恩師

テーマ:
博多ホメホメ新聞-20110801112311.jpg

高校同窓会常任幹事会の帰り道、

たまたま同じタイミングで駅へ。

ひと回り先輩のOBは

ラグビー部で、

私の同期のS山君を

幼児の頃からご存知とか。

道すがら話すのもなんなんで

先輩の店で一献。

いろんな話が溢れてくれば

なんと小学校から高校までの

濃い先輩だと分かる。

ついには、

私が小学校に上がった初めての担任の

Y本先生のご長男ということが分かりました。

その場で携帯から電話する先輩、

代わってもらうと

驚くほどしっかりした艶のある声で、

元気しとうと?

ご両親は元気ね?

あんた妹さんのおったろ?

今はどうしてると?


次々と懐かしそうにお話される。

80代半ばとは思えぬ快活な声に

すっかり懐かしく嬉しくなった。

電話が切れた後も

先輩とは酒を交わしたが

すっかり面影が甦って、

先輩、なんか先生と飲みようごたぁ気分です、と俺。

そうやろ、俺 母ちゃん似やもん! と先輩。

不思議な夜になりました。


今宵は、

大切な友人の通夜が東京で。

今日の幹事会が無ければ

そちらへ行ったのだが。

友人には、またゆっくり会いにいき

手を合わせ感謝して見送るつもりです。

不思議な縁の果てに

今日も良い日になりました。
AD