟ではなくやるようです。

加害者は2014年よりネット加害を大変有効な手段と認識し現在も問題を起こしながら実際のイメージとかけ離れないように集団ストーカーにより収集された情報と繋げながら、加害者発信の問題有る人物像がネット上で作られ続けています。


加害者としての処理の意向としてはネット加害から読み取る限り
全てはHプロを無傷で残すためが全てであり、ネット加害はそれに真実味を付けるために行われています。
「Hプロ依頼で集団ストーカーに落ちたという人間は実は問題ある人間で逆恨みや愉快犯として集団ストーカーされたと声をあげている。
その証拠としてあいつの周りでは問題が沢山起きている。
こういう事が起きていて人物像はこうだ」
と世間に定着させるための行為のようです。

ですが加害者はこれ等を絶対に言葉で伝えようとはしません。
問題を起こす現場を見せ第三者に受け取らせる形をとっています。
恐らく自らで受け取り事を判断させることにより、より不動の確信と強く認識させるための手間のようです。



世間へのイメージ付けや社会的処理が甘いらしくまだ生存はさせようとします。
世間への定着がまだ弱いのか、このタイミングで命を絶たれては算段が狂い困るためでしょうか。

それとも捏造した理由付けで加害者に参加させてきた加担者達へのイメージ
が崩れるためか11月には生きれない環境へ追いやる加害を続けながら死がちらつくと浸透した媒体を使いまだ生存しろとの表現が一時的にありました。
思考盗聴やプライバシーを仄めかしながらの同時です。

今死なれたら困るのか、加害者の体裁上かはわかりません。

揺るがす物を社会的に処理をする。
こちらは普通に生きたい事は叶わず絶対にHプロに対し無傷でなくなる可能性を摘むためネット加害工作が行われ続けられています。

そしてそれをやるだけの違和感の無い人間像が実際の自分像とかけ離れない範囲にて作られ続けています。
第三者が閲覧可能なネット上にて加害者の設定する問題有る人間像が作られ軌跡を残し続ける作業が行われています。

普通に生きる事が塞がられれば大なり小なり反発するのは必然です。
命を奪うのを切り札に力で暴力で上塗りの一辺倒です。
Hプロをどうこうではありません。
普通に生きれるように人生を戻す以外希望はありません。
未知の攻撃である集団ストーカーを受け解る事は被害きっかけしか無く、それを握りしめ被害の悲鳴をあげるのは必然ではないでしょうか。
加害者はどうにでも処理出来るためいくら悲鳴をあげても暴力意外ありません。



被害の割合はネット加害工作が中心になっていますがやはり電磁波照射と生活における致命的な加害により普通に生きる事は非常に困難です。



話は戻りその集団が配備か偶然か知りませんがごく普通の楽しそうにしている人々の中にこのような加害者と言えるべき人間がすぐ居るのも今さらですが改めて驚きます。



リアルタイムに思考盗聴で共有している加害者命令下にある人間がそこらに居るとすればこの現実を冷静に考えれば答えは終わりしかありません。

加害者により面白可笑しく致命的に悪用され続けプライバシーがどうとかどころの次元ではありません。
そして一時的ではなく永遠にやられ続けます。

致命的な事はこれだけに留まりません。

人と関わる事が困難。
会って会話した特徴的なフレーズや内容、その時の特徴的な出来事や服装
メールのやり取りなど本来ならば本人しか知り得ない情報を使い目を背けたくなるネット加害工作が行われる。
仲良くなった人の閲覧するネット環境下またはアクセスが集まる場所にて、その人が嫌がるまたは誰もが目を背けたくなる問題が起こされる。
文章や名前やタイミングによりTがやってると認識させ遠ざける。
現場を発見しようとも指摘すれば変な人間扱いして逃げれる線で数を重ねる工作により離間対象に深く認識させるネット加害。
人とかかわる事が困難。
仲良くなれば工作により引き裂かれる環境下。


収入になりそうな可能性の存在するものは潰されます。
企業への直接的な働きかけや
またはそれが不自然な場合は企業への外的要素を働きかけ絶対に収入を得れない状況にもって行きます。

インターネットに関わる就業する形の仕事につく事が全て困難。
許されるのは加害者が手軽に浸透出来、常に精神的にまいる加害がじわじわ加えられる環境のバイトのみ。
長く続ける事は困難で加害により一時的で精神的に辞めるもの。



電磁波照射により現在も避難生活は続いています。
2016年は多くみて家で宿泊したのは8日以下でした。
12月に入り寝た日が増えましたが現在は再開され避難生活は続いています。
ずっと居れば被害はエスカレートします。家は呼吸を止めただけでも加害のエスカレートが始まります。

