さてさて、頭の整理をなんてぐずぐずしていたらあっという間に一週間が過ぎてしまいました


そう、先週の今頃はクラブチッタでわくわく興奮の渦の中にいたんですものねえー

はあー、時間が過ぎるのが本当に早いです


あちこちでレポがアップされていて、もうもう私は何にも書くことがないんですけど....


一週間経過した割にはいつものごとく、ほわあああんと雰囲気だけのレポになってしまいそうですけど、

この大事な大事な一年の締めくくりのライブのレポはやっぱり残しておきたいものね



当日、「KWEEN追いかけ隊」は川崎駅地下街にある、その名も「マウカメドウズ」(すごい名前じゃー!!)で

ライブ前のお茶会をしてました


061119_1645~01.JPG


お洒落な喫茶店でした

ディスプレイはクリスマスモードなんですが、お店のメニューはなんとなくトロピカル(^^)

地下は暑かったので「フローズンマンゴー」なんぞを飲んでました


あっという間に時間は過ぎて、一同クラブチッタに移動


地下街ではアートコレクションも開催されていたんですけどこんな文字に反応してはしゃいでしまったりして.....もう頭の中は「QUEEN」一色なのでした。

061119_1646~01.JPG

スヌーピー、ごめんねぇ



そして、クラブチッタに到着、入り口でなぜか「アイラブもんじゃ」のトレーナーを着た岡本代表と遭遇音譜

すっきり短くカットした髪に実に良くトレーナーが似合ってました(^^)


CD売り場にはだーてらさん達もいて、いつものメンバーに会えると本当に嬉しくってわくわく感が倍増します

ドリンクを購入したり、トイレでお着替えしたり(今回もWWRYのTシャツでした)みんなライブにそなえます



追いかけたい隊のメンバーもそれぞれの席に散りました

場内はBGMがかかってます

心地いいヒット曲です

懐かしい曲もありますが自然と乗ってきちゃいますね


「コレもふれでぃの特製BGMなんだろうなあ」って思いながら、わくわくと開演を待ちました


ここで、ネットではいつも言葉のやり取りをしていたtokoさんとリアルに初対面!!

とってもステキな女性でした

またまたリアルなお知り合いが出来て嬉しいです



さてそうこうしてるうちに開演の時間です


今回は2部構成ということでどんなのかなあって期待してました

いつもは「70年代」とか「80年代」とライブごとに年代も別れていたので、

70年代を聞けば、80年代のも聞きたいって気持ちになるし....

ま、よくばりですよねえ


それが今回は一回のライブで両方観ることが出来るんですもの


おいしゅうございましょう?


オープニングは「Procession」!

大好きなセカンドからじゃありませんかあ

この独特な、中世を思わせる曲のイメージが大好きなんです

この「Procession」、レコードで聞くと、ポツって言うノイズが入ってるんです

それが入ってない...=KWEENの演奏なんですよね


幕が落ちて、ライトアップ!

ふれでぃは黒のコスチュームで登場!!


もう、のっけから総立ちでした


実はクラブチッタは座席指定なので、スタンディングのライブよりはゆったりしてるし、

待ってる間は座ってられるので、足の弱い私にはとっても助かるんですよ


でも、私の前の席の方は二人とも大きな男性ビックリマーク

思わず別冊のコミックスを2冊くらい買ってきて踏み台に使用かと思ってしまいました


ところが、ああ、神様、


私の左となりの席は空席だったんです

おかげでちょこっと体をずらすことが出来て、ステージも見ることが出来ました



セットリストはKWEENオフィシャルブログ に掲載されてますのでみてくださいねえ


うんうん、まさに70年代のQUEENのベストっていったらこれだよねえって選曲はさすがです


そしてそして、

おそるべし

KWEENマジック!

雨のせいもあって痛んでいた足が

全然痛みを感じないんです


エキサイトして手拍子足拍子(笑)飛び跳ねてる自分

脳内モルヒネが大量に出ていた模様です


すごいよねー



メンバーの衣装も良かったの

ぶらいあんのブラウス、まさに70年代にブライアンが着ていたものにそっくりで

そういえばああいうブラウスをほしいって思ってたよなあなんてことも頭をよぎったりして...



いつもは比較的前の方やかぶりつきの位置でライブは見ていたんですけど

今回はさすがの人気でやや後ろ(それでもブロックとしては前の方です)


開演前は後ろだなあなんて思っていたんですが、

始まったらコレがなかなかいいんです


客席も視野に入って、よりエキサイトするっていうか、

いつもより大きな声出してましたねえ




一部が終わってライブには珍しい休憩20分

その間にかかってるBGMがまたにくいんです

「フレディ・マーキュリーアルバム(だと思うんですけど)」!!


この一部で盛り上がった感情が、この後の2部で確実に昇華される


そんな予感がする時間でした


思わず口ずさんでしまうし、体は揺れてしまいます


2部の幕開きは何かなぁ?

「フラッシュ」?

いやいやもっと意外な曲??

あれこれ想像して楽しんでました


いいですね

こういう時間があるのも


そして期待のこもっった2部の幕が開き

最初の曲は「One Vision」でした

やられたー!!



で、次々と大好きな曲が続いて

「Is This The World We Created?」

では思わず涙がこみ上げてきちゃいました


ああ、今回は泣くもんかって思っていたのに....



途中でハプニングが

「Crazy Little Thing Called Love」に入る前、いつものようにふれでぃがギターを

肩にかけようとして


固まってしまった


笑ってるんですけど、明らかに「苦」の表情

いつものふれでぃじゃないんです


てっきり持病の腰に来てしまったのかっておもって

あんまり辛そうなんで


こりゃ大変って思ったら

つい

「ふれでぃ、かわいい!!」なんてとんちんかんな掛け声をかけてしまいました


ごめんなさい

ごめんなさい


その後のせりふは良くわからなかったんですけど

あきさんのライブレポによると

「みなさんは面白いだろうが、私は面白くない!」って言ってたそうな


面白がったんじゃないんですよぉ


あのまま動けなくなったらどうしようって心配したんですからね



でも、なんとか立ち直って無事に演奏は続いて

ノリノリのまま終焉を迎えました


アンコールは2回


本当はもう一曲入れる予定が抜けちゃったらしいんですが

そんなことは微塵も感じない、素晴らしいステージでした



このクラブチッタでのライブでは

いつものライブハウスでは出来ない大掛かりな照明やセットが組まれていて

毎回、こだわりのステージングを楽しませてもらっています


今回は上下に昇降するライトがすごかったですねえ


1部はシンプルに荘厳に

2部は全開で刺激的!!


本当にすごいライブでした

もう、最高!!!



例によってライブの後、メンバーと写真を撮ったり

お話したり....

こんなお花もあってびっくり!!

061119_2020~01.JPG


花があったのははじめてじゃないかしら





メンバーの優しさをひしひしと感じて、甘えて

ライブの余韻に浸りながらチッタを離れたのでした



今年のKWEENのライブ、これで全部終了!!


沖縄も含めて関東圏はオール参加しちゃいましたベル



このあとAC.QUEENもあるのでまだまだ終わらないですけど


KWEENのみなさん、ほんとうにいつも元気をありがとうございます

そしてKWEENを通じて巡り合ったすべての人に


ありがとう!!





















AD