1 | 2 次ページ >> ▼ /
2016-10-29 15:46:00

明日は名古屋遠征!『ド真ん中MC BATTLE』にてライブ&バトル出演

テーマ:音楽関係
今週は前半に4連休もどきがあったので山旅でもしようと思いましたが、天気が悪かったのと風邪でもあったため大人しく地元におりました。

とは言え何もしないのもつまらないので、ちょっとだけ丹沢に繰り出したり、先日に出来た平塚ららぽーとに行ってみたり、鎌倉にも行きました。

のんびりと楽しむ事が出来たので良かったです(^-^)

そして今週は明日名古屋遠征!

ATER君主催の『ド真ん中MC BATTLE』にてライブ&バトル出演となります。

呼んでくれたATER君に感謝!

名古屋には6年前に広島京都旅行帰りに鰻を食べに一瞬だけ立ち寄っただけなので、実質初めてです。

勿論ライブもバトルも初めてですが、らしくかませたらと思います。

下記詳細になります!


---



『ド真ん中 MC BATTLE!!』
10月30日(日)
OPEN 15:00 Cloes 21:00
会場 cafe domina
http://cafe-domina.com/

56ENTRY ¥2000
Door ¥3000

優勝賞金 ¥30000

【ゲストLIVE&バトル】
PEKO
1horse
MCニガリa.k.a赤い稲妻 KBD
裂固

【ゲストDJ】
HIGH-TONE
HAMAYA
Kinkgroove

【ゲストMPC】
HOKUTO

(タイムテーブル)

13:30~ バトルエントリー者受付

15:00~ OPEN DJタイム
DJ HIGH-TONE

15:30~15:40 LIVE
PEKO

15:40~16:00 LIVE
1horse

16:00~16:20 LIVE
MCニガリ a.k.a 赤い稲妻

16:30~18:00 MC BATTLE(1~3回戦)
(DJ HIGH-TONE、MPC HOKUTO、DJ HAMAYA)
1、2回戦 8小節2本勝負
3回戦 8小節3本勝負

18:00~18:30 DJタイム
DJ HAMAYA

18:40~19:00 LIVE
KBD

19:00~19:20 LIVE
裂固

19:30~20:15 準々決勝、準決勝
(DJ HAMAYA、MPC HOKUTO)
準々決勝 8小節3本勝負
準決勝 8小節4本勝負

20:15~20:30 決勝戦 8小節4本勝負
(DJ HAMAYA or MPC HOKUTO)
先攻のMCがどちらかのビートを選択

20:30~Cloes(21:00) DJタイム
DJ Kinkgroove

※前後、変更する場合があります。

---

僕も楽しみなGUESTの方々ばかりですし、お近くの方は是非とも宜しくお願い致します(^^)

以上

I'll be back☆

---

【MV】I.B HORSE(I.B production×1horse)/Don't Think Feel〔Prod by I.B production〕







2016年7月20日リリース
【1st Album『IRON HORSE pt.1』/I.B HORSE/凱旋門Recordings(GSNMN-009)】¥2,000+Tax

I.B production×1horse、地下実験記録。

マッドサイエンティストI.B production総指揮の元、1horseのファイティングスピリットが全面に押し出された1枚が完成。

I.B productionのサンプリングを基調としたブラックないなたいサウンドに呼応するかのように1horseのライム&フロウは荒馬と化しILL The 1Hへ。

客演には地下で暗躍するSecret ManeuversよりRATLAPとヒロキを召喚。

このI.B HORSEの最初の実験は世間の風潮など全くお構い無しでひたすらアイアンロードを突き進んだ記録である。

諸君、御騎乗あれ。

-Track List-
01.Get Back
02.Don't Think Feel
03.Iron Horse Anthem feat.ヒロキ
04.Skit
05.Birthday
06.SOF feat.ヒロキ,RATLAP
07.Rensen Rensho
08.Untouchable
09.Skit
10.Supernatural
11.Frontier Soldier
12.Outro

All Produced By I.B production
03,11.Scratched By DJ KEN a.k.a beatjunkie
All Mixed By Kazubariki
All Mastered By 8ronix
Art Works By Kazubariki


-I.B HORSE BIOGRAPHY-

20XX年、西東京のドープワーカーズ『I.B production』と秦野産馬の『1horse a.k.a.ILL The 1H』が意気投合!ブラックなサウンドを求め夜を駆る西部劇さながらのアウトロー稼業を旗揚げした。

