父の命日に

テーマ:

今日は父の命日です。

よく「亡くなったのがうるう年じゃなくてよかった」なんて母といってましたけど...

うるう年の2/29にお亡くなりになった場合は28日を命日にするんでしょうかね??



父の死までに

弟が

祖母が

友人が

叔父や叔母が

天国に旅たつのを見送ったけれど、


本当に悲しくて悲しくて

あんなに人の目をはばからずに泣いた事はなかったんじゃないかなあ


まあ、もともとすんごい泣き虫なんだけど

そのときのことを友人が言うには

「ボロボロでどうかなっちゃうんじゃないかって思った」そうな


逆に母の葬儀のときは喪主を務めていて、

「あのnonがどうしちゃったんだろう?」ってくらい気丈に振舞ってしゃんとしていたらしい。

一人娘として母をきちんと送らなきゃって責任感が

ある意味悲しみをマヒさせていたのかもしれない。


お坊さんや参列者への気配り、

「引き物」の数が足りてるかとか、

精進落としの料理のこととか

会場の管理人との交渉とか、

泊まってくれる親族のお布団の手配とか....


父の亡くなった晩、母とずっとお線香をたいて父の枕元にいた


午前2時を回ったくらいのときに二人して

「お腹空いたね」って

泣きながらカップワンタン食べたっけ


しゃくりあげながらワンタン食べて、

なんだか二人で噴出しちゃって


「こんなときにお腹すくんだね」って母が泣き笑いした



御通夜や告別式って亡くなった人を送るのと同時に、

残された者たちの悲しみを癒す時間なのかもしれない。


「火葬場に棺が入るとそこで観念しちゃうんですよね」

って葬儀屋さんが言ってたなあ。


そう、棺が火葬の釜に入って行く瞬間.....


もう生きているときの姿を二度と見ることが出来なくなる瞬間


追いすがって棺を取り返したかったけど、

隣の母の静かな白い顔を見たら、

ここで取り乱しちゃいけないんだって思ったっけ。


父のいろんな顔、今日は思い出してました。


頑固な職人で、怒ると怖かった。

けっこう反抗したときははたかれたし,,,


でも、いつも私のことを考えてくれていた


アニメは大好きだったから一緒に良く見たなあ

手作りで「トレース台」も作ってくれた


「新造人間キャシャーン」も一緒に見てた

オーディオにはうるさかった

スピーカーは何個作ったろう?

秋葉原にも一緒に行ったし...


甘いものが大好きで

涙もろくて

手先が器用で


そのくせ「男気」のある父だった

私の父とは思えないくらい

ひょろりとした体格で

なんで父に似なかったんだろうって

いつも思ってた。


QUEENやJ.DENVERも一緒に聞いていたから

天国で「娘が好きなんでよく聞きましたよ」なんてフレディたちに挨拶してないかしら?

フレディの亡くなった翌年だったもんね



父の亡くなる2ヶ月くらい前、


ちょっと実家に遊びに行って

帰ってきたら父からの電話。


「あれ?さっき帰ったばかりじゃん、どうしたの?」

ってきいたら

なんだか凄くしんみりした声で


「お前が帰ったら、なんだか家ががらんとしてな、

なんか...きゅうに寂しくなった」


初めてきいた父の声だった


「やだなあー、またすぐいくよ。ちかいんだからさ」

照れくさくてそんな風に言ってしまった




でも、次に会ったときは病院に入ってしまってたな。


ごめんね。


病院にお見舞いにもって行った桃の花


あれから桃の花は悲しい花になっちゃったんだなぁ


お父さん、nonは元気にやってますよ







AD

もうすでにfoo さん ifg妹さん がブログに詳細な日記をアップされているので、私の日記はさらあっと行きましょうo(^-^)o

今回のライブは西麻布の「き」というダイニングバー。

めったに行かないところなので、早めに場所をチェックするも、なんだかそれらしいお店が見つからない…。

うろうろあたりを歩いて、かわいい猫を見つけてたりして…
(おぃ)

暗くなってから行くと、まったく見当違いのビルのいり口にちいさく「き」という明かりが、それも足下にありました。
3階というので建物の上ばかり見ていたのでわからないわけです

今回、ANNANさんのブログにこのライブ情報がアップされると同時に満員になってしまったのですが、しつこーく「キャンセル待ち」をして、立ち見でライブ、お食事は別室という形で入場することが出来ました。
「き」のTさん、本当にありがとうございます。しつこく何度もTELしてすみませんでした。

で、お店に入ると奥の部屋に通されました。
すると、なあんと約10人くらい入れるお部屋にはANNANさんとWankoさんが!
「ここは控え室兼用なのよー」

えええー!
それって美味しすぎぃ~(*^_^*)

ビールをいただきながら、あれこれおしゃべりしていました

そして、読み通り!!秋葉原カラオケ部隊が全員同じ部屋でした。あきさん、アヤイラさん、fooさん、ifg妹さん

そして、初めて席をご一緒させていただいた姫さん

じつに居心地の良いお部屋でした

この「き」は日本で一番Queenファンの集まるお店とかで、BGMにがんがんQueenがかかってます。

とにかくその「音」に無意識に身体が反応してしまって…話しながらつい歌ってしまう私たち(^。^;)

ライブが始まってからは歌うわ踊るわ(踊るのは控え目ですよ)
やっぱりいつもの私たち…

グレートプリテンダーでは三人娘がコーラスとダンサーになってるし…

ライブは思いきりオーディエンス参加型ライブ、(あわや歌声喫茶?)

