キャリ魂太郎のキャリアコンサルタント試験・キャリアコンサルティング技能検定試験対策 キャリ魂塾

キャリコンに関する試験を受験中のキャリ魂太郎が、新国家資格キャリアコンサルタント試験・キャリアコンサルティング技能検定試験を受験される方と一緒に頑張る、試験対策情報ブログです。


テーマ:
キャリ魂太郎です。
 
第3回国家資格キャリアコンサルタント試験を受験された方、
 
お疲れさまでした。
 
受験生の方に学科・キャリ協の論述各問題をざっと読ませていただいた感想です。
 
まず学科試験、第2回から引き続いて今回も難化傾向。
・もはや養成講座の学科授業やテキストは養成講座修了のためだけに必要なもの
(大阪でキャリ魂塾のサンプルテキストを読まれた方、名古屋の学科講座を受講された方は、この言葉の意味がご理解頂けると思います)
・レビンソン好き過ぎ。細かすぎて通常の標準レベル受講生では太刀打ちできないレベル。
・それでもやはり25点程度は容易。あと10問をどうゲットするか。
・キャリア教育も毎回論点は一緒。だが細かくなっている。
 
もう手元に問題がないので、覚えているのはこのくらい笑。
明日また書きます。
 
続いて論述試験
・キャリ魂塾の模擬試験で特訓された方は手ごたえアリとのご報告複数。
・それは「確認・提案」=情報提供だから。そしてその練習をしてきたから。
・形式は第2回と一緒という模試の予想も的中。ホッ。
・法律上の「キャリアコンサルティング」(助言・指導)をこれでもかと意識させてきている。これにより、CDA養成講座修了者がキャリ協を受験するほうがハードルが高くなった。
 
という感じです。
 
これは、キャリ協の論述だけを読んだだけで書きますが、CDA養成講座受講生の養成講座の感想を聞く限り、いずれCDA養成講座で学んだ受講生では、キャリ協の論述・面接は合格できない時代が来るのではないでしょうか。
 
私が受講生から聞いた情報による限り(しつこく繰り返し笑)、CDAのキャリアコンサルティングでは、標準レベル試験上「助言・指導」を不要なものと考えている方が非常に多いからです。なのに「教示」しろ、ですよ。こんなの聞いてないよ、教わってないよ、ってなりませんか?CDA養成講座修了生の皆さん。
 
しかし、逆にキャリ協の受講生がCDAで落ちることは少なくなるでしょう。
なぜなら「キャリ協の論述的(論述も実技)な対策ができていればそれが法律上のキャリアコンサルティングであるので、JCDAが(きちんと採点できるなら)落とす理由がない」からです。
 
明日のJCDAの論述問題を見るのが楽しみです。
 
このエントリーは、あくまでCDA修了生から聞いた話&キャリ協の問題を見ただけということでご理解ください。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

キャリ魂太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。