足利市2丁目石井歯科医院 患者さまの「歯」も「心」も元気にする医院

栃木県足利市葉鹿町2丁目石井歯科医院 【衛生士と保育士のいる歯科医院】痛くない 小さなお子様連れでも安心です。インプラント、審美歯科治療も行っています。

2丁目石井歯科医院スタッフのブログへようこそ
【患者さまの「歯」も「心」も「身体」も元気にする医院】
2丁目石井歯科医院

美しい口元で輝く笑顔を 私にお任せください!

2丁目石井歯科医院だけのBeauty Menu「ホワイトニング」「ヒアルロン酸注入療法」

2丁目石井歯科医院では、歯を白く美しくするホワイトニングやセラミック、また、口元のしわを改善するヒアルロン酸注入療法で、年齢を超えた素敵な笑顔を甦らせる審美歯科を行っております。

  • シンデレラプラン
  • スノーホワイトプラン

保険外治療の総額に応じて、ホワイトニング券やヒアルロン酸注入券をプレゼントするキャンペーンを行っています!この機会に是非2丁目石井歯科医院だけのビューティーメニューをご利用ください♪

歯を抜かないお子様の将来を考えた 矯正歯科

お子様の将来を考えて、歯並びを心配されるご両親の想いを受け止めたい。ご両親の本音を大切にし、お子様の負担を少なくします。2丁目石井歯科医院ではそう考えて、ヨーロッパで生まれた床矯正を取り入れています。

子育て支援型小児歯科 ははは(歯&母の窓)

子育てストレスから抜け出して、良い親子関係を築く「鍵」は虫歯予防を軸とした食事や生活習慣にあることがわかりました。
「歯科」「心理学」「栄養療法」を組み合わせたまったく新しい子育て応援プロジェクト「ははは(歯&母)の窓」では、セミナーやママサークルを開催しております。
お母さんを元気にしたい!それが2丁目石井歯科医院の願いです。

診療時間

営業時間:午前  9:30~13:00 午後 14:30~18:00
※木曜日・土曜日の午後は休診
※保育士がいますので小さなお子様連れでも安心です。

住所:〒326-0143 栃木県足利市葉鹿町2-23-3
電話: 0284-62-0881

  • 2丁目石井歯科医院 ホームページ
  • 2丁目石井歯科医院 Twitter
  • 2丁目石井歯科医院 Facebook

テーマ:
講演会の中で姫野友美先生は、
昭和51年から平成21年までのデータで、肥満の男性は年々増えている。歯止めが利かない。
女性はさほど変わってはいないが逆にやせが増えている。それは筋肉が落ちている。
また男女共にメタボの予備軍が増えている。
指摘していました。

白澤辰治先生は、アメリカ人の3人に1人はメタボリックシンドロームになっている。
20世紀初頭の体型とハンバーガーを食べるようになってからの体型は明らかに異なる。
農耕が始る前、狩りをやっていた頃の食生活=旧石器時代
その頃は当然冷蔵庫もなかったので新鮮な野菜、肉等は狩りをした後直ぐに食べていた。
木の実、果物、野菜を食べていた頃はメタボはなかった。

日本で稲作が中国から入って来たのは、九州北部で最も古い水田で3000年前と言われます。
日本人の今の身体は1万年前に完成したと言われています。
その当時は今ほど穀物の糖度も高くもなく、出荷量も少なく食べる量も少なかったようです。

一日に日本人が必要なご飯は80gということです。
極力、血糖値を上げないインシュリンを使わない食生活を心掛けたいものです!!


近年メタボリックシンドロームと歯周病の関わりがあり
歯周病が肥満の原因の一つになったり、動脈硬化の誘因になるとも言われています。
多くの疾患は、病気がかなり進行しないと自覚症状も出てきません。
しかし長期にわたって放置していると、生死にかかわる深刻な合併症を招き、
運良く一命をとりとめても重い障害が残ることが少なくありません。
歯を支える歯周病も生活習慣病の一種です。

歯周病とは、「歯垢(プラーク)」という口の中にいる細菌(常在菌)のかたまりが原因で起こる慢性疾患で、30代を過ぎる頃から徐々に自覚症状なく進んでいく病気です。
朝起きたときに口の中がネバネバする・堅いのもが噛めなくなった・疲れると歯肉が腫れる等気になる方は、ぜひ1度チェックをお勧めします音譜
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード