市川・船橋戦争
戦争戊辰戦争
年月日慶応4年閏4月3日1868年5月24日
場所下総国市川船橋
結果:新政府軍の勝利
交戦勢力
Flag of the Japanese Emperor.svg 新政府軍 Tokugawa Aoi(No background and Black color drawing).svg 旧幕府軍
指導者・指揮官
  Tokugawa Aoi(No background and Black color drawing).svg 榎本武揚(海軍)
Tokugawa Aoi(No background and Black color drawing).svg 大鳥圭介(陸軍)
戦力
800 2,000
損害
死者20 死者13
戊辰戦争

市川・船橋戦争(いちかわ・ふなばしせんそう)とは、慶応4年閏4月3日

明治元年・1868年5月24日)に行われた戊辰戦争における戦闘の一つ

である。船橋の戦いとも呼ばれる。

下総国市川船橋を巡って、新政府軍江原鋳三郎が率いる撒兵隊

(さっぺいたい)の分隊を中心とした旧幕府軍との間で行われた。

江戸城無血開城後の南関東地方における最初の本格的な戦闘

上野戦争は同年5月15日)である。新政府側にとっては旧幕府軍の

江戸奪還の挫折と関東諸藩を新政府への恭順に動かした点での

意義は大きい。

 

4月11日5月3日)、前将軍徳川慶喜水戸藩預かり・蟄居が決定した。これに不満を抱く旧幕府の将士の中には江戸を脱出する者が相次いだ。榎本武揚は海軍を率いて館山に入り、大鳥圭介は陸軍を率いて市川に入った。

 

佐土原藩軍と撒兵隊は大神宮の北側にある「宮坂」で衝突して激しい戦いが繰り広げられた。船橋大神宮が砲弾の直撃を受けて炎上したため、総崩れとなった。

船橋に撤退しようとしていた市川・中山方面からの撒兵隊は挟み撃ちに遭ってしまい潰走。負傷した隊長の江原さえもが放置される有様であった。更に船橋の街中で撒兵隊の残党がなおも抵抗を続けたために佐土原藩軍は船橋宿に火を放った。これが先の大神宮の火災と折からの強風が重なって予想以上の大火災となり、船橋を構成する3村で814軒が焼失してしまった。幸いな事に翌日の激しい雨の影響で火災は鎮火され、新政府軍は船橋の完全な制圧に成功したのである。公式の資料に明らかになっている死者は新政府側20名・旧幕府側13名だと言われている。

 

AD