あの日、船場から船出した。


たまたまクルーを募集していた船の乗組員になった。


担当は調理場。


来る日も 来る日も じゃがいもの皮をむいて過ごした。


洗い場もやったから手がガサガサに荒れた。


嵐の日には甲板にも出た。


皆で破れた帆の修繕もした。



洋上ではいろんなことが起きた。


友情や 対立や 疑心暗鬼や 恋愛や 失望や。。


船を乗り換えるクルーも多かった。


もっとでかい船に乗り換える奴や


タンカーみたいに まるで違う分野に行く者も。


すごいのは、小さなスキッパーに乗り換えて自分独りで航海をする奴も。



十年ほど乗った船を、僕も乗り換えることにした。


比較的大きな船に乗り換えた。


僕らの乗った船は海流と風の吹くまま流されていく。



今は、航海技術もすっかり変わった。


良し悪しは知らないが、もう昔とはまるで違うことだけはたしかだ。


大きな船が良い とは限らない。


それだけは確かなことだ。


だれもがちょっとずつ手を抜いて、持ち場の責任を少しだけおざなりにする。


ちょっとくらいのことでは沈まない船だから、みんなが少しだけ手を抜き、気を抜く。


そんな船が一番やばい。



たとえ小さな船でも、少々おんぼろ船でも、


クルーの志が一方向へ向いていれば必ず目的地に着くものだ。


少し時間が掛かっても、遠回りをしても、必ず目的地に着くことができる。


今やばいのはでかい船だ。 寄らば大樹のでかい船だ。



その気になれば、数キロくらいは自力で泳いで


他の船か もしくは木切れでも見つけて しがみついてでも生き延びなければならない。


そういう気持ちでいなかったら、もう大樹やでかい船は、


いちばん油断できない場所になってしまったのだ。











AD

大蛇

テーマ:
博多ホメホメ新聞-蛇.jpg

GWは田んぼに水が入ります。

水があるところ、オタマジャクシが湧き、

オタマジャクシの湧くところ、

蛙が育ちます。

どこかで聞いた蛙の大合唱は、

この時期が来ると

決まって空耳みたいに

頭の奥で再生されて

中耳に張り付くようにして

四六時中 鳴り響くのです。

帰ろ 帰ろ 帰ろ‥

帰る処なんてない私に

帰ろ 帰ろ 帰ろ‥

蛙の棲むうところ、

蛇が現れます。

やがて大蛇に。


亡者や大蛇より、

長者や賢者に

なりたいんじゃ。
AD

抗う

テーマ:
博多ホメホメ新聞-セレッソ.jpg

自然落下のように加速する加齢に

なんとか抗って健康を保ちたい。

まずは自重を軽くして

加速を緩和せねば。

次に柔軟体操。

それが出来てきたら

体幹と心肺機能を鍛えて

最後が筋力だな。

一日でも長く現役でいないと

うちはまだ小さいからなぁ‥

当時は、結婚を早くするというオプションは

思いつかなかったなぁ。
AD

老い

テーマ:
博多ホメホメ新聞-01.jpg

老眼は、この時期に来るのか‥

この歳になると厄介なことが増える。

長い間、規則的に不摂生をやってきたのだ。

当たり前と言えば、しごく当たり前のことである。

暗いところで携帯電話を見たり、

夜半に飯を食いお茶代わりにビールをぐびりと行き、

挙げ句の果てに焼酎と氷を混ぜて流し込む、

という乱暴も ほぼ欠かさずに真面目にやってきた。

外食なんかだと調子付いて82まで摂って‥

その結果、

体は重く 身体は硬く

一番情けないのは、

パソコン肩の煮えるような鈍痛と

ついに現れた老眼現象だ。

老眼鏡を掛けること、

シルバーグレーの白髪になること、

生臭さに嫌悪感を覚えて止まない私の

憧れの私に一歩近づいたわりに

感慨よりも 忌々しさが先立った。

老眼は不便だ。

老いは決して悪いことだとは思わない。

不憫だとも。

しかし、老いることとは

今以上に厄介事を抱え込む事なのだ。

これからは、若さや気力と交換に

こうした不便さを獲得していくのだな。

これでまた、味のある酒が呑める

などとほくそ笑んでいるから

神様もご容赦して下さらないのだろうな。

thank you for this very bitter information.


