第135章(平等と柔軟性)

テーマ:

 

マインド、考え方を変えただけで世の中変わります。

 

こちらでは人生を豊かに生きていく話をします。


 

仕事も私生活も充実した時間を過ごしたいものですよね。

 

3人が色んな話をして人生を変えようとしているそんな内容となっております。

 

では今回はどんな話なのでしょうか。

 

・登場人物
・メンター:アオイ コウ
・教え子:青葉 雄太(あおば ゆうた)
・教え子:広瀬 里美(ひろせ さとみ)

 

 

 

雄太「昨日会社で営業エリアを

 

   2つに分けることになったんです。

 

   先輩は2つに分けたんですけど

 

   俺の担当のほうがきついエリアなんですよ。

 

   ひどいですよね。平等じゃないです」

 

 

平等というのはなかなか難しいですよね。

 

でもこんな例があります。

 

ある兄弟のお話です。

 

 

ある兄弟が1本のジュースを平等に2つにすることで喧嘩をしてました。

 

前回2つに分けようとしたら均等にならないで喧嘩したばかりです。

 

平等に半分にするのは難しくお母さんは1つの提案を出しました。

 

お兄ちゃんがコップに2つに分けて

 

弟がどちらかを選ぶということです。

 

お兄ちゃんは必死でした。

 

お兄ちゃんが平等に分けなければ多いほうが弟に取られるからです。

 

このやり方ですとお兄ちゃんはどちらを取られても文句は言えません。

 

これで2人の喧嘩はなくなりました。

 

 

お母さん見事な大可裁きですね。

 

何かを平等にしたかったら今のような提案をしてみてはどうですか。

 

どちらも文句は言えないと思います。

 

 

雄太「なるほど、そのやり方色々使えそうですね。

 

   これで仕事分担に差は出ないですね」

 

 

でもさきほどの子供の話にはもう1つ解決方法があるのです。

 

ジュースを2人に平等に与えるにはどうすればいいでしょうか。

 

 

雄太「え~、わからないですよ」

 

 

答えは簡単です。

 

 

 

もう1本同じジュースを買ってくるです。

 

 

 

雄太「えっ、そんな答えインチキですよ」

 

 

いえいえ、誰も1本のジュースを平等とは言ってないです。

 

2人に均等に与えるにはどうしたらいいかとう問いです。

 

 

1本という考えてにとらわれないで、

 

もう少し柔軟に考える発想も大切です。

 

 

雄太「何か騙されたような

 

   そうでないような…」

 

 

 

 

 

 

 

***********

今日のまとめ

柔軟な考えも必要です。

***********

 

こんなもの始めました。

 

■この世界の真実 楽しく生きる方法

こんなブログはじめました。
こんな方は是非読んでみてください。

 

・人生がうまくいっていない

・世の中の真実を知りたい

・何かモヤモヤっとしている

・本来の自分を知りたい

・見えない世界に興味がある

・何か満たされていない
 

主人公(マリ)が色んな体験をしながら

この世界の真実を知っていく物語です。
↓↓↓

第1話

↓↓↓

最新話

 


本日もブログをお読みいただきありがとうございました!