信義【シンイ】-二次創作物-

韓国フュージョン史劇 信義【シンイ】二次創作物の部屋


【 2015年 12月31日 】


本日午後4:44 アメンバー様受付を終了させて頂きました。


本当にありがとうございました。






【 2016年 1月26日 】


現在のお話進行と時系列(TOPのみ更新&修正)

■詳細:時系列 ~ 皆様へ


:公開済み・★:公開中)


1252年吾亦紅


1317年チェ尚宮の憂鬱
1344年百日草(~1351年)

       或日、迂達赤(随時不定期更新)
1346年或日、迂達赤:蛍袋
     槍水仙

1351年 信義(本編)

       信義【三乃巻】(随時不定期更新)

     六花

     絡新婦

     堅香子

     ❤甘い夜 ~ Short pieces(随時不定期更新)

1353年雪割草

1355年
     ❤向日葵

     ❤迷迭香

     曼珠沙華

     都忘れ

     ❤偽嫁御
     一服処(随時不定期更新)



1356年紅蓮・序

     紅蓮・勢

     比翼連理

     威風堂堂

     寿ぎ
     碇草

1358年  南天 雪うさぎ

      貴音



1361年  紅蓮・急

       

1388年  小菊

2012年 占見


SPECIAL:2014 Xmas request

       2015 summer request




ここでまた、皆様とたくさんお話しできますように。



心はいつも、皆様の元へ。

何度も、何度でも。




愛を込めて

さらん




============


ポチして頂けると、とても励みになります。
宜しければ、お願いします。




にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

NEW !
テーマ:

 

 

 

 

 

「うーん」

 

月を見上げたままそぞろ歩く俺の脇、幸せそうな思案声。

 

「ユスク・・・焼肉?ワインバー・・・夏だしモヒートもいいな。それとも

ケジャン、テジキムチ?まだ暑いから冷麺も。ああ、いっそムカムカ

するしポジャンマチャで騒ごうか。マッコリにスンデ、タットンチプに

プデチゲ」

 

指を折って俺を見上げ、その瞳がにこりと笑んだ。

「おいしいもの食べよう。で、下らないことは忘れよう。私たちが

巻き込まれる必要も、いやな気分になる必要もないわ。ね?」

「はい」

「たくさん飲もう、って言いたいけど体形管理はプロの基本だし」

 

見上げる瞳に悪戯そうな光が走る。

「代わりに私が心ゆくまで飲んであげる。行こう!」

 

並んで月の下、知らぬ町を歩くだけで嬉しい。

繋ぐ事は無くとも横に小さな手が揺れる、手を伸ばせば触れられる、

そう思うだけで温かい。

 

終わらぬ声に耳を傾け、浮かぶ笑顔に頷き、ただ黙って見つめ、

こうして共に居たいと思う。

 

「何なのよね?みんなして。あなたはあなたで、そこらのアイドルや

モデルや芸能人なんかとじゃ比べ物にならない英雄で、国を助ける

ヒーローで、おまけにこんなにかっこいいのに」

 

そうして膨れれば髪を撫で、落ち着かせてやりたいと思う。

 

「誰もあなたを知らなくても英雄じゃなくてもヒーローじゃなくても

私はあなたを愛してる。何より大切なのにみんなあなたを傷つける。

好き勝手なことばっかり言う」

 

涙ぐんで俯けば、その頬に手を当てて拭ってやりたくなる。

 

俺なら大丈夫だ。あなたが大丈夫ならそれで良い。

何処に居ようと、本物だろうと贋物だろうと、周囲が何を思おうと。

 

「ここはイヤ。高麗に帰りたい」

「・・・はい」

「でもその前にごはん・・・」

 

せめて二人になれる場所へ。

これ以上その折れそうな踵の沓で歩かせるわけにはいかん。

車を止めようと上げたこの腕を、脇から突き出た手が急に掴む。

 

「・・・何してるんだよ!」

 

周囲を見まわした後、耳許に口を近づけ発した嗄れ声。

掴まれた腕を捻って振り解けば、この腕を掴んでいた男は大袈裟に

顔を顰める。

 

「いた、痛いって!アクションはいいから!お前ギプスは?勝手に

外したのか?!勘弁してくれよ、折ったばっかりで」

「何の事だ」

「ああ、もういい!すぐそこに車止めてあるから早く!お前そんな

服持ってたか?いつもと全然違うから見つけるのに時間が」

 

男は此方には答えずに好き勝手な言葉を吐き散らかしつつ、周囲から

他の二人の男が駆け寄った途端、三人で周囲の目から隠すように壁を

作り 足早に歩き始める。

 

「ヨンア?!」

 

小さな叫びと共にあの方が慌てて伸ばす指先が、上衣の裾を掠めて

逸れる。

「待て!」

左右の脇を固めた二人の男が人目につかぬよう衣の影で抑えた腕。

その固め方は武術の素人ではない。まさか天界で。

 

