「シンガポールへの移住を真剣に考えている」
という方にぜひ読んで頂きたいブログです


【ご挨拶】
シンガポールにて、【移住】【法人設立】【不動産投資】のお手伝いをさせて頂いております、コンサルタントの葭矢久子です。

シンガポールで法人を設立し、上記のサービスを提供してから、早10年が過ぎました。
この10年の間にシンガポールは大きな変化を遂げました。日本でもマスコミに取り上げられることが多くなりました。でも、悲しいかな、日本で発信される情報は、ごく一部の偏ったものに限られています。

節税・資産保全のためにシンガポールに『移住』して、『法人を設立したい!』
でも、シンガポールの事を余り良く知らない。本当にシンガポールに移住しても大丈夫なのだろうか?

そんな疑問や不安をお持ちの方々の、お役に少しでも立てるよう、シンガポールから、新鮮で中立・正確な情報をお届けいたします。

どうぞよろしくお願いします。

移住へのご質問は、【シンガポール移住サポート】
法人設立のお問い合せは【シンガポールビジネスサポート】で受け付けております。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-22 14:20:22

婚約者と一緒にシンガポールに住みたい!

テーマ:シンガポールのレギュレーション

読者の皆様。

本当にお久しぶりです。

こんなに長い間期間があいてしまいました。

ごめんなさい。

 

本日は、当社に寄せられたご質問について、この場を借りてお答えさせていただきますね。

 

ご質問内容

婚約者がシンガポールに転勤。

自分も婚約者についてシンガポールに来て、住みたい。

どうすればよいか教えて欲しい。

 

こんなご質問を立て続けにいただきました。

 

ただ、大変申し訳無いのですが、

当社は営利事業をしているため、このようなご質問に無料でお答えすることは出来ません。

 

個人的なご質問であれば有料にて、きちんとしたご返答をさせていただきますが、

今回は、本当に大まかな事をこのブログにてお答え致します。

 

まず結論から行きます。

もし、長期に渡り、シンガポールに合法的に滞在したいのであれば、

シンガポールで就職先を探して、エンプロイメントビザを取る。

が一番かと。。。

 

後は、学生ビザが取れる、どこかの学校で勉強する?

 

これでは返答になっていませんか?

 

 

 

でも、シンガポールの場合、外国人が長期に渡って合法的に滞在するには、

何らかのビザが必要です。

 

シンガポールに長期滞在が可能なビザの種類

1)PR (パーマネントレジデンス)*永住権と言われているものです。

2)EP (エンプロイメントパス) *所謂就労許可

3)Sパス *EPより給与が低い人に与えられるパス。家族の帯同は不可

4)ワークパーミット *建設労働者やメイドさんに与えられるビザ。家族の帯同は不可

 

5)そして、1)や2)のご家族に与えられる、DP(ディペンダントパス)

やフルタイムの学生に与えられる6)スチューデントパスがあります。

 

後は、7)LVT(ロングビジットターム)パスというのがありますが、

こちらは、シンガポールでのスポンサーが必要です。

 

日本人の場合、4)という選択肢は100%無い&1)はすぐには取得不可なので、
2),3),5)あたりが一般的です。

 

こうやって、分解していくとわかりやすいですよね。

 

 

 

 

正式にご夫婦であれば、結婚証明書を沿えて、

DP(ディペンダントパス)を申請することも出来ますが、

(その場合は、お相手の方のEPがDPを申請できるステータスが必要です)

法律上結婚されていない方は、日本人の場合、この結婚証明書を発行してもらうのは

まず無理かと思います。

 

あとは、長期滞在ビザですが、

こちらのステータスで果たして婚約者にビザが出るかは、

シンガポールのイミグレ(ICA)で確認をして下さい。

 

 

本日は、シンガポールに長期に滞在するためのビザについてでした。

 

 

 

当社では「シンガポールで、ビジネスを始めたい!」お考えの皆さま。
また移住をお考えの皆様のサポートをさせて頂いております。



当地での移住のご相談は
シンガポール移住サーポート

そして、会社設立等のご相談は
シンガポールビジネスサポート
から、お問い合わせ下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。