奥山れもんのフレッシュタイム⭐

インドネシアの首都・ジャカルタで生活しています。遠方にいる家族や友達、お世話になった方々への近況報告をかねて、日々の出来事をゆる〜く、楽しく綴ります!


テーマ:
日本で一カ月余り充実の夏を過ごして一週間とちょっと前にジャカルタに帰ってきました。


日本で輝いていた日々が遠い昔のことみたいに思える…。日本が恋しすぎて、ついついお昼はジャカルタのミスドに行ってしまいました(^◇^;)

{01E1E7F1-3B44-42A5-8180-D6F6AF1A01CD}

もちバニラとエンゼルフレンチ爆笑アイスカフェラテはストローさすと中身が溢れるトラップ付きです 笑

ジャカルタでも、楽しいことたくさんあるのに、なぜ日本が恋しくなるのか自分でも不思議です。

日本の何が素敵なのかと言うと、スーパーで買った普通の刺身がべらぼうに美味しかったり、公園でテニスラケット片手に遊べたり、夜、神楽坂で飲んだ後にほろ酔いで坂道を歩けるとか、自転車で駅やTSUTAYAに行けるとか、車を運転してふらっと映画を観に行けるとか、深夜まで飲んで〆の牛丼を玉子付きで食べるとか、ビール飲みながらみんなでワイワイ花火観るとか…平凡な日常がすごく楽しかったあ〜ニコニコみんなで飲んだり、花火観たりは一緒に集まってくれる人がいるから楽しいんですよねラブ感謝、感謝ビックリマーク

そして、自由に夜歩ける、飲めるという開放感とご飯の美味しさちゅー空気まで美味しく感じてしまうチュー大げさな位日本LOVEな気持ちがあふれますが、ジャカルタに住む日本人の友達に話すと同調してもらえますお願い

でも、ジャカルタだって楽しい毎日ですよ!泳ごうとしたら、プールが緑色に濁っているというリオ五輪のような体験をしましたガーンさらに、ほうれん草を茹でようとして袋から出したら、茶色い蝉の抜け殻《←かなり大きめ》が出てきて叫びまくるという、貴重な体験(?)をしましたグラサン

他にもお花教室!
{65ECF902-C926-413B-90FA-8FF224D981A9}
ランとバラを使ってブーケ作りました爆笑先生に花瓶の使い方も教えて頂き楽しかったニコニコ

たこ焼きパーティー
{AFAFA2BC-8F18-4A03-B192-2C3C4BCF59B4}
たこ焼き作りながら、今夢中になっているドラマの話や結婚式の話で盛り上がりました。周りは結婚式を既に挙げた友達ばっかりなので、いろいろ教えてもらえますニコニコ
{641E3942-9112-4133-BCAF-3F1141ED62C1}

ジャカルタでは、読書と運動そして、サボり続けたインドネシア語の勉強を頑張ります‼️

目標は日本から友達が来てくれた時に、インドネシア語で案内したり値切ったりできるようになることウインクドキドキ

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今年の夏は恐怖体験も味わいました。

 

うちの最寄駅から5つ位さきに「越谷レイクタウン」ってあるんです。かなり広いレイクタウンで、私は夏服のセールを狙って出かけたのですが…、何を血迷ったか車で行きました。

電車の目の前にあるから、車で行ってもまっすぐな道だろうと高をくくったのです。

 

ナビを頼りに運転すると、狭い道を何度も曲がる羽目に。これは帰り道大変そうだな…と思いつつ、買い物を終えた帰り道。周りを高い壁に囲まれた外環が混んでいました。しかし、地図を頼りに行くと次第に料金所が!なにこれ?高速??埼玉の高速なんてのりたくない!絶対車多いから怖いようとおびえながら、車を進めました。早く、県道だか市道に出たいと思い、見えてきた岩槻の看板、「岩槻のところを降ります」という指示が出たので左側に行くとカーブしながら見えてきた首都高の看板。

 

ぎゃああああ!

運転超下手なのに、首都高に迷い込んだ!!

