どうも

カンザキのブログです。

HASA

ご存知ですか??

カンザキではエバーレ店にあったりしたのかな??

この近くでは僕の知る限りヨドバシカメラさんにおいていたりもしますね。

このバイクのハンドルを変えたいとの事でご注文を受けました

 

 

ドロップハンドルです。

 

単純にドロップ化をする考えはできるんですが、

Vブレーキで、STIだとレバーの引き量が違うようで、引き量を合わすために

短めのVブレーキにしないといけないとの事。

 

なかなか自転車は奥が深い

 

変更後の写真がこちら

ごちゃっててわかりにくい?

ハンドルはFSAでレバーはクラリス

RDがアルタスなので、ギアの枚数を合わす為にSTIはクラリスを使用

ほぼ同じ引き量なので普段使いには問題はありません。

 

フロントは3速ターニー

これも問題なく動きます。

個人的におもったのは

新型クラリスの左STIはトリム機構があるんですが、動き方が旧型と同じ。

アウターからインナーへの変速時に、105やTIAGRAの現行モデルは外側で止まってくれるのに、

このTIAGRAは内側にまで移動してしまう。

※3速のSTIだけなのか??2速のSTIを触ったことがないので何とも言えないが。

せっかく新型になったんだからここは改善しておいてほしかったところ

 

とはいえ、ケーブルをハンドルに這わせる仕様となっているのは素晴らしいと思います。

ktmc個人的には旧型の系統のSTI(横からシフトケーブルが出ているタイプ)はブレーキの支点が下の方にあり、手の小さい僕はSTIの上側を持つと、少々握りにくく感じていました。

要はブレーキがにぎりやすい!

 

 

施工前はテクトロブレーキでしたが、今回はシマノブレーキ。

アームの長さが短くなることでSTIでも引けまっせというものです。

リザードスキンのツートンカラー。

この車種にはこのカラーリングは素晴らしいアッセンブルですね。

ステム

かっちょよい。

アデプトというブランドなんですが、削り出しで、一見ではあの老舗メーカーを思わせぶりな感じにも思えます。

 

ちなみにもともとのハンドルは

コチラ

 

はずされて、スッキリしたハンドルさん。

 

今回は特に大きなカスタムではありませんでしたが、お客様の要望にはそえたかと思います

 

クロスをドロップ化をする方はほぼいませんが、自転車は個人のシュミで面白ければそれでいいってところもあります

楽しめるためにカスタムしてみるのはどうでしょうか?

ご相談乗ります

 

かいたひと→ktmc

AD