1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-27 18:39:44

今年のMVP候補『コーヒーメーカー』

テーマ:日常
いきなり表題と違う話になりますが、今年に入って家計簿アプリを始めました。

最近ライブのMCでも話したりしてしまいましたが、去年の年末くらいから自分の金銭事情を見直しているのです。

独身、30代という事で独身貴族…とは正社員でも無い自分が口が裂けても言えませんがまあ1人で暮らす分にはまあ充分成り立っているのかな。

今困っているとかではないのですが、気になったのは老後(笑)

まだまだ先だろ、と言われそうですが、果たしてこのまま保険料を払い続けると年金はいくら貰えるのか。

ざっと計算したところ…うーん、厚生年金だけでは厳しいのだなあ、計画的に貯金もしなくては。

…という事でとりあえず月に幾らぐらい使っているのかを知るために家計簿だ、となったわけです。


家計簿アプリ、面白い(笑)

記録するとなると、節約しちゃうものですね、なるべくフラットにいこうと思っているのですが。

1月がもうすぐ終わりますが、交通費が思ったより掛かってます。

あとは1人では外食は殆どしないのですが友人と会ったりする時はあまり気にせず使うので外食の費用が案外掛かってました。


本題へいきましょう。

コーヒー、よく飲むんですよ。

普段はマウントレーニア型のカップの150円くらいのコーヒーが好きでよく飲んでいます。

あとはボトラッテとか白のひとときというパックボトルのも好きです。

職場に行く時も朝は大体自販機でペットボトルのを買っていきます。

ただ自販機で売ってるコーヒー、あまり好きなの無いんですよね。

コーヒーといっても甘いのしか飲めないのですが、ペットボトルはまだ好きなんですが、缶コーヒーに関しては好きなの無いくらいです。

缶は仕方なしに買う感じなんですね。


そんな感じなんですが、職場でたまに頂くコーヒーメーカーのコーヒー、これがとても好きなんです。

勤務時に一緒の部屋の別会社の方から頂くのですが、本当に美味しいんですよね。

前からそう思ってたのですが、今年に入りコーヒーメーカーがとてつもなく欲しくなりました。

買おうと思ったんですが、家計簿アプリも始めてるので節約状態になってる訳です。

ふと思い返せば、10年前に一人暮らしを始めた時に確か母がコーヒーメーカーをくれたはず。

『これでコーヒーでも飲みなさい』

1回も使わず、確か実家に戻したんだよな。

Amazonでポチッとコーヒーメーカーを買う寸前で留まりました。

その後、実家に帰った時に母に聞いてみましたが実家には無いという。

…あのコーヒーメーカー、どこいった??

神隠しか。

はい、そうです。そうじゃない。

今の家に10年未使用で眠っておりました(笑)

いや〜、把握してないですな。

掘り起こしたコーヒーメーカー。



動くか不安も…。

早速使ってみましたが、バッチリでした!

それからというものフル稼働です。

やはりコーヒーメーカーで淹れるコーヒー好きだ。

前述のように節約している事もあり、どこかに出掛ける前に一杯、通勤前に一杯。

コーヒーを買う回数が本当に減りました。

しかも我慢しているわけではなく味も好きですし本当に最高です。

毎年MVPなど決めているわけでは無いですが、とりあえず3〜4月のまだ肌寒い季節までは間違いなく2017のMVPはコーヒーメーカーですね。

暑い時期になると、アイスコーヒーはちょっと未知数かなとは思いますが、それも楽しみ。

しかし無駄に10年寝かしてしまいました(笑)


これからバリバリ稼働してもらおうと思います。


ちょっとまとまりない文章になってしまいましたが要は

『コーヒーメーカーで淹れるコーヒーを飲めば美味しい上に節約になる』

という事でした(笑)


