自由

テーマ:
博多ホメホメ新聞-080929_1444~0002.jpg
選択肢の豊富さが

自由度だ。

肩の力を抜いてから俯瞰してごらん。

いろんな選択肢があるもんだ。

カンタンに凹むことはない。
AD

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090328_1443~0001.jpg
あと

何回咲くのか

白い花。

小さき花の生命の営みが

結実してまた

摂る者の生命を助ける。

連鎖する生命を

受け継ぐようにして

この星は成っている。

だれが欠けてもいけない。

バランスを変えてはならない。
AD

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090329_2055~0001.jpg
週末は苺狩りに。

天気の良い やや肌寒い日だったけど

温室の中はあったかで

葉っぱも茎もあおくて元気!

苺のへたも しおれることなく

王冠みたいに ピンと

反り返り

実は隅々まで赤く熟れている。

下手して実を摘むと

果汁ごと崩れてしまう。

上手にへたを摘んで茎を折るようにして

摘み取るんだ。

容器に並べるときも

へたをしたに。

苺はとてもデリケートだからね。

苺が美味しいのは

まだ花冷えする早春だ。

今年も何とか間に合ったようだ。



子供たちも成長して

僕らは歳を取る。

もしかすると

あと数年で

早春の苺狩りには

出掛けなくなるかもしれない。

それでも

家族で苺を摘んだ記憶は

甘い味と春風とともに

胸のうちに。
AD

自家製パン

テーマ:
毎朝、早朝に

家内が焼き上げてくれる

自家製パン。

我が家の朝は

これで始まる。

黒胡麻クリームを塗ったり、

厚切りのハムとチーズを挟んだり。

気に入ったコーヒーを沸かして

朝から気分よく仕事に出掛けます。


一日を終えて帰宅すると、

玄関の花が

活け替えてあったり。

それも嬉しい。

注文したいことも

たくさんあるが

子供たちが楽しそうに

過ごしているし、

まぁ俺にしては

上出来に幸せな暮らしなんだな。

ときとして、

感謝の気持ちを忘れがちだから、

時々 ゆっくりと

今日一日をなぞるように、

感謝の気持ちに浸ります。

カンタン

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090228_1446~0001.jpg
仕事なんて、

実はカンタン、実にカンタン。

仕事の周りに

くっ付いていたり

見え隠れする

仕事以外のものを

心配したり 重荷に思ったりして、

本来たのしいはずの仕事まで

嫌いになってしまうこともある。

仕事だけの話でもなかろうが。

風景

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090103_0749~0001.jpg
福間海岸に沈んでいく夕陽は

一文字波止があった頃から

知っている。

平和台の杜や赤坂の交差点が

夕暮れに見せる美しさも

11月が一番だ。

昼の海なら

やはり春だ。

盛る夏を目前に

キラキラと輝く春の海の

なんと美しいことか。

大好きな福岡、

そうした想いを胸に暮らす人たちが多い

この街は、ほんとうに魅力的だ。

例えば、

東京との比較で地元を見てしまいがちな

大阪の郷土意識とは

そもそも異質の感情だ。

絶対的な愛情の強さが

この街の

インターナショナルたる理由だと思う。

二物

テーマ:
博多ホメホメ新聞-080929_1358~0003.jpg
うちの職場を支えている

モーレツに働く人のタイプに多いのは、

独身や子供のいない夫婦だ。

知人に

一年間の年収を

まるまる捨てて

育児休業した男がいるが、

彼曰わく

金には代え難い

素晴らしく 忘れらんない経験をした と。

私も

次代を担う子育てという

大事業をしている

という感慨がある。

この想いを体感せずに、

たまたま

独り身だったり

子供を授からなかったりして

仕事に傾注して頑張っているのだから、

せめて彼ら彼女らには

地位と報酬で報いるのがいい

と思うのだな。

善管注意義務

テーマ:
博多ホメホメ新聞-090102_1134~0001.jpg
善管注意義務、

職種や社会的地位に応じて

役割期待されている

注意を施す義務のこと。

その道のプロとして

当たり前な注意を促す必要があるということ。

危険性や不具合が

予見される場合、

それを通知しないことは、

債務不履行、不法行為にあたります。

善良なる管理者の注意義務。

難しい言い回しだけど、

人には、誠意を持って親切に

と言うことですね。