どうも、カンザキのブログです。

 

デュラペダルプレゼントのあれ、大人気です。

 

CANNONDALE 2016 CAAD12 BLACK INC.【試乗車卸し特価品】

【1/31までデュラペダルプレゼント!】

サイズ → 50、52在庫あり

(1/12時点 54は完売しました!)

 

定価¥637,200 → 

お問い合わせくださいませ

 

 

こんな気合の入った最高のバイクには

ガラスコーティングがオススメです。

というわけで、例に漏れずにこちらもコーティング~。

 

 

 

コーティングのためについているパーツを外していきます。

キャノンデールのクランクは専用工具を使用して外すのです。

 

 

工具をセットしてアーレンキーを中央にセットして外す・・・。

専用工具をセットしてワンキーリリースの構造にしてやるんです。

レフティフォークのホイールを外すときの構造と一緒です!

これ外しやすくて好きです。

↑分からなければあんまり重要じゃないんで読み飛ばしてください!

 

 

 

CAAD12ブラックインクに使用されているクランクは

キャノンデールオリジナルのSiSL2クランク

上記の重量を御覧ください。

これ、デュラペダル(118g✕2=236g)付きの重量です。

ということは実質重量=758-236=522g

デュラエースクランク(9000系)がおよそ630グラムですから

驚異的な軽さです。

(ちなみにこのクランク、定価で¥120,000程する超高級クランクです。)

 

チェーンリングはアウター・インナー一体成型で剛性もバッチリ。

気になる変速もしっかり普通に入ります。

 

 

 

・・・と、コーティングから話がそれました。

クランクを外したらこのようにスタンドにバイクを吊り下げて、

ブレーキなども外していきます。

ワイヤーなどがフレームに当たりそうなときは

養生をしてあげます。

 

 

 

フレームをコーティングする前に

不要なステッカーは全て剥がしていきます。

もちろんシリアルナンバー情報などの

有用なステッカーは剥がさないのでご安心ください。

 

 

さあ、いよいよコーティング!!!

 

 

・・・・ってすいません、

コーティング中の写真を

撮り忘れてしまいました!!

 

 

 

ですので仕上がりだけ置いておきますね。。。

 

 

 

 

ツヤのある部分はよりツヤの深みを増し、

つや消しの部分にはシットリとした質感が与えられ、

エッジがより際立つ仕上がりに。

当店のガラスコーティングはガラスの盾がセットですので、

ガラスの鎧が硬化した後にガラスの盾を施工します。

コレによって手触りがスベスベになり、

汚れ落ちの良さが倍増するのです。

施工後の触り心地の良さはきっと満足していただけるはず!

 

コーティングの効果は通常5年程度ですが、

自転車はガンガン使用されるので

大体3年ほどと思っておけばいいでしょう。

洗車のたびに付属のガラスの盾を塗ってあげれば

効果は長持ちします!

 

 

CAAD12を始めとしたデュラエースペダルキャンペーン

1月末まで!

 

 

気合の入った1台にはガラスコーティングも忘れずに~

 

 

 

かいたひと → ぼっくす

 

 

 

 

AD