今年は節約もテーマにしようかなと思います。


あと唐突ですが、フルマラソンも挑戦したくなってきました。

そして全豪、錦織は残念でしたが、今日ナダルが勝てば決勝は

男子はフェデラーVSナダル、女子は既に決定でウィリアムズ姉妹…10年前みたいな感じです。

コーヒーメーカーが家にきた頃のように。(無理矢理な締めで申し訳ありません)

以上

I'll be back☆

---

【MV】I.B HORSE(I.B production×1horse)/Don't Think Feel〔Prod by I.B production〕





2016年7月20日リリース
【1st Album『IRON HORSE pt.1』/I.B HORSE/凱旋門Recordings(GSNMN-009)】¥2,000+Tax

I.B production×1horse、地下実験記録。

マッドサイエンティストI.B production総指揮の元、1horseのファイティングスピリットが全面に押し出された1枚が完成。

I.B productionのサンプリングを基調としたブラックないなたいサウンドに呼応するかのように1horseのライム&フロウは荒馬と化しILL The 1Hへ。

客演には地下で暗躍するSecret ManeuversよりRATLAPとヒロキを召喚。

このI.B HORSEの最初の実験は世間の風潮など全くお構い無しでひたすらアイアンロードを突き進んだ記録である。

諸君、御騎乗あれ。

-Track List-
01.Get Back
02.Don't Think Feel
03.Iron Horse Anthem feat.ヒロキ
04.Skit
05.Birthday
06.SOF feat.ヒロキ,RATLAP
07.Rensen Rensho
08.Untouchable
09.Skit
10.Supernatural
11.Frontier Soldier
12.Outro

All Produced By I.B production
03,11.Scratched By DJ KEN a.k.a beatjunkie
All Mixed By Kazubariki
All Mastered By 8ronix
Art Works By Kazubariki


-I.B HORSE BIOGRAPHY-

20XX年、西東京のドープワーカーズ『I.B production』と秦野産馬の『1horse a.k.a.ILL The 1H』が意気投合!ブラックなサウンドを求め夜を駆る西部劇さながらのアウトロー稼業を旗揚げした。

それが『I.B HORSE』である。

1horseは神奈川県の秦野市に生まれ2007年の上京と共に行動開始し、数多くのライブ活動に加えMC BATTLEにも定評があり、国内最高峰のMC BATTLE、ULTIMATE MC BATTLE横浜予選で2011年に優勝を成し遂げ神奈川代表として本戦に出場。

主宰する凱旋門Recordingsよりアルバム3枚、EP2枚、12インチを1枚リリース。

I.B productionはヒロキ(RAP)とテツオ(Beats)による双子HipHop ユニットであり、長く地下に潜伏しながらソロ作品やBeats提供を展開し、2013年にはユニットとしての初作品『I.B PRODUCTION × DJ YOSUKE』名義で1st MIX CD『MIDNIGHT COLLECTION』をリリース。

Secret ManeuversとしてもRATLAP、LANDTECHNIKS、KEN-Tと共に暗躍している。

こいつらが組んでしまった今、ヤワな賞金首は早撃ちの練習で自分の足を撃ち抜く前にテキサスのシェリフに助けを求めるのが賢明だろう。
-I.B HORSE a.k.a BOUNTY HUNTER-
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-01 18:05:14

謹賀新年〜2016年振り返りと2017年の目標

テーマ:日常
あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

例年の如く…

同じ文章でスタート(笑)これで6年連続での職場年越しとなりました。

ですので、仕事納めと仕事始めが繋がっておりました。

去年もでしたが職場にも色々と融通を利かしてもらっており感謝です。

ちなみに強がりとかでは無く年末年始が休みでは無い事に関しては嫌だとか全く思っておりません(^^)

慣れてしまうんですかね(笑)

土日休みだった頃は平日休みに凄いネガティヴなイメージありましたが、それも当たり前になってしまったというか、平日のが出掛けるにも空いていて良いなと思うようになりました。

独り者というのもあると思いますが(笑)


2016年の振り返りが出来なかったので少しずつ。

ストレスの非常に少ない1年だったかなと思います。

2015年に増して娯楽も多かったのかなと思います。

ただこれが良かったのか悪かったのかは分かりませんがかなり楽しく過ごしていたように思います(^^;;


音楽の方は7月にI.B production × 1horseとしてのI.B HORSEでアルバム『IRON HORSE pt.1』をリリースしました。



ソロとは違うアプローチで挑戦出来ましたしとても良い経験になりました!