If you have the address of hi's famliy, please send it to me


I should like to send some flowers.




God bless









私の送ったメールに恩師からの返信があった。




あの頃、私たちは恩師が寮長を務める寮で暮らしていた。




いっしょに沖縄で数日間過ごしたり、瀬戸内の島にキャンプに行ったり。。




ヴィットゲンシュタインの話などを夜を徹して語り合ったり、




酒を飲んで悪ふざけをしたりした大事な仲間だったのに、




家族を残して、バイクでトラックと正面衝突して亡くなってしまった。






この知らせを教えてくれた共通の知人は、




最近彼がふさぎがちだったことも教えてくれた。




「そうなってもいいや」というくらいの刹那的な気持ちで




アクセルを開け続けたのかもしれない。




そんな少年みたいな危うさを、いくつになっても心の中にもっている人だった。








世の中は、昔ほど面白くはない、ように思える。




人々は小粒になり、見えている風景はほとんど今。




夢よりも、リスク回避を選ばざるを得ないような暮らし。




金を持てば、瞳が曇り、希望を燃やすかわりに、時間を灰にしていく。




精彩を欠いた どんよりした大人たちは、昔の大人ほどには輝けない。




それでも一日一日を、もがきながら進んでいく。




そのことは尊い。




わずかな金しか手にしていなくても、




それはそれで楽しく、人の役に立ちながら、ちょっと夢みて暮らそうと思います。




生きているうちに、ありがとうを伝えておきたいと思います。




人の一生は、星が流れるくらいのものかもしれません。








こうなってみると思うのは、




その人は、自分の力を最大限に引き出しています。


いつも肯定的で、前向きです。


なにかミスをしても、すみません で終わりにしません。


原因を報告した上で、これからどう対処するのか、だれがいつまでにどうするのか、


これから先の事柄を報告します。



その人は、チームの力を最大限に引き出して結果を残しています。


その人は、No と Don't を口にしません。


すべての語り口は、肯定で出来ています。


できない理由を吐かない。 どうしたら出来るかを共に語ります。



一昔前と比べると、いろいろなことが厳しい時代です。


9.11テロに始まった今世紀は、小泉改革による自己責任が問われ、


会社も、社会も、だれも人を助けてくれない時代になりました。


日本人に向いているのかどうかは分かりませんが、


とにかく だれも頼ってはいけない風潮が蔓延したのが


ゼロ世代と呼ばれるこの10年間です。



16年前の震災を上回るほどの天災が降りかかる国難に、


わたしたちはどう対処していくのでしょう?


おそらく、わたしたちはもう一度、互いに助け合いながら


得手を担い、不得手をかばいながら、人本来の力を引き出して


この国難を乗り越えていくのだと思います。



さぁ、明るい未来へ。




ing

テーマ:
博多ホメホメ新聞-110410_0939~01.jpg
人生は、続く。
 
今この一瞬で映画のような The end で
 
幕が下りれば美しいけれど、
 
実際はそうはいかない。
 
だからこそ、
 
かっこ悪かろうが、
 
みっともなかろうが、
 
まずはそこを覚悟してしまわねばならない。
 
そこから足掻きながら
 
這い蹲りながら
 
前進していくことこそ、
 
尊い「生」というものなのだ。 

仕事

テーマ:
せっせと作っているそれは、

君が得意気になっているその仕事は、

だれかのためになっているのか?

世の中の役に立っているのか?

まさか、お前の独り善がりじゃないか?

インフルエンス効果はどのぐらいだ?

せめて、隣の誰かくらいは

幸せにしろよ。

できれば、家族や 学校や

町や 地方や 国や

地域や 世界や この星も。

残念だけど、利己的な人は仕事ができないんだよ。

テーマ:
次の獲物をどこから調達してくるのか。

草の陰にバッタが死んでいたよ。

向こうの角に飴玉が落ちていたぞ。

そんなんじゃ冬は越せないよ。

空き缶置き場を見つければ、

この先もずっと安心だ。

どこにあるのか分からないなら、

まずバッタを拾いに行こう。

いやいや、飴玉のほうが力が出るぞ。

だいたい、いつも考えが浅はかなんだ。

なんだと、お前だって‥


巣から一歩も出ることなく

議論しているうちに冬は来る。

黙って力を合わせれば、

夏の分まで糧は見つかる。


力を合わせて、働くことです。