1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-21 18:27:44

日曜日の『上昇気流 MC BATTLE 特別編vol.5』の感想

テーマ:MCバトル感想
日曜日は新倉さんが主催で毎回バトルの部分をやらせて頂いている『上昇気流 MC BATTLE 特別編vol.5』でした。

今回はNATURAL VYBZがサポートしてくれている形でしたのでBeatboxバトルにセッションバトルと本当に楽しませて頂きました。

MCバトルを少しずつ振り返りたいと思います。

バトルは当日エントリー含めて40名が参戦。



まずは32人までの逆シード戦からスタート。

---

【逆シード戦】
◯SHUN-P VS SHOHEI
Only-U VS youkey◯
◯驚天 VS 善光
◯狂犬 VS 毒へび
◯風車 VS CHEESE
◯Ryu-ga VS AsTra
◯おんねんJAP VS Poka
tSuNe VS SPOON◯

---

いきなり『SHUN-P VS SHOHEI』から幕開け。

UMB2014の熊本予選を制し本戦経験者であるSHUN-P君と前回準優勝者であるSHOHEI君の決勝でもおかしくないカードはSHUN-P君の勝利。

とても熱い良い試合だったと思います。

いや〜、くじだから仕方ないのですが勿体無いカードでしたね。


当日枠で来てくれたおんねんJAP君勢いも凄かったです。

以前よりかなり貫禄がついている感じがしました。

ややこしくて申し訳ありませんが32名となりここから1回戦へ。

---

【1回戦】
◯おしぶ VS coke
yellow Dice VS SHUN-P◯
◯えいびい VS 黒十三
purple poison VS PRIMA◯
VELO VS Lake◯
ワタル VS Hiro◯
アーテル VS youkey◯
◯DocTAK VS 驚天
RE-YA VS Alexis◯
BG VS 狂犬◯
◯4-DAM VS APOLO
fantasy VS 風車◯
◯バンビ VS roadster
Tsukinowa VS Ryu-ga◯
WA-wimp VS おんねんJAP◯
◯TORA VS SPOON

---

『えいびい VS 黒十三』とても良い試合。

2人ともラップが巧い。ただ巧いというのではなく個性もあります。

惜しくも負けてしまいましたが黒十三君とは宇都宮でライブが一緒だった一年半ぶりくらいでしたかね。

はるばるエントリーに来てくれてありがとう!

黒十三君は音源もリリースしてますしライブも格好良いので是非チェックしてみてください。


『アーテル VS youkey』も良かったです。

youkey君はアンサーもしっかりしてユーモアもあり、それに対しアーテル君はいなためなスタイル。

延長でyoukey君の勝利。

アーテル君も名古屋から来てくれましたが、最近は向こうでライブもしているようで雰囲気が以前と変わって来た感じがします。


『Tsukinowa VS Ryu-ga』もライムもしっかり交えた好試合。

Ryu-ga君勝利でしたがTsukinowa君の人柄も出ていて良かったです。


逆シード戦も合わせてここまで現場でやってるMCと初バトルのMCの差が如実に出たかなと。

特にマイクの使い方(持ち方)は重要です。

ただ僕は司会で近かったので地声が大きいMCはほぼ聞き取れたのでそれも凄いなとは思いましたが(笑)

ただやはり後ろ側には聞こえてなかったのでそれでは勝てないですよね。

これから初めてバトルやる人だったり慣れていない人はまずマイクをどうやって握るかは覚えてきましょう。

2回戦へ。

---

【2回戦】
◯おしぶ VS SHUN-P
◯えいびい VS PRIMA
◯Lake VS Hiro
youkey VS DocTAK◯
Alexis VS 狂犬◯
4-DAM VS 風車◯
◯バンビ VS Ryu-ga
おんねんJAP VS TORA◯

---

2回戦からは良い試合が多かったかなと。

『おしぶ VS SHUN-P』は優勝候補のSHUN-P君をおしぶ君が撃破。

おしぶ君もやはり力ありますね、格好良い試合でした。

宮崎のSHUN-P君はたまたま東京に3月までいるみたいでエントリーしてくれて感謝。

めちゃかましてくれました!


『youkey VS DocTAK』も温かさも感じた試合だったかなと。

DocTAK君がやはり切れてましたが、youkey君もとても人柄が出るラップをしていて良かったですね。


『バンビ VS Ryu-ga』こちらはテクニカルなレベルの高い試合だったかと思います。

Ryu-ga君も安定していてライムを決めていましたが、この日はバンビ君がキレキレでしたね。

雰囲気も掴んでました。


『おんねんJAP VS TORA』これも熱かった!

おんねんJAP君が先攻からガツガツ攻めていきましたが、TORA君の真っ直ぐさが勝った感じでしたね。

気持ちを感じた好試合でした。


いよいよベスト8へ。

---

【ベスト8】
◯おしぶ VS えいびい
Lake VS DocTAK◯
狂犬 VS 風車◯
◯バンビ VS TORA

---

ベスト8はKaja君とバナナ君のBeatboxでやらせて頂きました。


第1試合『おしぶ VS えいびい』から盛り上がりましたね。

より雰囲気を掴み取ってスピットしたおしぶ君の勝利。

前回も思いましたがえいびい君も安定していて凄い好印象でした。


『Lake VS DocTAK』こちらもお互いのスタイルがブレなかった良い試合でした。

DocTAK君が持ち味の高速ラップでロック内容も良かった。

Lake君も曲がらずに応戦、ただのバトルでは無い試合だったかと思います。


『狂犬 VS 風車』ここまで来るとやはりどちらも安定していますね。

そうなると雰囲気を掴む事も重要なのかなと。

風車君が勝利。伝わる言葉が多かった。

狂犬君もやり続けて強くなっているなと思いました。


『バンビ VS TORA』も熱い。

バンビ君が本当にキレキレで勝利でしたがTORA君の真っ直ぐさ本当に好きですね。

静岡から来てライブも含めて本当にかましてくれました。

準決勝へ。

---

【ベスト4】
おしぶ VS DocTAK◯
風車 VS バンビ◯

---

この日好調だった2人の対戦『おしぶ VS DocTAK』

おしぶ君もかましていたのですが、DocTAK君はこの日は勢いを保ち続けて勝利。

おしぶ君もSHUN-P君を撃破したりやはり力があるなと思いますね。


『風車 VS バンビ』は大会通して内容の良かった風車君でしたが、バンビ君を止める事は出来ず。

しかし当日エントリーから印象深い活躍を見せてくれました。

決勝へ。


---

【決勝】
◯DocTAK VS バンビ

---

絶好調、押韻の連打にラップもキレまくりのバンビ君でしたが、DocTAK君のアンサーで形成逆転。

MCバトルの懐の深い『MC』像を提示してみせたDocTAK君が見事に優勝。

おめでとう!



バンビ君も本当に見事な闘いぶり、色々なバトルでかましていきそうな予感です。

1人でBreak DJを務めてくれたSevace beats君、Beatboxをやってくれたkaja君、バナナ君に大きな感謝です。


MCバトル後にBeatboxバトルのベスト4とMCバトルのベスト4でコンビを組み4チームでのセッションバトルもやりました。

Beatbox&MC
①Godsun&バンビ
②EX-F&風車
③yukke&DocTAK
④LIZA&おしぶ

3分間1本勝負の耐久力も問われるセッションバトルは僅差でGodsun&バンビチームを抑えyukke&DocTAKチームが優勝!

こんなバトルは初めてじゃないでしょうか、考案してくれたAkio君とめちゃめちゃ楽しんでしまいました(笑)

素晴らしい企画でしたね。


ライブも盛り沢山でしたが、ちょっと動き回っていて全部は見れていないので感想は控えたいと思いますが、それぞれのライブからきっと何か感じ取るものがあったかと思います。

グッとくるラインもいくつも僕は感じました。

GUEST LIVEのSanga君は是非観てもらいたいと前から思っていたのでAkio君ナイスブッキングだなと思いました。

色々な所で繋がりがやはりありますね。

いつもより真面目なMCだったSanga君の言葉も響きましたね。


今回横浜以外での上昇気流MC BATTLEは初でしたがとても盛り上がったと思います。

サポートしてくれたNATURAL VYBZの皆がサウンドシステム(スピーカー)を会場に持ち込んでくれて凄い重低音でやる事が出来ましたし本当にありがとう!

今回も声掛けて頂き新倉さんにも感謝です!

手伝ってくれたジゴ君、大浦君もありがとう!

関係者の皆さんお疲れ様でした!









以上

I'll be back☆

---

【MV】I.B HORSE(I.B production×1horse)/Don't Think Feel〔Prod by I.B production〕




2016年7月20日リリース
【1st Album『IRON HORSE pt.1』/I.B HORSE/凱旋門Recordings(GSNMN-009)】¥2,000+Tax

I.B production×1horse、地下実験記録。

マッドサイエンティストI.B production総指揮の元、1horseのファイティングスピリットが全面に押し出された1枚が完成。

I.B productionのサンプリングを基調としたブラックないなたいサウンドに呼応するかのように1horseのライム&フロウは荒馬と化しILL The 1Hへ。

客演には地下で暗躍するSecret ManeuversよりRATLAPとヒロキを召喚。

このI.B HORSEの最初の実験は世間の風潮など全くお構い無しでひたすらアイアンロードを突き進んだ記録である。

諸君、御騎乗あれ。

-Track List-
01.Get Back
02.Don't Think Feel
03.Iron Horse Anthem feat.ヒロキ
04.Skit
05.Birthday
06.SOF feat.ヒロキ,RATLAP
07.Rensen Rensho
08.Untouchable
09.Skit
10.Supernatural
11.Frontier Soldier
12.Outro

All Produced By I.B production
03,11.Scratched By DJ KEN a.k.a beatjunkie
All Mixed By Kazubariki
All Mastered By 8ronix
Art Works By Kazubariki


-I.B HORSE BIOGRAPHY-

20XX年、西東京のドープワーカーズ『I.B production』と秦野産馬の『1horse a.k.a.ILL The 1H』が意気投合!ブラックなサウンドを求め夜を駆る西部劇さながらのアウトロー稼業を旗揚げした。

それが『I.B HORSE』である。

1horseは神奈川県の秦野市に生まれ2007年の上京と共に行動開始し、数多くのライブ活動に加えMC BATTLEにも定評があり、国内最高峰のMC BATTLE、ULTIMATE MC BATTLE横浜予選で2011年に優勝を成し遂げ神奈川代表として本戦に出場。

主宰する凱旋門Recordingsよりアルバム3枚、EP2枚、12インチを1枚リリース。

I.B productionはヒロキ(RAP)とテツオ(Beats)による双子HipHop ユニットであり、長く地下に潜伏しながらソロ作品やBeats提供を展開し、2013年にはユニットとしての初作品『I.B PRODUCTION × DJ YOSUKE』名義で1st MIX CD『MIDNIGHT COLLECTION』をリリース。

Secret ManeuversとしてもRATLAP、LANDTECHNIKS、KEN-Tと共に暗躍している。

こいつらが組んでしまった今、ヤワな賞金首は早撃ちの練習で自分の足を撃ち抜く前にテキサスのシェリフに助けを求めるのが賢明だろう。
-I.B HORSE a.k.a BOUNTY HUNTER-
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-27 18:11:16

日曜日の『建設的 -ENTA DA STAGE GRAND CHAMPIONSHIP-』感想

テーマ:MCバトル感想
日曜日は横浜LIZARDで開催されたサイプレス上野さん主催の『建設的』で行われた『ENTA DA STAGE GRAND CHAMPIONSHIP』に推薦MCとして参戦させて頂きました。

結果は2回戦でMULBE君にやられてしまいました。

少しずつ振り返りたいと思います。

今年2回開催されたENTA DA STAGEで優勝した2人とその中で活躍した選抜MCが8人、更にこの日当日予選で勝ち上がった2人での12人でのトーナメント。

まず2名を決める当日予選は20人くらいが参戦しておりました。

ERONEさん、CRIME6さん、道さん、B.A.Dさん、MEKA君、ENEMY君など相当な面子が予選から登場し人数以上に色濃い予選となりました。

---

MEKA VS ENEMY◯
CRIME6 VS 13◯
◯道 VS 夢句
◯ERONE VS ENZEL
◯グエン VS ENEMY

---

この辺りが面白い試合だったかなと思います。

狂犬君もかましてましたね。

鈴木大先生はこの日はパンチライン出ないかなと思いましたが、最後に『埼玉でライブやるから観に来い』の流れが最高でした。

笑顔になるバトルですね。

ちなみにそのイベントはマサキオンザマイクさん主催の1/18水曜日の西川口ハーツ『埼玉サイファー15』で僕も出演しますしかなり良いメンツ集まってますので是非!

---

【予選決勝】
レイア VS 道◯
◯ERONE VS グエン

---

道さんとERONEさんというとんでもない2人が予選を勝ち抜き下記の12人がGRAND CHAMPIONSHIPへ。

【ENTA DA STAGE FINALIST】
01.押忍マン(第2回大会優勝)
02.BALA(第3回大会優勝)
03.MULBE(主催者推薦)
04.D.D.S(主催者推薦)
05.1horse(主催者推薦)
06.句潤(主催者推薦)
07.Carter(主催者推薦)
08.bkdn(主催者推薦)
09.T-Tongue(主催者推薦)
10.SHEEF THE 3RD(主催者推薦)
11.道(当日予選勝者)
12.ERONE(当日予選勝者)

そこまで試合を観れていないので下記に結果だけ載せておきます。

---

【ROUND1】
◯句潤 VS 道
◯T-Tounge VS Carter
bkdn VS 1horse◯
SHEEF THE 3RD VS ERONE◯

【ROUND2】
◯句潤 VS BALA a.k.a.SHIBAKEN(シード)
◯T-Tounge VS D.D.S(シード)
1horse VS MULBE(シード)◯
ERONE VS 押忍マン(シード)◯

【ROUND3】
◯句潤 VS T-Tounge
MULBE VS 押忍マン◯

【ROUND4(決勝)】
句潤 VS 押忍マン◯

---

僕自身は2回戦でMULBE君にやられました。

熱くなっちゃいましたが自分らしくは出来たかなと思う、残念。


猛者ばかりのかなり過酷なトーナメントを制したのは決勝で句潤さんを破り押忍マンさん!

押忍マンさんはKOK GRAND CHAMPIONSHIPに進出!

おめでとうございます!


イベントもGUEST LIVEの韻踏合組合はじめかなり良い感じに盛り上がっていましたね。

バトルにも当日からまさかの参戦のCRIME6さんと久々にお話出来ましたが、その考え方やスタンス、いや〜、良い話を聞かせて頂きましたねm(_ _)m

自分もまだまだだなと本当に思いましたし、頑張らねばなと思いました。


個人的には復活したNONKEYさんが元気そうで何よりでした。

入院を経て20kg以上痩せたとの事。

以前と変わらずの元気な姿でクローズまでサイドに入るNONKEYさん流石だなと思いましたね。

NONKEYさんみたいに下の世代まで見守ってくれる神奈川の先輩はなかなか居ないと思いますし無理はしないで活動していって貰えたらと思っております。


今回お誘い頂いた上野さんに感謝です!


これで今年のバトルは全て終了。

残りは29日の渋谷HAZARDでのライブを残すのみとなりました。

こちら!



詳しくはまた明日告知したいと思います。

年末、駆け抜けましょう!

以上

I'll be back☆

---

【MV】I.B HORSE(I.B production×1horse)/Don't Think Feel〔Prod by I.B production〕






2016年7月20日リリース
【1st Album『IRON HORSE pt.1』/I.B HORSE/凱旋門Recordings(GSNMN-009)】¥2,000+Tax

I.B production×1horse、地下実験記録。

マッドサイエンティストI.B production総指揮の元、1horseのファイティングスピリットが全面に押し出された1枚が完成。

I.B productionのサンプリングを基調としたブラックないなたいサウンドに呼応するかのように1horseのライム&フロウは荒馬と化しILL The 1Hへ。

客演には地下で暗躍するSecret ManeuversよりRATLAPとヒロキを召喚。

このI.B HORSEの最初の実験は世間の風潮など全くお構い無しでひたすらアイアンロードを突き進んだ記録である。

諸君、御騎乗あれ。

-Track List-
01.Get Back
02.Don't Think Feel
03.Iron Horse Anthem feat.ヒロキ
04.Skit
05.Birthday
06.SOF feat.ヒロキ,RATLAP
07.Rensen Rensho
08.Untouchable
09.Skit
10.Supernatural
11.Frontier Soldier
12.Outro

All Produced By I.B production
03,11.Scratched By DJ KEN a.k.a beatjunkie
All Mixed By Kazubariki
All Mastered By 8ronix
Art Works By Kazubariki


-I.B HORSE BIOGRAPHY-

20XX年、西東京のドープワーカーズ『I.B production』と秦野産馬の『1horse a.k.a.ILL The 1H』が意気投合!ブラックなサウンドを求め夜を駆る西部劇さながらのアウトロー稼業を旗揚げした。

それが『I.B HORSE』である。

1horseは神奈川県の秦野市に生まれ2007年の上京と共に行動開始し、数多くのライブ活動に加えMC BATTLEにも定評があり、国内最高峰のMC BATTLE、ULTIMATE MC BATTLE横浜予選で2011年に優勝を成し遂げ神奈川代表として本戦に出場。

主宰する凱旋門Recordingsよりアルバム3枚、EP2枚、12インチを1枚リリース。

I.B productionはヒロキ(RAP)とテツオ(Beats)による双子HipHop ユニットであり、長く地下に潜伏しながらソロ作品やBeats提供を展開し、2013年にはユニットとしての初作品『I.B PRODUCTION × DJ YOSUKE』名義で1st MIX CD『MIDNIGHT COLLECTION』をリリース。

Secret ManeuversとしてもRATLAP、LANDTECHNIKS、KEN-Tと共に暗躍している。

こいつらが組んでしまった今、ヤワな賞金首は早撃ちの練習で自分の足を撃ち抜く前にテキサスのシェリフに助けを求めるのが賢明だろう。
-I.B HORSE a.k.a BOUNTY HUNTER-
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-13 12:18:39

土曜日の『新倉祭 ~上昇気流篇3×胎動~』感想

テーマ:MCバトル感想
土曜日は横浜関内virusにて『新倉祭 ~上昇気流篇3×胎動~ 上昇気流MC BATTLE特別篇』でした。

今回もバトルの部分を大悟君、ジゴ君と共に担当、今回は32人揃わなかったので、久々にBATTLEにも参戦しました。

胎動のグランドチャンピオンシップへの神奈川代表の切符も掛かった今大会を少しずつ振り返りたいと思います!

30人が参戦しスタート!



---

【1回戦】
マージナルマン VS JO-Hawk◯
◯ジジ VS ジーニーダイスケ
ワイジニアス VS roadster◯
◯悪影 VS MC male
◯ゆうし VS purple poison
◯おしぶ VS Clock
TORA VS DocTAK◯
◯泉ピン太郎 VS WO-RYE
チューソン VS えいびい◯
リキ VS レイク◯
亞夢 VS YellowDice◯
◯ワンホース VS move
◯テイトー VS youkey
天 VS Ryu-ga◯

---

1回戦は『おしぶ VS Clock』面白かったですね。

ドシッと構えたおしぶ君に対しClock君も歌のようなフロウを武器に応戦。

延長でおしぶ君勝利。


『TORA VS DocTAK』も2人共に格好良かった。

DocTAK君勝利でしたが、TORA君のラップは非常に好感持てます。


『ワイジニアス VS roadster』はテクニカルなワイジニアス君に対しroadster君はユーモアも絡ませ勝利を掴みました。


楽しみだったのが『泉ピン太郎 VS WO-RYE』

泉ピン太郎君が流石でしたが、WO-RYE君の曲がらない闘いぶり良かった!

宮崎のバトルでも準優勝したりとしっかり揉まれており、WO-RYE君に関してはまた色々書きたいと思います。


『天 VS Ryu-ga』は天君が会場を掴んでいる感じでしたがRyu-ga君のストレートさと韻の落とし所で勝負アリ、という感じでしたかね。


僕はmove君。熱い気持ちがとても伝わってきました!

来年はガンガン動いていくとの事。期待しましょう!期待してます(^^)

2回戦へ。


---

【2回戦】
JO-Hawk VSジジ◯
roadster VS 悪影◯
◯ゆうし VS おしぶ
DocTAK VS 泉ピン太郎◯
えいびい VS アイスピック◯
レイク VS SHOHEI◯
YellowDice VS ワンホース◯
テイトー VS Ryu-ga◯

---

2回戦も良いカードが多かったです。

『JO-Hawk VSジジ』は3連覇中のジジ君が流石でしたが、静岡から来てくれたJO-Hawk君の乗り込んで来た気概がとても格好良くもっと観たかったですね。


『ゆうし VS おしぶ』こちらも好勝負。

ゆうし君勝利でしたが、おしぶ君も安定しています。

おしぶ君は何よりライブが良いですしね(^^)


『DocTAK VS 泉ピン太郎』実力者同士の対決はバトルでは泉ピン太郎君が一日の長だったか。

しかし毎回ながらDocTAK君のスキルフルさと姿勢がとても良いなと思っています。


『えいびい VS アイスピック』この試合も二人とも格好良かった。

シードで待ちくたびれた分までの熱量を見せた静岡の実力者アイスピック君の勝利。

えいびい君も一回戦から格好良かったですね。


『レイク VS SHOHEI』こちらはラップ力は勿論人柄対決でしたね。

二人共に好青年、SHOHEI君勝利でしたがレイク君の曲がらなさ。

色々なところに活きていると思います。


僕はYellowDice君とでしたが、何とか勝利しました。

ベスト8へ。


---

【ベスト8】
◯ジジ VS 悪影
ゆうし VS 泉ピン太郎◯
アイスピック VS SHOHEI◯
◯ワンホース VS Ryu-ga

---

この日のベストバウト『ジジ VS 悪影』かなり良い試合でした。

ジジ君も悪影君もアンサーが素晴らしくお互いの持ち味を存分に発揮。

僅差でジジ君勝利でしたが、悪影君本当に素晴らしい闘いでした。

これからがとても楽しみなMCです。


『ゆうし VS 泉ピン太郎』も良い試合でしたが、泉ピン太郎君の勝負強さが流石でした。

ゆうし君も持ち味のフロウに活動からくる言葉の説得力が増しており来年も色々と楽しみですね。


『アイスピック VS SHOHEI』こちらも好カード。

SHOHEI君の純粋なラップがアイスピック君を打ち破りました。

アイスピック君がちょっと不完全燃焼だったかもですが、気合いは十分に伝わって来ましたし、何より当日エントリーで現れた時嬉しかったですね。


僕はRyu-ga君、延長で勝利でしたが、Ryu-ga君も心の底からの若い熱さを感じました。

続けていって欲しいなと思っています!


いよいよベスト4へ。


---

【ベスト4】
◯ジジ VS 泉ピン太郎
◯SHOHEI VS ワンホース

---


『ジジ VS 泉ピン太郎』Vol.8の覇者泉ピン太郎君と特別3連覇中のジジ君の新旧王者対決。

軍配はジジ君。

泉ピン太郎君も静岡から来てくれて嬉しかったですし相変わらずの押韻を好きに更にアンサーも鋭くなっていたように感じましたね。


僕はSHOHEI君にここでやられてしまいました。

しかしSHOHEI君は去年のUMBリベンジベスト8から今年も一年色々なところで戦績を積んでいて上昇気流にも出てくれて嬉しかったですし、めちやめちゃ応援しています!

決勝へ。


---

【決勝】
◯ジジ VS SHOHEI

---


決勝は盤石の横綱相撲感があったジジ君が勝利し遂に4連覇達成!



おめでとう!

全てにおいて安定している感じがありましたし、ここ数年は更に説得力が増していますね。


敗れたSHOHEI君も曇りない言葉を吐き出せる稀有なMCなのではと思いますし、上述のように本当に頑張って欲しいなと思っております。


ジジ君は胎動のグランドチャンピオンシップの神奈川代表として参戦も決定!

かまして来てもらいましょう!


ライブも毎回書いちゃいますがやはり色々な味がありますね。

TORA君はライブは始めたばかりですかね?

バトルとても格好良いですしライブのが良くなるタイプだと思うので重ねて欲しいですね。


2番手のRIKI君は横須賀からという事で気持ちの入ったライブでした。

ちなみに僕の母方のおばあちゃんの家が横須賀です(笑)


3番手はダテメギリ君。

バトルは参戦しませんでしたが、ライブはダテメギリ君らしくピースな雰囲気でかましてくれました。

宮崎出身のWO-RYE君と会わせたかったですしそれも良かったです(^^)

やはりノリも合ったようで(笑)


おしぶ君のライブは毎回思いますが格好良い、好きですね。

若いんですが同じ世代の空気感があるというのか、どっしりしているんですよね。

他でもライブ重ねてるんですかね?本当に良いのでガツガツやって欲しいMCですね。


roadster君も成長を感じるライブでした。

ライブ前のイントロのroadster紹介は笑いました(笑)

独自の道で進んで欲しいです。


そしてWO-RYE君。

別の日記にも書こうと思いますが、とても良いライブでした。

宮崎でしっかり成長を遂げていて本当に嬉しくなりましたね。


DJ Sevacebeats君で会場が盛り上がった後に初見のP.H.B。

新倉祭には珍しい黒さある2人組で格好良かったです。


そしてTEITO君。やはりスキルフルですね。

新世代のラップの尖った感じとMCではTEITO君らしい普通の感じで雰囲気を掴んでいたと思います。

どんどんかまして行って欲しいですね。


そしてLake君のライブ楽しみにしてましたが完成度の高いライブでしたね。

曲のバリエーションもありつつ内容重視であり内面性も高い惹き込まれるライブでした。

今月も残り5本あるとの事。

有言実行、しっかりと歩を進めています。

どういう存在になっていくのか楽しみですし僕も更に頑張りたいなと思いますね。


その後にADA君が急遽ライブ。

DJにライブに大忙しだったと思いますがしっかりかましてくれましたし、楽しんでライブやってましたね。

イベント主催したり神奈川で本当にしっかりやっている若手の代表だと思います。いつもありがとう。


3rdショーケース、Callbrandzのライブも格好良かったです。

DocTAK君とJacksue君のコンビネーションが良いですね。


Funk the JonathangとGangerと続いたライブは4人でもうやりたい放題でしたかね。

やはりライブ力の高い2組、それぞれでかました後に4人での『へべれけモンキーズ』で勢いのあるライブでとても良かった!

来年も要チェックな2組です!