興味ある方は是非聴いてみて頂けたらと思います。

I.B HORSEは不定期で活動する感じになりますかね(笑)


ライブはソロ、I.B HORSE合わせて30本。

そこまで多くは無かったですが、7月福島会津、9月岡山倉敷、10月愛知名古屋と遠征もさせて頂くことが出来ました。


MCバトルは25大会に出てました。

いや〜こんなに出ていたとは…自分でもビックリです。

昨今のバトルブームで多く開催されていたんでしょうね。

あまり良い結果は出せませんでしたが、今年もタイミング合えばチャレンジしていきたいと思います。

流石に今年ほどは出ないかなとは思います(笑)


ライブも引き続き是非是非ブッキングして頂けたらと思いますし、バトル込みでも全然大丈夫ですし、お誘い頂けたらと思います。



音源に関しては4th Albumの制作を進めていまして去年完成させる勢いで始めたのですが、思ったよりゆっくりになってしまっております。

ただ確実に今年には届けられるかとは思いますのでお楽しみに!



そして去年かなり大きな部分を占めていた『登山』

日本の最高地点にも行って参りました!



去年の目標は↓

『今年は月2回、24回以上を目標に山登りに励みレベルアップしたいと思います。』

でしたが結果は30回(笑)

予想以上に山行に励んでしまいました。

全部書くと多いので月毎の登った日本百名山↓

2016
1月 丹沢山1567m
2月 丹沢山1567m(2回目)
3月 蓼科山2530m、霧ヶ峰1925m
4月 安達太良山1700m
5月 燧ケ岳2356m、越後駒ヶ岳2003m
6月 ※白馬岳敗退
7月 両神山1723m
8月 富士山3776m(2回目)
9月 丹沢山1567m(3回目)
10月 日光白根山2578m
11月 皇海山2143.6m
12月 磐梯山1816.2m

他の記録は興味ある方は下記よりどうぞ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-192911-prof.html


DJ K.A.Zさんとも7回ご一緒させて頂き1人では行きづらい百名山に連れて行って頂き毎月百名山を味わう事が出来ました。

K.A.Zさんは山の師匠ですね(^^)


あとは大悟君やその友達の沼君と行く機会も多かったですね。

ソロでは丹沢全制覇を目指して地元丹沢中心に登りました。


しかし山に関してはちょっと無茶したかなという時もありましたし、やはり怖さもありますね。

今年も楽しみたいとは思いますが目標は

『毎月1回以上20回』

にしたいと思います。

憧れの山である劒岳、八甲田山のどちらかは登りたいのと富士山は登っていないルートで今年もやりたいですね。


去年遊びではありますが始めたテニスも8回。

大浦君とテニスをした後に古河で漫遊亭で肉を焼くのが定番と化しました(笑)

テニスも無理なく楽しみたいなと思います。


やってきた事の回数を並べると2016年はこんな感じでした↓

ランニング72回くらい
ライブ30回
登山30回
MCバトル25回
テニス8回

何とも言えないバランスです(笑)



映画(DVD)鑑賞もかなり観ましたね…色々書きたい事もありますが、1番はやはりスクリーンで『七人の侍』を観れたことでしょうか。

映画ではありませんが、大河ドラマにもハマってしまい色々見返しております。

約50話と長い分、詳細に描かれていて流石大河だなと思いました。

観たのはどれも良かったのですが、1990年の大河『翔ぶが如く』(主演 西田敏行=西郷隆盛、鹿賀丈史=大久保利通)に1票!

幕末〜明治維新後の西南戦争まで描かれているのがとても良かったです。


次点で『新撰組!』

観ていた影響で急遽出来た休みを使っての京都旅行の幕末史跡巡りも最高でしたな(^^)


今年の『真田丸』も面白かったですね◎


しかし振り返ると今年も去年に続き『遊び』がかなり多かったかなと思いますね。


こんな31歳の姿は想像していなかったですね(笑)

冷静に考えればかなりずれた道を歩んでいるような気もしますが、まずは身体に気を付けて健康的に進めたら良いかなと考えております。

らしく思いきり、時には流れに身を任せ突き進みたいと思います(^^)

しかしやりたい事というのは色々知れば知るほど多くなりますね、全部出来ないから難しい(笑)


改めて昨年は色々な方々にお世話になり、本当にありがとうございました。

自分勝手な自分ではありますが、本年も何卒宜しくお願い致します。

以上

I'll be back☆

---

【MV】I.B HORSE(I.B production×1horse)/Don't Think Feel〔Prod by I.B production〕






2016年7月20日リリース
【1st Album『IRON HORSE pt.1』/I.B HORSE/凱旋門Recordings(GSNMN-009)】¥2,000+Tax

I.B production×1horse、地下実験記録。

マッドサイエンティストI.B production総指揮の元、1horseのファイティングスピリットが全面に押し出された1枚が完成。

I.B productionのサンプリングを基調としたブラックないなたいサウンドに呼応するかのように1horseのライム&フロウは荒馬と化しILL The 1Hへ。

客演には地下で暗躍するSecret ManeuversよりRATLAPとヒロキを召喚。

このI.B HORSEの最初の実験は世間の風潮など全くお構い無しでひたすらアイアンロードを突き進んだ記録である。

諸君、御騎乗あれ。

-Track List-
01.Get Back
02.Don't Think Feel
03.Iron Horse Anthem feat.ヒロキ
04.Skit
05.Birthday
06.SOF feat.ヒロキ,RATLAP
07.Rensen Rensho
08.Untouchable
09.Skit
10.Supernatural
11.Frontier Soldier
12.Outro

All Produced By I.B production
03,11.Scratched By DJ KEN a.k.a beatjunkie
All Mixed By Kazubariki
All Mastered By 8ronix
Art Works By Kazubariki


-I.B HORSE BIOGRAPHY-

20XX年、西東京のドープワーカーズ『I.B production』と秦野産馬の『1horse a.k.a.ILL The 1H』が意気投合!ブラックなサウンドを求め夜を駆る西部劇さながらのアウトロー稼業を旗揚げした。

それが『I.B HORSE』である。

1horseは神奈川県の秦野市に生まれ2007年の上京と共に行動開始し、数多くのライブ活動に加えMC BATTLEにも定評があり、国内最高峰のMC BATTLE、ULTIMATE MC BATTLE横浜予選で2011年に優勝を成し遂げ神奈川代表として本戦に出場。

主宰する凱旋門Recordingsよりアルバム3枚、EP2枚、12インチを1枚リリース。

I.B productionはヒロキ(RAP)とテツオ(Beats)による双子HipHop ユニットであり、長く地下に潜伏しながらソロ作品やBeats提供を展開し、2013年にはユニットとしての初作品『I.B PRODUCTION × DJ YOSUKE』名義で1st MIX CD『MIDNIGHT COLLECTION』をリリース。

Secret ManeuversとしてもRATLAP、LANDTECHNIKS、KEN-Tと共に暗躍している。

こいつらが組んでしまった今、ヤワな賞金首は早撃ちの練習で自分の足を撃ち抜く前にテキサスのシェリフに助けを求めるのが賢明だろう。
-I.B HORSE a.k.a BOUNTY HUNTER-
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-12-15 18:19:51

母と猫の久米

テーマ:日常
昨日は秦野実家に少しですが帰りました。

特に用事があった訳ではなく…

実は1週間前の12/8(木曜)の朝に実家で飼っていた猫の久米(くめ)が天国に旅立ちました。

僕は実家に住んでいないので懐くことは無かったのですが久米について少し書きたいと思います。


3年ほど前、家の裏の住宅地の集積所で小さな猫がゴミをあさっているのを母と姉が見ていたそうです。

その猫が実家の庭の近くに現れるようになったので姉が逆に追い掛け回しているうちに庭にも入って来るようになり懐き始めました。

それが久米でした。

久米は野良猫でした。

その頃の写真です。



僕は最初の頃を知らないのですが痩せていて小さかったそうです。

懐いてきたので餌も定期的に与える事に。

冬は寒いだろうという事で小屋を設置。

最初は入りたがらなかったようですが、警戒心も次第に無くなりそこで眠るようになりました。



抱き抱えられるようにもなり予防接種もしてあげたり。

父親がFacebookに上げていたプランターにハマっている久米には笑いましたね(笑)







餌の与え過ぎか巨大化しました(笑)

そんなこんなで半飼い猫のようになった久米が実家に居座って3年になろうとしていました。


そんな先月の11月の頭…。

久米がご飯をあまり食べなくなり様子がおかしい。

母が病院に連れて行きました。

診断の結果、腎不全。

かなり良く無かったようで危なかったので入院させました。

しかし、慢性では無いとの事でしたし、あまり詳しく無い僕はすぐに良くなると思っていましたし家族もそう思っていました。

無事に退院し元気は無かったもののじきに回復するだろう。


母から再度入院したと連絡があったのは11月19日。

腎不全が良くならないのか。

色々調べると猫は腎不全になりやすいらしい。

頑張れ久米。

それでも病院に診て貰えば大丈夫だろうと思っていました。


11月21日、母からメールが入る。


『悲しい知らせだよ。久米骨肉腫の様です』


マジか…

骨肉腫…癌ですね。

猫がなるのは非常に珍しいらしいのですが…。

箇所的にも手術は体力的に厳しいらしい。

色々と母とやり取りをしていましたが

『母としては、天寿を全うさせてやりたいと思う。最善を尽くし、少しでも長く久米を、みていたいよ。母は、久米に随分、癒されてた様に思う。』

このメールが来た時はどうしようもない気分になりましたね…


日中は皆仕事で出てしまうので殆ど母が久米の面倒を見ていたんです。

洗濯物を干している時も足にまとわりついて来たり、母曰くストーカーされていたようです(笑)

そんな久米を母はとても可愛がり、久米も話しかける度に嬉しそうに鳴いていましたし本当に懐いていた。

どこからくすねたか魚の切り身が玄関前に置かれていたこともあったようです。

母へのプレゼントなんですかね。

そんな母にとって久米は癒しだったのだと思います。

母の気持ちを考えると本当に辛いものがありました。


11月25日、久米退院。

母と父が家に連れて帰り、久米は家の中で飼うことになりました。

晴れて我が家の飼い猫に。

久米の容態もありますが、良かったなと思いました。

更に調べるともしかしたらまだまだ良くなって長く生きるかもしれない。

母のメールも家に入れてあげた事は嬉しそうでした。

『久米喜ぶよ。ケージを覗いて、声を掛けると応えるよ。寝てる事が多いけど、時々見ているよ。遊んでやれれば良いのだろうけど、今は、無理かな』

久米頑張れ。

少しでも良くなって欲しい。


12月1日、色々と気になっていたので少しだけ実家に帰りました。

久米は家の中にいました。



殆ど寝ているような状態。

どうせなら元気な姿で家にいて欲しかったが仕方無い。

久米を眺めていると母が横に来て色々な話をする。

心から心配している。

助けてあげたい気持ちが僕にも突き刺さりました。

人の痛みがこんなに辛いとは…。

この日は1回だけ起き上がる久米を見ることが出来ました。



久米頑張れよ。

…この日が僕が久米に会えた最後となってしまいました。



12月7日。

母からこんなメールが来ました。

『久米は、毎日、病院に連れて行って、注射をして貰っているよ。エサは、母がくれているのだけど、なかなか沢山はあげられなくて、久米、やせちゃった。頑張っているんだけどね。今はとにかく、食べさせる事に専念しないといけないかな?たべる事で少しでも元気になればです。』


