ジュリアナ東京(ジュリアナとうきょう)は、<1991年平成 3年)

5月15日1994年 (平成6年)8月31日ウォーターフロント

呼ばれた東京都 港区 芝浦 にジュリアナ東京ブームを築いた

伝説のディスコ である。正式名称は「JULIANA'S TOKYO

British discotheque in 芝浦」。


ジュリアナでの「乱舞」は、幕末の「ええじゃないか」と似た


退廃的な国民の行動であった。


バブル(幕府)崩壊とともにジュリアナは、この世から姿を


消した。


ジュリアナ東京は、総合商社・

日商岩井 (当時)イギリス

レジャー企業・ウェンブリー との

共同出資により、1991年 5月

15日にオープンした。

所在地は東京都港区芝浦

1-13-10 第三東運ビル1階。

総面積は1200m²、最大収容

人数は2,000人。 ワンレン

ボディコン の女性が集まり

お立ち台 」でジュリ扇(羽付

き扇子)を振り回して踊る光

景が一世を風靡した。

DJ ジョン・ロビンソン の「ジュリ

アナ〜トキオ〜!」は会場

のボルテージが最高潮に

達するほど有名なMC。

エントランスからサイドが

オブジェで飾られた空間を通り、

まず巨大な自動ドアに辿り着く。

そのドアから一歩中に入ると、

DJブース、バラエティーなライ

ティングが眼前に現れ、重厚な

サウンドが響き渡り、ダンスフ

ロアの熱気が一気に肌を打つ

という空間だった。

ジュリアナ東京に関して象徴的に語られることが多いのが、

通称「お立ち台 」と呼ばれる、ダンスホールの両脇に設置さ

れた高さ130cm程のステージ。ワンレンボディコン の女性

が集まり「お立ち台」でジュリ扇(羽付き扇子)を振り回して

踊る光景が一世を風靡した。

最寄り駅のJR 田町駅 では、ジュリアナ東京まで徒歩で赴く

ボディコン女性たちの姿が見られ、オフィス街のOLの服装

とはそぐわない、ある種異様な光景が日常茶飯事のように

見受けられた。

ボディコン女性がジュリ扇(羽付き扇子)を振り回して踊る

光景は、今日もなおジュリアナ東京の映像が「バブル を象

徴する光景」として紹介されることが多い。

店内施設 お立ち台

お立ち台
高さ約130cm、幅6 - 7m、奥行1 - 1.5m。各両脇から
登台可。
長方形ではなく、ダンスフロア側は扇方状の弧の様
になっていた。縁は真鍮 でコーディング。ダンスフロ
アをはさんで左右に設置。お立ち台の下はボディソ
ニックスピーカー。後に撤去され、クリスタル(サイド)
ステージと名前を変え、高さも面積も縮小され復活。

システム

  • 飲食はチケット制(VIP Room除く)
  • エントランスフィーは男性5000円、女性4500円(週末、
  • 祝祭日前は500円追加)。ただし、入場時に飲食チケッ
  • トを14枚(3500円相当)付与。

日曜日 はレディースナイトで女性はエントランスフリー。

チケットがなくなった場合、1000円単位で追加購入可。


当時の様子


メディアの取材が1日20社を超えることもあり、海外メディアも取材していた。

全盛期は、平日でも1000人以上の集客があり、台風で山手線 が止まった

月曜日 であっても、約800人が来店した。1992年 - 1993年 頃の金・土・日

曜日は2000人以上、3000人を超えることもままあった。そのため、店内が

鮨詰め状態であり、周囲の他人と触れることなく、店内を移動することは

不可能であった

AD