信義【シンイ】-二次創作物-

韓国フュージョン史劇 信義【シンイ】二次創作物の部屋


【 2015年 12月31日 】




本日午後4:44 アメンバー様受付を終了させて頂きました。




本当にありがとうございました。














【 2016年 1月26日 】




現在のお話進行と時系列(TOPのみ更新&修正)


■詳細:時系列 ~ 皆様へ




:公開済み・★:公開中)




1252年吾亦紅




1317年チェ尚宮の憂鬱

1344年百日草(~1351年)


       或日、迂達赤(随時不定期更新)

1346年或日、迂達赤:蛍袋

     槍水仙


1351年 信義(本編)


       信義【三乃巻】(随時不定期更新)


     六花


     絡新婦


     堅香子


     ❤甘い夜 ~ Short pieces(随時不定期更新)



1353年雪割草



1355年

     ❤向日葵


     ❤迷迭香


     曼珠沙華


     都忘れ


     ❤偽嫁御

     一服処(随時不定期更新)







1356年紅蓮・序


     紅蓮・勢


     比翼連理


     威風堂堂


     寿ぎ

     碇草



1358年  南天 雪うさぎ


      貴音






1361年  紅蓮・急


       



1388年  小菊



2012年 占見




SPECIAL:2014 Xmas request


       2015 summer request








ここでまた、皆様とたくさんお話しできますように。






心はいつも、皆様の元へ。


何度も、何度でも。








愛を込めて


さらん








============






ポチして頂けると、とても励みになります。

宜しければ、お願いします。







にほんブログ村
NEW !
テーマ:

 

 

 

 

 

「ヨーンア」

 

呼び声に居間で文机に向かう顔を上げる。

あなたは廊下から居間への境の扉から斜めに顔を覗かせ、書き物の

進み具合を確かめるように文机を指した。

「終わった?ちょっとだけ、いい?」

「無論です」

 

磨り途中の墨を指先に頷くと、弾むように居間に入って来て 文机の

向いにちょんと座り、机上の漢文の書き物に目を遣ってから鼻に

小さな皺を寄せる。

そして気分を変えるように俺に視線を移し、この方は唐突に話を

切り出した。

 

「あのね、新年のごあいさつなんだけど」

「・・・挨拶」

 

新しい年が始まって既に数日。

王様と王妃媽媽、そして叔母上には年始の挨拶は済んでいる。

当然だ、今年は元日早々から役目があったのだから。

これ以上一体誰にと眸で問う俺に、この方は

「師叔とマンボ姐さん。まだ会ってないじゃない」

と、至極当然だと言わんばかりの顔で言い放った。

 

今更畏まって年始の挨拶を交わし合う間柄だろうか。

得心出来ずに首を捻ると

「親しき仲にも礼儀ありよ。善は急げって言うし。さ、行こう!」

 

そう言ってこの方は急かすように握る墨を奪い取り、硯箱の隅に

納めると空になったこの両掌を掴み

「よいしょっと」

そんな可愛らしい掛け声と共に、立ち上がらせようと強く引いた。

 

 

二人で出掛けると決め、表に出たまでは良かった。

まだ淡々と空に残る陽が道端の凍った根雪を照らす刻。

 

新春の身を切る冷たい風の中を並んで歩き、暮れ始めた空の青が

薄紅色へと境目なく移るのを並んで見上げる。

 

「寒ーい!」

手套は持たない。名分がなくなるから。

小さく丸まった掌を温めるように握り締め、己の首巻を解いて

その首に既に巻かれた襟巻の上から巻きつける。

 

あなたは嬉しそうにそこに一度だけ顎先を埋めた後で、俺の掌を

静かに離して首巻を解き、背伸びをしてこの首に戻して巻き直す。

そして空へと目を移し、夕陽の中、薔薇色の横顔の頬で言った。

「キレイね、夢みたい」

 

今こんなにも胸が温かいのは、首巻が戻ったからではない。

もしもこの世に生きる皆がこんな穏やかで優しい心を持てたなら

戦などとうに無くなっているだろう。

俺は二度と誰かを傷つけず、この方は泣きながら戦場を駆ける

必要もなく、静かに生きていけるだろう。

 

「・・・夢です」

 

そう、そんな世は夢だ。

あなたはそうして幾度でも俺に見せてくれる。

起きた後にも醒めぬ夢を。その温かい幻を。

そして俺はそれを現実にしたくて追いかける。

夢でなく、この手にその世を掴み取る為に。

 

いつでも思う。新たな年を迎える度に。

今年こそこの方の笑顔を一つでも多く。涙を一滴でも少なく。

それが起きて見る夢よりも難しくとも。

 

俺の声にあなたは不思議そうな顔をして、背伸びをするといきなり

俺の左の頬を軽く抓り上げた。

痛くはないが驚いて、抓られたままあなたの顔をじっと見る。

何か気に入らぬ事でも言っただろうか。いや、夢だと言っただけで

他には何も。

 

「イムジャ」

抓られたままの喋りにくい口許で声を掛けると、この方は真剣な

眼差しで言った。

「夢じゃないでしょ?」

「は」

「痛いから、夢じゃない。でしょ?」

「いや、痛くは」

 

何処まで判っていて言っているのか。

何故御自分ではなくて俺を抓るのか。

それでもあなたが痛い思いをしなくて済んだ、それだけで良い。

笑いだしそうになりながら首を振ると、あなたは困ったように

「これ以上つねったら、ヨンアがほんとに痛いからやめとくわ」

そう言って諦めたように指を離し、先刻抓った頬を今度は撫でた。

 

始まりはそんな、大層心地の良い夜だった。

 

冷たい手を堂々と握る名分があり、夕陽は美しかった。

それはまるで、起きても醒めぬ夢の中の景色のようだった。

穏やかに笑い合い、時折見つめ合って歩いた。手裏房の酒楼まで。

「お酒、飲みたいなあ」

 

ねだるように手を握り、この方は大きくそれを振って言った。

「新年だし飲みたいな、一緒に。ね?」

確かに年始から歩哨で、晦日に差向かいで呑む間もなかった。

「判りました」

 

こんなに寒い日だ、飲む端から酔う間もなく醒めてしまうだろう。

一杯ならば問題はあるまい。晦日も楽しめなかった罪滅ぼしに。

 

握られた手を揺らされるに任せ、俺はあなたの望みに頷いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキング、参加しています。
皆さまのぽちっとが励みです。ご協力頂けると嬉しいです❤
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
今日もクリックありがとうございます。

にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。