信義【シンイ】-二次創作物-

韓国フュージョン史劇 信義【シンイ】二次創作物の部屋


【 2015年 12月31日 】


本日午後4:44 アメンバー様受付を終了させて頂きました。


本当にありがとうございました。






【 2016年 1月26日 】


現在のお話進行と時系列(TOPのみ更新&修正)

■詳細:時系列 ~ 皆様へ


:公開済み・★:公開中)


1252年吾亦紅


1317年チェ尚宮の憂鬱
1344年百日草(~1351年)

       或日、迂達赤(随時不定期更新)
1346年或日、迂達赤:蛍袋
     槍水仙

1351年 信義(本編)

       信義【三乃巻】(随時不定期更新)

     六花

     絡新婦

     堅香子

     ❤甘い夜 ~ Short pieces(随時不定期更新)

1353年雪割草

1355年
     ❤向日葵

     ❤迷迭香

     曼珠沙華

     都忘れ

     ❤偽嫁御
     一服処(随時不定期更新)



1356年紅蓮・序

     紅蓮・勢

     比翼連理

     威風堂堂

     寿ぎ
     碇草

1358年  南天 雪うさぎ

      貴音



1361年  紅蓮・急

       

1388年  小菊

2012年 占見


SPECIAL:2014 Xmas request

       2015 summer request




ここでまた、皆様とたくさんお話しできますように。



心はいつも、皆様の元へ。

何度も、何度でも。




愛を込めて

さらん




============


ポチして頂けると、とても励みになります。
宜しければ、お願いします。




にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

NEW !
テーマ:

 

 

 

 

 

「ソナ殿」

 

不思議そうな目を俺達に向けるソナ殿に、チャン御医が静かな声を

掛ける。

「はい」

「・・・あれは一体」

 

御医の指す狭い箱の中、小さな男は見るからに熱そうな赤い塊を背に

意味の判らん声を続けている。

 

太陽。黒点。影響。最大活動値。四日後。警戒。迂回。注意。

聞き取れるのはそんな言葉の端々くらいのものだ。

 

「稀にあるんです。太陽の難しい事は私も分からないけど、活動が

活発になって、地球の電磁波が狂うとか・・・ケーブルTVが映りにくく

なったり、大切な機械に影響が出るから飛行機が航路を」

 

ぴたりとその口を閉じると、ソナ殿は慌てて俺たちを見渡した。

「お兄さん!四日後って、ちょうど約束の一週間目ですよ?帰りの

フライトに影響が出ないですか?もし良かったらリコンファームを」

 

この人は何故、こんなに真直ぐで懸命なのだろう。

何故こんなに懐かし気に不安気に俺達を・・・もっと言ってしまえば、

俺の事を見るのだろう。

 

お兄さん、そう呼ばれる度に不思議な心持ちになる。

離れて暮らす実の妹に呼ばれる事すら滅多にないせいか、それとも

疎遠の罪滅ぼしのつもりか。

 

しかしそれだけなのだろうか。

俺の気持はそれで済んだとしても、ソナ殿がこれ程懸命な理由には

ならん。

 

「・・・お兄さん?」

 

一つだけ判るのは、この人を守るという事だ。

 

毎朝早く遠慮がちに扉外で掛かる声。両腕に抱えた朝餉。

それだけでも十分な恩義だろう。

俺達が出会えなければ、奇轍を悪しざまに言えぬような困窮に陥って

いたかもしれない。

こうして雪の降る中、右も左も判らんまま天界の道端に放り出されて

いたかもしれない。

 

だから守る。その恩義に報いる為に。

 

それだけの筈なのに、何故これ程に懐かしいのだろう。

天界に来たのは初めてなのに、この人と顔を合わせた事など今まで

一度もないのに。

 

「チュンソクお兄さん?」

 

チュンソク。

初めて呼ばれた声に、馴染んだ己の名に、何故胸が痛むのだろう。

 

無言のままの俺にようやく気づき、隊長と御医が訝しげに見ている。

その視線を視界の隅に感じているのに、なぜこの人に返答が出来ん

のだろう。

 

考え過ぎが得意だとしても、これでは幾ら何でも度を越している。

 

何処かでこの声を知っている。出逢った事すらないこの呼び声を。

 

チュンソク。

そう呼ぶ者など多くはない。父母と妹そして隊長。数え上げても

片手で事足りる。

 

呼ばれてソナ殿へどうにか視線を移す。

黒い髪。白い頬。不安げなその顔の向こうに重なる陽炎のように

揺れる、 屈託のない笑顔。

 

チュンソク。

 

黒い髪、白い頬、片手で掴んで胸に押し付ければ隠れてしまう、

その癖決して大人しく隠れて下さらずそこから俺を見上げる瞳。

 

そんな方は知らん。俺にそんな方は居らん。それなのに何故俺は

今にも泣き出しそうなのだろう。

ソナ殿以上に見知らぬその笑顔に。聞いた事もない声に。

 

今叫べばその名前が飛び出して来そうで、ようやく重い口を開く。

そして口は空しく開いたまま、喉に痞える名は飛び出す事はなく、

吸い込んだ息がただ胸の奥に重苦しく溜まっていく。

 

あなたは誰ですか。

 

名前さえ呼べば判る気がする。全ての縺れた糸が解ける気がする。

泣ける程懐かしい理由も、そして守りたい理由も、守らねばならんと

心を駆り立てるその訳も。

 

「・・・チュンソク」

 

痺れを切らしたか、それとも流石に不安に思われたか。

隊長に低く呼ばれた声に頷くと

 

「・・・申し訳ありません。頭を冷やして来ます」

 

全員から目を逸らして頭を下げると温かい床から腰を上げる。

無言のまま部屋の戸を抜け表に出れば、外は一面の銀世界。

 

黒い空から落ちる雪。

天を見上げて息を吐けば、白い塊は風に流れて消えていく。

 

呆けたよう空を見上げたまま目に入る雪に瞬きを繰り返す。

溶けて溜まって溢れた雪水は、目尻から頬を伝って落ちる。

その雪のひとひらが、聞いた事すらない懐かしい声で呼ぶ。

 

─── 雪だ、チュンソク。

 

あなたは一体、誰ですか。

 

 

 

追い掛けるか。 放っておくか。

奴の飛び出した後の扉を肩越しに眺めて迷う。

 

明らかにチュンソクの顔色が変わった。女人に名を呼ばれた途端。

あの男が軍議の最中に中座する程に動揺した。

 

この目で見ても信じられん。天界とはいえ、いや天界だから尚更に

この軍議がどれ程の大事かあの役目一途の馬鹿が判らぬ筈が無い。

 

侍医も同じ事を思ったのだろう。珍しく穏やかな目に動揺を浮かべ

「隊長」

それだけ短く呼んだ。

「・・・放っておけ」

 

役目馬鹿が飛び出さざるを得ん程に心を乱したなら、落ち着くまで

待つのみ。

その声に頷くと、侍医は姿勢を正し男の入った箱に向き合う。

まるでその意味の判らぬ声の中から何かの情報を得るように。

 

立膝で鬼剣を膝に壁に凭れて眸を閉じる。

 

石の如く黙りこくった俺に呆れたか、閉じた瞼の向こう侍医の溜息が

部屋に響いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキング、参加しています。
皆さまのぽちっとが励みです。ご協力頂けると嬉しいです❤
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。