モリソン号事件


モリソン号

モリソン号事件(モリソンごうじけん、 : Morrison Incident)とは、

1837年天保 8年)、日本人漂流民(音吉 ら7人)を乗せたアメリカ

合衆国の商船を日本側砲台が砲撃した事件。

鹿児島湾浦賀 沖に現れたアメリ

カの商船「モリソン号 (Morrison) 」

に対し薩摩藩 及び浦賀奉行異国

船打払令に基づき砲撃を行った.

江戸湾で砲撃を命ぜられたのは

小田原藩川越藩 である。

しかし、このモリソン号にはマカオ で保護されていた日本人漂流民の

音吉・庄蔵寿三郎 ら7人が乗っており、モリソン号はこの日本人漂

流民の送還と通商・布教のために来航していた事が1年後に分かり、

異国船打払令 に対する批判が強まった。

またモリソン号は非武装であり、当時はイギリス 軍艦と勘違いされて

いた。のちに、『慎機論 』を著した渡辺崋山 、『戊戌夢物語 』を著した

高野長英 らが幕府の対外政策を批判したため逮捕されるという事件

蛮社の獄 )が起こる。

AD