ありがとうKWEEN

テーマ:
071125_2006~01001.JPG
終わっちゃいました…
トリビュートライブ「FLASH」

なかなかレポが書けなくてちょいと悩んじゃったりしましたが…
本当に雰囲気だけのレポです
すみません

今回はKWEENオフィシャルのサポートグッズがたくさんあって、私も記念Tシャツとマフラータオルを持ってライブ会場入りしました
カラフルなTシャツ姿のお客さんがいっぱいo(^-^)o
きれいだぁ~♪

今回は前から2列目のほぼど真ん中の最高のポジション☆
チッタでこんないい席は初めてかも知れません

席に荷物を置いて、Tシャツ(ライムで鮮やかでしたん♪マリモちゃんって言われたわ♪)に着替えてハイネケンなど飲みながら開演を待つ時間…顔見知りの皆さんと挨拶を交わして、だんだんテンションが上がってきます

ステージに目をやると…まー、すごい照明の数☆
うわぁ~お~

そうなんですよー
以前にも書いたかと思うんですが、KWEENのライブステージの照明は、本家QUEENの照明スタッフも経験した事のあるマネージャーwankoさんが手掛けていて、それはそれは毎回見どころ満載のライティングを披露してくれます

開演を待つステージにはすごい数の照明が低い位置に下がってます

ううん
きっとあの色とあの色とあの色よねぇ☆
でもって上に上がりながらライトが立ち上がっていくのよねぇ~☆きっと\(≧▽≦)丿

勝手に想像膨らませてわくわく♪
至福の時間かも知れません

ドラムの周りの照明がすごく凝ってます
ストロボライトの数も多いよねぇ♪
だってだってFLASHだもんねぇ


場内のBGMが消えて…いよいよオープニングです

あー
始まってしまう(>_<)


青を基調に澄んだ色合いの光が差し込んで来て「It's a beautiful day」のフレディの声が流れました
そして照明が徐々に上へ昇って行きます

すごい
すごいぃ!


この瞬間だけでも胸がいっぱいになりました

そう、直前に亡くなったモーリス・べジャールが、フレディとジョルジュ・ドン、モーツァルトへ捧げたバレエ「バレエ・フォーライフ」のオープニングもこの曲で始まるのです
昨年「バレエ・フォー・ライフ」の日本公演にべジャール氏は来日されませんでした

もう、日本で氏を見る事はないかも知れない…漠然とそんな予感めいた思いがありました
4年前の「バレエ・フォーライフ来日公演の時、偶然階段でべジャール氏と逢ってしまって、図々しくも握手を求めてしまった私。(思えばよく出来たもんです…滝汗)
優しい微笑みを浮かべて快く握手をしてくれたべジャール氏
あの手のぬくもりは忘れません

だから、先日の訃報を聞いた時もなんだか覚悟していたというか…それほど強い衝撃では無かったんです

天へ召されたのだな…フレディとジョルジュの元へ逝ってしまったのだ…
そう思いました


KWEENのこの毎年のトリビュートライブのオープニングは、いつもフレディを会場へ招くところから始まるように思うんです

青い透明な空からフレディがふたたび歌うために地上に降りてくる…そんな気持ちです
今回のKWEENのステージは80年代熟年期(?)のQUEENのライブの再現という感じかな?
主にモントリオールのライブでのラインナップが多い?

詳しいセットリストはKWEENのオフィシャルブログでご覧くださいませ
「KWEEN」と打ち込めばオフィシャルサイトがでますから…手抜きじゃないですよ
モバイルなんでリンク貼れないだけです


ライブは最高でした
私がQUEENのライブを生で観る事が出来たのは1979年の来日公演の2ステージだけなんです

当時、他の様々な会場での海賊版のカセットを数本入手して聴いていたりしたんですけど…
実際のQUEENのライブはそれほど演奏やフレディの歌が完璧って時は少なかったんですよね
私が観たライブもフレディの声は割れてかすれたり、高音は出なかったりしたし…
ブライアンのソロもミスが多かった
特にエコーマシーンを使う部分はタイミングが合わなかったりという事もしばしば

フレディがマイクコードに引っ掛かってコケた時もあったし…そう言う時はすごいローディーに八つ当たりしてたもん

今、ビデオやDVDで世に出ている映像しか知らない方には嘘みたいかも知れないけど、ライブとレコードは別物って感覚です

KWEENはQUEENのライブを完全コピーしているのだけど、実は本物のQUEENよりも数段上手く演奏している部分が多いんですよね

モントリオールのライブの再現のようで実はウェンブリーライブやライブエイドの仕上がりで行くみたいな…
(*^_^*)

ステージ上のライティングは本当に迫力でした
ドラムセットのライティングもすごい凝っていましたね

ろじゃの横に扇風機があって風でひらひら服が揺れてました…
そうだよね
ドラムセットの真上やぐるり周りがライトなんだもん

ろじゃー!
王子ー!
声援の度に手を振り答えたろじゃはやっぱり格好いい王子様だねぇ
ドラムソロ、本当に迫力あって良かったです(^_^)v

途中、ぶらいあんが「BACK CHAT」のリズムを刻んだような気がしたのだけど…気のせいか…
ぶらいあんのギター、すごいいい音♪
パパになって音に自信が溢れてる!


そして…やはりジョンファンの私としてはじょんの仕草もとっても気になります
ええ、足を踏ん張ってるとこ☆ジョンだ(^m^)おまけにKWEENじょんは歌えるんだもん♪
上下濃厚ブルーの衣装じゃなくて良かったー

事前にすぱいくのNEWギターの話題も聴いていたので「HAMMER TO FALL」はすごい楽しみでした

ずっとキーボードにいるすぱいくが、ちゃんとオリジナルギターGaksan持って飛び出せるか…はらはら待ってましたよ(笑)
でも、そこはさすがのすぱいく、かっこよく飛び出してスパイク・エドニーそのままにギターをかき鳴らしてくれました

私の声はかき消されてしまうくらいの歓声でしたね


力強いパワフルな演奏では足の痛いのも何にも感じなくなるくらいに興奮して踊るわ跳ねるわ手を叩くわ吠えるわ…大騒ぎ

かたやアコースティックギターをぶらいあんが奏でて、ふれでぃの伸びやかな歌が心にしみる「LOVE OF MY LIFE」や「IS THIS THE WORLD WE CREATED?」は何回聴いても目頭が熱くなります
本当に綺麗な歌なんだもん

何度となく、ふれでぃがフレディにしか見えない瞬間が訪れて…やはりこのステージにフレディの魂は宿っているのだと感じました

ふれでぃ、右に左にとステージを駆け回り…ドラムの後ろに立った姿は本当にフレディでした


今回、アンコールもすべて終えた時に不思議と涙が無かった私…
(ライブ中に流したけどね)

本当に楽しかったの
すごい満足だった
本当に本当に嬉しかったの

まだKWEENとANNANでは12月にライブがありますが、残念ながら今年はその二つを欠席で皆勤賞取れなかったけど…

最高に楽しい一年でした

出来れば以前のように春とか夏にもう一回KWEENライブあるといいな


だーてらさん、カメラマンご苦労様でした
歌うカメラマン!(爆)

写真たのしみにしてます
今回お話し出来なくてすみませんでした


LOVE40のメンバーの皆さんともご挨拶
また来年お願いしますねぇ~☆

夜、チッタの周りはクリスマスのイルミネーションで幻想的な美しさ


これも見慣れた光景になってきました


また来年…
また来年ね

KWEENの皆さん元気をありがとう

いつもライブでお逢いする皆さん、本当にありがとう~
AD