1 | 2 次ページ >> ▼ /
2015-11-25 20:44:04

宮崎旅行(2015.11.20〜23)

テーマ:ライブ感想
※かなりの長文ですが、ご了承下さい

今年3月にWO-RYE君は宮崎に帰りましたが、それから早くも8ヶ月が経ちました。

今回はWO-RYE君の家を無理矢理に宿泊施設と捉えさせて頂き、20~23日の4日間、宮崎旅行に行って参りました。

ちなみに初めて九州の地に足を踏み入れました。

飛行機も30年生きてまだ3回目という素人なので羽田空港であたふたしながらも無事に宮崎空港に到着。

到着して2時間、マンゴーソフトクリームの誘惑に負けずにロビーでパワプロをしているといきなり作業着の男性が僕の荷物を動かそうとしてきた。

長く居座り過ぎたか… 

『お待たせしました~』

ん??

よく見たら仕事着のまま直行で来てくれたWO-RYE君でした(笑)

本当に荷物の移動かなと思ってしまうくらい普通でしたし、逆に不自然な再会。

あっさりしてたな~(笑)


こうして宮崎旅行がスタート。


1日目。

到着が夕方だったので夜御飯を食べに連れて行ってくれました。

いきなりハイライトだったかもしれません(笑)

日本一に連続で輝いているという宮崎牛をミヤチクで食べさせてくれました。

ミヤチクはかなりの名店のようで…

ガチで本当に美味しい肉でしたね。絶妙!!

WO-RYE君も感動していた様子でしたが、まさか僕が来るタイミングでせっかくだから初めて食べに行くか、というわけでは無いとは思います。

それは流石に無いだろ~。

しかし店員さんの舌も滑らかで僕ら2人の冗談にも対応してくれて流石でしたね。


幸先の良いスタート!


WO-RYE宅で相変わらずの元気過ぎるゴン太と遊びつつ、YouTubeで竹山とザキヤマの番組を観ながら爆笑。

宮崎まで来ながら何をやっているんだ感を感じながらその日は就寝。


2日目の21日の土曜日へ。 

起床予定時間より1時間早く起きてしまったので…

パワプロ。

ちなみに僕らの中で隙間に僕がパワプロ、WO-RYE君はモンストをやるのは当たり前となっております。

呼吸みたいなものですね。


8時過ぎ、サクセスで1人育成したキリの良いタイミングで出発。

この日の目的地は…

高千穂峡。

11時過ぎに到着。

宮崎のみならず九州一のパワースポットといっても良いくらいの場所みたいで名前は知っていましたがほぼノーデータ…


いや~とても綺麗な渓谷で自然の力を感じましたね!

人もかなり多かったです。

流石宮崎No.1スポット。

WO-RYE君も自然の力に圧倒されていた様子でしたが、まさか僕が来るタイミングでせっかくだから初めて行くか、というわけでは無いとは思います。

それは流石に無いだろ~。


とりあえずボートの待ち時間に昼食へ。

川魚定食を食しましたが…

{764C0E31-8DF4-4A0F-ABF9-85A419FF1FE3:01}

この写真の直後、鯉の骨にやられ口の中を痛めたWO-RYE君のテンションの低さはヤバかったです(^^;;

山女、鯉、紅鱒美味しく頂きました。


ボート乗り場に向かい、列で待っている間に暇だったのでカモの餌(たまごボーロ)を買って近くに投げていたら、そこら中のカモが寄ってきてしまって凄い状態になりました(笑)

ちなみに僕らに釣られて並んでいたかなりの人達がたまごボーロを買っていたので、餌の売り上げには貢献したと思います。

ボートを漕ぐのは初めてで最初はかなり戸惑いましたが慣れると面白いですね(^-^)

スタート地点から10分くらい全然進めない女性の方がいて、ちょっと進んだと思ったら流されて元の場所に戻って来てしまっていて思わず笑ってしまいました…すいません。。。

かなりの回数他のボートや岩にぶつかりながらもぐんぐん進み、真名井の滝へ。

{676347D5-5777-4D8E-8BE7-4A395FE055FC:01}


神々が降り立ったというこの地の御利益に与れそうですね(^-^)

ボートを下りマンゴーと日向夏のミックスソフトクリーム(これがまた最高の相性!)で一応マンゴーと日向夏もクリアし神聖な高千穂峡を後にしました。


夕方に宮崎市内のWO-RYE宅に戻り…後の事を考えてまさかの仮眠(笑)

実際に功を奏しました。

WO-RYE君の友人、たいしろ君も合流し、夜御飯へ。

海岸近くの浜茶屋というお店で海鮮をたらふく食べました。

たいしろ君が追加で貝を沢山食べさせてくれました(笑)

僕ら以外にゴルフ仲間みたいな御一行がいましたが、その人達はベリーダンサーも呼んだりしていて余興もやっていて盛り上がり方が凄かった(笑)

WO-RYE君とたいしろ君の絡みもまさに地元の友人を見ているようでしたね(^-^)