すごく良かったです。セットリストはANNANさんがブログに アップしてくれてます


行くことができて良かったぁー!

ライブのあとはお食事をいただきながらみんなでわいわい…

11




お料理はどれも創作料理ですごくおいしかったです

でこのお店のTさんが、フレディに会ったというお話しを聞き、興奮しまくり、サインのコピーをいただいてしまいました。



このお店、Queenのカラオケなら全曲あるとか…

みんなの目が光ったのです

ぜひ、また行きたいです

AD
TS320115001.JPG
毎月QUEENのカレンダーを紹介する約束してすっかり忘れてました
2月はジョン・ディーコンです!

きゃうううぅぅ

私はリアルタイムでこのジョンのファンでした。
回りの友人や先輩達がフレディやロジャーに夢中になっていたんですが、私はなぜか物静かでまじめそぉなジョンに惹かれました。

ロジャーのドラムとぴったりあったベース。
ドラムのロジャーよりも控え目な雰囲気、でも、ジョンが参加しなければQUEENは誕生しなかったわけで…。

もともとベーシストが好きになっちゃうんですけどね(*^_^*)

この写真のジョンは22歳ころかな?
美しいですよね
あこがれました(笑)
ずっとカードケースにジョンの写真入れて、下敷きにしてました。
授業中にこっそりノートをめくって写真眺めたりして…(^。^;)

かわいい高校生だったなぁー

自分で言ったらダメですよね
AD

キャンセル待ち

テーマ:

昨日、ANNANさんのライブ情報を書きましたが、なんとすでに「満席」なんだそうです。

ああああ、残念です......悲しい....

でも、それだけ人気があるってことで、ANNANさんファンとしては喜ばしいことですよね。

と、いいつつ、あきらめきれない私。

しっかり「キャンセル待ち」を入れてしまいました。

ええ、当日でも待ちますとも。

お料理も食べてみたいもん。


早いものでもう2月ですね。

子どものころは何であんなに一日が長かったんでしょう?

中学や高校で「ああ、早くこの授業おわんないかなあー」って思っていた日が嘘のように

最近は一日、一週間、一ヶ月があっという間に過ぎてしまいます。

だれか地球を早くまわしてませんか?

 

などといってるうちに、今年もライブで心を躍らせることが出来そうですよ(笑)

 

まずはANNANさんのライブが決定です!!

 

ANNANさんのブログ にご本人が発表されてますけど、なんとアコースティックでQUEENを歌うのだそうです。

わぁーーお!!ですよねー。

ANNANさんは本当にとっても声が良くて、歌が最高にうまいんです。

そのANNANさんがアコースティックでQUEEN........

うぉぉぉぉぉ 

 

考えただけでもわくわくしてきちゃいますよねえ

 

場所は西麻布だそうです。

2月25日(土)(何気にお給料日の後で嬉しい)

飲食代込みで6000円(珍しいですねー。好奇心いっぱい!!)ですって!!

ANNANさんのブログの紹介をそのままえいっと乗せてしまいました

 

↓これです

 

日時: 2月25日(土)19:30開演
場所: 「き」
(東京都港区西麻布4-10-1ラポート西麻布3F)
料金: 6,000(食事付・ドリンク飲み放題付)
お問い合わせ: 「き」 03-5778-4644
備考: 詳細については上記までお問い合わせ下さい。

ということなんです

  

そして!!  そして!!!

 

 

KWEENのライブは3月です!!


こちらはオフィシャルサイトからえいっとな(^^;)

 

2006年のKweenは「Kween Live Killers」で始動!
今年、最初のステージは、'79年の「ライブキラーズ」ツアーをモチーフに珠玉の名曲が目白押しです。きらびやかなステージングに反して、シンセを使わないソリッドなプレイ~バリエーション豊かな70年代の集大成が、よりマニアックに、ドキドキや感動いっぱいに甦ります。乞うご期待!!

日時:2006年3月19日(日) OPEN 17:30 SHOW 18:00
場所:Live-Bar the DOORS(初台)
料金:前売り 3,500円  当日4,000円(ドリンク代別)
発売日:1月21日よりチケットぴあおよびLive-Bar the DOORSにて発売
お問い合わせ:03-5350-5800(Live-Bar the DOORS)
チケットぴあ:http://www.pia.co.jp/ あるいは0570-02-9966(Pコード:221-357)

 

 

「Live Killers」ですよ!

 

 

1979ですよ!!

 

 

私はどうしても行かなきゃなりません(爆)

 

ちなみに「Live Killers」のLPはこういうのです

 

TS320099001.JPG



で、中のレコードを見てね

 

TS320101001.JPG



真っ赤ま緑なんです

 

コレ買ったときはびっくりしました

ジャケットも見開きで写真が一杯なんですよ

 

 

 

すでにチケットをゲットしてわくわくしてます。

 

 

さあ、それではみなさん、ご一緒に!!