 

やばい、やばい、やばい、今ひとりだ。どうしよう。

内心かなりパニックになりながら車を走らせます。地方の高速しか乗ったことないから怖い…。どうして、時速80キロで走っているのに、大型トラックにビュンビュン抜かされるのだろう。そして、前方に車がいてその先に料金所があるから、あまりスピードを出さないのに、縫うように車が割り込んできて、その先の車も抜かしてトバスノダロウ。

 

ああ、怖い東京。帰りたい、浦和に帰してください、と必死でした。

ついに料金所にたどり着くと1300円の請求が。入りたくない道路に迷い込んで出費した。

ここまでで合計1800円位とられました。ああ、電車で行けばこんな思いをしなかったのに(泣)

料金所の人に、「浦和の方から間違えて首都高に乗ってしまって。一刻も早く帰りたいんですけど」というと

 

「じゃーこの先降りるところありますから、右側に寄って下さい。」との返答が。

「右側?どうして出口が右なんですか?左じゃないんですか!?」と恐怖のあまり聞き返しました。普通、道路ってスピード出す人が右側走って左側のほうが、やや抑えめで出口も多いと思っていましたので。

「あー、この先は右側出口なんです。」とピシャリと言われ、再び高速に…。

 

まあ、でもアドバイスに従ったおかげで足立区で降りることができました。

ナビを頼りにすると高速に乗るルートばかり表示されるので、帰り道は自分の勘と青い看板にある「さいたま」の文字だけを頼りに車を走らせました。

 

40分ほど運転して、見慣れた地元駅の近くにたどり着きホットした…けど、本当に怖かった。

若いころは、「絶対車の運転はしたくないし、免許も持たない!」と思っていたのにまさかこんなことになるとは。

いい勉強になりましたが、次回からは必ず電車を利用しようと思います。

 ただいま、浦和照れ

浦和と言えば、「うなぎ」が特産物です。この夏もおいしいうなぎ頂きました。

{5F949369-CF0F-4130-BE5F-60AE40F41640}


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年の夏は思い出がいっぱい。

日本の夏が、楽しかった夏が終わってしまう…。


今年の夏はジャカルタではなく日本で過ごしました。とにかく楽しい夏でした。

開通した北海道新幹線に乗り込み、函館に行き、夜景や温泉、五稜郭、北海道限定のビールを堪能しました。
{877C0383-8388-46EE-8F07-778AB324FC4F}

{52257C4C-8841-4C74-9D34-C5EB0F85EC21}
さようなら、土方とっしー。五稜郭です。
「身はたとえ蝦夷の島辺に朽ちるとも魂や東の君や守らむ」って言葉が切なかった。


{E4DDF738-8FF0-4727-BC4B-DA55C63261AC}

キラキラな夜景。激混みで帰りロープウエイに辿り着くまでに50分かかりました。7月でも函館の夜は寒い!(^◇^;)

夜の宝石は夜景、函館の朝の宝石はこちら↓

{5CAA85B3-493C-4BA7-BC8B-08E66A494A2A}

現在、島根在住のミスター北海道にたくさんの名所(飲み屋や美味しいご飯屋さん)を聞いていたおかげで充実した食い倒れの旅ができました。
{E1182C72-6A61-4A9F-ADD3-1B8732E301D2}

美味しいまろやかビールです。次は釧路や札幌にも行きたいな✨

鎌倉のアジサイ、江ノ島神社も階段きつかったけど楽しかった。
{42DFF94E-370D-43B4-98CD-C51A18644731}

{EB21DAF3-0D2D-485E-838E-8748E6E2A5D7}

市役所に戸籍抄本取りに行ったついでに寄ってきました。しっかり御朱印も頂いてきました。

他にも、たこ焼き焼きながら隅田川の花火大会見たり、仕事で忙しい先輩に遊んでもらったり、山梨にお邪魔して夜中までどんちゃん騒ぎしたり、
{EF9518D7-97E3-48C9-B6FA-EC67BFF44DF1}
何が嬉しかったかって、夜中まで仕事していた先輩が駆けつけてくれたり、次の日も仕事がある方が時間作って一緒に騒いでくれるところです。いくつになっても力業バンザイ‼️


ファインディング・ドリーの日本語版見たり…。
ジャカルタでドリーの英語版見たときは、曖昧な部分が多かったけど、日本語で見たら自分がかなり理解できていないことが判明してビックリでした 汗
あと、ずっと見たかった映画「レインツリーの国」がDVDレンタル始まってやっと見られました。原作に負けず劣らずの胸きゅんストーリー
主人公演じる玉森くんの「大好きやわ」って台詞でお腹いっぱいになりました。ご馳走さまです。


普段なかなか会えない子育て奮闘中のお友達にも会えて刺激をいっぱいもらえました。
赤ちゃんかわいい✨妊娠・出産・子育てをしなきゃ分からない我が子の可愛さや大変さがたくさんあるようです。

元気な甥っ子姪っ子達とも遊んだし、子どものエネルギーって無尽蔵ですごいなあ(^◇^;)

名残惜しいけどそろそろジャカルタに帰らなければ!たくさんの日本食や調味料を持って帰って向こうの生活も充実させるぞ✨



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。