2005-06-21 19:13:42

明日はお休み。

テーマ:隣地境界紛争

◆結局はもう一人の担当であるIさんが社長の旧知の測量事務所の人を連れて明日、依頼者宅に出向き、

 立会いできなくても分筆できる方法を模索することに…


◆今日は早めに帰りましょう(疲れました…)

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005-06-21 15:06:19

隣地境界の件④

テーマ:隣地境界紛争

◆結局、昨夜は依頼者様が最後の通告ということで“あなたのおっしゃった所で構いませんよ”ということを 

 伝えに行ったのだが、隣家の方では“いやもっとある筈(坪数)だからウチはウチで調査する”と言い切り、 

 追い返されたらしい。毎回話すたびに言うことが違い、最早、常識を逸脱しているどころの話ではすまなく 

 なってきているこの隣家とは関わらずに内側より分筆できる方法を選択するしかない・・・・・・



→という方向で社長が動き出した・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-20 21:38:54

まあこういう結果も

テーマ:隣地境界紛争

予測の範疇にはあったけれども・・・・・・・・とにかくっ!隣家は異常なのだ!

 

①今回の売主様(依頼者)の売却事情などは全く考慮していない(全く知ったことではない・現にそういう発

言を何度も繰り返している)・・・お前の為でもあるんだよっ!!(なんて考えはないんだろね隣地境界はお互い

の為なんだぜ!)


②今回土地を恵んで貰うにしても(敢えてそう言わせてもらうぜっ!)自分の主導で納得いくようにしかも

正当な理由付けを持って(不可能なんだよ)進めたいのだ。


③結局、測量士とも話し、もう一度売主様御自身で何とか押印して頂けるように話してくることに。


④それでつい先程、売主様に行って頂いたのだがこんどは更に前回話し合い時認めた

 ラインよりも更に大きいことを主張。

⑤今夜はもう遅いので明日別の測量士に依頼すること視野に入れ、検討していくことに。


⑥AKIRAアニキ、takuさん始め皆さん何かよいお知恵があればアドバイスお待ち致しております。


・・・事態はリアルタイムで進行中・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-06-20 21:05:34

隣地境界の件③

テーマ:隣地境界紛争

◆その後


①その後、依頼者側の御主人様より連絡が入る→奥様も説得してくれたのは、分かったが隣家の

主張するラインで涙を呑んで押印するというのだ。


②ところが・・・・・・・・・・・・その旨、隣家に伝えに行くと今度は・・・・・・・・・




・・・

・・・

                        ・・・

                        ・・・


                                                ・・・

                                                ・・・











































『やっぱり押印したくない。

          もっと考えたい』…だってさ。




・・・・・・・・・・               

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






・・・っ!     

                     

              (そのときの場面で俺の胸中を飛来したもの)

           

                 ホントかよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                             

                                                      続く

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-06-20 18:09:19

隣地境界の件②

テーマ:隣地境界紛争

仕方がないので・・・自分も外に出て測量士の先生と相談し、現状を再確認し、どうしても急いで分筆しない

と売主様御自身が困るということを伝え、家に戻るとそこには既にコンナ表情の御主人が待っておられた。

                               

                             

                             


・・・

・・・



・・・・・・

・・・・・・





・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・




                                          ・・・・・

                                          ・・・・・









・・・

・・・


                                        


                      

                  (そのときのご主人様の表情・・・・・のイメージ)


『とにかく最初に取り決めました期日が迫っているわけですし・・・・・・・・・・・・・・』

              

           

