1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2015-12-28 18:00:02

12/20(日曜)のマスカットボーイズリリースパーティー感想と23日ライブキャンセルについて

テーマ:ライブ感想
1週間以上前になってしまいますが、出演させて頂いた渋谷UNDERBARでのマスカットボーイズのリリースパーティー『一生のお願い』について少しずつ振り返りたいと思います。

まずオープンDJはhigh-tone君。

日本語ラップセット、幅広い選挙だったかと。

そこからhigh-tone君のラスト10分使ってJ平君の気合い入ったライブ。

『このイベントの出演者を見て、俺らも出るしかないと話合ったらhigh-toneが抜けがけしやがって…』

(笑)

今回2人は出演を自ら志願したそうです。

凄いやる気です!間違い無し!

こういう部分凄い良いなと思いますし実行出来るのは強いですね。

J平君は戦極13章の予選の狭き門を突破し本戦に進みましたし着実に繋がってると思います。


そこからDJ K.A.Zさんの安定感のあるプレイ。

K.A.Zさんにも上昇気流MC BATTLEはじめ本当にお世話になりましたが、来年は登山でもお世話になりそうです(笑)


そこからライブへ。

尻跳楽団はがりゅう君、Hunter君、DJ Itsさんの3人組でまさに尻を跳ねさせるような元気なパフォーマンス。

マスカットボーイズはリリパをやるならのライブトップバッターは尻跳楽団と決めていたとの事、深い繋がりを感じました。


次は裸武君。

尻跳楽団とは一転した硬派なライブ、格好良い。

男は背中で語る、そんなライブでしたね。

大宮サイファーからの歴史も。

来年にはリリース予定控えているとの事。楽しみですね。


そして久々の飛ぶ教室。FIZZ君&ゆうま君。

演劇も少し2015Ver.で笑いました(笑)

しかし、2人の凄いところは細かい点の気遣い、準備のマメさ。

手紙にプレゼント、自分に足りてない所を見せつけられたかなと。

FIZZ君がマスカットタルトをガチで作ってきていて凄いなと思いましたね。

{E7909336-872E-4CD4-83CB-79D8EF9A8C48:01}

かなり良い雰囲気でした。温かい(^^)



正直にかなりやりづらい空気で順番が回ってきましたが、もうライブをかますだけという気持ちでやりました。

打ちこわし、以上!(笑)すいませんでした(^^;;


そして空廻君の所属するQWAISからDJ OVER君やのプレイは揺らせてましたね。

久々に会いましたが、雰囲気が落ち着いた印象受けました。

QWAISのメンバーも来ていて良い仲間ですね。


そして906のライブは質の高いビート、お洒落な空間で心地良かったです。

空廻君の1stを全てプロデュースしており、相性もとでも良い。

是非そちらもチェックして欲しいですね。


そしてマサキオンザマイクさん。

唯一無二という言葉がこれ程似合う人もいないだろう。オリジナル。過ぎる(笑)

