1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007-02-28 09:09:09

第3のパクリ  (ё_ё)キャハ

テーマ:日常

昨夜の19:07のことだった。


重要事項説明中のあわただしい最中に私のフーミフォンが赤く光った!

(お!赤いメールだ!風味メールか!?)



右大臣専用フーミフォン



梵天龍神さん だΣ(゚д゚;)



あまりの忙しさにチラッとだけ見て重要事項説明(契約前に義務付けられている物件の説明)に戻った。


そして・・・


ダイレクトコール!


ただ3番目の男として出演したかっただけぢゃ内科医?


明日にでも密会があるのかと思いながらTEL携帯

しかしそうではなく純粋に第3のパクリに出たかっただけの旨ご要望を頂戴したo(^▽^)o


そこには

「大人の遊び心」

という信念が(-_☆)


さすがは梵ちゃん ヂャマイカ(笑)


けたたましい笑い声(爆笑)も拝聴!

元気そうな梵天龍神殿 の笑い声が・・・

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


愉快な社長さんになっている様子です。

風味ファミリーとして嬉しいよ゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


もっと面白くなってくださいね!


私ももっともっと面白くならないとダメですね・・・。

反省。





そしてもうひとつ!


このお方 がついに県会議員に立候補!?


詳しくはこちらをクリック!


(((゜д゜;)))ガクガクブルブル・・・


よろしくお願いいたします・・・。



゚゚゚゚゚-y(^。^)。o0○

さぁて珈琲でも飲もっ(笑)




画像検索で見つけてきたインパクト大のボストンバック




   

   謎のがま口

このみるからにがま口ってのががインパクトあり!

外側のカラーも見事なドドメ色で光沢感もありなのがうれしい





※最早3度目のパクリ記事ですが(本家本元の記事はこちら) まさかまさか梵様

ノッテくださるなんて思いもしませんでした。

きっとシャイな梵様のこと。熟慮した上に清水の舞台から飛び降りるおつもりでメールを下さったに

違いない!!そう思うと本当に県会議員に立候補したかどうかもわからないのにネタにしてしまった

というあの方 への罪悪感も忘れてこみ上げてくる

密かな愉悦をこらえきれない舎弟さんなのでした(((( ´,,_ゝ`)))) ププッ





AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007-02-27 16:56:08

パクリ2

テーマ:日常

本日のたった今のことだった。


ネットカフェでつかの間の休息をとっている私のフーミフォンが赤く光った!



右大臣専用フーミフォン



AKIRA総帥 だΣ(゚д゚;)



暇だったのでそのまま「はい!舎弟でございます」と言ってその場で会話に入った。


そして・・・


レッツトーク!


付近相場をお聞きになりたいご様子でした。

お電話まで直々に頂いて良いぢゃ内科医?


今も感動のあまり放心状態!!携帯

ついでに総帥パワーも風味念波にて頂戴したo(^▽^)o


そしたら

「元気いっぱい」

私の目は涙でパソコンの文字が読めません。゚(T^T)゚。


当初からご立派ヂャマイカ(笑)


生憎コスモフーミTV画像は調整中!

元気そうなAKIRA総帥のお声はすっかり傍受・・・

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


眠らない街TOKIOでも立派にご活躍になっている様子です。

舎弟さんは嬉しいよ゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


頑張ってくださいね!


私ももっともっと頑張らないとダメですね・・・。

反省。





そしてもうひとつ!


このお方 がついにリアルエステート部隊に転職!?


詳しくはこちらをクリック!


(((゜д゜;)))ガクガクブルブル・・・


よろしくお願いいたします・・・。



゚゚゚゚゚-y(^。^)。o0○

さぁて会社に帰ろっ(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2007-02-27 09:09:09

パクリ…(ё_ё)キャハ

テーマ:日常

本日午前中のことだった。


契約業務前のあわただしい最中に私のフーミフォンが赤く光った!



右大臣専用フーミフォン



マダム気螺殿 だΣ(゚д゚;)



あまりの忙しさに折り返すと言ってその場は電話を切った。


そして・・・


コールバック!


忙しそうで良いぢゃ内科医?


夕方も依頼を受けた件でTEL携帯

ついでに物件情報もFAXにて頂戴したo(^▽^)o


そこには

「○ン○ョン○地」

という文字が(-_☆)


随分とご立派な立地条件ヂャマイカ(笑)


ボリューム計算も開始!

