先週土曜日、福岡市埋蔵文化財センターという、市のはずれにある小さな施設で、庚寅銘大刀を見ました。


福岡市の西区ですが、岡と田畑しかない元岡というところに、九州大学が移転することになり、


事前調査したら、その後元岡古墳G-6号墳と呼ばれるようになった古墳が見つかり、


その玄室から庚寅ほか十数文字の銘文を刻んだ太刀が発見されました。


同じ干支は60年毎に巡って来ますが、いろいろな理由から、西暦570年の庚寅と確定されました。


銘刀は、有名な稲荷山古墳から出た七支刀など幾例かありますが、


庚寅銘刀は、日本に暦が齎された553年から僅か17年後の570年に作刀されたことが明示されている点で、


非常に注目されました。


当時都は、飛鳥か、その辺りでしょう?都を遠く離れた、旧伊都国の糸島の豪族の墓から出た刀に、


もうその暦が使われているのですから、面白いです。


他の銘刀では、刀の出土から銘文の解読まで数年ないし数十年かかっていますが、


この銘刀の場合は2時間で解読されたそうです。


この日1日だけ実物を展示するというので、しげしげと見たその刀は、泥の塊のようでした。


従来は、丹念に泥を落とし、いろいろ処理してからでなければ読めなかったのが、


X線CTで色々な角度から色々な拡大倍率でたくさんの画像を得て、忽ち解読出来たというのです。


写真で見ると、金象眼の文字は、一部金が剥げ落ちていますが、素人でも十分鮮明に読み取れるものでした。


X線CT装置は、大きな病院なら珍しくありませんが、考古学の施設では日本に2箇所しかなく、


その二つとも福岡県にあるのだそうです。


それで、出土するとすぐ、その一つに運び、忽ちに解読されたということでした。福岡は、面白いところです。


※太刀ではなく大刀

AD


多くの人々を惹きつけたNHKの「坂の上の雲」が、終わりました。


私にとっても、1904年~1905年の日露戦争は、もちろん「歴史」で、直接には知りません。


でも、直接経験した何人かの人たちから、話を聞いたことはあります。




私の妻の祖父は、若いころ熊本の連隊に入営しました。


除隊が1907年と記録されているので、入営は1905年か1906年、


日露戦争の直後と思います。



そのお爺さんのオハコは、閲兵に来た乃木大将から直接試問を受けた話でした。


すごく緊張したそうです。それはそうでしょう。


兵隊にとっては、連隊長の大佐でも雲の上の人で、


言葉を交わすことはまず無かったでしょう。


それが大将、それも旅順攻略で有名な乃木大将から、


直接試問されたのですから。


何を質問されて何と答えたかは忘れたが、


「よし」と言われてほっとしたことを覚えている、と言っていました。




九州本土からおよそ60㎞の沖合、九州本土と対馬のほぼ中間点、


玄界灘の真っただ中に、沖ノ島という小島があります。


宗像三女神の長姉、田心姫神(たごりひめのかみ)を祀る、


沖津宮(おきつみや)という、小さな神社があります。



私は2回行きましたが、初めて訪れた時は未だ灯台が無人化されておらず、


10日ごとに海上保安庁の船が灯台守の交替要員を運んでいた頃で、


その船に便乗させてもらいました。


二度目の時には立派な港が出来ていましたが、


初めて訪れた時は船を着けられる港がなく、


沖がかりと言って船は沖合に停泊しました。


灯台守たちは、船のボートで上陸しましたが、


私は、一人で櫓を漕いで来たお爺さんの小舟で、運んでもらいました。


そのお爺さんは、沖津宮のお守りをしている、ただ一人の島の永住者、


佐藤市五郎さんでした。




お宮まで案内してくれましたが、話はもっぱら日本海海戦の話でした。


日本海海戦は、沖ノ島付近で戦われたと、記録にもありますが、


市五郎さんは松の木に登って、この海戦を目の当たりに見たそうです。


その時17歳だったと言っていたように思いますが、


満年齢では16歳だったようです。


佐藤市五郎少年が、木に登って日本海海戦を目の当たりに見たことは、


司馬遼太郎の原作「坂の上の雲」にも出ています。




福間にYさんという、お婆さんがいました。


そのお婆さんの白寿のお祝いで聞いた話です。


日本海海戦の時は、10歳ぐらいだったようです。


ドーン、ドーンという砲声が盛んに聞こえ、


それがやがて静かになったので、戦いが終わったのだナ、ということは判ったけれど、


どちらが勝ったのかは、なかなか判らず、もしロシヤが勝ったのなら、


福間の海岸にもロシヤの水兵が上がって来るのではないかと、


エズかった(恐ろしかった)、と言っていました。


