信義【シンイ】-二次創作物-

韓国フュージョン史劇 信義【シンイ】二次創作物の部屋


【 2015年 12月31日 】


本日午後4:44 アメンバー様受付を終了させて頂きました。


本当にありがとうございました。






【 2016年 1月26日 】


現在のお話進行と時系列(TOPのみ更新&修正)

■詳細:時系列 ~ 皆様へ


:公開済み・★:公開中)


1252年吾亦紅


1317年チェ尚宮の憂鬱
1344年百日草(~1351年)

       或日、迂達赤(随時不定期更新)
1346年或日、迂達赤:蛍袋
     槍水仙

1351年 信義(本編)

       信義【三乃巻】(随時不定期更新)

     六花

     絡新婦

     堅香子

     ❤甘い夜 ~ Short pieces(随時不定期更新)

1353年雪割草

1355年
     ❤向日葵

     ❤迷迭香

     曼珠沙華

     都忘れ

     ❤偽嫁御
     一服処(随時不定期更新)



1356年紅蓮・序

     紅蓮・勢

     比翼連理

     威風堂堂

     寿ぎ
     碇草

1358年  南天 雪うさぎ

      貴音



1361年  紅蓮・急

       

1388年  小菊

2012年 占見


SPECIAL:2014 Xmas request

       2015 summer request




ここでまた、皆様とたくさんお話しできますように。



心はいつも、皆様の元へ。

何度も、何度でも。




愛を込めて

さらん




============


ポチして頂けると、とても励みになります。
宜しければ、お願いします。




にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

NEW !
テーマ:

 

 

 

以前の主君を自ら殺め、それでも背を向け逃げる訳にはいかない。

運命に抗わず、死ぬ日を数えれば楽であっても。

これ程刺されたのだ。目を覚まし、立ち上がり、生きねばならない。

温みと色に満ち、天からの光の射すこの世界で。

 

 

 

皇宮の回廊、擦れ違ったあ奴の弟分。

擦れ違った瞬間にその子猿のようなすばしこい男の腕を掴み、有無を

言わさず回廊の死角へと引き摺り入れる。

 

「お前の隊長に、何があった」

 

私の声に逃げるわけにもいかず、奴の眼が回廊の柱の間を泳ぐ。

戸惑う視線を無視したままで、再び奴へ向けて問う。

 

「お前なら知っているだろう。隊長に何があったのだ」

「え、えと隊長は牢に入ってから、で、出てきました」

「それは判っている。出てくる前は何があった」

「江華島でつかまって、そそれで戻って」

「戻ってどうした」

「笑ってました!」

「・・・全くお前は要領を得ない」

 

呆れた息を吐くと、もう良いと小さな声で伝える。

慌てたように深く頭を下げて、奴は迂達赤兵舎への道を走り出す。

 

全く要領を得ない。何が起きたのかが判らぬなど。

皇宮にチェ尚宮ありと謳われる耳を持ち、叔母としてこれ程長く

あ奴を側で見て来た私が。

 

回廊の雨打際を穿つ規則正しい雫を追い、納得出来ずに考える。

 

解せない。十六でウォンジク兄上を喪い出奔してから十三年。

忠恵の手でムン・チフ殿を喪い、許婚を縊首で亡くして七年。

七年生きる屍の如く動く影の如く、ただ息をしていただけの男が。

 

今必要な事こそまさしく息を殺し、身を潜める事だ。

正面から矢面に立ち大騒ぎしてどうするというのだ。

人並み外れて賢い男が、その計算すら出来ないというのか。

今迄の皇宮暮らしで、十分身に沁み判っておる筈だろうに。

 

あの天人、医仙を狙う者は後を絶たない。まずは王様、続いて参理

チョ・イルシン、それならばまだ良い。今やその筆頭は徳成府院君。

元の奇皇后の兄として、飛ぶ鳥をも落とす権力を誇っている男だ。

あの男を敵に回して、この世に逃げ延びられる場所などない。

 

何を考えているのだ、ヨンは。

そして何故、近頃のあ奴はあれ程生き生きと輝いているのだ。

まるで幼い頃、ムン・チフ殿と初めて出会い、兄上のご自宅の庭で

武芸を習い始めた頃のように。

初めて調息を覚え、ムン・チフ殿に披露して褒められた時のように。

 

理由など一つしか考えつかん。 医仙だ。

あの天人を連れ帰って以来、あ奴は変わった。

それでも叔母として、皇宮の力の天秤を知る者として、絶対に諸手を

上げて賛成出来る訳がない。

 

医仙には価値がある。大人しく笑って、人形のように徳成府院君の

言う事に従う限り、すぐに殺される事は無い筈だ。

 

そこまで考えて首を振る。余りの悩みに頭が痛い。

 

あの日、王様と王妃媽媽の初の謁見の席。腹を刺されて瀕死のヨンを

典医寺へ置き留め、一人で謁見の席に向かった医仙は何をした。

最初の時こそ怯えていた。背を丸め目を逸らし逃げようとしていた。

しかし府院君に妖魔扱いされた途端、あの方は何をした。

 

いきなり席を立ち上がり、紅い髪を振り上げて、畏れ多くも大臣衆を

従えた王様よりも前へ進み出て、徳成府院君の鼻先に指を突き付け

息も荒く言い放ったではないか。

 

元は直に滅びる。なんとかいう新たな国が興る。

徳成府院君、お前の最期も知っている。けれど教えないと。

まるで幼子の喧嘩だ。そして医仙はご自身の口で大きな退路を一つ

絶ってしまった。幾ら高麗のやり方を知らぬ天人とはいえ。

徳成府院君に対し目を付けろ、自分を狙えと言外に言ったも同然だ。

そして衆人環視の中、言いたい事を言い放つと退室した。

 

残る大臣衆のどよめき、取り成す事も忘れた王様の茫然とした表情、

無言のまま憤怒の形相で足音高く宣任殿を退室した府院君。

 

騒ぎの中私は医仙が立った後の空の椅子を横に、茫然と佇んでいた。

媽媽の隣に控えていた御医が己の脇を擦り抜け、外へ出て行くのも

止められぬままに。

 

頭の中で幾度も同じ声が聞こえた。

ああ、やってしまった。天人がやってしまった。

 

あれしきの挑発に耐えられぬ医仙が、言いなりになる筈などない。

ではどうする。少なくとも医仙が殺されないなら。

 

府院君のもう一つの癇の虫はヨンだ。

迂達赤隊長として七年務めていた事など府院君は知らぬだろう。

生きる屍として過ごしていた。正面に出る事など無かったのだから。

いきなり新参者のヨンが目の前に立ち塞がり、正面から己に楯突いて

いるとならば、面白く思わぬに違いない。

用意周到な府院君なら、あ奴の内功の事も調べている筈だ。

殺すと決めたか、引き入れると考えるか。

しかしヨンを調べれるほどに、引き入れる事は無理だと判るだろう。

それなら道は一つ。意に沿わぬ者は殺して通る。府院君の遣り口だ。

 

つまりどちらに転んでも八方塞がりというわけか。

堪え性のない医仙。道を曲げぬヨン。どちらも頑固さでは負けぬ。

まずはあ奴を医仙から引き離す。府院君との正面衝突はどうにか

避けねばならん。

 

今となっては、遅過ぎぬ事を祈るしかない。

 

雨打際から目を上げ、正面の回廊の先を睨み、私は歩き出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキング、参加しています。
皆さまのぽちっとが励みです。ご協力頂けると嬉しいです❤

にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。