にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村
『占いの館』

亜州IRさんにてイラスト連載中~
漫画屋日記

DLsite.comさんにてDL版販売中 連鐶 ren-kan 時空ハンター
2008-06-13 18:33:29

漫画家の原稿料

テーマ:漫画屋としての一人言

ちどり激怒 話題になっている、雷句誠先生と小学館のニュース。あのクラスの漫画家のカラー原稿料17000円は安すぎる!!

カラーはモノクロの1.5倍~2倍くらいがたぶん相場だから、雷句先生の白黒原稿料は1万2000円から1万3000円てところではないか・・・・。

恐ろしいことに、俺より若干安い・・・・驚愕。

(コミックガンボの時は・・・・・・・・だったが(・ x ・) 。)



無論、単行本収入とかあるから実際の収入は天と地の差。実際俺自身は何年も単行本(昨年の中国株のぞく。あれは書き下ろしで原稿料しかもらってないしね。)でてないから、アシスタントさん達にお金支払ってどうにかこうにかのカツカツ+αくらいの生活。単行本ナシでもなんとか利益が出るように、PC 導入を進めた。

それにしても、氏の原稿料は安すぎる。成功した人間なんだから人も羨む原稿料をもらわなくてはいけない。少なくても2万円はもらって当然だと思う。無論、その交渉は自分の責任で行わなくてはいけない面もあるが・・・・にしてもだ。

漫画業界は純粋な競争社会であるべきだと思う。昨今の格差社会うんぬん、平等うんぬんは何か違和感を個人的には感じている。ちょっとズレタ。

稼げない作家は淘汰されるべきだし、成功した人間は大きな利益を、圧倒的な勝ちぷりをするべきだと思う。そういったことが代謝をうながしニューカマーの台頭を実現する。業界が新鮮であり続けるための条件の一つだ。

漫画家は単行本を出してこそ、作家。だから自分がカツカツなのは自分の力が足りないせいだし、今の稿料に文句もない。単に自分の力が足りないだけだから。だから、頑張れる。ただ、現実には恐ろしく安い原稿料(数千円とか)の人達もいるから、問題は一緒くたにできる話しでもない。


しかし、思い出してみれば確かに自分が小学館にいた時代は、全体の原稿料があがった?時以外は、原稿料上がらなかったなあ(;^_^A。まぁ大手少年誌は、作家を育てられる少ない場所だったから(今もそうかは知らないので過去形)青年誌とかとは、ちょっと事情が異なる面もある。


この話題、会社サイドに問題があるのは間違いないけど、作家サイドにもまったく問題がないわけではないと思う。ちょっと厳しい言い方になるけど、成人としてこうなる前に対処しておかなくては行けないからだ。


この面、エクスキューズがある面を理解しつつもやっぱり書いておく必要もあると思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

岸みきお(沖見四季)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。