少し休んで、せっかくなので宮崎のイベントへ。

WO-RYE君の知り合いのDJも出演しているのもありましたが、6月に戦極で知り合ったGADORO君が出ていたのでライブを観てきました。

とても楽しみにしていたのですが、予想以上のライブ、かなり刺激を貰いましたね。

ラップは勿論めちゃくちゃ上手いんですが、それ以上に宮崎でやっている気概を感じましたし、凄いバイブスで一気に空気が変わりました。

ライブ後に挨拶して少し話せて良かったです。

僕が宮崎に来ている事も知ってくれていたみたいで気にしてくれていてありがたかったです。

翌日にWO-RYE君が予定を立ててくれていた事もあり最後までいられませんでしたが、少しながら宮崎のヒップホップを体感出来ました。

GADORO君、ありがとう!!


帰りに酔ったたいしろ君にダンスバトル仕掛けられたのには笑いました(笑)

噂に違わね良いキャラしてました(笑)

こうして2日目も終了。


3日目。

8時に起きるはずが9時半に目覚め行動開始。

WO-RYE宅を出発し、たいしろ君を家まで送る。

たいしろ君とはここでお別れとなりましたが、本当にありがとう(^-^)

この日はWO-RYE君が産まれ育った地元であるえびの市へ。


『1horseさんは本当の田舎を知らないな~』とWO-RYE君に言われていましたが… 

神奈川の中で秦野は栄えていないと思う。

秦野は田舎と言ってましたが…

失礼ながらえびのは田舎レベルが違いましたね(笑)

悪口では無くとてものどかな所でした。


WO-RYE君の実家に着くとWO-RYE君のお母さんが待ちわびていたかのように出迎えて下さいました。

WO-RYE君ととても似ていますね(笑)

挨拶もそこそこに昼食へ。


WO-RYE君が慣れ親しんだというえびのの飯野の中華料理屋『正一』へ。

看板の古さと裏腹な綺麗な外装、店内。

狙いなのでしょうか(笑)


その店でまさかのテンション上がる出来事が。

『お客様、mont-bellの会員ガードお持ちですか?ドリンク一杯サービスになります』

実は1週間前にmont-bellストアで登山用のレインウェアを購入した時に会員になっており、山では無く宮崎でレインウェアを初おろし。

アウターとして着ていましたがこれが功を奏しました。

mont-bellのフレンドショップなんだと思いますが、確かにやたらと胸のマーク見られているなとは思ったんですよね。

いや~、上がりましたね(笑)


そしてここの料理も間違い無い美味しさだったのですが…量が多かったです(^^;;

残さず全部食べるタイプなのですが、キツかった…
サービスドリンク要らないくらいでしたね(笑)


かなりの満腹状態で向かった先は…

森岡城!

宮崎に行く前に電話でWO-RYE君に『どこか行きたいとこあります?』と聞かれたので何も知らずに『近くにお城無いの?』と聞いたら

WO-RYE君『あれ?話してましたっけ?おじいちゃんが作った城ありますけど』と。


どういうこっちゃ?と思っていましたが…

宮崎のえびの市の森岡城、マジでWO-RYE君のお祖父様が作ったそうです!! 

{AD26F6B5-E1AB-4224-92D1-18BEFD49B75E:01}

マジ上がりました!

お城というと昔の戦国武将が建てたというイメージが強いですが、森岡城は30年くらい前に建て始めたという現代城であり、個人所有、つまりWO-RYE君のお祖父様のお城なんですよ(^^;;

そういう経緯もありナニコレ珍百景にも2回出ているそうで…

やられましたね。

事業という訳でなく趣味で作っているお城なのでゆっくり作っているとの事です。

大工さんも1人だけみたいでかなりこだわりがあるようです。

{8475C1D6-2B4A-4734-8D0B-3FCA057F40AF:01}

もし宮崎のえびの市に行く機会あれば是非是非!!

この日は受付にWO-RYE君の叔父さんがいましたし、WO-RYE君のお母さんがガイドしてくれるかもしれません(笑)

しかしお祖父様凄いですね。。。

驚愕の事実を目の当たりにしましたね。


次に向かった先はえびの高原。

{99D8DB90-C422-43F3-9181-68DAC23C9A0B:01}

山々に囲まれた大自然でしたね。

韓国岳(からくにだけ)への登山口もあったりとすっかりハイカーと化してしまった僕にとって本当に魅力的な場所でした。

この日は雨が降っていたため、勿論登りませんでしたが、韓国岳も含め連なっている霧島連山は日本百名山なので、次回来た時はWO-RYE君も無理矢理引きずり込んで必ず狙いたいと思います(笑)


3日目にしてWO-RYE君が突然塞ぎ込んでしまった。

どうしたのかと思ったら独り言のように

『いや~、今日この後どうしよう。マジ行くとこ無えぞ…』

(笑)

多くが地元でこのような言葉を言ったり聞いたりした記憶があるのでは。

僕もWO-RYE君が秦野に来た時に行くところが無さ過ぎて悩みましたからね(笑)


無言でWO-RYE君が車で向かった先は…WO-RYE君のFacebookのプロフィール写真でお馴染みの毘沙門滝!