それが『I.B HORSE』である。

1horseは神奈川県の秦野市に生まれ2007年の上京と共に行動開始し、数多くのライブ活動に加えMC BATTLEにも定評があり、国内最高峰のMC BATTLE、ULTIMATE MC BATTLE横浜予選で2011年に優勝を成し遂げ神奈川代表として本戦に出場。

主宰する凱旋門Recordingsよりアルバム3枚、EP2枚、12インチを1枚リリース。

I.B productionはヒロキ(RAP)とテツオ(Beats)による双子HipHop ユニットであり、長く地下に潜伏しながらソロ作品やBeats提供を展開し、2013年にはユニットとしての初作品『I.B PRODUCTION × DJ YOSUKE』名義で1st MIX CD『MIDNIGHT COLLECTION』をリリース。

Secret ManeuversとしてもRATLAP、LANDTECHNIKS、KEN-Tと共に暗躍している。

こいつらが組んでしまった今、ヤワな賞金首は早撃ちの練習で自分の足を撃ち抜く前にテキサスのシェリフに助けを求めるのが賢明だろう。
-I.B HORSE a.k.a BOUNTY HUNTER-
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-16 18:21:27

昨日の『罵倒×戦極サイファー予選』感想

テーマ:MCバトル感想
昨日は『罵倒×戦極サイファー予選』のバトルに参戦、ベスト16でNaughty君にやられてしまいました。

少しずつ振り返りたいと思います。


70名くらいがエントリーしていたのかなと思います。

1、2回戦では
『ダテメギリ VS ゴキブリ』
『富嶽 VS MAKI DA SHIT』
『雄猿 VS NoZu』
『狂犬 VS TORA-G』
『ゆうま VS 9for』
『カーター VS T@K』
『ワイジニアス VS コマツヨシヒロ』
『Z.I.O-RAMA VS マスオマスター』
『CAOS VS MAKI DA SHIT』

この辺りが面白かったです。

中でも『カーター VS T@K』はこの日のベストバウトと言えるかなと思います。

ビートも相まって2人のとてつもないスキルフルなラップのセッションみたいなバトルで大盛り上がり。

単純に凄いなと思いました!


上記以外でもバトル前からケーミカル君のキャラが際立っていましたね。

勿論ラップもとても上手い。


ゴキブリ君のインパクトも凄かった!内容が面白いのとビートにも乗り出してきて上手いんですよね。


フィメールの面々の試合もどの試合も面白かったです。

男よりグサリとくるものがありますな(^_^;)


実力者同士の戦いも多くありましたが、波乱は少なかったような気がします。


僕はgAwn君、APELIL君を何とか突破しました。


戦いはベスト16へ。

---

【ベスト16】
okboy VS TUMA◯
◯Naughty VS 1horse
◯SONNY VS あひる
マスオマスター VS ムノウ◯
◯カーター VS ワイジニアス
ゴキブリ VS MAKI DA SHIT◯
アーテル VS 雄猿◯
◯9for VS 魅riン

---

『マスオマスター VS ムノウ』もエグい戦いでしたね(笑)

マスオマスター君敗れましたがユーモアもありやはり上手いなと思いました。


『ゴキブリ VS MAKI DA SHIT』これも面白かった(笑)

ゴキブリという名前のMCと白衣をまとったMAKI君、面白くない訳が無いです、MAKI君勝利。

ゴキブリ君も物凄い印象を残しました。


『カーター VS ワイジニアス』『9for VS 魅riン』も凄い戦いだったのですが、罵倒と言う事もあり(完全に戦極色でしたが)ちょっと荒れた試合だったかな。

お客さんはとても楽しめたのかなと思いますが…MC目線だとちょっと考えてしまうものがありましたね。

しかしながら昔は荒れた試合も多かったですし、今は平和的にはなってるような気はします。

これも『バトル』の魅力の1つなのかもしれません。

その中で9for君貫いていて格好良かった!