嬉しそうな弊社社長の表情が・・・

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


出来る営業マンだなとひしひしと感じました。

お兄さんは嬉しいよ゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


頑張ってくださいね!


私ももっともっと頑張らないとダメですね・・・。

反省。





そしてもうひとつ!


このお方 がついにリアルエステート部隊に転職!?


詳しくはこちらをクリック!


(((゜д゜;)))ガクガクブルブル・・・


よろしくお願いいたします・・・。



゚゚゚゚゚-y(^。^)。o0○

さぁてそろそろ寝よっ(笑)






注 この記事はあるお方の記事 を一部参照させて頂いたことは否めません…が、

舎弟さんも中々に忙しい日々を送っている訳で決して決してお手軽に記事を

UPし~てしまえという理由だけではなく…



…許してね。 (ё_ё)キャハ

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-02-22 09:09:09

Mask Of Sanity/SINNER

テーマ:ハードロック・メタル


■Mask Of Sanity/SINNER 2007年
1.The other Side 2.Diary Of Evil 3.Badlands 4.Black 5.Thunder Roar .7.Revenge 8.Under The Gun

9.Can't Stand The Heat 10.No Return 11.Last Man Standing 12.Baby Please Don't Go


誤解を承知で云わせて頂けばSINNERはこの13枚目のフルレンススタジオアルバム“Mask Of Sanity”をもって

THINLIZZYの正統後継者の位置をしっかり確保したと思う。1982年のデヴューアルバムからして既にツイン

ギター編成だったし、マット・シナーがベースを弾きながらリードvoをとるスタイルとか、曲によっては狂おしい

程の叙情性を発しながらも厭くまでもメタリックなバックにのせてレンジの狭い、けれどもパワフルで個性的な

マットのヴォーカルがのるというこのスタイル自体がTHIN LIZZYを髣髴とさせるものだったし…

マットもTHINLIZZYからの影響を公言して憚らなかったしね。(個人的にマット・シナーのヴォーカルと比較したく

なるのがLOUDNESS・XYZ→toAの二井原実なんだけど…柴田直人の企画アルバム“StandProudⅡ”での

ニイちゃんのWaiting For An Alibiのカヴァーもはまってたっけな。 )


マットは1997年頃から元GAMMARAYのラルフ・シーパース(Vo)とタッグを組んでPRIMAL FEARという

正統派JUDAS PREASTタイプのバンドを組んでいて欧州ではかなりのセールスを誇り、確固たる地位を

築いている。このPRIMAL FEARにもSINNERのメンバーが名を連ねていて、ラルフがリードVoを務めるか

否かというのが大きな違いになるようなものだったが今回のSINNERのアルバムはPRIMAL FEARとは

音楽的に朗かに一線を期しており、盟友トム・ナウマンとフランク・ルスラーと共にSINNERがデヴュー以来、

一貫して大事にしてきたアグレッシヴなヘヴィメタルの中に哀愁のメロディを盛り込んでいく稀有なスタイルが

最良の形で具現化されている。

再生屋ロイ・Zとのコラポtrack-2,ツインギターはかくありき!と大声で叫びだしたい衝動に駆られるtrack-7,9,

スラッシュメタルではないのにこんなに疾走感バリバリの正統派メタルを聴くのは久しぶりだという気さえする

track-8,11等ピックアップできるトラックはいくつもあり、track-12でのTHINLIZZYのカヴァーを聴いていると、

あのフィル・ライノットがThunder And Lightningの後にもし進化した次世代のTHIN LIZZYを始動させていたなら、

今回の“Mask Of Sanity”のようなアルバムを作っていてもおかしくないとさえ思ってしまうのだ…


                   

                   SINNER 2007























いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-02-19 09:09:09

クローズ

テーマ:お奨めコミックス


クローズ 高橋ヒロシ著 全26巻


先日、風味一族の“伊豆の別荘販売お兄さん”風味コード“ダイクロウ”さん の命名の儀を行なう際に、

ダイクロウさんのプロフィールから見つけ、命名後に漫画喫茶で嵌り、最後まで読破してしまった。

月刊少年チャンピオンというどちらかというとマイナーな雑誌に連載されていた為、世間でも

知る人ぞ知る漫画という扱いだったのが連載終了間際にダウンタウンの松本が愛読書であるということを

公言し、ソコから火がついたらしい。俺自身は“ダイクロウ”さんの命名の儀をするまでは全く知らなかった。


この物語は現在の30代~40代の男性であれば誰にでも一時期通過してきたであろう中学~高校時代の

懐かしい思春期の思い出を甦らせてくれる。(全ての人に当て嵌まるとは限らないが…)