ここだったんですね。

{0CCB2631-BC62-4F67-B87E-ACFFE15D436C:01}


ちなみにこの写真撮る前にコケで滑って転んでます(^^;;


そんなハプニングもありつつもえびのを満喫し風呂へ。

WO-RYE君が慣れ親しんだというえびのの銭湯『十兵衛』

えびの高原の途中にも白鳥温泉ありましたが、敢えてWO-RYE君が馴染んだ場所に連れて来て貰いました。

順番を間違えたとかは流石に無いと思います、そう敢えて。

十兵衛はアットホームな銭湯でいいお湯でした(^-^)

サウナに長時間僕が入り過ぎてWO-RYE君が退屈そうにしていたのを鏡越しに見えてしまったとかは無いですよ。

…WO-RYE君、すまん(笑)

ここまで贅沢三昧させて貰っていたので、全てサウナで出しました。

勿論コーヒー牛乳を風呂上がりに飲み、WO-RYE's実家へ。


この日の夜御飯はWO-RYE君お母さんの手作り料理でした(^-^)

いや~、本当に美味しかったです。

鳥のタタキを初めて(意識していなかっただけであるかも…)食べました!

新鮮でないと食べられないのでなかなか東京では食べられないのではと。

しかしご馳走になっている身なのに申し訳ありませんが1つ…

最初まさかのトマトが出てきてしまいました(^^;;

トマトだけはどうしても食べられないもので…

お母さんに本当に申し訳無く思いましたが…

後から聞いたらWO-RYE君の仕込みだったようです(笑)

やられたな~、サラダでなくトマトだけ切ったのでなかなか出てくるの見たことないもんな~(^^;;

それも含めご馳走様でした!


ここまで3日間かなり満喫していたので、疲労もありましたし、その日の夜は大人しくゴロゴロしながら会話とパワプロとモンストにそれぞれ勤しむという自由過ぎる感じで就寝。

いよいよ最終日へ。


7時に起きる予定で目は覚めたのですが、WO-RYE君がまだ寝ているなと思い、起きなかったのですが…

気付いたらWO-RYE君はいなくなっており、お母さんとの会話が聞こえる。

とりあえずまだ横になっていようと思いそのままでいたのですが、静かになり暫くしてWO-RYE君だけ部屋に来た。まさか…

WO-RYE君のお母さん、仕事に出掛けてしまったとの事。。。

こんなにもお世話になっておきながら挨拶出来ず…。

朝御飯も用意頂いており、本当に失礼致しました(^^;;

涙を流しながら(勿論嘘です)WO-RYE君のカントリーロード、えびの市を後にしました。

一度宮崎市内のWO-RYE宅に戻り、荷物をまとめモコ助…

じゃなかった、ゴン太に別れを告げてWO-RYE宅も後にしました。

日南方向へ最後の観光へ。

日南海岸の『日南水産』にて昼食。

こいつを食しちゃいました( ̄▽ ̄)

{02C3D28D-909A-4A2A-BD84-7F50C51EA89C:01}

伊勢海老、初めてだったかもしれないです、WO-RYE君の緻密なプランに死角なし、最高でした!


食事を終え向かった先は…

サンメッセ日南。

宮崎にモアイ像があるわけ…



ありました!

{7C6D057B-8F01-4B61-9E27-5CB09BF73E85:01}


まあかなり楽しみにしていたんですけどね(笑)

イースター島のモアイ修復に貢献した関係で、イースター島公認でモアイ像の復刻が認められ、この地に建てられたそうです。

サンメッセ日南、動物もいてのんびりした雰囲気でまさに休日という雰囲気の場所でしたね。


そこから鵜戸神宮へ。

かなりの人で賑わっておりました。

運玉投げにも挑戦。

{288D3D9E-4433-4D45-BC87-62CB5880BADE:01}

写真の真ん中の窪みに男性は左手、女性は左手で運玉(5個100円)を投げて入ると願いが叶うというもので僕もWO-RYE君も一回ずつ成功。

WO-RYE君が5投目で見事な成功だったのに対し、僕は300円使って何とかねじ込んだとかは絶対無いですからね。

…15個で一回成功させました(^^;;

しかし、WO-RYE君見事でしたな。


神宮内でまたWO-RYE君が鬱ぎ込む。

『いや~、今日この後どうしよう。マジ行くとこ無えぞ…』

出ました(笑)


宮崎限定のマンゴースコールを飲みながら考える。


WO-RYE君『あっ…吊り橋行けるかな?』

そうなんですよ、WO-RYEプランには組み込まれていませんでしたが、僕が宮崎に来る前に軽く口にした吊橋…

このタイミングでWO-RYE君は思い出してしまったのだ。

綾の大照葉吊橋。

ナビで検索するとギリギリ行けそうな本当に微妙な時間を叩き出す。

WO-RYE君『行きましょう!』

WO-RYE君は睡魔と闘いながら4日間で500km以上の道を1人で運転し続けてくれました。

そんな頑張ってくれたWO-RYE君の横でコーヒー、アメ、ガムなどを摂取しながら音楽を楽しむ僕。

山道のだいぶ暗い中に見えた。

『おお~、吊橋だ~!!』

思った以上の吊橋の壮大さにかなり上がる。

と同時にお互いかなりの尿意を催していました。

とりあえず渡る場所で急ぐ。

着いた!

しかし駐車場をロープで閉めようとしている…

…落とし穴が待っておりました。

時刻は17:07。

17:00迄でございました。

WO-RYE君『マジかよ、ふざけんなよ…』

僕『まあまあ、仕方無いよ~、これもネタにしよう!とりあえずトイレだけ…あれ?』

…。

見えていたトイレもまさかのシャッター閉鎖…。

2人『…ふざけんなよ…』

流石にこれはキツかったですね(笑)

しかしながら観た限り綾の大照葉吊橋はかなり良かったです。

無理して運転してくれたWO-RYE君に感謝ですね。


空港へ向かう途中の車。

4日間色々音楽聴きましたが、Y.A.Sさんの『この街』が流れる。

哀愁漂うこの曲が宮崎旅行の最後を引き立てる。

沁みますね~。

WO-RYE君の『カントリーロード』も宮崎で聴くとまた違って聴こえますね。

東京で作った曲ですが、今は宮崎で頑張っているんだというのを改めて感じました。


空港で宮崎旅行最後の食事。

あれを食べない訳にはいかないでしょう。

最後にチキン南蛮を頂きました。

WO-RYE君にはやはり拘りあるようで、僕が頼もうとしたら

『胸肉なら食べない方が良いですよ』

と言って店員さんに

『胸肉かもも肉か確認してもらっても良いですか?』

と入念に確認。もも肉だったのでありつくことが出来ました(笑)

ちなみにチキン南蛮が出来た由来はWO-RYE君のお母さんから聞いたところによると、パサパサした胸肉をどうにか美味しく食べられないか、というところから考案されたとの事。

一緒に聞いていたWO-RYE君もへぇ~、みたいな顔してたなんて事は無いですよ。

だから本来は…胸肉なのかな(笑)

しかし、もも肉のがジューシーで美味しい事は確か、美味しく頂きました!


最終便だったので空港もかなり混んでいましたが、保安検査口までWO-RYE君に見送られ宮崎旅行が終了。

いや~、本当にあっという間でした。

4日間完全にお世話になってしまい、WO-RYE君には本当に感謝しか無いです。

しかし本当に楽しい旅行で宮崎めちゃめちゃ満喫出来ました(^-^)

WO-RYE君とも久々でしたが、相変わらずの笑いっぱなしの4日間でしたね。

WO-RYE君も来年東京に来るかもとの事なので、今から楽しみです!

初九州最高でした。

かなりリフレッシュ出来たので、ここから年末まで気合い入れたいと思います。

WO-RYE君、本当にありがとう!!

旅行中唯一2人で写っている写真で締めたいと思います!

{49C9228C-5725-40E9-B685-460C15D81B1C:01}

以上

I'll be back☆

---
 
2014年12月10日発売
【3rd Album『リスタート』/1horse/凱旋門Recordings(GSNMN-008)】¥2,500+Tax

また新たな旅の始まり…

沈黙から完全に復活し、溢れんばかりのバイタリティを源に活動する神奈川秦野出身のMC、1horse。

2nd Album『Sequence Music』から約三年の時が経ち、活動休止も含めた様々を経て、今までを見つめ直し、この三年間を凝縮した『リスタート』と銘打った3rd Albumが遂に完成。

活動再開後、UMB2013の東京予選でベスト4などMCバトルでの活躍やキレを増した多くのライブを重ね、『Between 2nd And 3rd E.P.』『Between 2nd And 3rd E.P.②』と3rdの架け橋となるEP2枚をリリース。

人生とは何だろうか…

辿り着いた今作品にはそんな思い通りに進まない三十路前の苦悩、その中に見い出す前向きな感情や希望、怒り、闇、本音…今まで内包されていた感のある奥底まで感情全てをさらけ出し、ストレートにリリックに落とし込み形になった。

過去作品に比べ、よりシンプルになった言葉は重みが増し、殆どが1度聴けば頭に入る曲ばかりで構成されている。

トラックメイカーには初めてとなるCARREC、KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA)、ElmØre、KO-ney、Osurek Bertopと既にシーンを騒がせている敏腕に加え、DJ RIND、yukihILL、I.B production、蝋人G女と身近の間違いない面子が勢揃い。

勿論凱旋門からも才人tanpiにKazubariki、nexus-Xが後押し。

客演にはサイプレス上野、DEJI、Y.A.S、ヒロキ、究慈、ROOKと重鎮から若い才能までが集結。

Lazy-13が手掛けたジャケットからも感じることが出来る、過去から脱却し、今の自分を信じ勝負に打って出る本番、これが3枚目。

先行で届けられた『Dream Walking』も含め全20曲、
約70分のフルセット、繰り広げるロングラリー必聴盤。

Trackmaker
CARREC,KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA),ElmØre,KO-ney,DJ RIND,yukihILL,Osurek Bertop,I.B production,tanpi,蝋人G女,Kazubariki,nexus-X

Featurig Artist
サイプレス上野,DEJI,Y.A.S,ヒロキ,究慈,ROOK

-Track List- 
01.リスタートのOpening 
(Prod by Kazubariki)
02.準備
(Prod by Kazubariki)
03.Restart
(Prod by CARREC)
04.Focus feat.DEJI,ヒロキ
(Prod by I.B production)
05.チャレンジャー
(Prod by CARREC)
06.腹減ノ詩
(Prod by 蝋人G女)
07.小旅行 feat. 究慈,ROOK
(Prod by tanpi)
08.打ちこわし
(Prod by 蝋人G女)
09.Skit -2年連続の失敗-
(Prod by DJ RIND)
10.好きな事だけ出来たなら -二つの世界-
(Prod by yukihILL)
11.History
(Prod by ElmØre)
12.また会おう
(Prod by Osurek Bertop)
13.気持ちだけ
(Prod by 蝋人G女)
14.Skit -ブレインノイズ-
(Prod by nexus-X)
15.ヒップホップの無い生活
(Prod by Kazubariki)
16.Dream Walking
(Prod by ElmØre)
17.ソノサキ feat.Y.A.S
(Prod by tanpi)
18.聴こえる feat.サイプレス上野
(Prod by CARREC)
19.Big Wave
(Prod by KO-ney)
20.リスタートのEnding 
(Prod by KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA))

02,11.Scratched By DJ SION
03.04,05,15.Scratched By DJ RIND
All Mastered By Taizo Hayama At Green Brew Studio
Art Works By LAZY-13&Kazubariki
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-10 16:43:39

埼玉サイファー10・2日目の感想

テーマ:ライブ感想
先日11月5日と6日に埼玉サイファー10が2daysにて開催されました。

主催は西川口のアンダーグラウンドサウンド、マサキオンザマイクさん。 
 
平日のデイイベントの2days…物凄い企画ですよね。

残念ながら1日目は仕事で足を運ぶことが出来ませんでしたが、とても盛り上がったようです!

{49755CF8-31E5-4B5F-B0E7-BA357C2D3C80:01}

{13DA428D-3987-473B-8013-583D01C43B70:01}



僕は2日目に出演させて頂きましたので少しずつ振り返りたいと思います。

まずKTRさんのDJプレイからスタート。

サイドにMCdenpaちゃんも入ったりとやり取りも面白かったです。


そしてDJ YEWさんの流すビートでサイファータイム。

出演者以外ではMC鈴木DXさんや富嶽君の姿も。

1日目に出演していたナカザワニンジャ君、KAR君、J平君も来ておりました。 


ライブはまず当日枠。

1日目も出演のナカザワニンジャ君。

この日の午前中に作ったという曲を披露。気合い入ってました。

司会のFIZZ君も言ってましたが、民族楽器気になりました(笑)


続いての当日枠は…MC鈴木DXさんが登場!

会場大盛り上がりでしたね。

久々にソロライブ観ましたが最高です!

まだチェックしていない方はとりあえずyoutubeで『MC鈴木頑張れ』のPVを観ましょう(^-^)


そしてゆうま君。

ゆうま君のライブも久々だったかと。

改めて思ったのは曲の内容が非常に分かりやすい。演劇の事など凄い伝わってくるものがありました。

まさに好ライブだと思いました。


そこから対を成すかのような狩谷赤人君のホラーをも感じる独特な世界観。

この日はMCもめちゃ気合い入ってましたし、共感出来る部分もありましたね。


ここまでの異種格闘技感の半端なさに更に拍車を掛けるように登場したのがThe I。

ハードコアからの殴り込み!という感じではなくイコマさんの温かい人柄も交えたライブでした。

最近はオーガナイズがかなり忙しいようです(笑)


この後にサプライズがあり…

この日の前々日がイコマさん、前日が僕の誕生日であり、マサキさんからケーキを頂きました(^-^)


{C60A25DF-B03D-4F49-B11F-C4FBDF132536:01}


その…祝われるのは苦手といいますか、正直に恥ずかしかったです(笑)

いや~しかし皆に祝ってもらえて本当にありがたいですね。

ケーキも間もなく公開となるスターウォーズの限定品らしく既にチケット買っていますし、上がりました(笑)
 
{A108D785-8565-4ABC-958F-F8E740DDA50C:01}


そして雲のすみか君。

申し訳ありませんでしたがケーキを頂いていたので後半からしか観れませんでしたが、フロアに入ったらいきなりリンロウ(コオロギ)の鳴き声が響いていてシュールでした。

音響とすみか君の作るビートとラップのバランスがとても良く本当に心地良かったです。


そして元祖レギュラー陣であるZ.I.O-RAMAさん。

毎回安定感抜群ですよね。最近の曲は特にトピックも面白くとても覚えやすいです。

FIZZ君と並んでマサキさんのイベントに出演し続けていると思いますし、マサキさんからの信頼感も凄いですし、このイベントに無くてはならない人だなと改めて感じました。


そしてポエトリーリーディングからの刺客、URAOCBさん。

前日出演の村田活彦さんも来ておりましたが、村田さんとはまた違うスタイルで言葉で雰囲気を作り出す。

バックトラックがほぼ無い声のみの勝負と言って良いステージングは緊迫感があり、引き込まれました。

SSWSの司会をやっていたマサキさんのイベントならでは繋がりがやはりあります。


そしてSALPHA君のライブは『陽』

内面を出している曲もSALPHA君の人柄だと思いますが、ポジティブに向かっている感じがするんですよね。

地元西川口をレペゼン、凄い盛り上がりましたね。

メーヴェめっちゃ聴いてます!大好きです(^-^)


その雰囲気から黄猿君は気合い入りまくったステージでした。

フロウ、ラップスキル勿論申し分無いのですが、この日はそれ以上に気持ちが凄かった。

MCでマサキさんとの事や遠核にも触れてくれて色々考えてしまいましたね。ありがとう!


そして当日枠で前日も出演していた神戸から来ていたKAR君。

KAR君の行動力は本当に凄い。活動2年くらいで4枚目のアルバムも作り上げたようでなかなか出来ることじゃないですよね。

ステージ袖から刺激貰いました。


そして自分のライブ。打ちこわしに助けられたかなと(笑)

あれはアトラクションと思って頂き楽しんで貰いたいですね(^-^)


そして主催のマサキオンザマイクさん。

実は裏で『さんぴんキャンプネタやるから観ていてくれよ』と言われました(笑)

土砂降りの野音、レインコートを来て登場!ほとんど分かっていなかったかも(笑)

{9BD39EB9-6559-4F75-8AB9-B0DD4FC0B187:01}

HACの『SPECIAL TREASURE』の使い方には大笑いしました。しかし名曲ですよね。

お客さんを引き込んだり突き離したりの繰り返し、凄かった。

遊びに来ていた音楽好きな大浦君も『最高だね』と言っておりました(^-^)


そして大トリは勿論空也MC。

いつも以上に真摯的なライブで先への決意を感じたライブ、響くものがありました。

暫く制作に没頭するようで、次作は空也君の塊のようなアルバムになるのではと。期待大です。

恒例の本のプレゼントでは僕も誕生日だったので頂きました。2回目(笑)ありがとう!


空廻君やkaim君も来ていましたし、そしてSAGさんが奥さんと子供を連れてきて仲睦まじく光景でした。

めちゃめちゃ可愛かったです。

黄猿君がライブ前にその子をあやしながら

『俺汚れてた。俺が間違ってた』となぜか穏やかな顔で呟いていたのには笑いましたが、その直後にバーカンでテキーラ頼んでいたのにはやられました(笑)

ライブもぶちかましていましたしね(^-^)


しかし何より主催のマサキオンザマイクさんに感謝ですね。

2年以上続いているこのイベントですが、ターンテーブルなどはずっと持ち込みであり、準備など労力に頭が下がります。

そして埼玉サイファーがラスト…みたいな情報流れてましたが、今年ラストとの事です(笑)

来年も更に発火しそうな勢いですね。

関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした!

{6DED41C5-EB4E-4611-9EC0-AA02F9492995:01}

{AC18ABF8-20EC-4737-8E36-F7A28D4D08D8:01}


ちなみに翌日は秦野マウンテンレコーズでTuesday Choosedayの撮影の後に隙間で高取山(標高556m)と浅間山(標高680m)を攻め落としました。

{24D058C0-3D09-4B83-BF2C-8E1E6F0A5E34:01}

浅間山↓(電波塔に支配されてます!)

{C959BDFB-131D-4778-BD34-2B1829472D13:01}

9月に念仏山で何故か迷い高取山に行けなかったので行けて良かったです。

2時間ほどの山行でしたが、かなりストイックに登りました。

浅間山から蓑毛に下り疲れていなかったので蓑毛バス停から東中のコンビニまでランニング。

意外と長く余計な体力使いました。。。

そして時期的に暗くなるのが早い…気をつけないとですね(^^;;


登山に完全にのめり込んでしまいました。

日帰り用の35リットルのバッグとガスバーナーとクッカーも買ってしまった…

テントも来年にはこりゃ手を出しますな…

今月は娯楽も含めですが、かなりハードスケジュール。

ですが1日だけ狙える日があるので、どこかの山頂で湯を沸かそうと思います。

進みたいと思います。

以上

I'll be back☆

---
 
{8FE1011D-8762-4242-8BDC-FA4070269760:01}

2014年12月10日発売
【3rd Album『リスタート』/1horse/凱旋門Recordings(GSNMN-008)】¥2,500+Tax

また新たな旅の始まり…

沈黙から完全に復活し、溢れんばかりのバイタリティを源に活動する神奈川秦野出身のMC、1horse。

2nd Album『Sequence Music』から約三年の時が経ち、活動休止も含めた様々を経て、今までを見つめ直し、この三年間を凝縮した『リスタート』と銘打った3rd Albumが遂に完成。

活動再開後、UMB2013の東京予選でベスト4などMCバトルでの活躍やキレを増した多くのライブを重ね、『Between 2nd And 3rd E.P.』『Between 2nd And 3rd E.P.②』と3rdの架け橋となるEP2枚をリリース。

人生とは何だろうか…

辿り着いた今作品にはそんな思い通りに進まない三十路前の苦悩、その中に見い出す前向きな感情や希望、怒り、闇、本音…今まで内包されていた感のある奥底まで感情全てをさらけ出し、ストレートにリリックに落とし込み形になった。

過去作品に比べ、よりシンプルになった言葉は重みが増し、殆どが1度聴けば頭に入る曲ばかりで構成されている。

トラックメイカーには初めてとなるCARREC、KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA)、ElmØre、KO-ney、Osurek Bertopと既にシーンを騒がせている敏腕に加え、DJ RIND、yukihILL、I.B production、蝋人G女と身近の間違いない面子が勢揃い。

勿論凱旋門からも才人tanpiにKazubariki、nexus-Xが後押し。

客演にはサイプレス上野、DEJI、Y.A.S、ヒロキ、究慈、ROOKと重鎮から若い才能までが集結。

Lazy-13が手掛けたジャケットからも感じることが出来る、過去から脱却し、今の自分を信じ勝負に打って出る本番、これが3枚目。

先行で届けられた『Dream Walking』も含め全20曲、
約70分のフルセット、繰り広げるロングラリー必聴盤。

Trackmaker
CARREC,KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA),ElmØre,KO-ney,DJ RIND,yukihILL,Osurek Bertop,I.B production,tanpi,蝋人G女,Kazubariki,nexus-X

Featurig Artist
サイプレス上野,DEJI,Y.A.S,ヒロキ,究慈,ROOK

-Track List- 
01.リスタートのOpening 
(Prod by Kazubariki)
02.準備
(Prod by Kazubariki)
03.Restart
(Prod by CARREC)
04.Focus feat.DEJI,ヒロキ
(Prod by I.B production)
05.チャレンジャー
(Prod by CARREC)
06.腹減ノ詩
(Prod by 蝋人G女)
07.小旅行 feat. 究慈,ROOK
(Prod by tanpi)
08.打ちこわし
(Prod by 蝋人G女)
09.Skit -2年連続の失敗-
(Prod by DJ RIND)
10.好きな事だけ出来たなら -二つの世界-
(Prod by yukihILL)
11.History
(Prod by ElmØre)
12.また会おう
(Prod by Osurek Bertop)
13.気持ちだけ
(Prod by 蝋人G女)
14.Skit -ブレインノイズ-
(Prod by nexus-X)
15.ヒップホップの無い生活
(Prod by Kazubariki)
16.Dream Walking
(Prod by ElmØre)
17.ソノサキ feat.Y.A.S
(Prod by tanpi)
18.聴こえる feat.サイプレス上野
(Prod by CARREC)
19.Big Wave
(Prod by KO-ney)
20.リスタートのEnding 
(Prod by KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA))

02,11.Scratched By DJ SION
03.04,05,15.Scratched By DJ RIND
All Mastered By Taizo Hayama At Green Brew Studio
Art Works By LAZY-13&Kazubariki
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-04 16:43:19

11月5日と6日は埼玉サイファー2days開催!

テーマ:ライブ感想
『次は週末にやるぞ』

『次は2daysでやるぞ』

まさに有言実行男とはこの人の事を言うのでしょう。

西川口マイクロフォンアンダーグラウンドサウンドことマサキオンザマイクさん主催(^-^)

恒例の埼玉サイファーは遂に10回目。

今週の木曜と金曜の2日間開催になりました。

5日のday1はどちらかと言えばフレッシュ感あるメンバーが多く参戦。

6日のday2はお馴染みのレギュラー面子といった感じでしょうか。

僕は6日に出演させて頂きます。

5日行けなくて本当に残念ですが、両日間違いなく面白い事になると思いますし、お時間のある方は是非両日参加して頂けたらと思います。

下記詳細!


---
 
11/5(木)&6(金)
2days!!!
ZGR/マサキオンザマイク主催
『埼玉サイファー10』
16~22時半
@西川口Hearts
¥1000+別途1D(CD付)

特典CD
BOZ&空廻&梅酢
「Do It myself」
 
{7BA45A1E-5067-4382-8E71-74E0112D3F32:01}




埼玉サイファーDAY 1
{D166461A-DC3E-45B0-B9E0-57203C9102C2:01}


司会/ANCELL

【DJ】
DJスマイル(7inch set)
HIGH-TONE a.k.a 栄養不足

【LIVE】
CAOS
ナカザワニンジャ
もがくひと
MCdenpa
シャール
KAR
赤目
J平
山口兄弟
村田活彦
&当日枠!!



埼玉サイファーDAY2
{9AF29387-6F1E-411A-BC90-53528525BCCC:01}

司会/FIZZ
 
【DJ】
DJ YEW
KTR

【LIVE】
空也MC
マサキオンザマイク
1horse
Z.I.O-RAMA
SALPHA
黄猿
The I
雲のすみか
狩谷赤人
ゆうま
URAOCB


タイムテーブル画像

{0B67BD23-11C9-49D9-9186-7BE7F5A5D291:01}


西川口ハーツ地図
{24ECDF42-C1E9-497E-AF67-3CD5DF6E4764:01}

---

2015年最後の埼玉サイファー、皆んなで楽しみましょう!

以上

I'll be back☆

---
 
{BC229E73-9F9C-4717-9E67-A7B844984299:01}

2014年12月10日発売
【3rd Album『リスタート』/1horse/凱旋門Recordings(GSNMN-008)】¥2,500+Tax

また新たな旅の始まり…

沈黙から完全に復活し、溢れんばかりのバイタリティを源に活動する神奈川秦野出身のMC、1horse。

2nd Album『Sequence Music』から約三年の時が経ち、活動休止も含めた様々を経て、今までを見つめ直し、この三年間を凝縮した『リスタート』と銘打った3rd Albumが遂に完成。

活動再開後、UMB2013の東京予選でベスト4などMCバトルでの活躍やキレを増した多くのライブを重ね、『Between 2nd And 3rd E.P.』『Between 2nd And 3rd E.P.②』と3rdの架け橋となるEP2枚をリリース。

人生とは何だろうか…

辿り着いた今作品にはそんな思い通りに進まない三十路前の苦悩、その中に見い出す前向きな感情や希望、怒り、闇、本音…今まで内包されていた感のある奥底まで感情全てをさらけ出し、ストレートにリリックに落とし込み形になった。

過去作品に比べ、よりシンプルになった言葉は重みが増し、殆どが1度聴けば頭に入る曲ばかりで構成されている。

トラックメイカーには初めてとなるCARREC、KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA)、ElmØre、KO-ney、Osurek Bertopと既にシーンを騒がせている敏腕に加え、DJ RIND、yukihILL、I.B production、蝋人G女と身近の間違いない面子が勢揃い。

勿論凱旋門からも才人tanpiにKazubariki、nexus-Xが後押し。

客演にはサイプレス上野、DEJI、Y.A.S、ヒロキ、究慈、ROOKと重鎮から若い才能までが集結。

Lazy-13が手掛けたジャケットからも感じることが出来る、過去から脱却し、今の自分を信じ勝負に打って出る本番、これが3枚目。

先行で届けられた『Dream Walking』も含め全20曲、
約70分のフルセット、繰り広げるロングラリー必聴盤。

Trackmaker
CARREC,KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA),ElmØre,KO-ney,DJ RIND,yukihILL,Osurek Bertop,I.B production,tanpi,蝋人G女,Kazubariki,nexus-X

Featurig Artist
サイプレス上野,DEJI,Y.A.S,ヒロキ,究慈,ROOK

-Track List- 
01.リスタートのOpening 
(Prod by Kazubariki)
02.準備
(Prod by Kazubariki)
03.Restart
(Prod by CARREC)
04.Focus feat.DEJI,ヒロキ
(Prod by I.B production)
05.チャレンジャー
(Prod by CARREC)
06.腹減ノ詩
(Prod by 蝋人G女)
07.小旅行 feat. 究慈,ROOK
(Prod by tanpi)
08.打ちこわし
(Prod by 蝋人G女)
09.Skit -2年連続の失敗-
(Prod by DJ RIND)
10.好きな事だけ出来たなら -二つの世界-
(Prod by yukihILL)
11.History
(Prod by ElmØre)
12.また会おう
(Prod by Osurek Bertop)
13.気持ちだけ
(Prod by 蝋人G女)
14.Skit -ブレインノイズ-
(Prod by nexus-X)
15.ヒップホップの無い生活
(Prod by Kazubariki)
16.Dream Walking
(Prod by ElmØre)
17.ソノサキ feat.Y.A.S
(Prod by tanpi)
18.聴こえる feat.サイプレス上野
(Prod by CARREC)
19.Big Wave
(Prod by KO-ney)
20.リスタートのEnding 
(Prod by KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA))

02,11.Scratched By DJ SION
03.04,05,15.Scratched By DJ RIND
All Mastered By Taizo Hayama At Green Brew Studio
Art Works By LAZY-13&Kazubariki
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。