平山秀幸監督

テーマ:
久し振りに劇場へ。

観たのは小雪主演の炭坑町の映画です。

既視感を覚える昭和の中ほどの物語。

命がきらめくように

皆が一生懸命生きていた頃の九州の話です。

陽水やリリー・フランキーや

福山雅治やヨイトマケの丸山明宏や

軍鶏の彦山川や‥

様々な記号が 私の足元まで繋がっているのが

見えるような気がします。

ど真ん中に居なくても、

やはり私も あの頃の空気を

端の方で 呼吸していたのだと思います。
AD

晩秋

テーマ:
博多ホメホメ新聞-101127_1606~01.jpg

夕暮れは断然、秋がいい。

平和台の帰り道、長い影を引いて歩く街中も、

福間海岸の夕焼けに映える松林のシルエットも、

晩秋の夕暮れは格別だ。

私の晩秋は、

はるかまだ あの場所に張り付いたままです。
AD

スコーン

テーマ:
博多ホメホメ新聞-101128_1258~01.jpg

休日に

娘が美味しいスコーンを焼いてくれた。

今度は僕の大好きなブラウニ-を焼いてもらおう!

たしか母譲りのレシピがあったはずだから

今度 伯母さんに訊いてごらん?

ブリストルブラウニ-と

ミルクティにしましょう♪
AD

和顔施

テーマ:
博多ホメホメ新聞-101122_1825~01.jpg
世の中に差し出すものがなにもないとき、
 
お金も 膂力も 知力も 権力も。。 
 
 
そんなときは和顔施だ。 
 
相手の気持ちをやさしく受け止めて
 
安心させてあげる、
 
それだけで立派なことだと
 
最近ようやくわかりました。
 

王様の耳

テーマ:
博多ホメホメ新聞-101122_1811~01.jpg

Twitterは、いわば

大衆がインサイトをつぶやくための穴。

今や ストレスは

溜めずに うまく吐き出す時代。

身も蓋もなく なし崩すように

権力に対抗しうる世論を生み出せる

という意味で

はるかに健全な時代が来たのだ。

休日

テーマ:
博多ホメホメ新聞-101120_0926~01.jpg

新しいグラブを慣らすために

キャッチボールをしたり、

子供用の楕円球でハイパントを上げては取る遊びをしたり、

大きな樹の間をゴールに見立てて

右足からも打てるようにシュート練習したり‥

家では闘いごっこやリセスを見たり、

夕飯前に たっぷり1時間 風呂に入り、

食事のあとゆっくりして就寝。

いずれは親子で遊ぶ時間は無くなる。

今のうちに たっぷりと。

御縁

テーマ:

毎年、1度会う姉さんたちと、

一年振りの話を交わして、

不思議な縁を感じています。

今日は、久し振りに絡む同僚とも酒を交わして、

大先輩からも声が掛かって

そちらの店に合流しました。

ゆめゆめ想わぬ展開に、

面白く流されてみながら

人の世の不思議を

飲み干しました。