テレビはもち論、ラジオもない頃ですから、どちらが勝ったのか、


なかなか判らなかったのでしょう。

AD

前回、柳川藩初代藩主立花宗茂の夫人誾千代の話をしました。


病気になった誾千代夫人を夫の宗茂が大切にしたのは、戦国の時代には必ずしも当然とは言えなかったかも知れません。


さらに、200年以上も経った頃に、第九代藩主が、初代藩主宗茂とその父道雪と共に


誾千代を祀る三柱神社を創建したのは、それ以上に異例の感じがします。


ところが歴史読本2010年3月号で、山名美和子「動乱を駆け抜けた女城主・女武者たち」の中の


「家名と夫を守るため命をかけた立花誾千代」を読んで、


立花家では遠い子孫も誾千代を大切にしたのはもっともだと思いました。


関ヶ原の戦いで敗れた西軍に組していたため疲れきっていた宗茂とその部下たちを、


誾千代はただちに救出に向かい、柳川城に連れ帰った。


さらに、すぐさま甲冑を着けて出撃、宗茂に開城を求める加藤清正の2万の兵の前に立ちはだかった、というのです。


誾千代は、「わたしの命にかえて、夫をもう一度世に送り出したまえ」と渾身の願をかけ、34歳で生涯を終えた、と山名氏は書いています。


さらに、秀吉の朝鮮侵略に宗茂も出兵させられた時、秀吉は美貌の誾千代をわがものにしようと名護屋城に呼び出した。


誾千代は、侍女に鉄砲で護衛させ、自身は長刀を構え鉢巻・襷(たすき)がけで進み出て、


秀吉にあきらめさせた、とのエピソードも伝えています。


藩祖宗茂のためこれだけの献身をした誾千代夫人なら、宗茂とともに神社に祀ったのも頷(うなづ)けると思います。

AD

大友方の武将戸次道雪(べっきどうせつ)と三善鑑豊の娘仁志子との間に生まれた娘


誾千代(ぎんちよ)は、前回お話ししたように、同じく大友方武将だった高橋紹運(たかはしじょううん)の


長男宗茂と、1581年13歳同士で結婚し、宗茂は婿養子として立花城主となりました。
 


宗茂が1587年柳川城主となると、誾千代夫人も共に入城しました。


ところが、1595年宗茂は、城の南の宮永村(みやながむら)に新しく館(やかた)を建てて、


誾千代夫人をそこに移しました。


これは全く私の憶測ですが、ふたりは仲違いしたのではなく、夫人が病気になって、


養生によい所に移したのではないかと思います。宗茂は、夫人のために3000石を付けているのです。


これは大へんな石高で、大名には及びませんが、あの有名な大旗本大久保彦左衛門でも2000石でした。


旗本は将軍直属の家臣ですが、俸禄が石で表わされずに○○俵○人扶持というように記されている旗本もいました。


そんな時代に3000石を付けたのですから、とても大事にしていたのだと思います。


ですから、村人も誾千代夫人を尊敬して、「宮永さま」と呼んだということです。


宗茂が関ヶ原の戦いの後改易になって柳川から肥後に移ると、誾千代夫人も肥後に移りましたが、


やはり一緒には住みませんでした。そして2年後に33歳の若さで亡くなりました。


宗茂は、柳川に再封されると、夫人のために良清寺という寺を創建して、夫人を篤く弔いました。


幕末の1825年、柳川藩第九代藩主立花鑑賢は、初代藩主立花宗茂、その夫人誾千代、誾千代夫人の父


戸次道雪の、三神を祀る三柱神社を創建しました。


藩を挙げて誾千代夫人を大切にしていたことが、よく判ります。


楼門は日光東照宮の陽明門を模し、回廊は安芸の厳島神社を模したそうですから、


立派な社(やしろ)だったのでしょう。


残念なことに、平成17年(2005年)、三柱神社は大部分が焼失してしまいました。


現在再建を目指しているとのことです。

前回は柳川城の話をしましたが、


今日は柳川藩の初代藩主立花宗茂(むねしげ)の話をしましょう。


宗茂は、1569年大友氏の部将高橋紹運(じょううん)の長男として生まれました。


13歳の時、立花城主戸次(べっき)道雪の娘誾千代(ぎんちよ)と13歳同士で結婚し、


道雪の婿養子となりました。立花城は、福岡市東区と新宮・久山両町の境を成す立花山の山頂に、


1330年大友氏が築いた山城で、「筑前の要塞」と言われました。


なお、夫人の名にある「誾」は、ヤミに似て見えますがギンと読み、


「穏やかに人と理を諍う」とか、「和らぎ慎む様」とか、いい意味の字です。


宗茂の実父紹運は、島津が九州征覇を企てた時、配下になるのを断ったため島津の猛攻を受け、


島津方に大打撃を与えましたが自身も戦死しました。


立花城主となり立花宗茂と名乗った宗茂は、17歳の時、島津の猛攻を受けましたが、防ぎきりました。


