受け取る覚悟

twitterアカウント

http://twitter.com/#!/1solidcomfort

個人セッション再開いたしました。

http://ameblo.jp/1solidcomfort/entry-11304218528.html

 

 

 

「どうしても受け取ることができない」

 

「自分に許可できない」

 

という方が結構たくさんいらっしゃいます。

 

自己否定感情、劣等感、罪悪感、無価値感・・・いろいろあるでしょうが、それらはすべてエゴによる後付けの理由に過ぎません。

 

 

結局は「変わりたくない」と決心しているからです。

 

「そんなことはない!私ほど変わりたいと思っている人間はいないはずだ!」と思われたかも知れませんね。

 

あなたは表面上ではそう意識しているかもしれません。

 

でも、変わらないという決心はあなたの意識の深いところ、潜在意識に蓄積された信念からやってきます。

 

潜在意識は「習慣の座」とも言われ、その大きな特徴のひとつに「恒常性」があります。

 

簡単に言えば、「現状を維持しようとする」のです。

あなたが絶えず潜在意識に送り込む印象、思考、イメージを蓄積し、あなたがどのような世界を見たがっているのかを察知し、なるべくそれを維持しようとします。

 

なぜなら、それが「安全」と思っているからです。

 

潜在意識にとって「変化」は「危険」を意味し、「維持」は「安全」を意味するのです。

だから潜在意識には全く悪気はありません。

むしろあなたを守ろうとする働きなのです。

 

今まで多くの方が、「現実を変えたいけどもう少しひとりでやってみます」と言うのを聞きましたが、大半は潜在意識の恒常性の前に屈してしまい、信念も思考も以前と変わらずもとの木阿弥になるようすを目の当たりにしました。

 

そして「スピリチュアルなんてあてにならない!」と一度距離を置くものの、結局現実的な生き方も行き詰まってしまいまたスピリチュアルに活路を求め始める・・・

 

この堂々巡りをする方も少なくありません。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

「これさえすればいい」というものはありませんが、いくつか有効なやり方はあります。

 

まずは徹底的に潜在意識に送り込む情報を望むものに変えてしまうというアプローチが有名です。

 

エゴが「許可できない」「受け取れない」と返品しようとしても、「私は私にこれを許可する」「私には受け取る資格がある」とイメージングなりアファメーションなりを大量に送り込む。

エゴが根負けするまでこれを続ける。

効果的なアプローチですが、根気も必要です。

エゴより先に、「こんなこといくらやったって・・・」と自分が根負けする人も多いようです。

 

それはそうかもしれません。

なんせあなたの本音は「変わりたくない」のですから・・・

 

「変わらないほうが安全だ」

「今の状況は最悪だけど、変わったらもっと悪いことになるかもしれない」

「頑張ってアファメーションしても報われなかったらダメージ大きいからやらないほうがマシ」

 

いろいろエゴがささやくもっともらしい言い分に

「それもそうだよな」と同意してしまうのです。

 

そしてあなたがやりたいと思っていることも

 

「お金がない」「時間がない」「自分にできると思えない」

 

とエゴに同調して見送ってしまいます。

 

そしてまた潜在意識には

「ああ、やっぱり自分(あなた)はなんだかんだ言って本音は現状維持優先なんだな」という情報が蓄積されるのです。

 

それでいいのでしょうか?

 

「いいわけないだろ!」

 

そうですよね。

 

あなたが望んだ世界は本当は既にある

それをあなたは見たいのに、「習慣の座」はそれを歪めてあなたの見ている世界に投影する。

あなたの信念に沿った形で。

 

それを見るためには

 

「覚悟」が必要です。

 

望む世界に移行するためには現状維持の破棄も辞さない。

変化することによって今までよりも悪化しようが構わない。

だって望む世界に移行することは既に決まっていて、今はそのプロセスの追体験なのだから。

すべての映像は既に出来上がっていて、今見ているものはその間をつなぐためのものでしかないから。

 

こういう覚悟です。

 

例えば、

「やりたいことがあるけどこのなけなしの手持ちのお金を使ってしまうわけにはいかないので我慢する」

という選択をしたとき、既に多くのエゴの罠にはまっています。

 

お金を条件にしてしまうこと

・なけなしのお金を使ったらもう入ってこないという設定にしてしまうこと

自分自身のリクエストにまた応えられなかったという体験を蓄積すること

 

冷静に考えて見ましょう。

そのなけなしのお金もいつまでもあなたを守ってはくれないでしょう。

次はもう入ってこないという設定であれば、いつかはあなたの手元からなくなってしまいます。

そうなったら、あなたには自分のリクエストに答えた結果の充足も、お金もどちらも残らないということです。

 

でも少なくとも充足を選べば、それは次の充足を呼びます

なぜなら充足はすべてつながっているからです。

 

エゴが「既に在る世界」を見えないようにあなたに覆いかぶせているフィルターの破れ目をびりびりと連鎖的に広げてくれる作用をしてくれるのです。

 

「許可」とは「覚悟」です

 

「私は幸せであっていい」と許可することは、「私は幸せになることを覚悟する」ということです。

ささやかな現状維持の偽の安心感を振り切るということです。

 

「私は幸せだと決めたのだ!だからこの幻想の世界で何が起ころうと結局私は幸せになる以外ないのだ!それを否定するような現象が見えたとしてもそれは移行のプロセスに過ぎない!過ぎ去るのだ!だから私はやりたいことをやるしそのための条件も何ひとつないのだ!」

 

と覚悟を決めたとき、エゴが「あり得ない!」と必死で止めようとするような決断もできるでしょう。

逆に、エゴが嫌がることほどやったほうがインパクトが強く効果的です。

 

エゴ「このなけなしのお金を使ってしまったら・・・」

あなた「使ったら入ってこないと誰が決めた!その手には引っかからないぞ!」

 

エゴ「今はそんなことやってる場合じゃ・・・」

あなた「今やらなきゃいつやるんだ!お前(エゴ)のいう条件が整うのを待ってたらいつまでたっても条件が強化されるばかりだ!私がやると決めたら条件なんてあとから勝手につじつまが合ってくるんだ!」

 

エゴ「やってみて結局何も得られなかったら・・・」

あなた「私がやると決めたんだから私に充足をもたらすものだと既に決まっているの!たとえ望んだものでなくても、それ以上の思わぬ充足があることは既に決まってるんだよ!」

 

 

こんな風に覚悟を決めてエゴと渡り合ってみてください。

あなたは本来自分の思い通りにしてもいいのです。

好きなこと、やりたいことをやってください。

 

世界はそれを待っています。

あなたの幸せを祝福したくて仕方がないのです。

 

あなたが覚悟を決めたとき、「おめでとう!」のメッセージが世界に満ちるでしょう。

 

そのときあなたにはどのような世界が見えているでしょうか?

楽しみですね^^

 

 

ココロノタビビト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの方々からのご要望を受けて、個人セッション再開いたしました。

 ↓

http://ameblo.jp/1solidcomfort/entry-11304218528.html

 


最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの心が少しでも楽になったら応援クリックお願いします。
   ↓
http://blog.with2.net/link.php?1316367

http://philosophy.blogmura.com/spiritual/

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=jworld
あなたが最高に幸せでありますように。

AD

twitterアカウント

http://twitter.com/#!/1solidcomfort

 


今回はコメントいただいたクレープさんへのお返事です。
長くなりすぎてコメント欄に収まらなくなりましたので、ブログのほうでお返事させていただきました。

-------------------

初めまして。
五年前にもう生きるのは無理だぐらいの
めちゃめちゃボロボロになることがあり
20代のうちに、また花開けばと思ってましたが
もう今年で30才。
何も状況が変わらず
五年たってしまい
めちゃくちゃ焦ってます。
どんな本や、いい教えに出会っても最初しかモチベ続きません。
実家も出たいのに出れる話がダメになってしまい金銭的にも実家を出れる当ても何もなく
30になり、このまま実家を出れず状況が変わらなかったらと
不安で不安で。
どうしたら状況って変わりますか?
ただ幸せになりたいし家も出たいしお金も困らなくなりたいです。
自分勝手なコメントしてごめんなさい。

-------------------


詳しい状況を存じていないので、月並みな言い方になるかもしれませんが、


「どうしたら現状が変わるか?」

それは現状を変えようとするのではなく、投影元であるクレープさん自身の設定(在り方)を変えることです。

「私は幸せだ。もう大丈夫」この設定を変えないことです。

現状と比較して、今までと同じリアクション、同じ設定を保ち続ける限り、見えてくる現状も今までと変わらないように見えるでしょう。

 

>ただ幸せになりたいし家も出たいしお金も困らなくなりたいです。


それをシンプルに選ぶことです。
それを選んだとき、すでにその世界は在ります。
それを選んだときに幸せな気持ちになるならなるべくそれを感じる時間を増やしてください。

 

まずは心を落ち着けて、静かな気持ちで「今この瞬間幸せであっていい」と認めることです。

家を出るとか、お金のことは文章から察するに条件化しているような気がするのでちょっと置いてみてはどうでしょう?

