父母、祖父母、曽祖父母..


天文学的な数のDNAを受け継いで次代へ。


知っているようで、ときおり表層に顔を出したり、頭をもたげたりしてくる形質は、


遠い遠い祖先から受け継いだチカラかもしれない。


そのときは不都合に思う形質もあるかもしれない。


それでも受け継いだものは、自分なりに大いに味わい楽しんで、


そして次代へ。



愛おしくなるまで付き合って、愛おしくなるまで味わって。


感謝して受け入れること、そこが未来の扉なのだ。































博多ホメホメ新聞

AD