はじめての子を持ったとき


女のくちびるから


ひとりでに洩れだす歌は


この世でいちばん優しい歌だ




こんな風に


母性という


おんなおんなした情感を湛えた詩は


悪くないね。


AD

テーマ:


博多ホメホメ新聞


なんだか残念なことが多い。



森に行く道が整備されて土じゃなくなった。開発のための車を通すためだ。


この辺りは、遊歩道として開発されようとしている。


もちろん全ての道程ではないが、数十数百㎡の雨の浸み込まない土地が


里山に及ぼす影響を考えるだけでも愚行だし、土の道と違って歩くと疲れる。


土の道ならいつまでも疲れずに歩けるのだが、こんな道だと足裏が嫌がって仕方ない。


こんなつまらない遊歩道なんて!



もうひとつは携帯電話。


久しぶりに買い物に失敗したよ。


使いにくい! レスポンスものろいし、1アクションも2アクションも操作に余計な手間が掛かる。


まぁ、あまり使わないようになるからいいかもしれないけど。。



まぁ、そんなことでカンタンに気分は↓になるんだけど


久しぶりにこどもと森に入って、柴を使ったパチンコをつくったよ。


ゴムもよく伸びてよく縮むのを使っているし、柴もよく選んだから枝振りがいいし、


まぁ楽しかったかな。



森へ入る道なんていくらでもあるから、別の小道を捜そうっと。





AD

こげなところでくすぶっとっても なぁんもおもしろくなか!


おれは絵描きになりたかと! おれは役者になりたかと! おれは..


そげなことば 卒業式当日の明け方まで語り合って


ほとんど眠らずに 寒い朝が明け おれたちは卒業式を迎えた。



なんか知らんけど 濡れた靴下を 電器ストーブで乾かしよったら 焦げてしまって


穴の開いた靴下ば履いて 卒業式を迎えたとば 今でも覚えとう。



明日なんか なんとでもなると思っていたあの頃、


親や 先輩や 先生にも ずいぶん 心配かけたばい。


けっきょく、どんよりした目と どんよりした気分で それでも俺たちは 高校を卒業した。



あの日から 気が遠くなるほど 時間は流れて


おれたちも いい大人に なってしもうたばってん


なぁんも 変わっとらんごたぁ。



ばて、たまに集まれば いつまでも話は尽きんし


遠くにいても やれ福山の歌はよか とか


天神に新しい店が出来た とか


地元の話になれば 格別の愛情をこめて 会話が尽きん。



みんな九州が すきで すきで たまらんとばいな。


そのおかしさが 九州人のよかとこばい。



そのうち死んでしまうとやけん


今のうちに楽しもう♪



そんなプリミティブな感覚に 共感してしまうっちゃね。


こんど会ったら 酒ば垂らして たらふく話して 歌ば唄って 


また元気ば充電しょうぜ。



互いに大きな街に来てしまって


その街の流儀で暮らしていても


どこにいっても大丈夫な気分になれるとが


ともだちの よかとこやね!



AD

ワンピース

テーマ:

自分のことは、知らぬ間に封印している。


悲しいことや 悔しいこと、 恥ずかしいことや 情けないこと。。



いっぱい 不都合な真実が押し寄せてくるのが 生きてることだって理解っていても


ヒリヒリした心を殺して 亡くして 見ないふりをして 強がっていなきゃ


潰されそうで 怖くて。。



いつまでも逃げとおしたくて


結婚だってするつもりはなかった。


こんないい加減な自分が 情けない自分が 家族をもつことなんて 許されないような気がしていて。。



でも、今 ぼくの家族を持てたことを有難く思う。


自分の家族をもつこと、ちゃんと自分の群れをつくること、


うれしいことも つらいことも いっしょに感じられる仲間をつくれたこと、


情けないような 申し訳ないような気持ちにもなるけど


うれしいことも膨らむし 楽しかったね! って話せることだって有難いんだ。



仕事の帰りに きれいな夕陽を眺めながら 君にも見せたいな なんて思う自分も


あんがい好きなんだ。 ありがとう。



急ぐこともないし 勝つこともない 僕にとってのしあわせは


ひとにとっては 他愛のない ちっぽけなことかもしれないけど


ぼくたちにとって 素敵な時間なら それでいいんだ。



ぼくの時間を全うできたら それでいいし


あなたと その時間を 過ごしたいんだ。



ありがとう ありがとう だいすきなんだ。


きみのこと だいすきなんだ。



ぜんぶ ぜんぶ 必要なピースなんだ。


ぼく という 絵を完成させるのには


どのピースも必要なんだ。


かなしいことも みっともないことも。。



ぼくたちは おたがいの ワンピース なんだから。


 

カーリング

テーマ:

氷上で漬物石みたいな駒でやる おはじき みたいなゲーム。


スポーツというより ゲームという感じだけど、


日本の女子チームはすごいなぁ。


イギリス戦では相手をギブアップさせて勝った。



実はこの競技、イギリスが発祥らしいです。


日本では、室町時代頃に


イギリスの北部、スコットランド地方で生まれたらしい。


日本でも北地方のチームが強いですね。



あの漬物石、おしゃれだし ほしいなぁ。。

ボードは、ライフスタイルだから


ファッションも自由な感じなんだろうな。



オリンピックも人生と同じで、


他人の批判や勝つことよりも


まず楽しむことが大事だから


あれもありかも。



見た目で判断してしまうのは


太古からの動物の本能だから仕方がないにせよ


人は見ために因らない。



ただ、情けないのは国母選手の発言だな。


あれで一気に安く見られる。


実際、あれはマズかったな。



言葉で、心まで見透かされてしまう。


たとえば、子供が親に反発しているような感じ。。


注意されたガキみたいに見えてしまうし、実際そんな気分だったんだろうなぁ。。


もっと対等に 冷静に 平常心で受け答えすれば


ずっとカッコイイのに。



価値観が多様化してしまった現代だから、


互いの違いを認めて暮らしていこう。


社会的にいけないことはルール化しないと分からない世代が続いてくるだろう。


そして、たとえ価値観の違う人から何か言われても


すねたり 反発したりしないで、


きちんと自分の考えを相手に伝えられるようになろう。


自由とか多様化というのは、そういうことだ。






まだまだ人生ながいから


七転び八起きで


素敵な人になってくださいね。



期待しています!


上達

テーマ:

【続ける秘訣】



10%を目指すようにすると、気楽に始められる。



10回に1回できればOK。9回ミスしても大丈夫。


10回で出来なければ20回やって 19回目と20回目にできればOK。



できなければ、またやって。


諦めずにやっていれば、27回目から連続して3回できるようになるかも。


これだって10%だ。



まずは10%から はじめてみよう。



リセット

テーマ:

ここんところ、携帯電話が壊れて まったく更新出来てません。


別に、こうしてPCで記事を書けば済む話ですけど、


なんだかそれもままならなくて。。



これを機に、すべての人間関係をリセットしてもいい気がしてます。


ほんとに大事なものと、濃ゆく 濃ゆく いけば いいかな なんて。。



ところで、最近 僕の周りで起きてることを報告すると、


社内の人間をこっぴどく叱りつけたことがトピックスです。


息子が生まれるまでは、苦手な連中も多く居た厳しい先輩の一面を


久しぶりに爆発させてしまったかも、しれません。



さらに、とてもアーティスティックに生きている会社の後輩の女の子に感化されて


僕もかなり自由に楽しく毎日を楽しませてもらっているかも。。



07ちゃん、君の天然色に みんなが悦び嬉しがる。


僕だって、これから まだまだピュアなわがままを主張するかも。。



楽しもうね、お互いに。


九州ブラッドが唸りようばい。


一回きりに人生ば、思うぞ存分 楽しましてもらうんばい!