 

そのときに、今落ち込んで傷ついているクレープさんとちょっとズレた、少し離れたところから見ているクレープさんをイメージしてみるといいかもしれません。

そして、落ち込んでいるクレープさんを優しく抱きしめて「もう大丈夫だよ。今までよく我慢して頑張ってきたね」とねぎらってあげるイメージをしてみてください。


現在の状況に対して抱いている思いと、クレープさんがどう在りたいかを関連付けないことです。

ご自分自身や周囲の状況に対して感じている不足の条件付けをいったん脇において、

「この状況は完璧だ」「私は大丈夫だ」という選択をしてみてください。

「そんなことできるわけない!」という思いがわいてきたら、それも観察してひょいと脇に置いてみてください。
無理に押さえ込む必要はありません。
押さえつけようとすれば、さらに強い力で反発を招くだけです。

 

「何を感じていても、何を考えていても私は大丈夫」という選択をしてみることです。

それをさせないのは、「そうではないもっともな理由」についてずっとあれこれ考え通しで一生懸命保持しているからではないでしょうか?

その理由(エゴの主張)に疑いを持ってみてください。


例えば、

「なぜ20代のうちでないといけなかったのか?」「30歳の何がいけないのか?」「いけないと誰が決めたのか?」

「何も状況が変わらず5年たったという記憶は本当か?」

「その記憶があったとして、幸せになれないとなぜ関連付けるのか?」


答えは探さなくても構いません。
望む幸せを拒絶するエゴの思考が沸いたら、静かにそれを観察して、疑ってみてください。


最初しかモチベーションが続かないのは、すぐに現状と比較してしまうからではないでしょうか?
そして過去の記憶を引っ張り出して(たった今創作して)、

「ああ、やっぱり今度も自分の現状は変わらないんだ・・・」とリセットしてしまうからではないでしょうか?

クレープさんが望む状況を選びその感触を味わっているとき、確かにそれがある世界にいるのです。

そして、周囲の状況が変わっていないように見えても、それがある世界だからそうなっているのです。

それを従来と同じ解釈で見て、「何も変わってない!」とリセットしないことです。


クレープさんに見えている世界はあくまでクレープさんに対するリアクションです。

変わるのはクレープさんが先です。(本当は時系列もありませんが便宜上)


なのにクレープさんが自らのリアクションである世界に対して、従来と変わらないリアクションを返せば、さらに世界が返すリアクションも今までと変わりばえしないものに見えるはずです。

この連鎖をどこかで断ち切ることです。

 

「一見何も変わっていないように見えても、私が選んだ世界は実現しているのだ」

「世界は私に対するリアクションだ。いちいち確認して実現していない証拠を探すのはやめよう」

「私の望むものが見えていないなら、そうさせている信念が私の中にあるはず。それはもう要らないものだから手放してしまおう」


これを繰り返してみてください。
エゴの主張が強くてつらくなるようなら、またその主張を脇から観察して「本当に?」と疑問を挟んでみてください。

少し落ち着いたらまた、もうひとりのクレープさんになってクレープさん自身に「大丈夫だよ」と言ってあげてください。


続けていくとだんだん変わってきます。


試してみてください。


つらつらと思うがまま書いてしまいましたので、乱文になりましたが、お役に立てば幸いです。


大丈夫ですよ。

クレープさんは幸せな世界を実現しています。

それを認めて受け取るだけです。


ココロノタビビト

 

 

多くの方々からのご要望を受けて、個人セッション再会いたしました。

 ↓

http://ameblo.jp/1solidcomfort/entry-11304218528.html

 


最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの心が少しでも楽になったら応援クリックお願いします。
   ↓
http://blog.with2.net/link.php?1316367

http://philosophy.blogmura.com/spiritual/

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=jworld
あなたが最高に幸せでありますように。

AD

twitterアカウント

http://twitter.com/#!/1solidcomfort

 

大変ご無沙汰しております。

 

 

ココロノタビビトです。

 

Twitterのほうはわりと頻繁につぶやいているのですが、どうにもブログのほうまで手が回らず、気がついたらデザインまで勝手に変わってしまっていました(笑)

 

このブログをはじめた数年前と違い、今では私と同じような情報を発信されているブログもたくさんあるので、あらためて書く必要があるのかなと思ったりもしていたのですが、それでも「更新お待ちしています」とメールをいただいたりすると、少なからず楽しみにしていただいている方もおられるのだなあと、うれしい反面申し訳ないことをしていたなあと思います。

 

といっても、義務感や罪悪感から書くわけではなく、あくまで書く気になったからです^^

 

さて、ブログの更新が滞っている間にも、ご相談のご連絡は数多く寄せていただいていたのですが、やはりダントツに多いのが恋愛、そしてお金に関するご相談ですね。

 

 

別れた相手と復縁したい。

 

もっとお金を稼いでほしいものを買いたい。

 

意図した瞬間にそれは叶っていると多くのブログや書籍に書かれているにもかかわらず、一向に実現しない。

 

なんでだ!私には才能がないのか!私の潜在意識は私を苦しめたいのか!

