どうもカンザキのブログです。

昨日、YOUTUBERになる為のセミナーを受けてきました。

当店がYOUTUBEをするならktmcも〇〇キンとつけないと行けないのでしょうか。。。

 

個人的にはYOUTUBEはかなり見ます。

自転車関係ならけんたさんとか。。。

よゐこのマインクラフトを見たりもします。

 

本日はカスタム(ktmcの自転車)を紹介

 

当社カンザキのエバーレ店にて販売している

KR-1 CROMORI

(本場イタリアの老舗ロードバイクメーカーに制作を依頼。定評のある軽量クロモリフレーム&フォークに

シマノNEW105こんぽをフルスペックで組込みました。シンプルなデザインで飽きのこないカラーリングで

初めての方からベテランライダーまで、満足して頂けるバイクに仕上げることができました。)

 

この自転車ですが、最初はクロモリロードとして乗ってました

※今も乗っていますが。

 

普段使いに使っているのですがこちら

※前にも紹介したかもしれませんが。

ブルックスのグリップ??

と思わせながら実はGIZAなんです。

GIZAは安くて有名ですが、安物ではありません。

価格は低価格で、良い物をさがせばカッコイイものが溢れています。

オススメです。

しっかりと良い物を見分けれる目が必要ですね。

 

 

この謎のサムシフトレバーです。

よく分からない状態でしょ??

何がどうなったらこのようになるのか。。。

 

個人的には機械的でかっこいいと思っているのですが。

実は11Sを引くための径の大きなシフトレバーで、

10S用のシフト台座にはいらなかったんです。

 

で10S用の台座をぶった切ってニコイチにしたんです。

 

ステムはラレーなんです。

 

トップキャップ(蓋)はコロンバスのはと。

黒ってのがちょっといやなんですが、

 

ベルはどこのかわすれました。。。

が、

真鍮でいい感じ

 

このホイールは見ての通り、BONTRAGER。

トレックの取扱はありませんが、以前に店員Aさんからもらった品物

トップチューブには「JILL」製の革を巻いています。

ちなみにJILLは僕ktmcの個人ブランドです。

つまり、僕がこの革を切って色染めて巻いて縫いました。

 

サドルはチャージ製。

スポーティーな感じでありながらクラシカルな色味。

 

 

ケージはゼファール。

 

ペダルはラムダ@三ヶ島

 

全体的にクラシカルな感じが出るように組み立てました

 

この度もう少しカスタムをしました

今回のカスタムは

 

まずタイヤ

ゲータースキン(23)を導入。

クラシカルからはかけ離れていますが、パンクしないように耐パンク性能の高いタイヤにしました

 

 

あと前キャリアを取り付けしました

 

完成がこちら

 

タイヤはちょっと浮いている感じもします

※BONTRAGER自体が浮いていると言う人もいますが、白いリムのホイールで可愛らしいと言うイメージの方もいるようです。

 

 

 

 

※クランクは黒がよかったのですが、手持ちがシルバーしかなかったのでしかたなしです。

 

 

 

 

 

あ、そうそう

なにげにサドルも交換しました

 

ブルックス。。。ではありません。

そっくりさんのGIZAです。

この自転車にはこのイメージがしっくりきます

ただし、長時間乗るにはお尻が痛いです。。。

 

 

このようにカスタムしてみるのも面白いので皆さんもご相談いただければ、いい感じになるかは貴方のイメージ次第!!

 

おもしろい想像をお待ちしています!

 

かいたひと→ktmc

AD