それこそ尾崎や永ちゃんの歌を聴きながら仲間とつるんで夜遅くまで徘徊したり語り合ったりしていたあの頃。

日々の生活に追われるわけでもなく、子供と大人の狭間で親や教師よりも仲間(友人)が信じられた頃…

人それぞれで生きてきた舞台は様々だろうが世間知らずで怖いものなんかなかった頃の不良の世界に

属していなくたって純粋に仲間や友情が一番大切だった頃がこの物語を通して甦ってくるのだ。


クローズという題名は、不良少年のことをカラス(CROW)にたとえたことから付けられている。

とある街のフダツキの不良が集まる鈴蘭高校に転入してきた坊屋春道は不思議な魅力を持つ主人公。

腕っぷし(喧嘩の強さ)が存在価値の全てだといってもいい不良少年の世界でその腕っぷしだけではなく、

人を惹き付ける不思議な魅力を持つ春道は自分が権力の座に着くことを極端に嫌い、鈴蘭高校や街の

不良少年達の覇権争いには全く興味を示さない。明るく人懐こく直感で動き、喧嘩や遊びといった

不良的な青春をいつでもマイペースに謳歌している。

ただ己や仲間のプライドが傷つけられたり、汚い策略や集団虐めなどは絶対に許さない。

俺に勝てるものは誰にもいないと自分自身断言し、どんなに不利な状況でも己の拳のみで相手に

立ち向かっていく。回を追う毎に様々な強敵と喧嘩を重ねてその中で春道と拳を合いまみえる度に

その直情過ぎるほどの屈託のない純粋さに感化され、友情も育まれていくのだが…


主人公以外の登場人物たちソレゾレの背景もやたらとリアルで男臭くて全巻読み終わる頃には

一人一人のキャラに“うんうんそうだよな。思い切りやれよ”なんて感情移入している自分に

気がつく。


どんなことでも強く意志を持ち、迷いなく、計算もなく、ひたすら真っ直ぐに突き進むってのは格好イイ。

それが喧嘩でも、勉強でも、女でも…


…仕事でも…さ。(笑)


湘南爆走族やBE-BOP-HIGH-SCHOOLにも通じる所謂不良漫画なのだが作者には不良の世界を

舞台に描くことによって昨今の人々が忘れかけている大事な何かを思い出させようとする意図が

あるような気がしてならない。



ダイクロウさん、良い作品に出会えました。どうもありがとう。(現在ワーストも読破中)



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-02-09 23:05:24

増えてるっ!

テーマ:すねいく通信


                     


          ふ・増えてる…(謎)





           

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2007-02-07 17:17:17

LIVE in the shadow of the blues

テーマ:ハードロック・メタル


DISK-1

1.Bad Boys 2.Slide It in 3.Slow&Easy 4.Love Ain't No Stranger 5.Judgemennt Day 6.Is This Love

7.Blues For Mylene'06 8. Snake Dance'06 9.Crying In the Rain 10.Ai'nt No Love In The Heart Of City

11.Fool For Your Loving 12. Here I Go Again 13.Still Of The Night


DISK-2

1.Burn-Stormbringer 2. Give Me All Your Love Tonight 3.Walking In The Shadow Of The Blues

4.The Deeper The Love 5.Ready&Willing 6. Don't break My heart Again 7. Take Me With You

NEW SONGS 8. Ready To Rock 9. If You Want Me 10. All I Want Is You 11.Dog


BonusTrack-12.Crying In the rain


先日、このWHITESNAKEのLIVE盤を入手して以来、車内のCDプレイヤーにはこの2枚組のうちのどちらかが

ずっと入っていて聴きまくっている。同時期に購入したCDをまだ開封していないほどこの2枚組に

魅せられてしまった。どこで録ったモノだかは記載がないので不明だがメイド・イン・ジャーマニー、

SPVから出ているようだ。


…昨年(2006年ジャパンツアー)の時のセットリスト(以下参照)


01.Burn - Stormbringer - Burn
02.Guilty Of Love
03.Love Ain't No Stranger
04.Walking In The Shadow Of The Blues - Love Hunter - Slow An' Easy
05.Is This Love
06.Ready To Rock (New Song)
07.Ready An' Willing
08.Doug Aldrich Guitar Solo - Snake Dance
09.Crying In The Rain - Tommy Aldridge Drum Solo - Crying In The Rain
10.Ain't No Love In The Heart Of The City
11.Give Me All Your Love
12.Here I Go Again
-encore-
13.Take Me With You
14.Still Of The Night.


