便利で迷惑

テーマ:
博多ホメホメ新聞-TS3R0014.jpg

金を稼ぐのは難しい。

成熟社会は需要不足だ。

要らぬ商品を押し売るわけにもいかず

間に合っているところは

客にもできず、

つくづく必要性の欠落を痛感する。

成熟市場の現代は

こんな風にして失業していくのだ。

職を得たり失ったりする前に、

職が成立しにくくなっているのだ。

いちいち店に行かなくとも

事足りる時代なのだ。


便利で迷惑な時代になったものだ。
AD

説明

テーマ:
博多ホメホメ新聞-TS3R0015.jpg

説明が過ぎると

自分で考えなくなる。

さらに、世の中には

説明できないこともある。

直感的なことも侮れない。

私はよく、

くどい説明が過ぎて

周りをスポイルしてしまうことがある。

本当に気を付けて

意識して配慮せねばならない

悪い癖だと思います。
AD
博多ホメホメ新聞-TS3R0023.jpg

仕事の交渉。

駆け引きなどなく

「はじめから、いいことばかりは言えないからね」と

条件や意見を

ズバズバ提示してくる。

悪びれず、爽やかで、気持ちいい。

博多ノリが通じる。


互いに知恵を出し合って

ひとつひとつクリアしていこう。

はじめてのことを創ろうと

しているのだから。
AD

先週土曜日、福岡市埋蔵文化財センターという、市のはずれにある小さな施設で、庚寅銘大刀を見ました。


福岡市の西区ですが、岡と田畑しかない元岡というところに、九州大学が移転することになり、


事前調査したら、その後元岡古墳G-6号墳と呼ばれるようになった古墳が見つかり、


その玄室から庚寅ほか十数文字の銘文を刻んだ太刀が発見されました。


同じ干支は60年毎に巡って来ますが、いろいろな理由から、西暦570年の庚寅と確定されました。


銘刀は、有名な稲荷山古墳から出た七支刀など幾例かありますが、


庚寅銘刀は、日本に暦が齎された553年から僅か17年後の570年に作刀されたことが明示されている点で、


非常に注目されました。


当時都は、飛鳥か、その辺りでしょう?都を遠く離れた、旧伊都国の糸島の豪族の墓から出た刀に、


もうその暦が使われているのですから、面白いです。


他の銘刀では、刀の出土から銘文の解読まで数年ないし数十年かかっていますが、


この銘刀の場合は2時間で解読されたそうです。


この日1日だけ実物を展示するというので、しげしげと見たその刀は、泥の塊のようでした。


従来は、丹念に泥を落とし、いろいろ処理してからでなければ読めなかったのが、


X線CTで色々な角度から色々な拡大倍率でたくさんの画像を得て、忽ち解読出来たというのです。


写真で見ると、金象眼の文字は、一部金が剥げ落ちていますが、素人でも十分鮮明に読み取れるものでした。


X線CT装置は、大きな病院なら珍しくありませんが、考古学の施設では日本に2箇所しかなく、


その二つとも福岡県にあるのだそうです。


それで、出土するとすぐ、その一つに運び、忽ちに解読されたということでした。福岡は、面白いところです。


※太刀ではなく大刀

キラキラAmeba人気ブログランキングキラキラ
2012年1月度 月間段位アップ賞
「ゆきおとこぬいぐるみ(手持ち)」


2012年1月度




成熟社会にあって、積極的な消費意欲が湧かない現代。


もし、おもちゃ屋さんに、いくつかの ぬいぐるみ が並んでいたら


私は間違いなく、「ゆきおとこぬいぐるみ」を手に取り、もしかすると


ほかのクマや犬や見慣れたキャラクターの ぬいぐるみ よりも 少し高くても


お金を払って連れ帰るかもしれません。



コモディティ化が進む中で、確かな価値を持つものは「体験」です。


コモディティ化が進む中で、商品としても、人材としても、際立つためには、


「希少価値=希少体験」しかありません。



だれもがワンコインだせば食べられるようなジャンクな体験をするくらいなら、


その体験を数回我慢しても、数倍希少な体験をすべきなのです。



月間段位アップ賞よりも、


この滅多にない「ゆきおとこぬいぐるみ」を持つ、というレアな体験のほうが


コモディティ化する現代においては、有効な武器になります。



つまり、最短距離を行くな。


人がしない寄り道をしろ、といいたいのです。


馬鹿馬鹿しくて、十人が十人とも歩かない道程ならば、なおよいのです。


その希少な体験こそ、あなた固有の財産なのです。


たとえば、失敗なんて、そうそういつまでもさせてもらえる経験ではない。


ならば、30歳までに、大きな失敗を100しよう!


それも立派な目標です。


100の挑戦がなければ、100の失敗はできない。


しかも、企業はふつう、そんなに許してくれません。



ならば、30歳までに100の挑戦ができる場所はどこなのか?


アリゾナの工場なのか、ベーリング海の船の上か、はたまた東京なのか、福岡なのか..



これまでの成功体験が、今までのようには役に立たない時代。


よーく、考えてみてください。


ジャンクな消費や、ジャンクな恋愛や、ジャンクな経験だけでは、


自分だってワクワクしないのだから。



選択肢

テーマ:

もし夢や目標が見つからない、というならば悪いけど不幸なことです。


なぜそうなるか、それは圧倒的に経験か知識が欠落しているから。


その状態では選択肢さえ限定されてしまいます。


失敗の数を誇るくらいに、知識と経験は積めばいい。


最短距離で生きていると、じきに使えない人になります。


選択肢を持つためにも、知識と経験を積め。


君たちなら、まだ間に合うから。