「いいから!詳しくは車の中で聞く。とにかくこっから移動しよう。

こう人目が多くちゃ話も出来ない」

「ヨンア!」

 

今人が集まるのは俺の所為ではない。これ程大仰に騒ぎ立てる、この

男達の所為だ。

殴り倒してあの方の許へ戻ろうと腕を振り上げた途端、俺達を隔てる

人だかりの向こうからあの方の声がする。

 

「ダメ、暴力はダメ!!」

「イムジャ」

三人の男に強引に引き立てられながら振り向けば、周囲を無遠慮に

取り囲む人の向こうに押しやられ、新たに走り寄る者たちに次々に

ぶつかられながら、小さくなるあの方が首を伸ばして叫ぶ。

 

「ガマンして!!すぐ迎えに行く」

「イムジャ!」

「ミノオッパ!!」

「ミノ、いいから早く」

「通して!」

「ミノー!」

「こっち向いて!」

「危ないです、どいて下さい!」

「ミンホ愛してるーー!!」

 

男達の怒号、人の騒めき、訳の分からぬ悲鳴のような金切声。

それでもあの方の声だけが人に隔てられた耳にはっきり届く。

 

「必ず行くから信じて待ってて!」

 

 

 

「どうやって抜け出たんだよ・・・」

 

真黒い車の後部座席に押し込められ、後からそう言って男が乗り込み

俺を潰す程に近くへにじり寄る。

 

他の男二人は前の扉から次々に乗り込み、この答を待つ前に車は

勢い良く夜の町へと走り出す。

まるで尻に一鞭入れた若駒並みの力強さで。

 

「社長は?家にもスタッフ置いといたんだぞ。下にもガードマンが

いたろ?」

 

脇の扉を開けようとその取手に指を掛けて引いても、分厚そうな扉は

全く動く気配がない。

 

「・・・何やってんだ?心配しなくても、いつも通りロックしてるよ。

記者に開けられたら困るって」

「降ろせ」

「無理言うなよ、社長にばれたらまた雷が落ちるぞ。今日だってペン

カフェにお前の動画がアップされてて、慌てて探し回ったんだから。

何であんな目立つカフェでキョジュンさんと会ってたんだよ。電話

鳴りっぱなしだよ、新しいプロジェクトかそれともトラブルかって。

火のないとこにも煙を立てるのがディスパッチの一枚だぞ。見ように

よってどうとでも取れる。ましてあの女性に上着まで掛けて」

 

よく話す男だ。あの一言さえなくば殴って黙らせ逃げ出すものを。

「そうだよ。あの女性、誰なんだよ?」

「妻だ」

 

真剣に答えれば男は口を開け、前の男ら二人と顔を見合わせる。

三人して間抜け面を晒した次に、奴らは一斉に噴き出した。

「ミノーぉ、いくら冗談好きでもそれは」

 

窓まで真黒く塗り潰したその車内、男は横の俺を見て首を振る。

「・・・お前、本当にどうしたんだよ?疲れてるのか?腕を折った時に

頭打ったとか・・・病院行こうか。MRIでもCTでも。ああ、だけど俺の

一存じゃ」

「打っておらん」

「第一その話し方が変だろ?史劇じゃあるまいし」

 

光の溢れる道。その道を蹴り見知らぬ何処かへ俺を運ぶ鉄の馬。

あの方は来る。信じて待てと言われればそうするしかない。

 

真黒いこの窓を肘で叩き割り夜の道へ飛び出したとしても、右も左も

判らない。

あの方をこれ以上心配させるくらいなら此処で待つのも一つの策だ。

 

待っていろ。あの方が再び戻った暁にはお前ら一人一人に礼は返す。

俺のあの方の心を痛ませた礼、あんな叫び声を上げさせた礼。

あの人の波の中に唯一人取り残させた礼を。

 

「とにかく帰ろう。社長に報告してマスコミ対策を考える。いいか、

余計な事は話すなよ?コメントはこっちで書くから、何か聞かれたら

それだけ言っておけば」

 

その声に鼻で哂い肩を捻って、初めて正面から脇の男の顔を眺める。

「・・・何だよ、いつもそうしてるだろ?」

 

誰だかは知らん俺と瓜二つというその男を、心から気の毒に思う。

筋書通りの言葉を繰り返し、そして共に居る筈のこいつらはこれ程

近くで俺を見ながら未だに人違いと気付かない。

 

どれ程似ておろうと俺の周りで、俺と某奴を間違える奴は居らん。

それだけでもその男は充分哀れだ。見知らぬ俺が同情を寄せる程。

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキング、参加しています。
皆さまのぽちっとが励みです。ご協力頂けると嬉しいです❤

にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。