↑☆これ、俺が姐御と参戦した5月21日の国際フォーラムのセットリストに準じた形で入っており、

日本では披露されなかった楽曲も網羅されているので充実感たっぷりだ。

特にDISK-1.04の哀愁を帯びた感動的なメロディ、全米制覇のヒットシングル06、12、13での

時折危なくなりそうになりながらも中低音では未だにセクシーでソウルフルな、カヴァデールの艶声。

(12なんか今回のスローなアレンジが程よく嵌っている。WS史上最高のバラードだね)

DISK-2.01のBURN~stormbringerの流れ、シングルで聴いたときはさして気にもしなかった04、

(以前内藤やす子さんが聴くと涙が出てくると語っていた。)カヴァデールのルーツでもあり、

全米制覇以前から大事に歌ってきたホワイトブルーズ05、良い曲はアレンジ次第で色褪せないということを

如実に示している06、(いやぁ格好イイよ。)等、改めて普遍的な楽曲の持つ魅力を証明してくれる。

ダグ・アルドリッジ、レブ・ビーチという両ギタリストの人選も当たりだろう。

両ギタリストとも80年代後半~90年代前半のギターヒーロー華やかなりし時代から紆余曲折を経て

生き残り、そのテクニックは世界的に見てもロックギタリストとしては最高峰に位置していると思うし、

ルックスも格好イイ!バックコーラスもちゃんとしているし、過去にいたギタリスト達の中では、

エイドリアン・ヴァンデンバーグとウォーレン・デ・マルティー二のコンビに近いものを感じる。

カヴァデールが戦う相手としたら、コージーやサイクシーと比べたら役不足の感は否めないが

現在の癒し系WHITESNAKEには必要以上に自己主張しない彼等はピッタリの人選なんじゃないだろうか。

バンド内部の人間関係も上手くいっているのであろう。名手マルコ・メンドーサが抜けてもソツの無いプレイを

するユーライア・ダフィというべーシストを迎え、一体感のあるサウンドを聴かせてくれる。



そして今回初めて聴く新曲DISK2-8、9、10、11なんですけどね。8は文句なしに格好イイ。

疾走感のある楽曲の上にデヴィッドがお色気過剰ムードにベイベ~ィ♪と歌う様は差し詰め

新時代のBadBoysといった感じだろうか。9はイントロが流れてきた瞬間ちょっとビビッた。

まるで出来損ないのMETALLICAとかSOUNDGARDENのような重くうねるリフだったのだ。

繰り返して聴けばこのドゥーミーなリフのみが特殊なだけであって、デヴィッドは

ちゃんと歌っているし、叙情的なメロディはあるしで気にならなくなったけど…まァ、お遊びってことで。

10はデヴィッドお得意のブルーズバラード。Is This LoveというよりThe Deeper The Loveとか

RestressHeartのAll In The Name Of Love系ですね。仄々した曲調の上を御大が切々と歌う。

これもまたカヴァの得意技。定番であろう。最後の11は恐らくダグアルドリッヂを

フューチュアリングする為の楽曲に聴こえる。御大はアウアウアウアウ~と獣じみた雄叫びを

嬉しそうにあげている(好きなんだから。もう。)


あっ、12(限定盤だけ入ってるみたい)のトミーのソロにも涙。



とにかく大好きなアーティストなのでファン気質丸出しで褒めちぎってしまったが、俺の人生の中でも

半分以上を共に過ごしてきた精神的な主治医がまだまだ元気でこんな処方箋をだしてくれたことを

世界中のファンと共に深く感謝したい…
















いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2007-02-06 11:20:20

BURRN! 3月号

テーマ:ハードロック・メタル




<EXCLUSIVE COVER STORY:巻頭特集>
◆PAUL STANLEY
28年ぶりのソロ・アルバム「LIVE TO WIN」を引っ提げて来日を果たす
KISSのフロントマン、ポール・スタンレーに独占直撃インタビュー!


<EXCLUSIVE INTERVIEWS:インタビュー記事>
◆MEAT LOAF
「地獄のロック・ライダー」シリーズ最新作が日本登場!
◆THUNDER
日本ロケDVD&スタジオ新作をリリース!

