足利市2丁目石井歯科医院 患者さまの「歯」も「心」も元気にする医院

栃木県足利市葉鹿町2丁目石井歯科医院 【衛生士と保育士のいる歯科医院】痛くない 小さなお子様連れでも安心です。インプラント、審美歯科治療も行っています。

2丁目石井歯科医院スタッフのブログへようこそ
【患者さまの「歯」も「心」も「身体」も元気にする医院】
2丁目石井歯科医院

美しい口元で輝く笑顔を 私にお任せください!

2丁目石井歯科医院だけのBeauty Menu「ホワイトニング」「ヒアルロン酸注入療法」

2丁目石井歯科医院では、歯を白く美しくするホワイトニングやセラミック、また、口元のしわを改善するヒアルロン酸注入療法で、年齢を超えた素敵な笑顔を甦らせる審美歯科を行っております。

  • シンデレラプラン
  • スノーホワイトプラン

保険外治療の総額に応じて、ホワイトニング券やヒアルロン酸注入券をプレゼントするキャンペーンを行っています!この機会に是非2丁目石井歯科医院だけのビューティーメニューをご利用ください♪

歯を抜かないお子様の将来を考えた 矯正歯科

お子様の将来を考えて、歯並びを心配されるご両親の想いを受け止めたい。ご両親の本音を大切にし、お子様の負担を少なくします。2丁目石井歯科医院ではそう考えて、ヨーロッパで生まれた床矯正を取り入れています。

子育て支援型小児歯科 ははは(歯&母の窓)

子育てストレスから抜け出して、良い親子関係を築く「鍵」は虫歯予防を軸とした食事や生活習慣にあることがわかりました。
「歯科」「心理学」「栄養療法」を組み合わせたまったく新しい子育て応援プロジェクト「ははは(歯&母)の窓」では、セミナーやママサークルを開催しております。
お母さんを元気にしたい!それが2丁目石井歯科医院の願いです。

診療時間

営業時間:午前  9:30~13:00 午後 14:30~18:00
※木曜日・土曜日の午後は休診
※保育士がいますので小さなお子様連れでも安心です。

住所:〒326-0143 栃木県足利市葉鹿町2-23-3
電話: 0284-62-0881

  • 2丁目石井歯科医院 ホームページ
  • 2丁目石井歯科医院 Twitter
  • 2丁目石井歯科医院 Facebook

テーマ:


8月31日は有楽町マリオン朝日新聞記念会館でで行われたオーソモレキュラー.jpの講演会に参加して来ました。

講師は大柳 珠美 先生 溝口 徹 先生  溝口 徹 先生  姫野 友美 先生 白澤 卓二 先生の順に行われました。

今回は管理栄養士の 大柳 珠美 先生 「今こそしりたい! 美しく続けられる糖質制限食とは」
の内容から日本人の今の身体は農耕が始った1万年前に完成したと言われています。

穀物の糖度も今ほど高くもなく出荷量も少なく食べる量も少なかったようです。

本来、島国で生きている日本人は、漁業に適した地の利を生かし、最低限の穀物、魚肉と野菜で生きていけるような体質になっているのだそうです。

そのため、日本人は“飢餓民族”と言われ“餓えに耐えられる”民族だと言われています。

(飢餓民族ゆえに、断食後には栄養を吸収し易く、リバウンドする体質でもあります)


イギリスにヒュウマンニュウトリションという本があり炭水化物のページに「農業の発明以来ヒトは穀物をベースとして食物を摂取するようになったが、時代に託する進化の尺度は長く、ヒトの消化管は未だ穀物ベースの食事には適応していない。」
また、糖質を取り血糖値を上げインスリンを出すことは糖尿病、冠状動脈疾患、癌、老化等。多くの点で健康に有害であると指摘されている。
欧米人より腸の長さが長い日本人は炭水化物を摂れば太り易い体質だということが出来ます。

今回の講演を聞いた感想でミネラルやビタミン(主に野菜類)、タンパク等のアミノ酸(肉や魚)、必須脂肪酸等の栄養素と 穀類(ご飯やパン、麺類)砂糖を使った食品等の炭水化物のエネルギー源は別に考えて食事を摂ると良いのではないかと思います。
1gのタンパク質は4Kcalのエネルギーになと言われます。脂肪も当然エネルギーになります。
ということは、栄養素は沢山食べ、炭水化物は極力食べない生活が理想だと思います。
なかなか飽食の現代社会では難しい局面もあるとは思いますが、炭水化物を減らせば当然虫歯や歯周病も減り身体も健康になります。
もう一度、日本人が100年前、1000年前、1万年前どんな食生活をしていたのか振り返るのもなかなか面白いものです(^∇^)





AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード