sora


たった一人のための記事です。


みどりさん。


強い人なんていないよ。


だから・・・。いつでもみどりさんの椅子はあります。


いつか・・・。またあたしを見つけてくださいね。


貴女と過ごし同じ時間を過ごせてよかった。


だから、またいつかどこかで同じ空間同じ時間でお会いしましょう。


そうして、いつも言葉をありがとう。


とってもあたしには優しい言葉でした。


そうして、晴海さんのところからあたしのブログをみつけてくれてありがとう。


出会えたことにとっても感謝しています。


皆同じ24時間だけど、みどりさんたち家族にはゆっくりとした時間が流れることを


願っています。


弱虫なあたしだから、一言だけお願い。


また後で会いましょうと言わせてください。


貴女の椅子があることを忘れないでください。






AD

えがお

テーマ:

靴


 気がつけば、5月も半ば・・・。

早すぎる・・・。もう6月になるのか・・・・。GWはあたしは仕事でした。

皆さんはどんなGWを過ごしたんでしょう??

最近は少し余裕がでてきて、放置していた部屋のいらない物をより分けていました。

特に写真。人より多いかも。


失敗した風景の写真。


ピンボケだけど捨てられない写真。


いっぱいでてきた・・・。


写真を撮るのが好きなくせに、10代から20代なかばまで写真に写るのが嫌いでした。

10代なんで大嫌いだったから、写りの悪い写真はすべて捨てていました。

大きな目に憧れて、奥二重で小さい目が大嫌いでした。(今はあんまりこだわってません)

ちょっと上がり目で、体型が細くて小さいので余計キツネみたいって言われるのがイヤでたまんなかった。


昨日、整形のテレビをみたら15歳の女の子が睨んでいるみたいな目がイヤで

整形をしたいと最初は、目を二重にして顎を出して鼻を高くしようとしていた。

目はいいとして、15歳の女の子のお母さんは顎と鼻は最後まで反対をしていた。


数日後の彼女は、目だけの整形だけだった。

やはり、お母さんの言葉が最後までひっかかっていた。

目を二重にして生きる自信をつけたといった15歳の女の子。


あたしは整形手術が否定も肯定もしない。

それで、本当の自信を付けて生きる希望をみつけた人だっているだろうから。


あたしが写真に写るのが嫌いじゃなくなったきっかけは、旅行で初めて一人旅をした

小笠原諸島の旅からかもしれない。

自然をみて笑顔が自然にでる自分。

大好きなイルカと初めてみる青い海。さんご礁の浜辺。

色んな人との出会い。

ぎこちない笑顔の写真が多いあたしがとびっきりの笑顔で笑っていて

自分でもまんざらでもないって思えるようになった。


沖縄で仕事をしていたとき、21歳の男の子に

言われた。

「くったくなく笑うよね」

何気なく言われた言葉にドキッとした。


まんざら、36年生きていることも無駄ではないんだと。







AD

  いよいよぽかぽか陽気になってきました。


北海道も最高気温16度だって(嬉)今日は散歩日和。


仕事がお休みだったので、振込み&カフェでボッとして&デジカメとりまくりの


一日でした。何をしてもウキウキ。


そんで、ちゃんちゃんもウキウキ。最近、あたしが出かける用意をすると


二階にきて様子を伺います。


あたしが立ち上がると、尻尾をピンと立てて


足取り軽く、階段を降りて行きます。


そうして、玄関の扉を、カキカキ・・・。外に行くわよって顔をして振り向き。


綱を着けて、猫の散歩の始まり・・・・。


といっても、犬みたいにご主人様と散歩うれしーな♪


ではなくて、さあ、行くわよ。ばぁや。(お嬢様モード全快)の散歩です。^^;


散歩


こんな感じで家の周りをグルグル・・・。


まっすぐ歩きません。


隣のうちの塀を登っては、ダメで降ろす。


「うにゃうにゃうな!」と文句を言われる。


あたしが先に行くと・・・。


無言でつぱって先に行くなと言う。


ごにょん


気持ちいいな!と、ごにょんごにょん!


春って気持ちいいね♪


春っていいんだけど、もう30分も外にいます。


お嬢様~T_T


帰りましょうとばぁやは無理やり捕まえて


うちに帰ります。


「うにゃにゃにゃにゃ!!にゃっ!(あたしを誰だと思っているの不届き物!)」


とカプっと手をかじられながら、


足を拭いて散歩は終了。


しばらくは、あたしをみると不機嫌な顔して逃げます・・・・。


あたし、散歩に連れて行っているじゃん・・・。(悲)







AD