12月8日。

朝早くに姉からメールが入る。

『おはよう。朝早くにごめんね。急な話ですが、久米が天国へと旅立ちました。お母さんがご飯をあげようとしたらケージの中にそっと横たわっていました。苦しんだ様子はないので、きっと静かに眠るように旅立って行ったのだと思います。

お母さんがボロボロ泣いてしまっていて……励ましてあげたいと思います。』


1週間前の様子からそんなに長くないかもしれないとは思っていましたが…。

10月末の時点では僕も餌をあげたし元気だったのに…運命とは非情なものです。

久米は天国へと旅立って行きました。


母の様子が心配だったので、昨日は帰りました。

なかなか久米の話題は出せないでいたら母が

『久米にお線香をあげようかな』というので僕も一緒にあげにいきました。

久米は翌日に父が庭に埋葬しお墓がありました。

その場所には今まで家で飼ってきた犬達も安らかに眠っています。

お線香をあげ終えると庭を回り久米との思い出を話してくれた母。


母は何もしてあげられなかったと嘆いていましたが…。

僕は本当に何もしてあげられなかったのですが、久米は恐らく幸せだったんじゃないかなと思う。

この3年間は餌にも困らなかったと思うし、野良猫から半飼い猫、そこから飼い猫に昇格し家の中にも。

病気は辛かったと思うんだけど、外敵を気にすることなく安心は出来たんじゃないかな。

何歳かは結局分からなかったのですが、腎不全と骨肉腫と考えるともしかしたら結構歳を取っていたのかもしれない。

最期まで面倒を見てくれた母にきっと感謝していると思います。



少しでも元気になってくれたらと思い写真立てに久米の写真を入れて母に渡したら喜んでいました。



今年の5月に弘法山にランニング行く前に撮った写真。

久米のちゃんとした写真これぐらいしか無いかもしれない。

久米を撮っておいて良かった。



たまに帰ってくる度に『まだ変なヤツがきやがったな』という感じで最後まで僕には懐かなかった久米。

いなくなってしまい寂しいですが、こればかりは仕方無いですね。

代わりという書き方は変なのですが、家の中で飼っているミニチュアダックスのモコ助は今年何だかおとなしくなってきたので『歳かな?』と思っていましたが、最近は本当に元気です。

ちょっと静かにして欲しいくらい(笑)

もうすぐ12歳ですがこの様子ではあと10年くらい生きるかもしれませんね。

モコ助には長生きして貰いたいと思います。


しかしながら母親は最近ようやく携帯電話を持つようになりメールをよくしているのですが、今回の久米の件はオブラートが無いというかストレートで込み上げてくる事が多かった。

よく話す親子だとは思うのですが、『こんな風に思ってたのか』というのをメールからより感じたかもしれません。


実は現在母は左脚に奇病を抱えてしまっています。

命に関わる病気では無いのですが、そちらを治していかなければならないのです。

今回旅立った久米が骨肉腫に侵されてしまったのが左脚だったのです。

偶然だとは思うのですが、久米には天国から母の事を見守っていて欲しいなと思います。


母の脚が治ったら、久米に感謝すると思います。

そう信じたいなと思っています。


本当に僕は面倒も見ていないし何もしてあげられなかったのですが、家族に多くの笑顔をもたらしてくれた久米、ありがとう。

安らかに眠って下さい。

家族を見守っていてください。



以上

I'll be back☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。