信義【シンイ】-二次創作物-

韓国フュージョン史劇 信義【シンイ】二次創作物の部屋


【 2015年 12月31日 】


本日午後4:44 アメンバー様受付を終了させて頂きました。


本当にありがとうございました。






【 2016年 1月26日 】


現在のお話進行と時系列(TOPのみ更新&修正)

■詳細:時系列 ~ 皆様へ


:公開済み・★:公開中)


1252年吾亦紅


1317年チェ尚宮の憂鬱
1344年百日草(~1351年)

       或日、迂達赤(随時不定期更新)
1346年或日、迂達赤:蛍袋
     槍水仙

1351年 信義(本編)

       信義【三乃巻】(随時不定期更新)

     六花

     絡新婦

     堅香子

     ❤甘い夜 ~ Short pieces(随時不定期更新)

1353年雪割草

1355年
     ❤向日葵

     ❤迷迭香

     曼珠沙華

     都忘れ

     ❤偽嫁御
     一服処(随時不定期更新)



1356年紅蓮・序

     紅蓮・勢

     比翼連理

     威風堂堂

     寿ぎ
     碇草

1358年  南天 雪うさぎ

      貴音



1361年  紅蓮・急

       

1388年  小菊

2012年 占見


SPECIAL:2014 Xmas request

       2015 summer request




ここでまた、皆様とたくさんお話しできますように。



心はいつも、皆様の元へ。

何度も、何度でも。




愛を込めて

さらん




============


ポチして頂けると、とても励みになります。
宜しければ、お願いします。




にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

NEW !
テーマ:

 

 

 

 

 

「大護軍!」

「おう」

「ご無事ですか、大護軍」

「おう」

「お帰りなさい大護軍!」

「良かった、心配してました!」

「無事だ」

 

天門の石垣横の堅牢な兵舎。官軍全員が最敬礼で出迎える門。

出迎えるどの顔にも安堵の笑みと、再会の嬉しさが滲んでいる。

最も嬉しそうに笑む筈のたった一人を除いては。

 

暗闇に紅い火の粉を飛ばす篝火の脇を大股で過ぎる。

焔に照らし出された、随分見なかった気がする懐かしい顔。

その中のテマンの顔だけが冴えんのは何故だ。

 

「て、大護軍・・・」

この背半歩に従くテマンを先頭に、後に従く奴らと共にそのまま

兵舎内へと進む。

「何だ」

 

踏み入った兵舎内の廊下を歩きつつ、肩越しに眸を投げ確かめる。

いつもよりもほんの数寸、この肩後ろから離れている。

俺を見ながら、何処かの知らん他人を見るような距離を取るなど

こいつらしくもない。

 

「大護軍!」

奥から出て来た兵舎の官軍長が、嬉し気に深く頭を下げる。

「部屋を設えました。今晩だけでも兵舎でお寝みください」

「助かる」

「こちらこそ光栄です。どうかゆっくりと。すぐ食事を用意します」

 

そう言って頭を下げる官軍たちに囲まれて

「大護軍・・・あの・・・ああの・・・」

何か言いたげに幾度も口籠り、其処から遠慮がちに呼ぶだけなのは。

 

「王様に何かあったか」

衛の兵の手で開けられた扉を通り抜け、続く奴へと確かめる。

「い、いえ!王様はご無事です!!」

続いて部屋へ踏み込んだテマンは、慌てて烈しく首を振った。

「では王妃媽媽か」

「いえ、王妃媽媽もお変わりないです!」

「では何だ」

 

油灯の揺れる部屋内、据えられた卓前の椅子へどかりと腰掛ける。

俺の声にテマンは躊躇うよう、俺の胸元をその指で指した。

「・・・衣、が」

 

そう言われ己の胸元を見下ろす。纏ったままの天界の衣を。

すっかり忘れていた。そういう事か。

 

「大護軍も医仙もち、ちがう人みたいで」

戸惑うテマンの声にようやく得心し、背に負っていた荷を解く。

「着替える」

テマンは急いで一礼し、官軍長たちと共に部屋を出て行く。

 

肝心のこの方はどうにも立ち上がれんのか。

無言で片隅の椅子に腰掛けたきりだ。

「イムジャ」

「・・・うん」

「着替えて下さい」

 

そうだ。この方こそ今すぐに着替えて欲しい。

天界では眸を瞑った。鎧ならば仕方が無いと。

しかしこうして戻れた以上、高麗には高麗の則がある。

足の見える姿で兵の前に立たせた、その悔いに頭が灼ける。

「うん、着替えるけど・・・」

 

この方は夢現のように、茫と焦点の合わぬ瞳で俺を見た。

懐かしい油灯の色を映して揺れる、その瞳に怖くなる。

怪我は無いのか。本当に無いのか。

吐き出された闇の中、この眸この掌が見落としていないか。

 

大きく一歩でその椅子の足元へ寄り、油灯の許座ったままの

この方の手を取り、細い背を確かめ、華奢な体に両腕を回す。

そうして確かめても怪我の気配は無い。

天界の薄く短い鎧では、怪我を負えば隠す布は無い。

「イムジャ」

 

それでも力の抜けたような体も瞳もそのままだ。

走らせ過ぎたか。驚かせたか。斬らねば許されると甘く判じたか。

それとも。

まさかとは思いつつ、胸の隅が軋む。

戻りたく無かったか。残りたかったか。光る世界に居たかったか。

「イムジャ」

 

もう一度呼ぶ声に応えるよう、徐々に瞳の焦点が戻る。

この腕の中、くたりと萎れたような細い体に芯が戻る。

「戻って来れた・・・よね?」

「はい」

「高麗よね?」

「はい」

「夢じゃないわよね?」

「はい」

 

その声にこの方は卓上に放っていた荷を、上掛けごと掴む。

そして膝に乗せ、中身を確かめるよう指先で一つずつ撫でる。

「・・・ある。鎧も、医学書も、プリントも、ハーブティーも、サプリも・・・」

「はい」

此処までこの背で確かに負って来た。その重みこそが証の筈だ。

 

「信じられない。こんな事ってあり得るの?」

「論より証拠でしょう」

 

その瞬間。

 

この方の伸ばした両腕が、俺をきつく抱き締める。

その膝に置いた荷が、大きな音を立て床へ散らばった。

 

「ヨンア」

「はい」

「変わるかもしれない。本当に変えられるのかもしれない。

あなたが一緒にいてくれれば、変えられるかもしれない」

「はい」

 

俺を抱いたまま、震える涙声で呟くあなたが望むなら。

王妃媽媽の先、この国の先。

そして恐らくもっとも変えたいと望まれている、俺自身の先。

 

出来る事であれば何でもする。何処にでも幾度でも共に行く。

だからまずは

「・・・着替えて下さい」

 

繰り返す俺の声に、あなたはようやく大きく笑んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキング、参加しています。
皆さまのぽちっとが励みです。ご協力頂けると嬉しいです❤


にほんブログ村

AD
いいね!(343)  |  コメント(6)
同じテーマ 「2016 再開祭」 の記事

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。