好きなものに向かう姿勢にいつもやられています。

そしてマスカットボーイズの2人の事もいつも気に掛けている…色々思い出しながらライブ観てました。


とても良い流れで主役のマスカットボーイズへ。

あまりライブをやっている感じでは無いと思いますますが、以前観たパフォーマンスより断然良くなっておりました。

この日の為にしっかり練ってきたのが伝わるライブ。

やはり2人組はコンビネーション大事ですよね。

『本当に誰もRAPしなかった夜』のストーリーテラー性も光っていましたし、2人の内面押し出したソロ『夕焼けの唄』も沁みました。

飽きさせない構成でしたね。

2人が紆余曲折しながらリリースした『metabolical music』是非聴いてみて欲しいです。


ラストDJはmondo katimu君。

遠核にも出てくれていたドモン君!久々に再会。

懐かしい面子が揃ったイベントで本当に楽しかったです。


空廻君とは彼がMOTETAI CREWで活動していた頃に初めて出会ったので2009年くらい~の付き合いかなと。

この2,3年くらいは特に近い現場でやっていると思います。

色々大変だと思います。ただそれは僕が書けるような事では無いし、1つ言えるのは今元気に活動していてリリースも重ねていてそれが嬉しいです。

空廻君はどんなに辛い事があっても、自分はネガティヴだと話していても負を撒かないというか、接していると前を向いているなと感じるんですよね。

曲にもそれがうまく昇華されて表現されているかと思う。

もしかしたら無理しているのかもしれないんですけど強さもある…あとはやはり性格が良いんだと思います。


tanpi君に関しては、凱旋門Recordingsの仲間であると同時に僕は何もやってあげれてないんですよ。

申し訳ない…

自分がかなりの個人主義な人間なので、自分勝手に好きな事をやってしまっているので…

今回のリリースに関しても全く協力出来ませんでした。

裏を返せば僕なんかが手伝わなくても自分で色々出来てしまう才能の持ち主がtanpi君なんですよね。

触れると分かると思いますが、本当にクリエイター気質の男だと思います。

負けず嫌いだけど気難しい訳ではなく、空廻君同様前向きな感じであり、より繊細で…うまく表現出来ませんがそれがtanpi君なんですよね。

好きな事に向かっていく気持ちが純粋な表現者であるtanpi君。


空廻君とtanpi君、マスカットボーイズを組んだと聞いた時、凄い良い2人組だと思いました。

来年はそれぞれ別々に活動するようですが、それも含めて色々楽しみです。

勝手に色々書いてしまいましたが、改めてリリースおめでとうございます(^^)


G-lint君や梅酢君と2人と馴染み深い色々な人達が来ていましたね。

究慈君と久々に会えたのも良かったです。

素晴らしい空間に誘ってくれたマスカットボーイズの2人に本当に感謝です。


最後に…

23日に渋谷UNDERBARでの『超男塾』が年内ラストライブの予定だったのですが、体調不良で急遽出演キャンセルさせて頂きました。

病院に行った結果ウイルス性の風邪がお腹にいってしまい、腹痛が治まらず、連絡も遅くなってしまいRINDさん、太尊さんはじめ関係者の皆さん、本当に申し訳ありませんでした。

お腹に風邪が行ってしまう事が2年に1度くらいの頻度であり、体調管理気を付けなければと思います。

無事に回復しましたので、今回の失敗を来年以降に繋げるべく頑張りたいと思います。

今回は本当に情けない限りではありましたが、今後も宜しくお願い致します。

以上

I'll be back☆

---
 
{AC11517C-1BDB-443D-B4C8-CD350DFCF611:01}

2014年12月10日発売
【3rd Album『リスタート』/1horse/凱旋門Recordings(GSNMN-008)】¥2,500+Tax

また新たな旅の始まり…

沈黙から完全に復活し、溢れんばかりのバイタリティを源に活動する神奈川秦野出身のMC、1horse。

2nd Album『Sequence Music』から約三年の時が経ち、活動休止も含めた様々を経て、今までを見つめ直し、この三年間を凝縮した『リスタート』と銘打った3rd Albumが遂に完成。

活動再開後、UMB2013の東京予選でベスト4などMCバトルでの活躍やキレを増した多くのライブを重ね、『Between 2nd And 3rd E.P.』『Between 2nd And 3rd E.P.②』と3rdの架け橋となるEP2枚をリリース。

人生とは何だろうか…

辿り着いた今作品にはそんな思い通りに進まない三十路前の苦悩、その中に見い出す前向きな感情や希望、怒り、闇、本音…今まで内包されていた感のある奥底まで感情全てをさらけ出し、ストレートにリリックに落とし込み形になった。

過去作品に比べ、よりシンプルになった言葉は重みが増し、殆どが1度聴けば頭に入る曲ばかりで構成されている。

トラックメイカーには初めてとなるCARREC、KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA)、ElmØre、KO-ney、Osurek Bertopと既にシーンを騒がせている敏腕に加え、DJ RIND、yukihILL、I.B production、蝋人G女と身近の間違いない面子が勢揃い。

勿論凱旋門からも才人tanpiにKazubariki、nexus-Xが後押し。

客演にはサイプレス上野、DEJI、Y.A.S、ヒロキ、究慈、ROOKと重鎮から若い才能までが集結。

Lazy-13が手掛けたジャケットからも感じることが出来る、過去から脱却し、今の自分を信じ勝負に打って出る本番、これが3枚目。

先行で届けられた『Dream Walking』も含め全20曲、
約70分のフルセット、繰り広げるロングラリー必聴盤。

Trackmaker
CARREC,KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA),ElmØre,KO-ney,DJ RIND,yukihILL,Osurek Bertop,I.B production,tanpi,蝋人G女,Kazubariki,nexus-X

Featurig Artist
サイプレス上野,DEJI,Y.A.S,ヒロキ,究慈,ROOK

-Track List- 
01.リスタートのOpening 
(Prod by Kazubariki)
02.準備
(Prod by Kazubariki)
03.Restart
(Prod by CARREC)
04.Focus feat.DEJI,ヒロキ
(Prod by I.B production)
05.チャレンジャー
(Prod by CARREC)
06.腹減ノ詩
(Prod by 蝋人G女)
07.小旅行 feat. 究慈,ROOK
(Prod by tanpi)
08.打ちこわし
(Prod by 蝋人G女)
09.Skit -2年連続の失敗-
(Prod by DJ RIND)
10.好きな事だけ出来たなら -二つの世界-
(Prod by yukihILL)
11.History
(Prod by ElmØre)
12.また会おう
(Prod by Osurek Bertop)
13.気持ちだけ
(Prod by 蝋人G女)
14.Skit -ブレインノイズ-
(Prod by nexus-X)
15.ヒップホップの無い生活
(Prod by Kazubariki)
16.Dream Walking
(Prod by ElmØre)
17.ソノサキ feat.Y.A.S
(Prod by tanpi)
18.聴こえる feat.サイプレス上野
(Prod by CARREC)
19.Big Wave
(Prod by KO-ney)
20.リスタートのEnding 
(Prod by KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA))

02,11.Scratched By DJ SION
03.04,05,15.Scratched By DJ RIND
All Mastered By Taizo Hayama At Green Brew Studio
Art Works By LAZY-13&Kazubariki
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-22 16:15:24

今年のラストライブは明日の『超・男塾』

テーマ:音楽関係
前回の男塾…僕は出演は出来ずジゴ君と富士山に登っていた。

案の定高山病で苦しんだ。

どうやったら高山病を克服出来るのか?

その答えがこのイベントにある…



かどうかは分かりませんが、今年のラストライブはRINDさん主催の渋谷UNDERBARの『超・男塾』でやらせて頂きます。

運動好きが集まるこのイベントは僕も大好きなんですが、罵倒REVENGEの結果の関係で出演を直前まで待って頂き…本当にご迷惑お掛けしました。

それでもRINDさんは『出来る限り罵倒を頑張ってほしい』と言って下さいました。

残念ながら同日の本戦に辿り着くことが出来ませんでしたが、その分こちらで思いきりやらせて頂きます!

RINDさん、本当にありがとうございます!

下記詳細です!


---

{FE6C9567-EB05-4812-B2E1-3E98596D8D9D:01}

パワーアップして復活!
12/23(水)
【超・男塾】
at.渋谷UNDER BAR
16:00-22:00
¥2000/1d

クリスマス直前
デート資金争奪MCバトル
8名まで

GUEST LIVE
文太
YOS-MAG.
黄猿

GUEST DJ
MICARFy

GUEST FUNKOT DJ
IYOchang&totsumal

Burlesque dancing
Margaret Igorroom

LIVE
秘密結社MMR
NAOMY
SKB69
マスカットボーイズ
MC KUREI
五更カイト
1horse


(タイムテーブル).
16:00~16:45 TAPPY      

LIVE 1
16:45~16:55 五更カイト
16:55~17:05 フータロック
17:05~17:20 1horse

17:20~17:50 DJ RIND

17:55~18:00  GUEST トーク 30kg減量編  
18:00~18:10  KUREI

18:10~18:40 タイザップ

18:40~19:20 IYOchang&totsumal(FUNKOT B2B)

19:20~19:30 tami
19:30~19:45 SKB69
19:45~20:15 クリスマス資金 総取りMC BATTLE
1回戦~2回戦 4名

20:15~20:25 マスカットボーイズ
20:25~20:40 黄猿
20:40~20:55 秘密結社MMR

20:55~21:35 DJ MICARFy

21:35~21:55 文太
21:55~22:10 YOS-MAG.
22:10~22:20  Margaret Igorroom

22:20~22:30 LAST TAPPY

---

お時間ある方は是非とも遊びに来て下さい(^^)

太尊先生のタイザップも本当に楽しみです!

宜しくお願いします!

以上

I'll be back☆

---

{700FCA2A-0DC6-479C-AA9C-9A92A7598156:01}
 
2014年12月10日発売
【3rd Album『リスタート』/1horse/凱旋門Recordings(GSNMN-008)】¥2,500+Tax

また新たな旅の始まり…

沈黙から完全に復活し、溢れんばかりのバイタリティを源に活動する神奈川秦野出身のMC、1horse。

2nd Album『Sequence Music』から約三年の時が経ち、活動休止も含めた様々を経て、今までを見つめ直し、この三年間を凝縮した『リスタート』と銘打った3rd Albumが遂に完成。

活動再開後、UMB2013の東京予選でベスト4などMCバトルでの活躍やキレを増した多くのライブを重ね、『Between 2nd And 3rd E.P.』『Between 2nd And 3rd E.P.②』と3rdの架け橋となるEP2枚をリリース。

人生とは何だろうか…

辿り着いた今作品にはそんな思い通りに進まない三十路前の苦悩、その中に見い出す前向きな感情や希望、怒り、闇、本音…今まで内包されていた感のある奥底まで感情全てをさらけ出し、ストレートにリリックに落とし込み形になった。

過去作品に比べ、よりシンプルになった言葉は重みが増し、殆どが1度聴けば頭に入る曲ばかりで構成されている。

トラックメイカーには初めてとなるCARREC、KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA)、ElmØre、KO-ney、Osurek Bertopと既にシーンを騒がせている敏腕に加え、DJ RIND、yukihILL、I.B production、蝋人G女と身近の間違いない面子が勢揃い。

勿論凱旋門からも才人tanpiにKazubariki、nexus-Xが後押し。

客演にはサイプレス上野、DEJI、Y.A.S、ヒロキ、究慈、ROOKと重鎮から若い才能までが集結。

Lazy-13が手掛けたジャケットからも感じることが出来る、過去から脱却し、今の自分を信じ勝負に打って出る本番、これが3枚目。

先行で届けられた『Dream Walking』も含め全20曲、
約70分のフルセット、繰り広げるロングラリー必聴盤。

Trackmaker
CARREC,KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA),ElmØre,KO-ney,DJ RIND,yukihILL,Osurek Bertop,I.B production,tanpi,蝋人G女,Kazubariki,nexus-X

Featurig Artist
サイプレス上野,DEJI,Y.A.S,ヒロキ,究慈,ROOK

-Track List- 
01.リスタートのOpening 
(Prod by Kazubariki)
02.準備
(Prod by Kazubariki)
03.Restart
(Prod by CARREC)
04.Focus feat.DEJI,ヒロキ
(Prod by I.B production)
05.チャレンジャー
(Prod by CARREC)
06.腹減ノ詩
(Prod by 蝋人G女)
07.小旅行 feat. 究慈,ROOK
(Prod by tanpi)
08.打ちこわし
(Prod by 蝋人G女)
09.Skit -2年連続の失敗-
(Prod by DJ RIND)
10.好きな事だけ出来たなら -二つの世界-
(Prod by yukihILL)
11.History
(Prod by ElmØre)
12.また会おう
(Prod by Osurek Bertop)
13.気持ちだけ
(Prod by 蝋人G女)
14.Skit -ブレインノイズ-
(Prod by nexus-X)
15.ヒップホップの無い生活
(Prod by Kazubariki)
16.Dream Walking
(Prod by ElmØre)
17.ソノサキ feat.Y.A.S
(Prod by tanpi)
18.聴こえる feat.サイプレス上野
(Prod by CARREC)
19.Big Wave
(Prod by KO-ney)
20.リスタートのEnding 
(Prod by KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA))

02,11.Scratched By DJ SION
03.04,05,15.Scratched By DJ RIND
All Mastered By Taizo Hayama At Green Brew Studio
Art Works By LAZY-13&Kazubariki
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-21 18:12:37

土曜日のUMB REVENGE2015感想

テーマ:MCバトル感想
金曜深夜の罵倒REVENGEに続き、土曜日デイタイム、渋谷HARLEMにて行われたUMB REVENGE。

僕はここでも2回戦でBUCHI DA MICにやられてしまいました。

少しずつ感想を。

選抜30名にプラスしてプレ予選から2名。

プレ予選にはZ.I.O-RAMAさんやRAPTERIAさんなどの強者をおりましたが、その中を勝ち抜いたのはフミオカフミオさんとスズ君。

32名でトーナメント開始。

{AE183030-AADD-4448-95C3-30FAD18154AE:01}

---

【1回戦】
BALA a.k.a SHIBAKEN VS 掌幻○
Rude-α VS BATTLE手裏剣○
○1horse VS MC正社員
アンジキジョイ VS BUCHI DA MIC○
○ACE VS 黄猿
○ゆうま VS タカナギ
言×THEANSWER VS SHOHEI○
○大超 VS フミオカフミオ(プレ予選勝者)
MAKI DA SHIT VS D.D.S○
○Mr.Smile VS kate
bunTes VS MULBE○
○MCfrog VS Mr.Q
○田中光 VS DEJI
○ENEMY VS DOBERMAN
SLUGGER VS CHICO CARLITO○
たまちゃん VS スズ(プレ予選勝者)○

---

リベンジなんで当たり前かとも思いますが『BALA a.k.a SHIBAKEN VS 掌幻』と本当良いカードで幕開け。


『Rude-α VS BATTLE手裏剣』かなりの好勝負でした。

バトルというよりセッション的な感じさえありましたね。ベストバウト!

負けてしまいましたがRude-α君本当良いですね。


『SLUGGER VS CHICO CARLITO』も凄かった。

CHICO君はご存知の通りだと思いますが、SLUGGER君が本当にヤバくて初見でしたが、やられました。

本物のB-Boy的な格好良さがありましたね。かなりインパクト残したかと思います。


『bunTes VS MULBE』も甲乙つけ難い撃ち合い。

平成VS昭和的な感じと言いますか好みで分かれる試合だったとは思いますが、2人とも格好良いのは間違いないですね。


『ACE VS 黄猿』『ゆうま VS タカナギ』『田中光 VS DEJI』も良い試合でしたね。


僕は正社員さんとの1回戦。

バトルでお互いに言い合った事が全てなのかなと思います。

オーガナイザーとしての正社員さんの事は凄いと思っています。

ちなみに終わった後に『戦極13章エントリー落としてごめん』と言われましたが、それは本当に気にして無いので大丈夫です(笑)

エントリー殺到したみたいですし、仕方無い事なので。勿論出れないのは残念でしたけどね(^^;;(笑)

出場するMCの方々にかまして貰いたいですし、また戦極も挑戦させて頂きます。

---

【2回戦】
掌幻 VS BATTLE手裏剣○
1horse VS VS BUCHI DA MIC○
○ACE VS ゆうま
○SHOHEI VS 大超
D.D.S VS Mr.Smile○
MULBE VS MCfrog○
○田中光 VS ENEMY
○CHICO CARLITO VS スズ

---

2回戦は『掌幻 VS BATTLE手裏剣』がベストバウト!

この日は手裏剣君の持っていき方が凄かった。

掌幻君も間違いないのですが、手裏剣君の勝利。

良い試合でした!


『ACE VS ゆうま』『MULBE VS MCfrog』も面白かったと思います。


僕はBUCHI DA MIC君とでしたが、完敗。

ちょっと2015最後の試合が不甲斐なく終わり残念でしたが、なかなか対峙する事の無い福井のBUCHI DA MIC君とやれた事が何より嬉しかったです。

準々決勝へ。

---

【ベスト8】
○BATTLE手裏剣 VS BUCHI DA MIC
○ACE VS SHOHEI
Mr.Smile VS MCfrog○
田中光 VS CHICO CARLITO○

---

『BATTLE手裏剣 VS BUCHI DA MIC』は熱い闘いが展開されましたが、この日は手裏剣君の空気ありました。

BUCHI DA MIC君も福井で三連覇している力が間違いない事を証明する闘いぶりでしたね。


『ACE VS SHOHEI』はACE君の貫禄勝ち。

ただSHOHEI君の真っ直ぐかつテクニカルなラップは好感持てましたし、東京予選のリベンジャーだったんですね。

16歳との事!初めて会いましたが、どんどん出てきますね。

上から目線みたいで申し訳ありませんが、続けていって欲しいですし、この先に期待ですね。


『Mr.Smile VS MCfrog』はバチバチな感じではありましたが、スマイル君の鋭い攻撃に対しMCfrogさんが会場を味方に付ける内容のアンサーを繰り出していたかなと思います。

決して媚びないスタイルというのか、女を武器にしていないと言いますか、1MCとして格好良いスタイルだと思いましたね。


『田中光 VS CHICO CARLITO』ももう本当に間違いないカード。

光君のラップに内容、間違いないです。フロウも凄い。

パンチラインの差かなと。CHICO CARLITO君の勝利。

いよいよベスト4へ。

---

【ベスト4】
BATTLE手裏剣 VS ACE○
MCfrog VS CHICO CARLITO○

---

『BATTLE手裏剣 VS ACE』…この日は正直手裏剣君が行ってしまうと思ったんですが…

ACE君、本当に強いですよね。

うまく伝わらないかもしれないんですが、ACE君はシンプルにバトルが強いんですよね。

ただこの日のMVPは手裏剣君だったかなと。

本当に素晴らしい闘いぶり、見事でした、拍手!!


『MCfrog VS CHICO CARLITO』はCHICO CARLITO君勝利でしたが、MCfrogさんも見事な闘いぶりでしたね。

会場にかなり印象付けた1人だと思います。

決勝へ。

---

【決勝】
ACE VS CHICO CARLITO○

---

この日は徐々にペースが上がってきた感のあったCHICO CARLITO君が前日の罵倒REVENGEに続き、REVENGE二冠達成!

今の勢いも勿論あるとは思いますが、全ての要素を兼ね備えているMCだと思いますね。

ACE君も本当に強かった!

改めてCHICO CARLITO君優勝おめでとう!


この日のライブは初見のRude-α君が格好良かったです。

沖縄のMCは格好良いイメージありますが、受け継いでいる感じがしました。

BOIL RHYMEは問答無用にヒップホップでしたし、ニガリ君も良かった!

BEAT BOXのKAIRI君、凄過ぎましたね。


今回お誘い頂き、晋平太さん、LIBRAの方々、本当にありがとうございました!

今年の自分が出るMCバトルも全て終了。

もっと強くなるべく来年も色々出ていきたいと思います。

音源、ライブ、バトルどれもとても好きなので、その気持ちのままにやり続けようと思います。

皆さん、お疲れ様でした!

以上

I'll be back☆

---

{7E947FB2-94F0-4942-A3C1-530CAC7E60CC:01}
 
2014年12月10日発売
【3rd Album『リスタート』/1horse/凱旋門Recordings(GSNMN-008)】¥2,500+Tax

また新たな旅の始まり…

沈黙から完全に復活し、溢れんばかりのバイタリティを源に活動する神奈川秦野出身のMC、1horse。

2nd Album『Sequence Music』から約三年の時が経ち、活動休止も含めた様々を経て、今までを見つめ直し、この三年間を凝縮した『リスタート』と銘打った3rd Albumが遂に完成。

活動再開後、UMB2013の東京予選でベスト4などMCバトルでの活躍やキレを増した多くのライブを重ね、『Between 2nd And 3rd E.P.』『Between 2nd And 3rd E.P.②』と3rdの架け橋となるEP2枚をリリース。

人生とは何だろうか…

辿り着いた今作品にはそんな思い通りに進まない三十路前の苦悩、その中に見い出す前向きな感情や希望、怒り、闇、本音…今まで内包されていた感のある奥底まで感情全てをさらけ出し、ストレートにリリックに落とし込み形になった。

過去作品に比べ、よりシンプルになった言葉は重みが増し、殆どが1度聴けば頭に入る曲ばかりで構成されている。

トラックメイカーには初めてとなるCARREC、KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA)、ElmØre、KO-ney、Osurek Bertopと既にシーンを騒がせている敏腕に加え、DJ RIND、yukihILL、I.B production、蝋人G女と身近の間違いない面子が勢揃い。

勿論凱旋門からも才人tanpiにKazubariki、nexus-Xが後押し。

客演にはサイプレス上野、DEJI、Y.A.S、ヒロキ、究慈、ROOKと重鎮から若い才能までが集結。

Lazy-13が手掛けたジャケットからも感じることが出来る、過去から脱却し、今の自分を信じ勝負に打って出る本番、これが3枚目。

先行で届けられた『Dream Walking』も含め全20曲、
約70分のフルセット、繰り広げるロングラリー必聴盤。

Trackmaker
CARREC,KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA),ElmØre,KO-ney,DJ RIND,yukihILL,Osurek Bertop,I.B production,tanpi,蝋人G女,Kazubariki,nexus-X

Featurig Artist
サイプレス上野,DEJI,Y.A.S,ヒロキ,究慈,ROOK

-Track List- 
01.リスタートのOpening 
(Prod by Kazubariki)
02.準備
(Prod by Kazubariki)
03.Restart
(Prod by CARREC)
04.Focus feat.DEJI,ヒロキ
(Prod by I.B production)
05.チャレンジャー
(Prod by CARREC)
06.腹減ノ詩
(Prod by 蝋人G女)
07.小旅行 feat. 究慈,ROOK
(Prod by tanpi)
08.打ちこわし
(Prod by 蝋人G女)
09.Skit -2年連続の失敗-
(Prod by DJ RIND)
10.好きな事だけ出来たなら -二つの世界-
(Prod by yukihILL)
11.History
(Prod by ElmØre)
12.また会おう
(Prod by Osurek Bertop)
13.気持ちだけ
(Prod by 蝋人G女)
14.Skit -ブレインノイズ-
(Prod by nexus-X)
15.ヒップホップの無い生活
(Prod by Kazubariki)
16.Dream Walking
(Prod by ElmØre)
17.ソノサキ feat.Y.A.S
(Prod by tanpi)
18.聴こえる feat.サイプレス上野
(Prod by CARREC)
19.Big Wave
(Prod by KO-ney)
20.リスタートのEnding 
(Prod by KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA))

02,11.Scratched By DJ SION
03.04,05,15.Scratched By DJ RIND
All Mastered By Taizo Hayama At Green Brew Studio
Art Works By LAZY-13&Kazubariki
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。