DJ TONNY君のDJプレイ、DGと楽しく踊りました(^^)


その後にGUEST LIVEへ。


KOOGIさんの渋いライブの後にJUN-GMCさんが登場。

JUN-GMCさんのライブ久々でしたが、キャリアからくるMCの重みはやはりこの日の誰よりも説得力ありましたね。

自分もまだまだ頑張ろうと思いました。

ライブ後お話させて頂きましたが、この日JUN-GMCさんと格好がかなり被っておりましたがそれを言われました(笑)

僕も思ってましたが(笑)

今回本当にありがとうございました!


最後はADA君のDJでイベントは終了。

ブレイクDJをやってくれたTONNY君、ADA君も安定感抜群で毎回ありがとうございます。


大悟君とのギャング茶番は僕が大根で申し訳ありません、未だにギャング映画にはどっぷりです(笑)


今回エントリーが埋まらなかったのは残念でしたが、静岡勢の参戦には本当に感謝でしたし、ライブ陣の当日エントリーも嬉しかったです。

胎動のイコマさんも観に来て下さりありがとうございました!


主催の新倉さんに感謝です。

ちょっと酔いすぎている感じだったので大丈夫でしたかね(笑)?


次回はいつになるかは分かりませんがまたやる機会ありましたら是非宜しくお願い致します!

関係者の皆さんお疲れ様でした!

以上

I'll be back☆

---

【MV】I.B HORSE(I.B production×1horse)/Don't Think Feel〔Prod by I.B production〕






2016年7月20日リリース
【1st Album『IRON HORSE pt.1』/I.B HORSE/凱旋門Recordings(GSNMN-009)】¥2,000+Tax

I.B production×1horse、地下実験記録。

マッドサイエンティストI.B production総指揮の元、1horseのファイティングスピリットが全面に押し出された1枚が完成。

I.B productionのサンプリングを基調としたブラックないなたいサウンドに呼応するかのように1horseのライム&フロウは荒馬と化しILL The 1Hへ。

客演には地下で暗躍するSecret ManeuversよりRATLAPとヒロキを召喚。

このI.B HORSEの最初の実験は世間の風潮など全くお構い無しでひたすらアイアンロードを突き進んだ記録である。

諸君、御騎乗あれ。

-Track List-
01.Get Back
02.Don't Think Feel
03.Iron Horse Anthem feat.ヒロキ
04.Skit
05.Birthday
06.SOF feat.ヒロキ,RATLAP
07.Rensen Rensho
08.Untouchable
09.Skit
10.Supernatural
11.Frontier Soldier
12.Outro

All Produced By I.B production
03,11.Scratched By DJ KEN a.k.a beatjunkie
All Mixed By Kazubariki
All Mastered By 8ronix
Art Works By Kazubariki


-I.B HORSE BIOGRAPHY-

20XX年、西東京のドープワーカーズ『I.B production』と秦野産馬の『1horse a.k.a.ILL The 1H』が意気投合!ブラックなサウンドを求め夜を駆る西部劇さながらのアウトロー稼業を旗揚げした。

それが『I.B HORSE』である。

1horseは神奈川県の秦野市に生まれ2007年の上京と共に行動開始し、数多くのライブ活動に加えMC BATTLEにも定評があり、国内最高峰のMC BATTLE、ULTIMATE MC BATTLE横浜予選で2011年に優勝を成し遂げ神奈川代表として本戦に出場。

主宰する凱旋門Recordingsよりアルバム3枚、EP2枚、12インチを1枚リリース。

I.B productionはヒロキ(RAP)とテツオ(Beats)による双子HipHop ユニットであり、長く地下に潜伏しながらソロ作品やBeats提供を展開し、2013年にはユニットとしての初作品『I.B PRODUCTION × DJ YOSUKE』名義で1st MIX CD『MIDNIGHT COLLECTION』をリリース。

Secret ManeuversとしてもRATLAP、LANDTECHNIKS、KEN-Tと共に暗躍している。

こいつらが組んでしまった今、ヤワな賞金首は早撃ちの練習で自分の足を撃ち抜く前にテキサスのシェリフに助けを求めるのが賢明だろう。
-I.B HORSE a.k.a BOUNTY HUNTER-
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。