◆SILENT FORCE
正統派メタル・バンド、注目の新作完成

◆THE ANSWER
ロックの伝統芸を守る20代の新人に直撃!
◆HELLOWEEN
最新ライヴDVD&ライヴCDのウラ話!
◆JULIETTE AND THE LICKS
女優ジュリエット・ルイスのR&R宣言!
◆ASIA
オリジナル・メンバーで初来日!

◆SINNER
4年ぶりの新作「MASK OF SANITY」リリース

◆THERION
メタルとシンフォニーの華麗なる融合

◆SPOCK’S BEARD
日本人Key奏者、奥本 亮を擁する米プログレ・バンド
◆IMPIOUS
人気上昇中のデスラッシャー、公約どおりのコンセプト作を発表
◆CHTHONIC
台湾最強ブラック・メタル・バンドが日本デビュー
◆LOUDNESS
デビュー25周年を記念する「BREAKING THE TABOO」発表
◆CODE
元GRAND ILLUSIONのブレインが新たなバンドをスタート


<EXCLUSIVE LIVE REPORT:海外ライヴ・リポート>
◆GUNS N’ ROSES
遂に新作発表か!? 2006年を締め括ったLA公演をリポート!


<SPECIAL EDITION:特別企画>
◆過小評価されている人達
相応しい評価を得ていない才能あるアーティスト達を今一度、本誌スタッフが応援!

◆R.I.P.~ミュージシャンの死に様
才能溢れるミュージシャンの死……その哀しい事実を改めて検証する特別企画!

◆レーベル特集『Relapse Records』
THE COUNTY MEDICAL EXAMINERS、CAR BOMB、RWAKE、MINSKの最新インタビュー、
コラム『最重要激音レーベルの変遷』、特選アルバム10作品紹介で注目レーベルを徹底解剖!


<SPECIAL LIVE REPORT IN JAPAN:来日ライヴ・リポート>
◆『EXTREME THE DOJO vol.16』
CELTIC FROST、SATYRICON、NAGLFARが集った“ブラック・メタル・ナイト”をリポート!

◆MY CHEMICAL ROMANCE
「THE BLACK PARADE」フル・スケール・ツアー前哨戦!?

◆THE DUST ’N’ BONEZ
理想の音を目指してせめぎ合い、新たなスタートラインへ……


<SPECIAL INTERVIEW IN JAPAN:来日インタビュー>
◆TRIVIUM
若きメタル・ヒーローが来日! マシュー・キイチ・ヒーフィーが語る日本との関わりとは!?
◆LAST AUTUMN’S DREAM
プロモ来日時のインタビュー&イベントの模様をリポート!


◇アルバム・レビュー、伊藤政則の『今月の断言』他、各種コラムも充実!
◇有名HM/HRバンドの歴史早わかり→(119)DANGER DANGER
◇HM/HRパーフェクトCDガイド→(57)CARCASS


<POSTER:ポスター> アンジェラ・ゴソウ/ARCH ENEMY


☆熟読する記事

☆軽く読み流す記事

☆飛ばす記事




WHITESNAKEのライヴ盤のこと情報ないなぁ…

おっ!THUNDER新譜出るぢゃん!一時期は解散状態を余儀なくされていたのに・・・よくぞ…(涙)


ポールスタンレーもまだまだ格好イイ!

ASIAオリジナルメンバーでやってんだぁ…(ジョンウェットンメチャクチャ太ったなぁ)



おりょ?マイケルモンローソロ出すの?

LOUDNESS新作良さそうやん?


…CD買いに行こっと。






|彡サッ


2月7日追記 →んでジーンは先生になってた。 (情報提供* bucoさん 渡る世間は猫ばかり



こんな先生がいたら俺も教わりに行きたい。(ё_ё)キャハ


















いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2007-02-05 08:08:08

風味一族新メンバー加入!及び改名の儀

テーマ:すねいく通信

風味一族新規ご入会です♪


62.かたばみ様 ・・・風味一族”発掘家”

(家探しライフスタイル -街の不動産屋さんとは?-)



風味一族、増殖中!!

そしてGTLさんの改名の儀も終了!


40.GTL様 ・・・風味一族”麻衣担”改め”雷神”

(Rainbow in the Moonlight)

(格好イイ儀式じゃ内科。…ま・負けてる!?(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル(謎))



儀の模様はオフィシャルブログ にて公開中!








いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-02-01 18:19:40

早っ。

テーマ:日常

                         早いのだよ・・・(ΦωΦ)ふふふ・・・・



流石である。やることなすこと早いんである。


風味一族☆ オフィシャルブログ! (←クリック)

速攻誕生!!




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。