物語力

テーマ:
最悪な状況に対して、

最高のシナリオをあてがってしまう物語力。

今、ビジネスマンに求められるのは、

こうした力です。
AD

全身全霊

テーマ:
博多ホメホメ新聞-101.jpg

白鵬は、禅を組むとのこと。

一流には犠牲の念は無い。

ただ高みを志して邁進するのみ。

だれもが、

クラブや勉学で経験してきた

この尊い 打ち込む という姿勢を、

情けないことに俺は

逃げてばかりいて

交わして透かしてきた。

せめて、身体が無事なうちに

経験しておかないと

申し訳ないし悔やまれる。

お陰様をもって

今更ながら 我が身の

心技体を賭けて

打ち込んでみたいと思います。

結果は いいんです。

自らを信じて

今の持ち合わせをフルに動員して

事に当たります。

駄目でも 良くても

己を賭けた尊さだけが

印象 として残るのです。

金やポジションが

たとえ付いてこようが来まいが

生き様 と 死に様 に

偽りがなければ◎なのが

人の道なんだと信じております。

精々 楽しませてもらいます。
AD

マスタープラン

テーマ:
博多ホメホメ新聞-01.jpg

その昔、500イチや1000イチの図面をたくさん引いた。

私の思う生涯のマスタープランは、こんな具合だ。



ここでは主となる目標を書いて、

従となる要素は割愛する。

まず初めの7年間、ここでは愛を育む。

楽しむために喜ぶために生まれたことを

心身にたっぷりと染み込ませるのだ。

次の7年間つまり14歳までは

丈夫な身体づくり。

次に心・精神・頭を21歳まで作る。

社会に出ての7年間は技術を磨く。

その後は三十半ばまで場数を踏む。キャリアだな。

四十になる頃までに大ピンチを経験しておくといいかもしれない。

それからの十年くらいで、世の中のためになる仕事を精力的にやり

五十半ばからは指導に当たる。

理想のマスタープランにたどり着いたのが

つい最近のことなので

本当に悔やまれる。
AD

運動会

テーマ:
博多ホメホメ新聞-100925_1131~01.jpg

今年は、祖父の都合が合わず祖母と家内と。

場所取りをしたのでトラックのすぐ脇に

キャンプ用の敷物を敷いてゆっくり鑑賞。

子供たちが存分に跳ねたり駈けたりするのを楽しんだ。

ダンスや組体操も上手く

子供たちも楽しかったらしい。

いつまでも こんな時期は続かないから

今はなるべく家族の時間を楽しんで味わいたい。

家内は4時半から起きて弁当をこしらえた。

腕のいい祖母が 美味しい と目を細めた。

寅次郎

テーマ:
博多ホメホメ新聞-100919_1417~01.jpg

あらためて見た寅次郎シリーズ。

高木屋 とらやの団子の包装紙も同じだ。

矢切の渡しの舟場には

えらく樹木が茂っちまったが

ゴルフ場は昔からで

裏のタコ社長が接待してた。

4作目のマドンナは

若い吉永小百合だが、

妹さくらのほうが断然いい女だな。

餓次郎がつく帝釈天の鐘を

あの日と同じく聴いたもんだ。

寅が磨いた渡り廊下も

つい先日に歩いてきました。

素直で単純で純情だった日本の

ドキュメンタリーみたいな映画を見て

可笑しくて 可笑しくて

涙が出るほど笑いました。

あの頃の まだ貧しくて 伸びしろのある日本が

愛おしくて大好きです。

志し

テーマ:
博多ホメホメ新聞-100919_1624~01.jpg

10月から環境が変わります。

おそらく この3~4年が

十年後の自分を左右します。

もう この歳になると、

勝とう とは思いません。

そんな個人レベルでなく

残された仕事時間で

私だからできるいい仕事をして

世の中を ほんの少しhappyにできれば本望です。

いい仕事をしたい、

出来そうだから期待しています。

リカバリー

テーマ:
博多ホメホメ新聞-100919_1128~01.jpg
ともすると自惚れてしまい忘れがちだが、この世は人気商売だからね。不遜で鼻持ちならない言動がこぼれてしまったときは、初心に返って全身全霊でリカバリーショットを放つことだ。どんなときだってそこで終わらない、挽回できるから。

血族

テーマ:
博多ホメホメ新聞-100919_1316~01.jpg

八十歳を頭に

弟妹が集まって、

私の念願の柴又へ。

団子屋に寄ったり

境内で遊んだりして、

文豪に好まれた老舗で昼食。

渡し船で千葉に入ると

いかにも大らかなゴルフ場を抜けて

野菊の小路へ。

健脚の父に

ようやく追いていく叔父、

大きな声で明るい叔母。

お人好しが並んで歩いておりました。