避難は正直疲れはとれにくいです。
ですがそれどころではないので仕方がありません。

AD

専属のネット加害者ブログに遭遇

テーマ:
専属のネット加害者ブログに遭遇。
現在も現役で工作が仕込まれていました。

「宇宙人○○」
加害者発信の工作から、作り上げたいイメージで構成。スピリチュアルも宇宙も興味持っていません。

宇宙が題材のアニメ切っ掛けにて被害に落ちただけです。

そういった考えを否定する事ありませんが自分の性格は確実に現実的な事を好む傾向で構成されています。

被害後に水面下の世界を知るために買った1つそういった表現が一部含まれる物がありました。
加害者は部屋に侵入した際にこれは工作に利用出来ると設定に利用したようです。

その他加害者発信の付けたい印象付けの他に、家の中を漁ったら出てくる本などの要素が盛り込まれています。

このネット加害ブログは2008年からのブログ開始設定なってます。被害落ちる前からの設定。ブログ単体ではいくらでも日時変更可能です。


恐らく自分が社会的処理や抹殺されてから種明かしとして加害者が世間を納得させるための用意されてる物です。

加害者による人格設定や問題行為。それを被害前からやっていたとし納めるようです。
ネット加害が今も進行しているようです。
加害者が作った関連つける特長と、こちらに繋がる特長をちりばめながら問題を起こすネット加害アカウントが多数目に入りました。

ひとつにiから始まる創価と幸福の科学を叩くアカウントが目に入りました。

書きたい事や発信したい事があればここかt_cointelproのツイッターにて書きます。
自分が発言したことに対し加害者が動員されるならまだ話はわかりますが
加害者によりTがやっているよう特長をちりばめられた上で工作員が攻撃を続けて、その結果それによりこちらが受ける被害の強弱や加害者の動員量の大小が変わる事は見逃せる物ではありません。
今回目に入ったためここにて指摘します。


その他複数件あった加害者のネット加害アカウントの中に工作の下地を作る物ではなく現在進行形で問題を起こしているものがありました。

画像は被害ブログで昔乗せた物に似せた画像。
以前ネット加害を辿っていた際に加害者アカウントから貼られていた加害者として仕立てあげるようなリンクによる無関係な趣味サイトが工作の対象となり加害者と騒ぎたてる行動を起こし、無関係な人を対象とし加害に巻き込んでいます。

そして繋げる文体の特長として加害者が無から作りあげ関連つける第三者への視覚的分かりやすい特長の特定の文体を多用し他の加害者が起こした問題と繋げる特長。

その他加害者により作られた繋げる特長が撒いてあるかも知れませんが分かる限りは以上です。


特長を追っていくとやっている人間が浮かび上がるよう作られ誘導されています。

そして特定の実在する被害者の方がターゲットとなり攻撃を受けていました。

加害者のやり方としてはその方に反撃のターゲットを絞らせ照準を合わせさせ被害者同士で争わせる自動的に大変な事になるシステムを作りあげるようです。
後はあの人は加害者だという強い認識を植えさせ弁解しなければその人に加害者として定着。揉めても加害者、受け入れられなくても加害者とその人方達周辺で定着することが予想されます。


もうひとつは被害者団体にも攻撃が行われていました。
現在も加害者の離間により関われる被害者の方はほぼいませんが、自分に二度と他の被害者との交流を行わせないための先回りとしてのターゲットに選定されているようです。


現在工作員が操る実在しない被害者アカウントが大量に投入され、加害者であると言いにくいような形で応答をやり合い既に実在が認められており受け入れられている被害者であるように浸透する工作員アカウントが複数あります。

実在しない被害者の工作員アカウント同士で話題を共有し複数が指示する意見のように見せ第三者から見ればなんの変鉄のない内容も、特定の人が見れば反応する内容などが細工として加えられるなど浸透し加害を行っています。
さらにそれをやっている人間をちりばめられた共通点からやられた本人に自ら答えを導かせる事により確固たる確信を持たせ加害者と思わせる手法が少なくとも自分にはやられ続けています。

実在しない工作員はどれも2015年の頭以降の新し目です。

閉鎖的になり過ぎれば加害者の思う壺ですが実在しない被害者の工作員アカウントが沢山混じりネット上のみの浸透を見せようとしています。
信頼出来る被害者さんが確認している実在する被害者である事を確認するして頂く事が加害者の手口に乗らないひとつの目安ではないかと考えます。


これを書いている最中に12月31日ツイッターにてこの加害を行う加害者を書きました。

その途端に上階から通常ではやられない慌てた小刻みな訴えかけるような騒音を起こされました。

恐らくTがやっているとするための加害工作が対象の本人が指摘したためでしょうか。

上階加害者がこれ等ネット加害工作を指揮している加害者と繋がりがある可能性は強いようです。