                  御主人は上記のようなお顔で黙りこくっておられる。


御主人『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』



俺   『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』


                  私ももう言うべきことは全て申し上げたつもりだ。


俺   『後はご主人様次第ですよ内側で切るのか、裁判を起こすのか、相手の言いなりになるのか』



奥様 『あんた、もういいじゃない。もともとよりは大きくなるし、皆さんにこれ以上御迷惑お掛けするのも・・』



俺  『本来ならば裁判を起こせば勝てると思いますが、いかんせん今回は時間が・・・・・・・』



御主人 『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』



奥様   『そうよお。もういいじゃないっ!ね。』



俺    『では明日までによくお考え頂いてもう一度御連絡頂けますか?』



御主人は僅かだがコクッと頷いた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-20 01:22:54

隣地境界の一件

テーマ:隣地境界紛争

◆前記事で触れていた、ここ最近の俺の怒り、悩みの根源であった隣地紛争の件だが昨日の午後から夜  

 にかけて大きな動きがあったのだ。


①今までお互いの筆界を決めると言うことに関して知らぬ存ぜぬを貫いてきた隣家から測量士の方へ連絡

 が入り当人同士であれば境界確定に応じると申し出てきたのでその話し合いの場を測量士と当人たちが 

 定めた。

②その話し合いが昨日もたれた。昼から夜まで8時間以上かけ、測量士の作った案を蹴飛ばし、いいたい放

  題の主張を繰り返した隣家は現在の公簿上からなんだかんだ理由をつけて約○○㎡程度自分の敷地 

  が広がる形であれば署名押印に応ずるといってきたらしい。

③さすがに隣家当人を当人を目の前にして長時間言いたい放題、無理難題を言われ続けたので穏やかな

 今回の売主様も堪忍袋の緒が切れてしまい。『考えさせてくれ。』と言ったきりその日は調印合意には至ら 

 なかった。

④以前の記事でも書いたが腹ただしいことこの上ないが、この隣家の言うとおりのことを飲めば内側で分筆

 せずにすむので分割規制に引っ掛からないし、元々縄伸びしていたものに更正登記をかけるので結果的 

 には(感情的なことを無視すれば)自分の土地の内側で分筆するよりは得なのだ。

⑤以上のようなことを測量士に確認した上で夜遅く(9時は回っていたと思います)売主様のお宅を訪問す

 る。

⑥しつこいようだが(興味があれば是非以前の記事を読んでみてください)この売主様もう後がない!金策

 に切羽詰った状態での売却・こちらもそれを承知した上での買取ではあるが、既にこの方また現金が入用

 なのだ。

⑦なんどもこちらの御主人に問いかける。


俺 『ご主人・・・・・・・・・お気持ち痛いほど分かりますよ余りにも酷すぎますよね・・・・』


御主人 『いや何度も何度もね自分の土地を広げたい訳じゃないって綺麗ごとばかり抜かすんだよ。その逆

      のことをしたい(ドサクサに紛れて自分の土地を大きくしちゃえ)のはミエミエなのに(相手が)』


俺 『分かります・・・・・・・・・』


御主人 『そんなこっちは今ある塀から○○cmも下がるって言ってんだよ!それを・・・・・・』


俺 『御主人っ!それは百も承知で言わせて頂きます。確かに今回のことはお隣があきらかに悪質です。 

   気持ちのやり場がないのもよく分かります。でもどうしますか?裁判やりますか?お金も時間もかかる

   し、内側で切りますか?(分筆)(一時はそうしようとしていた)それならそれでウチは一向に構いません 

   が結局損をされるのはご主人様じゃないですか?』


御主人 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』



俺 『ボクだってこんなこと言いたくないし許されるものなら○○(隣家)に対して裁判でもなんでもやりたい 

   ですよ。昔だったらこんなことなかったでしょうよ。でも今家を売る人は境界を確定しなきゃならないし、 

   本当に言いたくはないですけど○○(隣家)の都合ではなく、ご主人様の都合で売るわけですから仕方 

   がないというか、まあそれに隣にああいう悪質な輩が住んでいたのも運なのかと・・・・・・・・』


                         

                            ↓


                        ・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・                     ・・・




     長~い沈黙                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         ・・・   ・・・









・・・   ←そのときの御主人の表情のイメージ・・・




御主人 『ちょっと外出て頭冷やしてくる・・・』


俺 『い、いやっちょっと待ってください!!話はこれで終わりじゃ私も帰れませんし・・御主人・・・』

御主人 『ちょっとだけだから』


最初からこちらのも方になってくれている奥さんがとりなしてくれる。


奥様 『W・Sさんに待っててもらうから少し考えてきて・・・ねW・Sさん少しお時間・・・』


俺 『それは全然構いません。』




                                          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・続く

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-06-13 18:14:26

本日は

テーマ:隣地境界紛争

◆ダラダラしちゃったかな・・・・・

→眠いし・・・

→暑いし・・・

◆境界問題で揉めている例のお宅へ伺う。決済期日の延長。

→御主人、隣家に対してさすがに怒っておられる(そりゃそうだよね)


◆先日反響のあったお宅へ→ううむ。美人の奥様(どう見ても20代)・・・要追客!


◆契約準備・・・OK


◆明日のチラシ・・・OK

(まだ、アンケートチラシ完成してないだす。)

◆なんか疲れてんな・・・・・早く帰りたいな。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-06-06 17:21:31

さて・・・

テーマ:隣地境界紛争

◆一服するかぁ結局、隣地境界の問題は隣地に係らない様に当該宅地を抉り取るように分筆しちゃうことに。残った本地は歪な形にはなるが・・・・・・・・・・・・・・・


→それでも売主様は喜んでいる。


◆遠隔地の女社長のマンションはローン事前審査へ・・・・・

→他力本願だが・・・・・・・・・頼んだぞぉ



◆以前売却相談を受けていた方から新築マンションの抽選に漏れたので是非、別口で売却をお願いしたいとの旨連絡有。

→心が通じたようで嬉しいね。



◆明日は会社のレクリエーションでバーベキューだってさあ。

→たまには良い。バイトの人達も皆来るし→楽しんじゃえ~~



◆おばあちゃんのマンション買い替えの方→レインズ(不動産流通機構)登録へ

と同時にステ看板・投函チラシ全力攻勢だぁ!!!!!!!!!!!!!!!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-06-06 10:02:06

さあ調査だ!

テーマ:隣地境界紛争

◆ここ数日取り組んでいる隣地との分割のお話。詳細を記すのは控えるが、

 今日、明日で方向性が決まる。

◆住宅メーカーの方に朝1本反響があったようだ!よしよし


◆今日も忙しくなりそうだなぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-06-03 14:50:20

話し合い不調。

テーマ:隣地境界紛争

◆本日登場の担当登記官は非常に頭が固い。

→内側からの分筆に応じてくれない。・・・

→結局、再度測量士が隣地の家と交渉に当たることに。・・・(期待薄)


→まいった。どうすればいいんだろね?


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。