「シンガポールへの移住を真剣に考えている」
という方にぜひ読んで頂きたいブログです


【ご挨拶】
シンガポールにて、【移住】【法人設立】【不動産投資】のお手伝いをさせて頂いております、コンサルタントの葭矢久子です。

シンガポールで法人を設立し、上記のサービスを提供してから、早10年が過ぎました。
この10年の間にシンガポールは大きな変化を遂げました。日本でもマスコミに取り上げられることが多くなりました。でも、悲しいかな、日本で発信される情報は、ごく一部の偏ったものに限られています。

節税・資産保全のためにシンガポールに『移住』して、『法人を設立したい!』
でも、シンガポールの事を余り良く知らない。本当にシンガポールに移住しても大丈夫なのだろうか?

そんな疑問や不安をお持ちの方々の、お役に少しでも立てるよう、シンガポールから、新鮮で中立・正確な情報をお届けいたします。

どうぞよろしくお願いします。

移住へのご質問は、【シンガポール移住サポート】
法人設立のお問い合せは【シンガポールビジネスサポート】で受け付けております。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-28 14:54:44

日本は本当におもてなしの国なのでしょうか?

テーマ:シンガポールと日本

本日も当ブログにお越し下さり、ありがとうございます。

 

 

少し前に、
金曜日の深夜に日本へ行って、日曜の昼便でシンガポールに戻ったことがあります。

 

 

空港カウンターで、パスポートを差し出すと…

カウンターのお姉さんが、

「もう、WEBでチェックインしてあるのね。」

「えっと、戻りが…え~!」

「そんな短いの?もったい無いわね~」って。

 

 

余計なお世話と言えば、それまでですが、

シンガポールって、
こうやって全然仕事とは関係ない返答が来ることって結構あります。

なんか、お客さんとの距離がすごい近いというか、

友達感覚で、話される事多いです。

 

これに慣れていると、
なんか日本へ行くと完全に外国人になった気分!

 

 

 

24時間営業のスーパーへ夜の9時ごろ出かけた時、

全然、人とか並んでいないのに、

「大変お待たせしてすみません」とか

(全然待ってないし)

色々、その場にはそぐわない言葉で謝ってくれたのですが、

(謝ってもらう理由はどこにもなかったです!)

 

あれってマニュアル通りに働いてるんですよね、きっと。
そのほうが疲れないのかな?

 

 

ホテルとかで、トイレとかの場所を聞いた時、

「右側の。。。」と言われたのですが、

彼女の右は壁でした。

それって「まっすぐ行って右側にあります」が正しいと思いました。

 

 

うーん。
こういう事を言い出すときりがないのですが、

どうも日本のサービスは、お客様の立場というよりは

マニュアルがガチガチにできていて、
それに従っているだけのような気がするのです。

 

それと、下手な事を言って、
文句言われるのを極力避けているような気もします。

 

 

1泊2日の日本からの帰りに、カウンターでパスポート出したら、

「チケットはお持ちですか?」って聞かれました。

シンガポールでもカンボジアでも最近、誰もチケットとか言わなくなったので

もうEチケットを印刷して持ち歩かなくなっていたら、

こんな事を言われてしまいました。

 

LCCのジェットスターの自動チェックイン機だって、

パスポートだけでOKですよ!

 

 

持っていませんというと、

ご本人確認ができませんので…

と言われました。

 

本人確認?
パスポートでできるでしょう。

しかもフライトとか、そっちでしっかりわかっているんだから。

席も決まっているしね。

 

 

たぶん、規則なんでしょうね。

すごく、しつこくメールを探せとかいろいろ言われたのですが、

こちらもちょっとむきになって、

「ありません」って言ってしまいました。

だって、すごく面倒だったんですよ。
探すの。

シンガポールじゃないから、
メール探すのだって、ネットにまず接続しなくちゃいけないし。

 

結局は、パスポートのみで、チケット発券してくれました。

それもすごく不愛想に…

できるんだったら、最初から気持ちよく発券してくれれば良いのに…

 

 

言語によるコミュニケーションが、すごく取りにくい国だなって感じてしまうのは、

私が長く外国に暮らし過ぎているせいでしょうか?

だって、知らない人には話しかけたりほとんどしないし…

 

 

でもね、エレベータの中で、機関車トーマス握った小さな子供が

こっち見ていたので、

「トーマス好き?」って聞いたら、

お母さんが「地下2階まで行きますけど、大丈夫ですか?」って聞いてくれました。

 

あんまり日本でそんな経験なかったので、

ちょっとびっくりでした。

 

本当は、お互い話をしたいのかな?

とも思ってしましました。

 

海外から、
日本を見ると色々な事が見えてきてとっても面白いです。

 

 

 

 

当社ではシンガポールヘ進出される企業の皆様、
また移住をお考えの皆様のサポートをさせて頂いております。


当地での移住のご相談は
シンガポール移住サーポート

そして、会社設立等のご相談は
シンガポールビジネスサポート
から、お問い合わせ下さい。

 

また、
「シンガポールで、ビジネスを始めたい!」
「シンガポールに移住したいけれど、情報が少なすぎる」
「シンガポールの税制等についてもっと知りたい!」という皆さまは
新しいブログ
シンガポールで本気でビジネス」 も併せてご覧ください。



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。