僕はNaughty君にやられてしまいましたが、正面で打ち合えた感がありましたし気持ちの良い負けでした。

ベスト8へ。

---

【ベスト8】
TUMA VS Naughty◯
◯SONNY VS ムノウ
◯カーター VS MAKI DA SHIT
雄猿 VS 9for◯

---

『TUMA VS Naughty』正統な良い試合、僅差でNaughty君の勝利。

TUMA君も安定感あります。やっている事が着々と力になっているなと思います。


『SONNY VS ムノウ』ここまでかなりの攻撃力をみせていたムノウさんでしたがここは巧者SONNY君が一枚上手でした。

しかしながらフィメールラッパーが数人出ていた中でこの日1番かましていましたね。


『カーター VS MAKI DA SHIT』こちらも良い試合でした。

カーター君の熱も良い具合に冷め、いつもながらの格好良いラップ、MAKI DA SHIT君の包み込むような懐の深さ。

カーター君勝利。

しかしMAKI君の大会通して流石の強さ、大きさでしたね。


『雄猿 VS 9for』

ここまで地力とステージングが頭1つ抜けている感のあった雄猿君を止めたのが9for君。

スキルフルかつ内容が真っ直ぐ、誰相手でも怯まずにやる。負けん気の強さを感じましたね。

数少ない戦慄時代経験組、雄猿君も毎回書いてしまいますが流石でした。

次のベスト4…これが代表決定戦でした。


---

【代表決定戦】
◯Naughty VS SONNY
カーター VS 9for◯

---


『Naughty VS SONNY』は同じ歳同士の闘い、一進一退の攻防、最後はNaughty君が押し切りました。

SONNY君も安定感抜群の本当に良い闘いぶりでした。


『カーター VS 9for』こちらも良い試合でしたが、9for君のひたむきな姿勢がこの日は会場を掴んでいました。

闘い方僕も凄い好きです。

カーター君もめちゃめちゃ良かったんですが、ちょっとヒートし過ぎたかもしれないな。

ただ僕もですがバトルってどうしても熱くなるんですよね。

熱くなれるっていうのは良いことだと思ってます。


Naughty君と9for君の2人が本戦へ。

荒れた空気の中でブレない間違い無い2人だったと思う!

おめでとう!


ライブは全部をしっかり観れたわけでは無いのですがMAKI DA SHIT君のライブ凄い良かった!

以前に観た時よりもステージングもパワーアップしていましたね。

人柄やバックボーン溢れるライブでした。


初めて観たダテメギリ君のライブも好きでしたし、カーター君も格好良かったですね。


僕はZ.I.O-RAMAさんとバックDJやらせて頂きました。

Z.I.O-RAMAさんにも感謝!

ちなみに本戦行けたらせっかく『埼玉サイファー』というイベントに出演しているならばという事で、マサキオンザマイクさんとZ.I.O-RAMAさんとの埼玉サイファーチームで出ようと思ってました(笑)

残念ながら辿り着けませんでしたが楽しかったです。

皆さんお疲れ様でした!!

以上

I'll be back☆

---

【MV】I.B HORSE(I.B production×1horse)/Don't Think Feel〔Prod by I.B production〕




{1DC50FD6-E50F-479D-A202-A3C5A0CF9ABB}

2016年7月20日リリース
【1st Album『IRON HORSE pt.1』/I.B HORSE/凱旋門Recordings(GSNMN-009)】¥2,000+Tax

I.B production×1horse、地下実験記録。

マッドサイエンティストI.B production総指揮の元、1horseのファイティングスピリットが全面に押し出された1枚が完成。

I.B productionのサンプリングを基調としたブラックないなたいサウンドに呼応するかのように1horseのライム&フロウは荒馬と化しILL The 1Hへ。

客演には地下で暗躍するSecret ManeuversよりRATLAPとヒロキを召喚。

このI.B HORSEの最初の実験は世間の風潮など全くお構い無しでひたすらアイアンロードを突き進んだ記録である。

諸君、御騎乗あれ。

-Track List-
01.Get Back
02.Don't Think Feel
03.Iron Horse Anthem feat.ヒロキ
04.Skit
05.Birthday
06.SOF feat.ヒロキ,RATLAP
07.Rensen Rensho
08.Untouchable
09.Skit
10.Supernatural
11.Frontier Soldier
12.Outro

All Produced By I.B production
03,11.Scratched By DJ KEN a.k.a beatjunkie
All Mixed By Kazubariki
All Mastered By 8ronix
Art Works By Kazubariki


-I.B HORSE BIOGRAPHY-

20XX年、西東京のドープワーカーズ『I.B production』と秦野産馬の『1horse a.k.a.ILL The 1H』が意気投合!ブラックなサウンドを求め夜を駆る西部劇さながらのアウトロー稼業を旗揚げした。

