「シンガポールへの移住を真剣に考えている」
という方にぜひ読んで頂きたいブログです


【ご挨拶】
シンガポールにて、【移住】【法人設立】【不動産投資】のお手伝いをさせて頂いております、コンサルタントの葭矢久子です。

シンガポールで法人を設立し、上記のサービスを提供してから、早10年が過ぎました。
この10年の間にシンガポールは大きな変化を遂げました。日本でもマスコミに取り上げられることが多くなりました。でも、悲しいかな、日本で発信される情報は、ごく一部の偏ったものに限られています。

節税・資産保全のためにシンガポールに『移住』して、『法人を設立したい!』
でも、シンガポールの事を余り良く知らない。本当にシンガポールに移住しても大丈夫なのだろうか?

そんな疑問や不安をお持ちの方々の、お役に少しでも立てるよう、シンガポールから、新鮮で中立・正確な情報をお届けいたします。

どうぞよろしくお願いします。

移住へのご質問は、【シンガポール移住サポート】
法人設立のお問い合せは【シンガポールビジネスサポート】で受け付けております。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-23 16:55:15

シンガポールには最低賃金という取り決めがない事知っていましたか?

テーマ:シンガポールの日常

本日も当ブログにお越し下さり、ありがとうございます。

 

今回は久しぶりに、完全シンガポールネタをお届けしたいと思います(笑!

 

前回のブログで、
相手とのスタート地点はきちんとあっているかという事を確認してから動かなければいけないと言ったばかりなのに、

自らが同じ過ちを犯してしまいました。

 

現在、当社の総務をやってくれる人を探しているのですが、

面接にやってきた人の、以前の時給が$6というのを、

知り合い日本人に連絡したら、

その人は、完全に海外からの出稼ぎ労働者だと思って、

会話が成り立たなくなってしまったのです。

 

最初の質問はUSDですか?

でした。

 

たぶん「安っ!」って思ったのでしょうね。

私も安くてびっくりしたので、(ちなみに前回ある人が提示してきた時給はS$20でした…)

その方に連絡したのですが…

 

 

シンガポールにいる人同士の会話であれば、

(きちんとマレーの女性とも予め言ったし、

学歴が無いから高い給与がもらえないとも言ったのに…)

シンガポール人の事だと思うはずなのですが、

シンガポールには観光目的位でしか訪れたことの無い人だったら、

シンガポール=物価も給料も高い

というステレオタイプの思い込みが染みついているから、

無理もありません。

 

シンガポールは本当に学歴社会です。

大卒とそうではない人の給与の差は激しいです。

 

因みに、シンガポール大学(NUS)の卒業生は、新卒でも

日本円にして、30万とか普通にもらってしまいます。

 

初任給で、すでに20倍とか差がついてしまう世界ですよーーー。

 

でも、驚くことにこの国には最低賃金という定めがないのです。

 

 

勿論、あまりにも低い賃金を提示したら働き手はいないでしょうが、
未だに、時給$6というのも存在していたのですね…

 

 

 

まあ、持ち家制度がしっかりしているシンガポールですから、

家族と一緒にHDBに住んで、$3とか$4のごはんを食べていれば、

贅沢はできないけど、暮らしていけるという事でしょうか。

 

一方では、
ランチでも平気で$50とか$60になってしまうお店もたくさんあります。

 

こう考えてみると、日本って二極化が進んでいるとはいえ、

まだまだ平等な国だなーって思います。

 

 

 

 

当社では「シンガポールで、ビジネスを始めたい!」お考えの皆さま。
また移住をお考えの皆様のサポートをさせて頂いております。



当地での移住のご相談は
シンガポール移住サーポート

そして、会社設立等のご相談は
シンガポールビジネスサポート
から、お問い合わせ下さい。

また、 「シンガポールに移住したいけれど、信頼できる情報が少なすぎる」
「シンガポールの会社設立等についてもっと知りたい!」という皆さまは
「シンガポールで本気でビジネス」 も併せてご覧ください。

 

 

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。