鶴丸

テーマ:
JALの鶴丸ロゴが復活しました。ロンドンヒースローに向けて旅立った私たちも、当時この機体で飛び立ったと記憶しています。 
驕ってしまうのも人間ならば、立ち直ることができるのも人間です。
もう一度、頑張ってほしいと、切に願います。
AD

希望降任制度

テーマ:
周りが病んでるかのように仕事してます。

私は、仕事一色の人生は嫌です。

遊びたいし、楽しみたい。

安くても、楽しむ。

これも、アリなんです。
AD

テーマ:
博多ホメホメ新聞-101228_1116~010001.jpg

楽しもう

味わおう

美酒も

苦杯も。

今日はユミ姐と

小西さんと

植田さんと。

ありがとう。
AD

画面系

テーマ:
博多ホメホメ新聞-110219_1326~01.jpg

最近娘が口うるさい。

家内がのんびり屋なのをいいことに

かなり無防備に羽を伸ばしてきたが、

娘には油断できない。



食べた食器を片付けて。

視てないテレビは消して。

靴下脱いだら洗濯カゴへ。。


最近は、ピアノのレッスンに行ってる隙に

パソコンやビデオ録画を観て寛いでいると、

また画面系?

と帰ってくるなり釘を刺される。

もちろん、DSのゲームや携帯電話からのブログも

画面系だ。


彼女は、生真面目で親切だから

目によくないのを心配してくれているのだが。

かくいう私は、

生真面目で親切な彼女が

将来とも幸せになってくれたら、と

心から願っています。




通夜

テーマ:
博多ホメホメ新聞-おちさん.jpg

お世話になったデザイナーが旅立たれた。

毎晩深夜を越えて大きなプロジェクトを戦った仲だ。

あと十年もすれば、

私も彼女の年齢に。

あと十年で、なにをどうしろと言うのだ?

振りそぼる雨の中を急いで

美しい故人と久しぶりに再会した。

喪主であるパートナーと

しばらく話し込んだ。

彼らは二人でひとつだったから

さぞかし寂しかろう。

まだあと十年は仕事ができたのに、

寂しそうに彼がつぶやく。

細かなことも全て任していたから

来月の確定申告もままならないという。

仕事は決して断らない主義だったから、

過労が響いたのかも、ともらした。

美しい顔立ちの頑張り屋で、

優しくてお洒落な旦那とはベストユニットだった。

ここ一番のプレゼンには

彼らの力を借りながら

本当に夜更けまでプレゼンテーション資料を作ったものだ。



元気で力一杯暴れられるのも今のうち。

好きなことは、遠慮せずに

楽しもうと思います。

自分の番が来るまで

心配や遠慮せずに

大いに楽しむことを

神様も望んでいるはずです。



ありがとう。

あなたとの季節は忘れないよ。

寒い日

テーマ:
博多ホメホメ新聞-110215_0828~01.jpg

寒い日のランチはタイランチ。

ガムランみたいなBGMで

個室風にゆったりと客席が取ってある。

町中の店なので、さすがに靴は履いたままだが

人気の店だけど時間をズラせば好きなだけ長居できる。

今日はトムヤム味の米そば。

店の人もみな可愛い笑顔ののんびり屋だ。

しばしビバークなう。

海炭市叙景

テーマ:
博多ホメホメ新聞-110215_0834~01.jpg




白い雪景色ばかり見て暮らしていると、

人は やさしくなれるのかも知れません。

たとえ、哀しさ と 諦め の 間で眠ろうとも

尽きない小さな灯りを点して

まどろみ眠ることができるのです。



私の棲む小さな町でも、

何年かおきに積雪があります。

馴れてないためか

人も車もオドオドしてしまい

ふだんのテンポとは まるで違います。

私は、危なげでオドオドしているときの

このスローテンポも好きです。

壮年期を終えようかという年齢には

こちらのほうが安心な心持ちがします。



海沿いの雪町みたいに

どんな景色が目の前を通り過ぎても、

穏やかに 真っ直ぐに 見つめていたい

そう思うのです。

物語力

テーマ:
博多ホメホメ新聞-110211_2118~01.jpg

私は、お話を考えて紙芝居を作るのが好きです。

そこには、私の頭の中に映る世界が

顕在化されます。

私の紙芝居にファンが付くとすれば、

それは私の頭の中の世界観に

ファンが付いたということです。

考えてみれば、

すべての仕事は、

この世界観に金を払っている と言えます。

宮崎駿監督の映画も

いきものがかりの歌も

日産のゼロエミッション車も

孫正義社長の経営も‥


すべては彼らの頭の中の世界に繰り広げられる

一編の物語に、

憧れたり 共感したりして

金を支払うのです。


今、企業経営に必要なのは、

自社のもつ または 目指す世界観を

分かり易くアトラクティブにプレゼンテーションし発信するための

物語力です。


人には理由が必要です。

なぜ今宵、その酒を呑むのか。

呑みたいから だけではない

なにか都合のよい小さな物語があると

とても具合がいいのです。

皆が乗れる流れを用意することで

企業はうごめき変容していくことができるのです。

組織にベクトルを与えるようなアフォーダンスが求められています。