それが『I.B HORSE』である。

1horseは神奈川県の秦野市に生まれ2007年の上京と共に行動開始し、数多くのライブ活動に加えMC BATTLEにも定評があり、国内最高峰のMC BATTLE、ULTIMATE MC BATTLE横浜予選で2011年に優勝を成し遂げ神奈川代表として本戦に出場。

主宰する凱旋門Recordingsよりアルバム3枚、EP2枚、12インチを1枚リリース。

I.B productionはヒロキ(RAP)とテツオ(Beats)による双子HipHop ユニットであり、長く地下に潜伏しながらソロ作品やBeats提供を展開し、2013年にはユニットとしての初作品『I.B PRODUCTION × DJ YOSUKE』名義で1st MIX CD『MIDNIGHT COLLECTION』をリリース。

Secret ManeuversとしてもRATLAP、LANDTECHNIKS、KEN-Tと共に暗躍している。

こいつらが組んでしまった今、ヤワな賞金首は早撃ちの練習で自分の足を撃ち抜く前にテキサスのシェリフに助けを求めるのが賢明だろう。
-I.B HORSE a.k.a BOUNTY HUNTER-
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-06 18:30:40

昨日の『埼玉サイファー14』感想

テーマ:ライブ感想
昨日は西川口ハーツにてマサキオンザマイクさん主催の『埼玉サイファー』の14回目でした。

少しずつ感想を。

まずDJ YEWさんの描けるビートでサイファータイム。

冒頭でチケット君と少しやらせていただきました。

Z.I.O-RAMAさん、ゆうま君、ニガリ君、J平君という猛者達が貪欲にマイクを握ってました。

そこからライブへ。


1番手はチケット君。

何回聞いても初期衝動が蘇るリリック、とても好きです。

着々と積み重ねてますね。


次はM1NAZUK1ちゃん。

リリックに生きてきた事象が綴られていて感じるものがあります。


そしてJ平君、めちゃめちゃ気合い入っていましたね。

フリースタイルダンジョンにも挑戦中との事ですし、ライブも最初に観た時から見違えるほどに良くなっていると思います。

これからの活躍が益々楽しみですね。


そしてもがくひと君、久々のライブとの事。

{AB7B7F5C-C9A5-4AF6-985E-FF5A25642D5B}

感じさせない相変わらずの1人劇のようなステージングで世界観を作り出していました。


5番手にゆうま君が登場。

楽曲が分かりやすいかつ面白い視点で楽しいライブでしたし、何より本人が楽しそうでしたね。


雰囲気が何転もするのが埼玉サイファー、狩谷赤人君のライブは言わずもがなの独自の世界観。

毎回思いますが、この世界観を作り出せるのは本当に凄いなと思います。


そして埼玉サイファーに復活のANCELL君。

ライブ久々に観れて良かったです。

また作品をリリースするようですし、ものづくりのスタミナは学ぶべきところだなと思います。


そしてお馴染みのZ.I.O-RAMAさんライブは安定感ありますね。

観ていてとても安心感がありますし、本当に居なくてはならない存在だと思いますし、毎回ですがZ.I.O-RAMAさんの優しさが感じられるライブだと思いました。


初登場のRINさんのライブは表現力が抜きん出ているなと思います。

技術も多彩ですし、何よりやはり表現力。

雰囲気も女性アクトに対してアダルトという表現は失礼かもしれませんが、大人なんですよね。

とても刺激になりました。酒を飲まない自分にはスナックは敷居が高いです(笑)


そしてこちらも初登場のレイト君。

レイト君のライブも久々でしたが、オリジナルな世界観。

この日は世界観を持った出演者が多いですが、レイト君もやはり引き込みますね。


そして若き勇将、MCニガリa.k.a.赤い稲妻。

ニガリ君はラップの格好良さは勿論やはり人柄が良いのが一回ライブ観れば分かると思います、1番の武器ですよね。

ライブにも余裕が感じられますし楽しんでました。


その後に僕がやらせて頂き、総大将、マサキオンザマイクさんライブ。

始まりから『PAさん、ステージの幕を降ろしてください』

舞台袖でめちゃめちゃ笑いました(笑)

お決まりとなりつつあるリコーダーも炸裂、謎のUFOを呼ぶ儀式へ。

『UFO来ないのはこの曲がダサいせいだな』

掛けた曲はGamble Star(笑)

そうです、この日はSAG.MICさんの誕生日という事で色々仕込んでおりました(笑)

しかしUFOを呼ぶ儀式についてはやる事以外聞いていなかったので流れがこうだとは思わずに笑いましたね(笑)

SAGさんをステージに招き、この日の為にマサキさんがTシャツを作成!



