いやいや、皆さん、昨日の「たけしの誰でもピカソ」をご覧になりましたか?


我らがKWEENが堂々出演していたのですよ。

それもメンバーのプロフィールからライブ、爆笑トーク、「フレディなりきり講座」とおてんこ盛りの内容でした。


Wankoさんもしっかり映っていたし、メンバーも全員テロップつきで紹介されましたね。


今回の放送のおかげで、

「nonさん、すごいグループのライブに行っていたのね」と

人の評価が変わりました


ほんとテレビが人を納得させちゃう力ってすごいのね。

きっとサイトもアクセス数が一気に跳ね上がってることでしょう。


今回の放送を観て、初めてKWEENをテレビで見たときの事を思い出しました。

1995年の正月特番バンドバトルです。


たぶん、

だれでも初めてふれでぃ・えとうさんを見たら

「ええ?!」って思って

「うそー!!」

って反応すると思います


私も「ええ!?QUEENのコピー?やめてよー」

って思ったんですz(はい、正直に申し上げます)


でも、KWEENの演奏が始まったら、テレビに釘付けになっちゃいました。


なんていうのかな


KWEENのQUEENに対する熱い思い、フレディ・マーキュリーに対するピュアな思いが伝わってきて、胸が熱くなったのです。

気がつくとテレビのまん前で固まってました。

演奏が終わると、拍手して、「すごい、すごい!!何??この人たち!!」

って興奮してました。


そのときに審査員の方が

「フレディ・マーキュリーにあこがれる人はいても、彼のように歌おうと思う奴はいない」と言ったのが印象的でした


結局、「絶対に優勝はさせない」って言ったのに最後はKWEENの票を投じたんですよね



あれから11年??


まあー

月日のたつのは早いこと


私自身の生活環境も随分と変化して来ました


気がつけば毎月ANNANさんかKWEENのライブに足を運ぶようになっています。


昨日の番組の中で「We are the Champions」を演奏してるとき、一瞬ギターに気を取られて、歌をやめちゃうところまでぶらいあん・わきぶち氏が再現していたので思わず拍手しちゃいました。


なんだか随分笑われていましたけど、


しっかり


「フレディ・マーキュリーに見えてきた」って言わせましたね(^^)V


メンバーの皆さん、本当にいい顔してました


渡辺さんが歌い始めるとき、ドラムを叩くろじゃー・きひら氏がやんちゃな顔でにやっと笑ったのがなんともかっこよかったです。


みんなすてきでしたー!!


早くライブでお会いしたいです!!



AD

まことに不本意ながら、暫くの間、コメントとトラックバックを受けない設定にしました。


連日ものすごい数のコメントが入って削除するのがうっとうしいからです。


またライブとかの日記を書いたときにはコメント、トラックバックとも受けるようにしますからね


それにしても、暇な人っているのねえー。

AD

ヨコハマメリー

テーマ:


あれ、昨日だっけ?
朝のテレビで「ヨコハマメリー」のことをやってました

実はこの映画観てきちゃいました
(へっへっへー)

公式サイトはこちら
http://www.yokohamamary.com/yokohamamary.com/
「予告編」も見ることが出来ます


白塗りの老女の娼婦、メリーさん

彼女の足蹟を昭和の戦後を生き抜いた人たち、
ヨコハマで様々な暮らしをしている中でメリーさんに出会った人たちの証言で映画は進んでいきます


元次郎さんの話はなんだかとっても心が熱くなりました

誇り高い娼婦メリーさん

不思議と彼女を毛嫌いする人はいないんですね。

むしろ彼女に対する羨望に似た感情も感じ取れます。

彼女の生き方の中に自分自身の「生」を写して、見出せない
答えを探すように彼女を追っていた人たち。

メリーさんが見に来た興行は必ずヒットする

そんな話しもすごいなって感動しました。


自分に正直に生きていきたい

この本音を実行できる人はそう多くはないと思います
でも、メリーさんはずっと自分に正直に「ハマのメリー」を貫いたんですねえ

白塗りのお化粧は「仮面」という説もあります


彼女がヨコハマから離れなかった理由

愛した米軍の将校がまたヨコハマにかえってくるんじゃないか
と、そう思っていたとか

悲しいな

最後のメリーさんの姿は抱きしめたいほどいとしく思えました


どうぞ機会があったらぜひ観てください

腰が曲がってしまったメリーさんの足がとっても綺麗だったのに驚いていた私です。

どんなときでも綺麗なシンデレラのような靴を履いてるんですねえ

なんだかそのことだけでも彼女の高貴な心を感じます。

AD