 

 

わかっている!これも「すべてはあなたが意図したとおりのことが実現している」と言われるのはわかっている!

 

「願うから『願っている状態』が叶う」「証拠を探すから見つからない」

 

それもわかっている・・・でも、やっぱり証拠を見つけて安心したいんです・・・_| ̄|○

 

 

という感じでしょうか。

 

よくわかりますよ。

不安で、哀しくて、心が痛いですよね。

 

早くこの状況から脱出したいという気持ちでいっぱいですよね。

 

 

でも、不安で哀しいのはなぜでしょう?

あなたはなぜその気持ちから逃れたいのでしょう?

 

それを受け入れたらあなたの望みが叶わないから?

あなたの人生が悲惨なものになるから?

 

本当にそうですか?

 

ためしにそれを受け容れてみてはどうでしょう?

受け容れるとは、ただ単にそれがあることを認めることです。

受け容れると、その不安や哀しみよりもあなたが上になります。

 

そのときに、ストーリーを付け加えないことです。

 

「今までもずっとこうだった」「このままではこれからもきっと・・・」

 

誰がそんなことを決めているのですか?

 

あなたの見ている世界で、あなたのほかの誰がそれを決定できるのですか?

 

ストーリーを付け加えず、ただそれが沸いてきたことを認めて受け容れれば、それは消えていきます。

 

すべてはあなたの内部で起きています。

 

それを五感を通して外部に展開している世界として認識しているのが私たちひとりひとりが見ている世界です。

 

あなたの前提条件はどうなっているでしょうか?

 

あなたが心地よく生きるために、あなたの世界の全てをコントロールする必要はありません。

 

というかできません。

 

あなたの世界はあなたの採用した設定に沿って展開しているのですから、設定のほうを先に見直してみましょうか。

 

 

あなたは幸せな設定ですか?

何かの条件をクリアしなければ幸せになれない設定ですか?

 

あなたが幸せであることに、何の資格も条件も必要ないことを思い出してみてください。

 

大丈夫ですよ。

不安になっても、哀しくなっても、それはただ沸いてきただけです。

それがあなたの生活を左右するなどということはありません。

 

「そうか、不安なのか、哀しいのか、よしよし」と受け容れてあげてください。

それだけです。

 

 

そして、たった今この瞬間に「幸せ」を選んでみてください。

 

「選ぶ」「視点を変える」「シフトする」「意図する」・・・いろいろな言い方があると思いますが、ポイントは

 

「今目の前に見えている現状と比較して判断しない」

 

ということです。

 

幸せな人が、「私は本当に幸せなのだろうか?」と恐る恐る周囲を見回すでしょうか?

 

それは鏡を見て鏡のなかの自分が笑っていることを確認してから笑おうとするようなものです。

 

あなたが先に笑うのです。

 

そうすれば鏡に映ったあなたも笑います。

 

あなたがもし光の速さより先に鏡に映った像を見ることができて、「なんだ、笑ってないじゃないか!」と笑顔をやめてしまえば鏡に映ったあなたも一瞬で笑顔ではなくなります。

 

あるいは、鏡を見たときに鏡が曇っていたり汚れていたりして笑顔のあなたが見えなくても、「笑ってないじゃないか!」と笑顔をやめてしまう。

 

私たちが「叶わない」と思っているとき、これをやっていることが多いのです。

 

あなたがどうであるかよりも、鏡に映った像のほうを判断基準にしてしまい、せっかく採用した設定をキャンセルしてしまいます。

 

 

鏡が笑おうが笑うまいが、「笑う!」「私は笑っている!」と決めて実行することなら可能ですよね?

 

なぜなら、あなたは鏡を見ようが見まいが自分自身が笑っているかどうかを知っています。

 

それを応用してみてください。

 

あなたはすでに幸せですし、恋愛もうまくいっていて豊かです。

 

それを現状という曇りや汚れだらけの鏡を判断基準にしてキャンセルしないことです。

 

 

久しぶりなので長くなってしまいました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

読んでいただいたあなたに心からの感謝と愛を送ります。

 

 

ココロノタビビト

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたの心が少しでも楽になったら応援クリックお願いします。
   ↓

http://blog.with2.net/link.php?1316367

 

http://philosophy.blogmura.com/spiritual/

 

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=jworld
あなたが最高に幸せでありますように。

AD