翌年島津征伐のため九州入りした豊臣秀吉に、大いに褒められてその配下となり、


初代柳川藩主として13万2200石を与えられ、立花城から柳川城に移りました。



1600年の関ヶ原の戦いでは、故秀吉の恩顧に応えて西軍に加わり、


秀吉の子秀頼の命で近江大津城を攻め落とし、義理は果たして柳川に帰りました。


ところが東軍に組した鍋島直茂の3万の大軍に攻められ、3000の兵で筑後八院(はちのいん)で大いに戦いました。


八院合戦は、徳川氏による九州制圧の、最後にして最大の合戦と言われます。


宗茂は柳川城に篭城しましたが、東軍についた加藤清正に勧められて、


城を明渡し清正の領地肥後に隠居しました。



加藤清正が秀吉の朝鮮侵略に従軍して苦戦した時、宗茂が李如松の大軍を破って清正を助けました。


清正はこの恩を忘れず、敵同士になったのに宗茂を厚く遇したものと思われます。


宗茂は、徳川家康にも認められて、1604年には5000石の旗本に取り立てられ、


2年後には今の福島県にある陸奥棚倉に1万石を与えられ、後さらに2万石を加えられました。


宗茂が改易になった後、筑後一円32万5000石を与えられ柳川城に移ったのは、


関ヶ原の戦いに敗れた石田三成を生け捕る功を立てた、三河岡崎城主田中吉政(よしまさ)でした。


吉政は、柳川城を修復し、五層の天守閣を構えました。


また、久留米~柳川間に柳川街道(田中街道とも呼ばれました)を開いたり、


筑後川を浚渫して船舶の便を図ったり、民政にも力を入れ、領民の評判もよかったようです。


吉政は、1609年江戸参勤の途上伏見で没し、4男忠政が後を継ぎました。


ところが、この忠政に嗣子がなかったため、忠政の後田中氏は除封となりました。


そして、その後に柳川藩主に封ぜられたのが、一度改易となった立花宗茂でした。


これは、全く異例のことだそうです。石高は、以前より僅かに少ない10万9600石でした。


1637年の島原の乱の時は、かなりの高齢でしたが、子の忠茂と共に従軍し、功を立てました。


宗茂は、典型的な戦国武将で、実戦に強い人だったようです。


一方、秀吉に愛され、清正に敬せられ、家康にも信頼され、人柄もよかったのでしょう。


そして、当時としては長命の73歳で没しました。


次は、宗茂の夫人誾千代の話をしましょう。


福岡県の柳川市というと、まず思い浮かぶのは、柳川生まれの詩人北原白秋、

広い庭園と西洋館の「御花」、船頭が棹で操る舟での川下り、などでしょう。

その川下りを豊かな知識と巧みな話術で楽しませてくれた70歳過ぎの船頭さんが、

「お城の跡は、今は高校。せめて石垣でも残っていたら、観光スポットの一つになったろうに。

石垣の石は、全部堤防に使ってしまった」と嘆いていました。


関ヶ原の戦いの功によって筑後一円32万5000石を与えられた田中吉政は、

久留米でなく柳川に居城し、5層の天守閣を構えました。

その天守閣は、明治5年1月火災で灰燼に帰し、その跡は田圃になりました。

「柳河新報」という地方新聞の昭和9年12月15日号を見ると、

「城跡は一面水田となり、桑海の変に驚かれるのみである」と記されています。

後に現在の柳川城址に移りました。現在の私立柳川高校です。


テニスのプロプレーヤーでは福井烈、松岡修造(米国留学のため中退)、

女子柔道ではアテネオリンピック金メダリストの阿武教子、

野球では春夏の甲子園大会に度々出場し、数え切れないほど多数のプロ野球選手を輩出しました。

剣道や女子バレーボールでも、全国的な活躍をしています。


石垣は、明治7年の台風で海岸堤防が決壊した時、全て撤去して護岸に転用されました。

小藩の柳川藩では、遠浅の有明海に面した地の利を生かして、

昔から度々干拓で新田を作り、少しずつ藩を豊かにしてきました。

そういう土地柄ですから、護岸はとても大切なのです。


明治維新で廃藩置県になった後、殿様たちは華族となり、

ほとんどの元殿様は東京に居を構え、東京の人になってしまいました。

しかし柳川藩の元殿様立花氏は、柳川に住み続け、17代目の現当主も、「御花」の主として

柳川のシンボルを守り続けています。 

お城の跡は高校に、石垣は全部堤防になってしまったというのは、ある意味いい話と思います。

この柳川が、福岡市の東の名峰立花山と深い関係があります。それは、この次にお話ししましょう。

九州の侍たち

博多ホメホメ新聞-080929_1434~0001.jpg

侍ジャパンには、

九州出身者が何人もいる。

青木選手は、宮崎県日向市の出身。

城島選手は、

長崎県佐世保市立相浦中学の

野球部の選手だった。

内川選手は、

大分県の出身。

杉内選手は、

