お弁当

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090927_1142~0001.jpg
家族のイベントには

いつも

美味しい が欠かせない。

運動会なら

のり巻き からあげ ポテサラ トマトにくだもの。

力が出るように と

もち米のチマキを蒸したりするのが

家人らしいところ。

もちろん 旨い肉や魚には

見合った酒を付けてくれる。

シャルドネだったり

芋焼酎だったり。


プールの進級試験や

ピアノの発表会や

運動会の晩は

必ずパーティーと称して

小宴を開き

頑張りを称えます。


ままごと みたいで

楽しいんだな。
AD

ナツメ

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090927_1153~0001.jpg
漱石や雅子ではなく

木の実 の話。

果汁の少ない林檎みたいな

爽やかな甘みがあって

サクサクッと前歯でかじる感じの

大きさです。

よくあるアーモンドチョコレート

くらいの大きさです。

実家の庭先になったからと

運動会のおやつに父母が

持ってきてくれました。

カリカリッと

蝦夷リスの気分で。

さっぱりとした甘さに

思わず もうひとつ!
AD

セルフイメージ

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090802_0609~0001.jpg
自分から見た自分ほど

偏った見方は無い。

セルフイメージを壊して

新しい自分を

創っていこう。
AD

野営

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090922_0834~0001.jpg
思春期には遠いけど、

思春期にはキャンプだね!

と、家内と話がまとまった。

星空で夜風に吹かれていると

話せることがあるし、

上げ膳据え膳のホテル旅館では

味わえない

ほんとうに喰いたいものを

食らう暮らしも、キャンプの良さだ。



魚を釣る、捌く、食らう。

地元のスーパーに行く。

地のものを買う。

調理して食らう。

たまに外食、地元の寿司屋で地元ねたを。



秋の野営は楽しいな。

よかよ

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090905_1410~0001.jpg
よかよ、

完璧じゃなくても。

よかよ、

少々遅れても。

よかよ、

ちょうど合わんでも大体で。

よかよ、

今はそのくらいで。

よかよ、

明日でも。

よかよ、大体で。

よかよ、おとこなら。

よかよ、

話ば聴いて。

よかよ、

金なくても。

よかよ、

私を見てくれたら。

よかよ、

介護しちゃる。

よかよ、

あの世で逢えたら。

年齢

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090804_1658~0001.jpg
こどもは、知らないことが前提だから

怖がらない。

大人になると、

知らないことが少なくなった気でいるから、

知らない 

というだけで尻込みするようになる。

変化なんかも大嫌いだ。

分かっていることを同じように

繰り返すことに慣れ過ぎてしまうのだ。



旅に出よう。

新しい人と出会おう。

日々新しいのが

人生なのだから。

複雑

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090905_1642~0001.jpg
いいかい?

ここからが

複雑なとこなんだが、

口で話しているこては、

存外に理想的な状況で、

実際とは違う場合もあるんだよ。

願わくば、

そうだったら

傷も浅くて済むのになぁ

なんてね。

なまじ弱いから

願望と事実をすり替えて、

ながらえたり

するんだよ。



かわいいだろ?

可哀想だろ?