レイキの練習&稽古ノート(東京編)

レイキ練習&稽古会を東京で開催しています。日常のレイキのトレーニングや活用方法をご紹介しています。


テーマ:
生き生きと死んでいくモノ達


「生き生きと死ぬ」って言葉があるのか?ないのか?

要は、ピンピンコロリ。

「生き生きと生き、生き生きと死ぬ」そんな生き方、死に方で、ありたいわけで。





そんな生き方、死に方の達人が動物だと思う。






3月に亡くなった当家の「チュチュ」は、亡くなる日まで

いつもの様に、お仕事をして(家中のパトロールが彼のお仕事)

いつもの様に、食餌をして、

いつもの様に、私のベットで昼寝をして・・・そのまま逝った。






とても往生際が佳い。

彼は、最後まで「今を生き生き生きていました」






彼の生涯が、「からだ(生命)」の佳いを選んでいるから。

死に際も、ちゃんと「からだ(生命)」の方向に沿える。

逆らわないんだろうな。






生命の流れに逆らったら、死は苦しい。

苦しみのなかで亡くなるモノは、自分の生命の流れに乗れてないんだろうと、思っています。

「誰」のために生きているのか?生かされているのか?








「生き生きとした死」を迎えたモノの「からだ」は整っていると、師は言う。

看取りの時期のレイキヒーリングは、「からだ」を整えることを目的にしています。






チュチュが、「今日か明日亡くなるんだろうな」と思った時。

レイキヒーリングをしようか、迷いました。

正確には「師にレイキを頼もうか」迷った、です。

(情けないことに肝心な時に「思いが込もって」しまうんです)






レイキヒーリングをしたら、

「からだ」が整って、直ぐ亡くなります。

レイキは、生命が死に向かっている場合、それを促進させるから。







迷っていたのは、死なれたくなかったからではなく。

これまで、自分で整えてきた「からだ(生命)」だから。

最後も、自分で整えるのを見守った方が良いのか?

そんな思いでした。






チュチュは、最後も自分で整えて「じゃ、逝くよ」と、あっさりと亡くなりました。

「生き生きと死ぬ」を、飼い主に教えたんでしょうかね。






素通りしようとする、あなたが頼りのブログランキングですビックリマーク
よろしくお願いします!

にほんブログ村に参加しています



【5月のレイキ講座】
ファースト:5/13,5/22
セカンド:5/14,5/23

【6月のレイキ講座】
ファースト:6/24,6/26
セカンド:6/25,6/27

詳細/お申込み


レイキ講座の『Platform ones-one』
所在地 : 東京都板橋区中台
営業時間 : 10:00~20:00
定休日 : 不定休
HP URL : http://reiki.jpn.com
Tel : 090-8516-0479
Email : platform@ones-1.com


*** レイキ講座は東京の『プラットホームワンズワン』 ***



AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

レイキの実践:木野村なぎささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。