両手を引き上げ左へ舞うようにして左足を半歩踏み出す。


すなはち、このことは、右手で顔面に霞をかけ、左手は相手の脇を開かせることで相手の右腕の力を抜くことにつながる。


さらに、両手を舞うように挙げていることから、相手の右腕の下をくぐることができる。


これは、次の瞬間、右足を弓なりに一歩出し、その後廻れ左をすることで体の反転をすることの布石となる。


反転後、相手と同じ方向を向いた状態から、踏み出した状態の左足を半歩引くのと同時に、


左手で相手の脇の下へ切り込むようにして相手の手首を極める。


その次に、掌を前に向け、中指から天に伸ばすことで、相手に浮き合気をかけ


左足を踏み出すのと同時に、伸びきった左腕を脱力し、左手首がうなだれるようにして、今度は下へ落とす合気が掛かる。


なるべく左足の動きにあわせ、大きく前方へ大きな波が崩れるように相手を崩していき


この大きな円を描いた後に、続けて小さな円を描くようにして、手の甲で相手の体を押し出し送り出すようにして投げる。

AD

これは、バックドロップの前兆ともいえる危険な状態。



ここから逃れるには、まず3点の当身から。


相手の出足の甲の急所を踵で踏み抜くこと。

(仮に、相手の出足は右足として、こちらも右足を千鳥に踏むように踵を落としていく)


もうひとつは、両手の握り拳を相手の合谷に落とすことで、相手の握力を奪うこと。


さらに、体をそらしてこちらの後頭部で相手の鼻っ柱を打つこと。


この3点攻撃を一度に行う。



次に、相手の両手首を掴み、上下(天地)に振り分け引き離す。上手は上へ、下手は下へ。


千鳥を踏んでいる足を利用して、この場合、左足を開放することで、体を反転する。


左手は投げ放ち、右手首を持った手は、反転することで一本取りのカタチで相手の手首を捉えている。



ここからは、肘を鷹の爪で掴み、そのまま肘を相手の顔面に押し当てるようにして


右手首を真下へ突き刺すように引き落とすことで相手の体を下へ崩し、


そこから右足を開くと同時に右手で引き込んでくることで相手を腹ばいのように倒し


さらに右足を半歩、相手の頭のほうへ踏み出すことで相手のわき腹を開き虚を作り


そこへ一本槍を突き込む要領で、相手の体を井桁に崩し、相手の脇に左ひざが落ちることでさらなるダメージを与える。


というように展開。

AD

肘返し

テーマ:

立会い。後ろから両肘詰めを鷹の爪で掴まれ、胸を反らされるように、肘を後ろで寄せて上げられることで、

浮かされて連行されんとした場合。



大きくジャンプするときの最初のモーションのように


腕全体を脱力しながら、膝屈伸のように膝を曲げ腰を落とす。


掌は、あたかも「汽車ぽっぽ」の遊戯のように、内側に向き親指は上に向ける。


次の瞬間、腕全体を後方へ振り上げると同時に、曲げた膝を伸ばして、体をくの字にして相手の中へ入る。


相手はこちらに覆い被さったようになり、相手の腹面はこちらの背面に密着することになる。


次の瞬間、左足を横に半歩出し、右足を弓なりに後方へ運ぶ。相手の左踵とこちらの右踵が合わさることで


相手は体を崩しても足を運べず倒れるしかなくなる状態となる。


ここで、体の前で円を作るようにしてある腕で作った輪を相手の胸に押し当てるようにして相手を倒す。


腕を伸ばさず肘を曲げていることで、こちらの腕は強くなり、それが胆中に入る。


さらに、左肘を掴ませたままの左腕は、両手で輪を作って動かすために、相手の左腕を引き込み、それも相手を倒すことに繋がる。

AD

テーマ:
ぼくの仕事は

happyな時間を

空間に解き放つようなもの‥


だから

左手に 色鉛筆を

右手に電卓を

もつみたいにして

夢を描いていこう、

そんなマインドを

忘れずにいたい。

ぼくらは みんな 神の子 だ。


必ず なにかの 期待を担って 生まれて 生かされている。


あなたにしかできない 期待を 担って。


それは 量販店のように 多くの人たちをインフルエンスする アーチストのような仕事の場合もあれば、


特定のだれかについての 深い作用もある。



神の子として なにを期待されて 生かされているのか。。



それは だれかを 諌めること


それは だれかを 気付かせること


それは だれかを 助けること


それは だれかを 勇気付けること


それは だれかに 愛されること


それは だれかを 愛すること



だれしも 神の子


「感謝」 と 「喜び」 に満ちた国をつくるために..



ぼくの仕事は


なんなのだろう?

ひと

テーマ:
070419_1135~0002-0001.jpg
1×1=3以上とか

数字で、ひとを語るなよ。

1=10にも化けるのが、ひと

ならば

割り切れない力を

楽しもう。

あんたは、1だが

1じゃあ

なかばい。

覚えときない。