寿司

テーマ:
博多ホメホメ新聞-091230_1817~0002.jpg

音羽や河庄など有名な老舗はあるが、

どんな小さな町でも

旨い寿司屋の寿司は

ほんとうに旨い。

しかも安い。

これが博多の日常やね。
AD

十人十色 なんて言うけれど、


きっと一人十色がリアルだな。


ベンツで百円ショップに買い物しにいく人が居るし、


カップラーメンをすすりながらヴィトンのバッグで出掛けるんだろう。



だから、いいんだよね。


いろんな彩りに満ちていてこそ、人間って感じがする。


四六時中 同じ色彩だったら むしろ人工的な造り物な感じだよね。



ブログ人口は多いけれど、その中には


きっと いろんなキャラが重なり合っているんじゃないかな。


それで、病院に行く人が減っていれば、なんて素敵なことでしょう。



もはや、リアルの中ではザッピングしまくりな世の中なんだから。。


あなたのチャネルは何チャネル?


地上波も、CSも、いろいろあって、人間らしいかも。。



日々 変わる 自分。


日々 変わる 環境。


だいじょうぶ、楽しめば、いいさ。

AD

ありがとう

テーマ:

仕事も終わって、あとはノンビリ..なわけでもない日常が、


こうして 打ち寄せては引いていく波のように訪れてくれるのは たいへんうれしい。


波はいつでも身近にあった。


あの心地よいファジーな音も、洗われる波打ち際も、たぷんっと体が押し戻される感じも、


全部が好ましくて。。



僕の知人の詩人も、仕事先の仲間も、世の中の人たちも、


ずいぶん無防備に、素直に、このブログに自分を書き留めていて、時に心配になる。


でも、そんな等身大の言葉が増えるにつれ、マーケティング臭のする言葉にはだまされなくなってきているから


それはそれで、きっといいことだと思う。



僕は自分の周りの人間を、基本的には ほぼ尊敬している。


それは、僕が類まれな長所発見センサーを身に付けているからでもあるのだが、


やはり、今の日本人が とても素晴らしいからでも ある。



きっとこの国はよくなる。 もっとよくなる。 確信してしまう。


今の若い奴らときたら、なんて素敵なんだろう、なんて思っているんだ、僕は。



みんなで順番に繋いできたのだし、持ち場持ち場で皆、がんばっているし、


なにより、楽しもう、という気持ちが前に出てくるようになったし、もうだいじょうぶな感じだ。



心配しないで、今のままでいいから、焦らずに ちょっとずつ happyになろう。 happyにしよう。


今、生きてる みんなは 幾重もの困難を乗り越えてきたDNAなんだし、


それなりに、みんな素晴らしいのだから。



人間の英知は、こんなもんじゃないぜ。


見せてやろうじゃないか、もっと輝く星を。


ありがとう、これからも一緒に、楽しもうぜぃ!

AD

人生のヒミツ

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090429_1338~0001.jpg

やっと分かってきたのは、

困難は次々と訪れる、ということ。

そして、いちいち凹んでいる暇もない、

ということ。

乗り越えていけばいいだけの話、

だっていうこと。



さっそく子供たちに教えなくちゃ!

value

テーマ:
博多ホメホメ新聞-091223_2244~0001.jpg

世界一大きな花だから、価値があるの?

人の嫌がる悪臭を放つ花なら、

世界一いやな花かもしれません。

大きな企業でなくていい。

少数精鋭で むしろいい。

志のある者、技のある者と

ほんとうに価値ある集団を作りたい。

世の中を happyにするために

生まれてきたのだから。

ケーキ

テーマ:
博多ホメホメ新聞-091223_2056~0001.jpg

パンもそうだが

ケーキも、我が家では

あまり買わない。

甘さ控えめの 家族の好みの味を

家内がこしらえる。

今年はサツマイモを生地に使ったケーキだ。

太り過ぎの僕も

つい食べてしまった。



ケーキと言えば、

知人のコウさんは韓国人らしく

名前に姫という字がある。

ケイキと読むのだが、人気者だ。

姓名を通して読むと

コウケイキとなり

好景気とゲンがいい。

「社長、コウケイキさんが来ましたよ」なんて

必ずフルネームで呼ばれるそうだ。

深日(フケ)行きのバスには乗りたくないのと

同じような話だが

良いイメージだからいいな。

景気だから必ず回復する。

今こそ基礎体力を養うチャンスだな。

明日は、いよいよクリスマスだ。

どんな日になるかな?

明日が楽しみだな。

冬至

テーマ:
博多ホメホメ新聞-091218_1851~0001.jpg

一年中で一番長い夜がやって来る。

救世主の聖誕祭を、あえて冬至という

この時節に当てたのならば、

見事な演出だ。

他でもない今だからこそ、

北半球の人々は こぞってお祝いするのだろう。


さぁ、これからは

昼が長くなる。

しばらく寒いが

新しい年の兆しが

ほら、そこまで。


今年も最後まで

楽しんでいこう♪

赤飯

テーマ:
博多ホメホメ新聞-091219_1840~0001.jpg

娘の祝いに母が赤飯を炊いてくれた。


おめでとう

ありがとう

少し照れながらも無邪気に嬉しそう。


がめ煮に おからに 明太子。

母のおからは絶品だ。

砂糖は少なめ、

いりこ や 昆布 で

丁寧に出しを取るのがコツらしい。

僕は焼酎をお湯割りで。

これから健やかに成長して

同じ時間を過ごすなら

なるべく美味しい時間を過ごしなよ。

美味しい時間とは、

妬みやそしりのない

無邪気な時間だ。



学校や 地域や 職場でも

なるべく人とは仲良くして

許したり 許されながら

美味しい人生を味わってほしいな。