拙いながらデザインやらせて頂きましたm(_ _)m

SAGさん『この曲、ふざけんなよ、流すんじゃねえよ』

ちなみにGamble Starというのは僕とSAGさん、Hawkの3人だったVerettaが2008年いっぱいで活動休止してから僕はソロになり、SAGさんとHawkの2人が組んだ伝説のユニットである。



その時代を知らない人達の為に代表曲である『Gamblestar』流しました(笑)

トラックは僕が作りましたが、あの段階なりに頑張った感があり実は本当にお気に入りである(笑)

SAGさんがThugであり、Hawkの『俺らの器は大容量 きっと一夫多妻で大往生』というパンチラインが大好きです(笑)

SAGさんはキレキャラを出しつつも喜んでくれていたようで何よりです。

マサキさんが着ていましたし物販にも並べていたのでバレバレだったようですが(笑)


その後は珍盤亭娯楽師匠のDJプレイで盛り上がりサイファータイムで皆がマイクを掴み合い大団円。

空廻君やSALPHA君やナカザワ君といったお馴染みの面々も遊びに来ておりました。

埼玉サイファー、やはり温かいイベントですね。

主催のマサキさんに本当に感謝ですし、次回の3周年は来年1月の18日に決定しております。

皆で盛り上げていけたらと思いますし、引き続き埼玉サイファーを宜しくお願い致します!

関係者の皆さん、お疲れ様でした!



以上

I'll be back☆

---

【MV】I.B HORSE(I.B production×1horse)/Don't Think Feel〔Prod by I.B production〕





2016年7月20日リリース
【1st Album『IRON HORSE pt.1』/I.B HORSE/凱旋門Recordings(GSNMN-009)】¥2,000+Tax

I.B production×1horse、地下実験記録。

マッドサイエンティストI.B production総指揮の元、1horseのファイティングスピリットが全面に押し出された1枚が完成。

I.B productionのサンプリングを基調としたブラックないなたいサウンドに呼応するかのように1horseのライム&フロウは荒馬と化しILL The 1Hへ。

客演には地下で暗躍するSecret ManeuversよりRATLAPとヒロキを召喚。

このI.B HORSEの最初の実験は世間の風潮など全くお構い無しでひたすらアイアンロードを突き進んだ記録である。

諸君、御騎乗あれ。

-Track List-
01.Get Back
02.Don't Think Feel
03.Iron Horse Anthem feat.ヒロキ
04.Skit
05.Birthday
06.SOF feat.ヒロキ,RATLAP
07.Rensen Rensho
08.Untouchable
09.Skit
10.Supernatural
11.Frontier Soldier
12.Outro

All Produced By I.B production
03,11.Scratched By DJ KEN a.k.a beatjunkie
All Mixed By Kazubariki
All Mastered By 8ronix
Art Works By Kazubariki


-I.B HORSE BIOGRAPHY-

20XX年、西東京のドープワーカーズ『I.B production』と秦野産馬の『1horse a.k.a.ILL The 1H』が意気投合!ブラックなサウンドを求め夜を駆る西部劇さながらのアウトロー稼業を旗揚げした。

それが『I.B HORSE』である。

1horseは神奈川県の秦野市に生まれ2007年の上京と共に行動開始し、数多くのライブ活動に加えMC BATTLEにも定評があり、国内最高峰のMC BATTLE、ULTIMATE MC BATTLE横浜予選で2011年に優勝を成し遂げ神奈川代表として本戦に出場。

主宰する凱旋門Recordingsよりアルバム3枚、EP2枚、12インチを1枚リリース。

I.B productionはヒロキ(RAP)とテツオ(Beats)による双子HipHop ユニットであり、長く地下に潜伏しながらソロ作品やBeats提供を展開し、2013年にはユニットとしての初作品『I.B PRODUCTION × DJ YOSUKE』名義で1st MIX CD『MIDNIGHT COLLECTION』をリリース。

Secret ManeuversとしてもRATLAP、LANDTECHNIKS、KEN-Tと共に暗躍している。

こいつらが組んでしまった今、ヤワな賞金首は早撃ちの練習で自分の足を撃ち抜く前にテキサスのシェリフに助けを求めるのが賢明だろう。
-I.B HORSE a.k.a BOUNTY HUNTER-
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。