鹿児島実業高校野球部の選手だった。

ほかにもいるかも知れないが、

上記4選手は、それぞれ大活躍だった。

私は年寄りなので、夜トイレに起きます。


そんな時たまたま時間が合うと、



NHKラジオの「心の時間」という番組を


聴くことがあります。


最近、永田勝太郎さんという浜松医大の心療内科の先生の話を、


一部分だけですが聴きました。



永田先生は、「夜と霧」などの著者として有名な


ヴィクトル・フランクル博士夫妻と親しく、


度々ウイーンの博士夫妻を訪ねられたそうです。


もち論戦後の博士夫妻です。


フランクル博士は、戦争中家族と共にナチスの強制収容所に


入れられ、夫人も両親も収容所で殺され、


辛うじて生き残った博士がその体験を綴った「夜と霧」は


日本でも広く読まれています。



博士は戦後精神医学・神経医学の指導的学者として活躍しますが、



 38歳の時18歳の看護助手だった現夫人と出会い、再婚しました。


フランクル夫妻がとても仲が好いので、


永田先生がフランクル博士にその秘訣を尋ねたら、


博士が次のように言われたそうです。



初めのうちはアバタもエクボだが、やがて、


エクボはエクボ・アバタはアバタになる、


そして更に年を重ねると、エクボもアバタになる。


これは、互いに見つめ合うからだ。


相手を見つめるのではなく、ふたりで同じ方向を向いていれば、


そんなことにはならない。


同じ方向を向くというのは、同じ人生の目的を持つことだ。


と、まあ、こんなお話だったように思います。


録音したわけではなく、お話の一部分を耳にしただけなので、


細かい点は自信ありませんが、フランクル夫妻の仲好く暮らす


秘訣は、だいたいこんな話だったと思います。




いい話だなアと思ったので、そのままお伝えします。


プレゼント

昨日は歴史、明日は謎、そして今日は贈りもの



メモ帳の古いページを、パラパラと見ていました。



今年の2月ごろに書き込んだメモは、


福岡アクロスで 俳人黛(まゆずみ)まどかさんのトークショーを



聴いた時のものでした。




10年近く前に、フランスのある町から出発し、



ピレネー山脈を越え、スペインの西北端サンチャゴの



聖ヤコブの墓に至る巡礼路約900kmを、



48日間かけて歩き通した、まどかさんのひとり旅の話でした。


それは引き込まれるように興味深い話でしたが、



私のメモの最後にこんな言葉がありました。




Yesterday is history. Tomorrow is a mystery. And, Today is a gift.



私なりに訳してみれば、上の表題に書いたようなことかと思います。



メモ帳にはポツンとそれだけ書いてあって、その前後に



まどかさんがどんな話をされたのか、今は全く思い出せないのですが、



48日間も歩き続けた旅の話の最後に、



まどかさんが是非紹介したいと思われた言葉なのでしょう。



インターネットでこの言葉を見たら、ある解説は



こんな風に書いていました。



この言葉には前後があって、それを加えて書くと、



Time waits for no man. Yesterday is history.


Tomorrow is a mystery. Today is a gift.


That’s why it is called the present.


私なりに訳してみれば、



「時は誰をも待ってくれない。昨日は歴史。明日は謎。



今日は贈りもの。だから、今日をプレゼントって言うのさ。」



とでもいったところでしょうか? なるほどPresentには、



「今」という意味と「贈りもの」という意味がありますね。



800年近くも昔の1225年に、関連のありそうな言葉を



残した人がいるそうですが、この言葉を最初に誰が



どのようなところで言ったのか、はっきり判ってはいないようです。


生きにくい時代でも、今生きていることは確か。そして、



それは掛け替えのない贈りもの、たまものなんですね。

東福岡高校

キックオフからノーサイドまで、目の離せない、目まぐるしい好ゲームだった。東福岡の二つ目のトライは、小柄の一年生、するすると真ん中にトライ。ゴールも決まって、この7点が、12対5の息詰まる接戦で大きく効いた。
感動的だったのは、黙々と守りぬいた巨漢たちのディフェンス。前半のスクラムは殆ど制したし、押されっぱなしだった後半も、結局守りきった。



翁からのメールで

今年の花園は

東福岡が初優勝したことを知る。

ほんと!おめでとう!!